生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年10月

イメージ

ビジネスおよび科学
戦いに結合しなさい
老化すること

ビジネスおよび科学は戦いの老化に結合する バイオテクノロジーの会社および科学的な研究者は一緒に老化することに理解し貢献する、それらの先頭に立つ方法を見つけることの重大な接続に達している要因を。 この共同作用によって、結果は遠くないかもしれない。

グレゴリーM. Fahy、Ph.D著。

Incredibly強力な力は老化に対する戦争で自由にされている。 老化を制御する遺伝子は異なったアプローチの多様性を使用して急速に識別されている。 毒性なしで年齢関連の変更を逆転させることで非常に効果があるような、人間臨床試験に既にある薬剤はあった。 みみず、イーストおよび人間のような広く広がった種で観察される老化現象間のリンクは明白になっている。

重要なのは、巧妙な老化の介在の経済的な含意は今明らかである、従って老化の介在の研究のための資金供給が無制限になったことを意味する。 それはそのこれが今日住んでいるほとんどの人々に利点であるには十分にすぐに起こる本当らしいその人間の老化が遅れ、それがようである明らかなようである。

これはラスベガスの刺激的な企業の会合で反老化の薬のアメリカ アカデミーの年次総会前に1997年12月11日および第12に明白、ちょうど、だった。 年齢関連の病気の会議: 国際的な商談(IBC)によって上演された薬剤の開発のためのメカニズムを開発して興味が老化のさまざまな面の処置そして逆転を含んでいる、また結果が介在のための主要で新しい機会を提供できる学術の研究者をひとつにまとめた多くの新しいバイオ企業を。

Michael Rose発展の生物学者は理解し、変更の老化に複数のアプローチを記述した。 彼はある特定の要因原因が老化することその要因を変え、変更を老化させるかどうか見ることであることを示すためのその1つの作戦に注意した。 ローズは1つが実際に正常な老化とは全く関係ない多数のメカニズムによって寿命を短くすることを想像できるので加速することを試みることが基本的に無用であることを想定された親老化の要因の増加によって老化をことを結論を出した。 一方では老化自体を減速しなければ、寿命を非常に伸ばすことは困難である。 従って、徹底的な寿命延長は寿命の短縮よりある特定の理論の大いに説得力をこめて証拠である。

一例として、アーヴァイン ローズのカリフォルニア大学また私用工業先の尖ったと小さいみみずに取り組むために相談する教授、遺伝のメカニズム(広く生命延長雑誌を通して主要な寿命延長をによってカバーされる調査示したCaenorhabditisのelegans、; 「みみずの遺伝子が人間の長寿にキー」、2月あることを見なさい 1998年)。

彼はまた彼ら自身を自発的に挿入できるおよび有機体のDNAの定義され、安全な位置で調査官によって選択式に断続的に回すことができるその建物の分子遺伝の「装置」を提案した寿命の主要な増加を許可するかもしれない1つが挿入するために反老化の遺伝子の選択について幸運なら。

彼が「老化の選択的な延期」と名づけるものをローズ彼自身はした。 ここに」選択的な単語は「ダーウィンの感覚の選択を示す。 再生のためのより古いはえだけ選択によって、彼は再生するまでに短命のはえが生殖不能であるので長寿に選べた。 指定はえが子孫に彼らの遺伝子を渡すので、子孫の寿命はすばらしい年齢を達成するはえが幸運またはよい遺伝子のためにそうするかどうか測定のである。

答えは子孫がまた長命(よい遺伝子があり)だった、ローズは野生にはえより大いに長く住んでいたはえの人口を発生できたことだった。 すなわち、長寿のための遺伝子はそこに既にあり、彼がしなければならなかったすべては悪い遺伝子を持つそれらのはえからよい遺伝子を持つそれらのはえを解決することだった。 彼が長寿続けたら多くが、より長くに選びはえは住んでいた、更に。 不変の最高の寿命のための証拠がなかった。 その代り、中間の(平均)寿命と共に最高の寿命のばらの権利。 1つの場合では、最高の寿命は67日の始めの値から128日の最終的な価値に上がった。

このアプローチの1つの利点は、提示に加えて長寿を支配する遺伝子が短命の人口のそれらと、長命のはえの人口の遺伝子を比較し、あることである実際にちょうど調べることができる長寿の遺伝子がであるかもの。 それは検査されたおよそ300から約5つか6つの遺伝子ただの相違と寿命のこれらの主要な増加を関連付けられたひっくり返した。 これらの遺伝子についての詳細を調べることは主な関心である。

それから考慮されるローズほ乳類にこのアプローチを適用する方法を。 彼は長く長命の齧歯動物の緊張を作成することを支持してしまったが、問題は齧歯動物が余りに長く住み、適当な時間の結果を生むには遅い再生に基づいて選択の実験のための不十分な子孫を作り出すことである。

但し、彼はまた長い時間住んでいるはえを選んでいること飢餓のような圧力を容認する彼らの機能に基づいてはえを選べばなることに注意した。 例えば、他の80%飢餓で死んだ後存続するはえの20%自然に長い寿命がある同じ飛ぶである。 従ってこのタイプの選択はマウスに大いに容易そして効率的に加えることができ実行可能なアプローチである。 当然、このアプローチは人間に適用する長寿の遺伝子を識別できるので豪華な商業含意があることができる。 ローズは外見上これらのラインに沿って進行中のパテントがある。 仕事は今、彼は言ったり、「人間のための療法へのパイプラインを」造ることである。

、ジャックEgan Alteon Inc.、Ramsey、ニュージャージーに基盤をおいた公に交換された会社、論議された血糖(ブドウ糖)間の遅い自発の化学反応によって与えられる損害およびいろいろな蛋白質を逆転させる防ぐことための前臨床研究の年長ディレクターおよび。 これらの不必要な化学反応はglycosylationと言われるまたはこれらの反作用のglucosylationそしてプロダクトは高度のglycosylationの最終製品、か年齢と呼ばれる。

イメージ
Alteonの第一次薬剤の1つはaminoguanidineとして知られているのが常であったPimagedineの ボディ蛋白質にブドウ糖の不必要な不可逆付属品を遅らせるためにずっと昔に示されていた化学薬品である。 Pimagedineは尿で減らされたアルブミンによって示されているようにブドウ糖仲介された損傷から腎臓を、保護する。 それは血の脂肪レベルを減らす。

老化と糖尿病の1つの特徴は首の頸動脈のような血管の高められた剛さ、である。 Eganはラットで、対照動物の生後24かそして30か月間の50%以上頸動脈の落下のdistensibilityが飲料水のPimagedineの50のmg/kgを受け取った動物の7%以下、下るがことを示した。 更に、同じ年齢間隔に、ラットの中心重量にボディ重量の比率は心不全を示している対照動物の約50%上がった; しかし同じ比率はPimagedineと扱われた動物のより少しにより約7%上がった。 Pimagedineはまた左の心室の剛さを正常化し、砂糖の量はコラーゲン(結合組織蛋白質)に付した。 これらは巨大な反老化の効果である。

しかしPimagedineがある、ALT-711はずいぶんよくすることであるかもしれない。 ALT-711は「代理店」を裂くアルファdioneと呼ばれる何かである。 永久的なブドウ糖蛋白質の架橋結合は形作ることをPimagedineが防ぐ間、ALT-711は形作った後ブドウ糖蛋白質の架橋結合を逆転させる。 まだ、反作用で消費されるそれ自身なしで架橋結合の後で架橋結合を壊す人工的な酵素のようなALT-711行為よくしなさい。 それはALT-711は「逆遊離基だったように」、の陽性の連鎖反応準備化学反応である、陰性よりもむしろ。

興味深いことに、ボディは年齢の赤血球に付す抗体(IgG)の量の増加を説明する抗体が付いている砂糖蛋白質の架橋結合を攻撃するかもしれない。 未処理の糖尿病性のラットは着実に彼らの赤い細胞のIgGをそのうちに集めるが、1日あたりの10のmg/kgの線量で口頭ALT-711と扱われた糖尿病性のラットは処置の1から2週の赤い細胞IgGで低下80%から90%示した。

さらに、ALT-711の有効な線量は薬剤の酵素そっくりの行為のために時間と減り、ターゲットの減少数は攻撃することを残ることを架橋結合する。

何よりも大事なことは、3週間ALT-711の1つのmg/kgの線量は老化させた犬の左心室の硬化および終りdiastolic容積の増分を(よりよい中心の血のポンプ能力を示す)逆転させた。 それはまた脈管系中の管のdistensibilityを増加し、中心(心臓出力)によって非常にポンプでくまれた血の量を高めた。 これらの効果は致命的な年齢関連の変更の逆転を表す。

200倍ALT-711のこの線量はラットおよび犬の毒性を作り出さなかった。 人間はALT-711と薬剤がreadministeredとき開発する薬剤の停止と、繰り返さない穏やかなインフルエンザそっくりのシンドロームを扱った。 弛みおよびしわを寄せられた皮とのそれらのための興味の、ALT-711はかなり皮の水和を改善し、完全に変更を逆転させている動物の伸縮性は砂糖交差連結と、ほぼ関連付けた。

Eganの話への対比では、3-deoxyglucosone (3DG)が年齢に変えられるglycationプロダクトで、任意損傷によってリジンの回復新陳代謝の細道にかかわる酵素によってない作られることトルーマン ブラウンはDynamis Therapeutics Inc.の科学的なディレクター意外な暴露を作った。 また、この酵素は妨げることができる。 リジンは砂糖と外見上年齢に次々と変えられる、3DGに変えられるフルクトース リジン(FL)の分子を形作るために反応する。 8か月間齧歯動物の食事療法にFLを入れることは糖尿病に類似している腎臓をある意味では傷つける。 しかし3DGレベルは約半分酵素阻害剤が注入されたときに切られた。

イメージ 残っているジャックEganはブドウ糖の架橋結合によって与えられる年齢の損害を防ぎ、逆転させることを論議する。


老化に関する最も陰謀的な病気の1つは加速された老化に類似しているWernerのシンドロームである。 Minori Sugawara先生は、Agene Research Institute Companyの、鎌倉で、日本、作用できるように病気がDNAの二重螺旋をほどくために責任がある3つの人間のhelicaseの遺伝子(wrnと示される1)の1つで突然変異によって引き起こされることに注意するWernerのシンドロームの分子原因を記述した。 3人間のhelicasesがあるのに、38に達するまでにそれらのちょうど1の問題により通常46の年齢によって80歳の出現を表わす原因の人間、死を引き起こし。

ちょうど図書館が在庫本を取り、読む機能なしで無用であるのでDNAは細胞の他の分子によって「」読むことができなければ無用である。 Helicases機能は遺伝の図書館の情報の店へのアクセスを与えている司書を好む。 helicase機能をノックアウトすることは細胞によって使用のために利用できるDNAの情報をより少なく作り何らかのかたちでDNAの」押しつぶすこれは「加速された老化するシンドロームをもたらす。 HelicasesはまたDNA修理にかかわるかもしれない。

wrnの遺伝子の6つの突然変異があったが、日本人のWernerの患者の70%病気を引き起こす2つの特定の突然変異の1つがある。 これらの突然変異は生じるhelicaseの活動の完全な損失で起因する。 変異する酵素は細胞で不完全にはたらくが、試験管で実際によくはたらく。 そこにこれの少なくとも2つの理由のようである。 最初にDNAが細胞核にあり、蛋白質が核心の外でなされるので、helicase蛋白質は細胞質から核心にDNAをほどくために移らなければならない。 しかし変異するhelicaseはこの旅行を作ることができない。 2番目に、どういうわけか(helicase蛋白質を作るのに使用されている)変異するhelicase mRNAそれから核心を書き入れることができない蛋白質を作るために少しだけ残去る細胞で選択式に破壊される。

興味深いことに、wrnの突然変異はまたtelomereの長さを何らかのかたちで変え、時としてtelomereの短縮を加速し、他の場合風変わりな効果をもたらす。 Telomeresは各染色体の端に特別なDNAの地域から成っている。 細胞は分かれるたびに、telomereの短縮を引き起こすtelomeric DNAの一部分により失う。 telomeresが起こるには余りにも短くなるとき、細胞の老化はかもしれない。 従って、wrnの突然変異はこのメカニズムを通って同様に機能できる。

これらの観察がほとんどの人々のために上がる即時の質問は正常な人々の老化のhelicaseの表現に、何起こるあるか。 正常な人々のwrnの遺伝子に突然変異がなくても、helicase蛋白質を作る失敗は突然変異と同じ効果を作り出すことができる。 これが起こったら、遺伝子は薬剤、栄養素または他の手段によっておそらく再び入ってもよい。 従って起こる何がWernerのシンドロームの物語で私達のそれぞれに影響を与えることができる。

WernerのシンドロームはまたレオナルドGuarenteマサチューセッツ工科大学の生物学の教授によって、提示で、ケンブリッジで、固まり計算した。 彼はイーストの老化を説明するようである与えまた人間で老化することと特にWernerのシンドロームに陰謀的につながるようである動かぬ証拠を聴衆に。

核小体はもたらすDNAがribosomal RNAある細胞核の部分である。 このDNAはrDNAと呼ばれ、それは蛋白質の統合に要求される。 このrDNAがそのうちに不安定であることをようである。 によって正常な老化両方と不完全なWernerのシンドロームの遺伝子(wrnと同一のsgs1として、43%知られているhelicase)の健康なイースト アナログを、Guarenteノックアウトすることによって引き起こされる加速された老化ことを核小体のうねりおよび片観察する。 これは細胞のDNAの残りからの孤立したのまわりで浮かぶ一連のrDNAのループへのrDNAの故障によって引き起こされる。 あらゆる細胞分裂によって、ループの数は結局細胞が死ぬまで増加する。 ループの蓄積はイーストの老化の時計であるかもしれない。

若いイーストにrDNAのループがない。 従って他のイースト菌が起こる親細胞、母細胞はそれ自身に、すべてのループを保ち、種の継続のためにそれ自身を犠牲にする。 しかし各々の新しい娘細胞は何回も分けた後結局ループを開発する。 これが起これば、悪化はループが集まると同時に避けられなくなる。

ループがすべてを独自で老化させることをもたらして十分であるかどうか調べるためにはGuarenteは若い細胞にループをもたらした。 結果は、老化することがより若いイースト年齢で引き起こされたことだったreplicative寿命の40パーセントの短縮に終って。 従って、ループはイーストの老化の十分な原因である。

人間のWernerのシンドロームはnucleolar損傷率の増加を含み、Wernerのシンドロームにかかわるhelicaseは核小体にある。 イーストでは、核小体のこれらの変更はsir4と呼ばれる蛋白質によって妨害されるようでこれらの変更から核小体を保護することで珍しくよい、またおよそ40%から50%イースト寿命を伸ばしsir4 (sir4-42)の突然変異がある。 Guarenteはsir4の人間のアナログが知られているかどうか言わなかった。

GuarenteはrDNAのループの形成がrDNAへの損傷の修理が原因であることを信じる。 しばらく、損傷は問題なく、ある時点で修理されるが、修理はrDNAのループで起因し、細胞の運命は密封される。 円の形成が始まれば円の形成を戦うために、sir4はtelomeresおよびある特定の他の場所から核小体に移住する円の形成を完全に停止できない。 その結果、それは遅れるが、老化することを止めない。 sgs1がノックアウトされるとき、sir4は核小体に損傷がすぐに収拾がつかなくなるのですぐに移住する。

円がrDNA修理の副産物である、修理は必要生命を支えるためにであるので円の形成を妨げれば不条理の、細胞はすぐに死ぬことであり。

、年齢と、犬の頭脳がrDNAを失うことをBernard Strehlerは何年も前に報告した。 Guarenteの細胞はよりもむしろ失うrDNAを集まるが、rDNAは通常存在する正常な位置の染色体から全く失われる。 Strehlerの結果は反映するかどうかGuarenteのメカニズムは見られることを残る。

私達は他のタイプのイーストが不滅であるのでこの問題が解答可能であることを認知している。 従って、イーストのGuarenteの仕事は人間のための強力な反老化療法をもたらすことができる中心の老化プロセスを明らかにすることができる。


雑誌のフォーラムに戻る