生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年10月

イメージ

健康及び適性への秘密の鍵を開けること

乳しよう蛋白質
蛋白質は生命のブロックである。 バランスの取れた食事および強い筋肉に必要、深刻な運動選手および深刻な生命extensionistsは両方彼らの健康および性能を高めるのに蛋白質を使用する。

適性、強さおよび健康の増強物が、ベストを見つけるためにそこになされる全力べきであると同時にそれほど証拠が乳しようの利点を支えるので。 そして 利用できる蛋白質 の広範囲の形態の1つとして世間の注目にますます来ているのは乳しよう蛋白質である。

実際、多くの面に、頻繁においしい振動に混合されている乳しよう蛋白質は大豆より優秀である。

乳しよう蛋白質は一般的な免疫組織へ有効な同盟国である。 過酸化物のような毒素を、重金属中和するために、細胞をサーブ発癌物質示され、保護する、多数他必要な水溶性の酸化防止剤である乳しようの蛋白質は劇的にに上げるグルタチオンのレベルを。 動物実験では、乳しよう蛋白質濃縮物は一貫して大豆(Bounous G.および金P.、Clinを含んで、調査された他のどの蛋白質のもそれらを越えるグルタチオンのレベルを 上げた。 投資しなさい。 Med. 1991).

実際、グルタチオンは免除自体がグルタチオンによって水平になる調整することができることをようであること健康な免疫組織にとても必要である(Rosanne K.、Fidelusおよび分Fu Tsan。 細胞免疫学、 1986年)。 エイズ、アテローム性動脈硬化、Alzheimerおよびパーキンソンの展示物のような病気の被害者は頻繁にグルタチオンのレベルを減らした; 但し、乳しよう蛋白質を食べたHIV感染人の小さいパイロット・スタディは理想の重量(Bounous G.、Baruchel S.、Faiutz J.の金P.、Clinに達している3人から2つのグルタチオンのレベルの劇的増加を、 見つけた。 投資しなさい。 Med. 1992).

免疫組織を高める機能では乳しよう蛋白質によってはまた伝染が戦う。 動物はhumoralおよび細胞免疫組織からのサルモネラおよび連鎖球菌肺炎(Bounous G.、Konshavn P.の金P. Clinのようないろいろな挑戦に乳しようの蛋白質によって示されている高められた応答を、 与えた。 投資しなさい。 Med. 1988). 再度、この効果は他の蛋白質と見られなかった。

多分乳しよう蛋白質の最も刺激的な潜在性は癌を戦う機能である。 生体外の研究は乳しよう蛋白質(Baruchel S.およびVaiu G.の反癌研究1996年)の低い集中に露出されたとき乳癌の細胞の成長が 強く禁じられる ことを示した。

別の最近の臨床調査はある癌性腫瘍で患者が30グラム乳しよう蛋白質の粉(Bounous G.、Baruchel S.、リーT.D.の反癌研究1995年、ケネディR.S.、Konok G.P.)の1日あたりの管理されたときに退化を示した。 同様に、動物はdimethylhydrazine (DMH)へ服従する前に乳しよう蛋白質を、強い癌もたらす代理店、取付けた他のどのタイプの蛋白質も与えられた動物よりはるかに活発な免疫反応を与えた。 もっと重大に、どの生じる腫瘍でもより小さく、ずっと動物の少数は総計で乳しよう蛋白質(Bounous G.、Clinを 与えた。 投資しなさい。 Med. 1988).

この調査は付加的な研究の提示によってラットがDMHに服従し、与えられた乳しよう蛋白質が腫瘍の少数の腫瘍そして減らされた分かち合われた区域を示したこと確認された。 研究者は乳しよう蛋白質が「ホストへのかなりの保護提供したことを」、を、大豆(McIntosh G.H.、等栄養物1995年のジャーナル)を含む 他の蛋白質と 比較されて結論を出した。

腫瘍の細胞のグルタチオンの集中が頻繁に癌細胞がグルタチオンの状態を変える薬剤および栄養素に別様に答えることを意味することを正常な細胞の包囲でより大いに高いことに注意することは興味深い。 正常な細胞と癌細胞間のグルタチオンの状態のこの矛盾はまたそれを化学療法を用いる癌細胞を殺すこと困難にする。 周囲の細胞にから始まるグルタチオンの低レベルがあるので癌細胞が影響を受けているずっと前に更にグルタチオンを抑制する何でも危険に正常で健康な細胞を置く。

その代り、癌患者は癌細胞を目標とし、グルタチオンだけ減らすことができる混合物を必要とする。 乳しよう蛋白質はちょうどそのような混合物のようである。 調査で導入されたとき、癌細胞は負けたグルタチオンによって乳しよう蛋白質に正常な細胞はグルタチオンおよび細胞成長(Baruchel S.およびVaiu G.の反癌研究1996年)で 実際に増加したが 、答えた。 他の蛋白質は同じ効果を報告しなかった。 乳しよう蛋白質が機能するメカニズムは十分に理解されない。 乳しよう蛋白質がグルタチオンを調整する癌細胞の機能と干渉するようである。

乳しよう蛋白質は成長か維持のために保たれる窒素の測定吸収されるパーセントとしての窒素として表現されての異常に高い生物的価値のために有効である、(Renner E. 1983年)。 あらゆる蛋白質の最も高い生物的価値の乳しようは、ボディで、他の蛋白質よりよく吸収され、利用され、そして保たれる。 これにより運動選手は乳しよう蛋白質濃縮物にベストセラーをした。 実際、1つの最近のパイロット・スタディは乳しようが蛋白質の隔離集団頻繁に過剰訓練シンドローム(C.M. Colker、D. Kalman、W.D. Brink、およびL.G. Maharamに苦しんでいる運動選手で見られた免疫の抑制を訂正したことを見つけた。 Med. Sci。 練習のスポーツ 1998年)

高い生物的価値のAmd蛋白質はよりティッシュ控え目であり、乳しよう蛋白質濃縮物エイズのような無駄になる病気に、癌苦しんでいる、人々のためのよい選択をおよび/または老化関連の筋肉損失にする。

さらに、動物の研究は防ぐことができることを提案する乳しようがLDLのコレステロールが酸化することをことを防ぐことによってatherogenesisを(M.Kajikawa等 BiochemicaとBiophysicaのアクタ 1994年)。 補足の調査は乳しようがX.およびBeynen A.C. Brit LDLのレベル、またトリグリセリド(チャンを減らすかもしれないことが 分った。 NutriのJ。 1993). 乳しようはまた骨細胞の成長に対する直接生体外の効果をもたらすようである。 蛋白質の統合、DNAの内容を刺激することを見つけ骨細胞(Takada Y.、Aoe S.、Kumegawa M.の生化学的な研究コミュニケーション1996年 )のヒドロキシプロリンの 内容を高めた。

動物が与えたこと観察とつながれて乳しよう蛋白質の粉により強い骨、完了された研究者があった含んでいることを「乳しよう蛋白質がosteoblastの細胞増殖および微分を活動化できる動的機器をこれらの調査結果は提案する。 またこれらの動的機器は腸によっておそらく浸透するか、または吸収することができる。 私達は乳しよう蛋白質の動的機器がosteoblastsの」ことを活動化によって骨の形成の重要な役割を担うという可能性を提案する。

最後に、乳しようはベータ ラクトグロブリン、免疫グロブリン、牛のようなアルブミン(BSA)、lactoperoxidases、リゾチーム、lactoferrinおよび他を含む多くの副一部分から、成っている非常に複雑な蛋白質である。 これらのsubfractionsのそれぞれに自身の独特な生物的特性および利点がある。

例えばlactoferrinの短い議論はこの1つの副一部分の多くの肯定的な効果を説明する。 Lactoferrinは人体の微量にあったり、けれども第一線の免疫組織の防衛のようである。 それは鉄依存した細菌(Oram、J.、Reiter、B. Biochemの成長を禁じるほど強くアイロンをかけるために 結合する。 Biophys。 アクタ、 1968年)、J. Applの成長を多くの病原性のある細菌およびイースト(等Bellamy W.妨げ 。 Bacteriol。 1992). その抗菌行為は抗生物質を改良するかもしれない(Ellison、R.T.は、 感染させる。 そしてImmun。 1988).

消化管では、lactoferrinは刺激的な腸の細胞の成長(Hagiwara、T.、等、Biosciによって助ける かもしれない。 バイオテクノロジー。 Biochem. 1995年)および「よい」腸のmicroflora (Petschow、B.、等、Pediatの成長を 高める。 Res. 1991). 強い酸化防止剤、lactoferrinは肯定的な免疫調節の効果をもたらし、自由な鉄ベースの遊離基の反作用(Eugineを防ぐ自由な鉄を掃除する。 等P.、 1993年) そして脂質の過酸化反応(等Gutteridge、1981年)からある特定の細胞を保護する。

lactoferrinの利点を受け取るために補足プログラムに乳しよう蛋白質をちょうど組み込むことは賢い。 しかしこれらの肯定的な影響が免疫組織を助け、癌を戦うことを含む乳しよう蛋白質の他の多くの強さと、結合されるとき、それはあらゆるプログラムの貴重な要素になるべきである。


第三世代の乳しよう蛋白質の補足

乳しよう蛋白質の製造業およびずっと処理の科学はここ数年急速に育っている。 乳しようは酪農業者が多くのの高級な蛋白質健康改良し、病気戦いの能力をに単に捨る低級な廃棄物から行った。

生命延長基礎は技術のこれらの改善に遅れずについていき、新しい高められた生命延長蛋白質にそれらを組み込んだ。

過去数十年にわたって、乳しよう蛋白質の粉は複数の生成を通って展開した。 蛋白質30%から40%同様に少し含まれていたこれらの早い乳しよう蛋白質プロダクトはそしてラクトーゼの、脂肪質およびundenatured蛋白質の多量を含んでいた。 彼らは「濃縮物と」、して考慮され、食品工業によって焼けることそして他のために大抵使用使用され。

今日販売されたほとんどのプロダクトは前の生命延長蛋白質の方式を含む第二世代の乳しよう蛋白質の補足と、して考慮される。 ほとんどの第二世代の方式は乳しようの濃縮物および乳しようの隔離集団の組合せである。 今日しかし乳しようの濃縮物はラクトーゼおよび最低の脂肪の少量の蛋白質70%から80%多くを、含み、90%から96% undenatured蛋白質一般に多くを含んでいる。 これは自然な、undenatured状態の乳しよう蛋白質だけ生物活動があることが研究が分ったので、重要である。

生物活動を失わないでラクトーゼおよび脂肪を取除くために乳しよう蛋白質を処理することは製造業者によって特別な注意を取る。 蛋白質は低温の下で処理されなければならないおよび/または低い酸の条件はためにない乳しようの抗癌性および免疫があ模倣の活動に必要である蛋白質を「変化させる」。

ほとんどの第二世代の乳しようプロダクトは乳しようの隔離集団とサービングごとの蛋白質内容を持ち出すために混合される。 乳しようの隔離集団最低のラクトーゼが付いている90%以上蛋白質内容をおよび脂肪質は含んでいない。 販売されるほとんどの隔離集団は濃縮物およびランニングの取得によって「イオン交換乳しよう隔離集団」を得る「イオン交換」のコラムと呼ばれることがによってそれなされる。 印象的に聞こえるこの方法へ深刻な欠点がある。 乳しよう蛋白質は複雑な蛋白質である。 それは健康に対する自身の独特な効果をもたらす多くの副一部分のペプチッドから成っている。 これらの副一部分のいくつかは非常に少量だけにあるが、驚かせる能力を健康促進することが病気戦うことおよびある。

イオン交換プロセス、最も貴重のおよび部品を健康促進することの性質が原因で選択式に減らされる。 蛋白質内容が高められるけれども、最も重要な副一部分の多数は非常に失われるか、または減る。 これはイオン交換の隔離集団に本当の第三世代の乳しよう蛋白質の補足のための悪い選択をする(しかしほとんどの会社はまだ彼らの隔離集団の源としてそれを使用する)。

乳しようの隔離集団を作るのに使用される新しい製造業および加工の技巧のすばらしい配列を使うと製造業者は今健康および病気の防止のための最適の乳しようの隔離集団のようであるものが作ることができる。

期待するので、これらのハイテクな乳しようの隔離集団は最も高い乳しようの濃縮物より非常に少数の会社が単独でこれらの隔離集団をなぜ販売するが、のたくさんの大いにより少なく高い濃縮物かとそれらを混合する1ポンドあたり価格より二度多くである。

乳しよう蛋白質の処理のもう一つの新しい開発はある特定のbioactive subfractions (ペプチッド)を、乳しよう蛋白質からのlactoferrinまたはglycomacropeptideのような、隔離する機能である。 これは大規模にして可能ちょうど数年前で、しかし少数の会社が用いた現代ろ過の技術と今日することができる。

これは偽りなく合わせた蛋白質の補足および機能を実際のところ見つけることができない量のある特定の副一部分で加える可能にする。 例えば、副一部分のlactoferrinは用いられる処理のタイプによる多くの乳しようプロダクトで非存在である。 最もよい乳しようプロダクトはlactoferrin 1%以下、およびこのまれで重要なマイクロ一部分の0.5%のような多くを含んでいる。

新しい高められた生命延長蛋白質の補足は第三世代の技術だけ用いる。 それは加えられたlactoferrinが付いている100%乳しようの隔離集団を含んでいる。 乳しようの隔離集団はプロセスを使用して大きいより隔離集団を蛋白質90%作り出し、99%より大きくundenatured、そして自然な比率で脂肪かラクトーゼ無しであらゆる面で重要な副一部分を保つ十字流れのmicrofiltration (CFM)として知られているようにされる。

CFMはハイテクな陶磁器フィルターを用いる塩酸および水酸化ナトリウムのような化学理事の使用を含むイオン交換とは違う自然な非化学薬品プロセスである。 CFMの乳しようの隔離集団はまたカルシウムの多量およびナトリウムの低い量を含んでいる。

さらに、高められた生命延長蛋白質はlactoferrinの95%以上純粋なbioactive形態である加えられたBioferrinを含んでいる。 最近の研究はlactoferrinは強い酸化防止剤でしたり、抗菌および抗ウィルス性の特性があり、強力な免疫の興奮剤であるかもしれないことを示した。

CFMプロセスおよび加えられたBioferrinのために、高められた生命延長蛋白質に300%市場の他の乳しよう蛋白質の補足よりまでより多くのlactoferrinがあり、多分加えられたlactoferrinとの唯一の乳しよう蛋白質の補足である。