生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年10月

概要


乳しようの利点

癌治療のアジェバント、抗生物質および反老化の代理店として乳しよう蛋白質

乳しようおよび化学療法

正常な細胞の人間化された天然ミルク蛋白質の隔離集団による細胞グルタチオンの生体外の選択的な調節およびラットの乳房の癌腫は模倣する
Baruchel S Viau G。 : 抗癌性のRes (1996日5月6月) 16 (3A): 1095-9

私達は正常な周辺血の単核の細胞と比較してJurkatの乳房の癌腫の細胞およびT細胞の成長の人間化された乳しよう蛋白質濃縮物Immunocalの生体外の選択的で抑制的な活動を報告する。 私達は細胞内のグルタチオンの統合の選択的な枯渇にこの抑制的な活動を関連付ける。 食糧補足として人間化された乳しよう蛋白質濃縮物の使用はアジェバント化学療法を用いる臨床試験の直接含意があるかもしれない。


老化の乳しようそして病気

ティッシュのグルタチオンの食餌療法の乳しよう蛋白質の影響および老化の病気
Bounous GジェルベーFアメルV Batist Gの金P。 : ClinはMed (1989日12月) 12(6)日を投資する: 343-9

この調査は乳しようが豊富な食事療法(20 g/100 gの食事療法)の、Purinaのマウスの食事かカゼインが豊富な食事療法(20 g/100 gの食事療法)のそれの、レバーおよび中心のグルタチオンの内容と古い男性C57BL/6NIAのマウスの存続に対する効果を比較した。

調査は6.3か月の限られた観察期間の間に行われた。 生後17か月と20か月間の乳しようの蛋白質が豊富な食事療法に与えられたマウスでは中心のティッシュおよびレバー ティッシュのグルタチオンの内容はカゼインの食事療法与えられ、Purina与えられたマウスの対応する価値の上でかなり高められた。

マウスは生後26-27か月に21か月の年齢から(55年の人間の年齢に相当して)伸びる6.3月の観察期間にわたるPurinaのマウスの食事に与えられたマウスと比べて84週によって表わされた高められた長寿で老衰の手始めで55%の死亡率が観察された間に、乳しよう蛋白質の食事療法に(80年の人間の年齢に相当して)与えた。 マウスの対応する中間の生存期間は定義されたカゼインの食事療法にであるPurina与えられた制御のそれとほとんど同一与えた。

体重のカーブはすべての3つの食餌療法のグループで類似していた。 それ故に乳しよう蛋白質の食事療法は老化のマウスのレバーおよび中心のグルタチオンの集中を高め、6.3月の観察期間にわたる長寿を高めるようである。


乳しようおよびコレステロールの集中

ラットの血しょうおよびレバー コレステロールの集中に対する食餌療法のミルク乳しよう蛋白質V.のカゼインの効果の低下

チャンX Beynen AC。 : Br J Nutr (7月1993日) 70(1): 139-46

血しょうおよびレバー コレステロールの集中に対する食餌療法の乳しよう蛋白質の効果は対カゼイン メスの、離乳したてのラットで調査された。 乳しようの蛋白質かカゼインを、かこれらの蛋白質を模倣するアミノ酸の混合物は含んでいる釣り合った、浄化された食事療法使用された。

コレストロールが高い食事療法(kgの供給ごとのコレステロールの10グラム)に蛋白質150か300グラムがかアミノ酸/kgの供給あった。 食事療法は3週間与えられた。 低い食餌療法蛋白質のレベルで、乳しよう蛋白質は対カゼイン血しょう総コレステロールに影響を与えなかったが、レバー コレステロールの集中を下げた。

高い食餌療法蛋白質のレベルで、乳しよう蛋白質はかなり血しょうおよびレバー コレステロールおよびまた血しょうtriacylglycerolsを下げた。 乳しよう蛋白質のhypocholesterolemic効果は非常低密度脂蛋白質のコレステロールの減少と関連付けられた。

高い食餌療法蛋白質の集中で、乳しよう蛋白質はカゼインと比較すると胆汁酸の糞便の排泄物を減らした。 そのままな乳しよう蛋白質の効果は対カゼインこれらの蛋白質を模倣するアミノ酸の混合物によって再生されなかった。 ラットの乳しよう蛋白質のコレステロール低下効果が肝臓のコレステロールの統合の阻止によって引き起こされることが一時的に提案される。


Lactoferrinの抗菌性の共同作用

lactoferrinおよびtransferrinによる腸グラム陰性の細菌の外の膜の損傷
Ellison RT 3d Giehl TJ LaForce FM。 : Immunを(11月1988日) 56(11)感染させなさい: 2774-81

私達は鉄結合蛋白質がchelatorのエチレンジアミン四酢酸のそれに類似したグラム陰性の外の膜にある意味では影響を与えることができることを仮定した。 lactoferrinおよびtransferrinの機能はUDP-のガラクトースのepimeraseの不十分なエシェリヒア属大腸菌の突然変異体と野生タイプのネズミチフス菌の緊張からradiolabeled lipoの多糖類(LP)を解放するテストされた。 頭文字はバルビタール アセテートの緩衝でエチレンジアミン四酢酸によりおよびlactoferrinがすべての3つの緊張からのLPの重要な解放を引き起こすことを示した調査する。 それ以上の調査はLP解放がpH 6および7.5の間に起こったlactoferrinの鉄の飽和によって妨げられたことが分ったり10(7) CFU/mlと細菌の集中のために対等からの10(4)、および増加するlactoferrinの集中と増加されてだった。 かせを使用して調査はカルシウムに欠けている塩水濃度のバランスをとり、transferrinによりまたLP解放を引き起こすことができることをマグネシウムは示した。 さらに、lactoferrinおよびtransferrinは両方rifampinのsubinhibitory集中、細菌の外の膜によって除かれた薬剤の抗菌性の効果を高めた。 この仕事はこれらが鉄結合蛋白質グラム陰性の外の膜を傷つけ、細菌の外の膜透過性を変えることを示す。


Lactoferrinの抗菌性の活動

lactoferrinおよびペプシン得られたlactoferrinのペプチッド片の抗菌性の活動
山内町K Tomita M Giehl TJ Ellison RT 3d。 : Immunを(2月1993日) 61(2)感染させなさい: 719-28

最近の仕事は結合の鉄に加えて、人間のlactoferrinがグラム陰性の細菌の外の膜を傷つけることを示した。 この調査では、私達は牛のようなlactoferrinにおよびペプシンに得られた牛のようなlactoferrinのペプチッド(lactoferricin)片同じような活動があるかどうか定めた。 私達はことが3匹の細菌の緊張、エシェリヒア属大腸菌CL99 1-2、ネズミチフス菌SL696、およびサルモネラ モンテビデオSL5222からの20のmicroMの両方牛のようなlactoferrinそして20のmicroMのlactoferricin解放の本質的に分類された[3H] lipopolysaccharide ([3H] LP)分った。 ほとんどの条件の下で、より多くのLPは全牛のようなlactoferrinによるよりペプチッド片によって解放される。 lactoferrinかlactoferricinの前でリゾチームによってエシェリヒア属大腸菌CL99 1-2の高められた殺害行う。 人間のlactoferrinのように本質的に分類された[3H] LPの分子を放すために、牛のようなlactoferrinにおよびlactoferricinに結合する機能がある。 これらの効果に加えて、牛のようなlactoferrinが最高でbacteriostaticだった一方、lactoferricinはグラム陰性の細菌に対して一貫した殺菌の活動を示した。 この殺菌の効果は陽イオンCa2+、Mg2+およびF3+によって調整されるが、媒体のosmolarityの独立者である。 電子密な「膜」の即時の開発が水ぶくれが生じるlactoferricinショー--にさらされる細菌の細胞の透過型電子顕微鏡。 これらの実験は牛のようなlactoferrinおよびlactoferricinがグラム陰性の細菌の外の膜を傷つけるという証拠を提供する。 さらに、ペプチッド片のlactoferricinに直接殺菌の活動がある。 lactoferrinがlactoferricinの片を裂くことができる蛋白質分解要因--に生体内でさらされるのでこのペプチッドの効果は機械論的な、生理学的な関連性である。


乳しようの抗菌性スペクトル

lactoferricin Bの抗菌性スペクトルは牛のようなlactoferrinのNターミナル地域から、有効な殺菌のペプチッド得た
Bellamy W Takase M Wakabayashi H Kawase K Tomita M。 : J Appl Bacteriol (12月1992日) 73(6): 472-9

グラム陽性およびグラム陰性の細菌の生理学的に多様な範囲はlactoferricin Bの牛のようなlactoferrinの胃のペプシンの消化力によって作り出されたペプチッドによって阻止および不活性化に敏感であると見つけられた。 敏感な有機体のリストはエシェリヒア属大腸菌、サルモネラ腸炎菌、Klebsiellaの、Yersiniaをvulgaris、pneumoniae、プロテウス菌-緑膿菌enterocolitica、カンピロバクターの、黄色ブドウ球菌、ミュータンス連鎖球菌jejuni、コリネバクテリウムのdiphtheriae、リステリアのmonocytogenesおよびウェルシュ菌含んでいる。 成長の完全な阻止をもたらすために必要なlactoferricin Bの集中は使用された緊張および培養基によって0.3から150 micrograms/mlの範囲の内で、変わった。 ペプチッドはpH 5.5に7.5の範囲上のエシェリヒア属大腸菌O111に対して活動を示し、最も有効な下のわずかにアルカリ条件だった。 その抗菌性の有効性はNa+、K+、Mg2+またはCa2+イオン、またはさまざまな緩衝塩の前で減った。 Lactoferricin Bは致命的であり、コロニー形成機能の急速な損失をテストされた種のほとんどでもたらす。 Pseudomonas FluorescensのfaecalisおよびBifidobacteriumのbifidumのEnterococcusは緊張このペプチッドに対して非常に抵抗力があった。


ニンニクおよび蟹座

文化の人間の前立腺の癌腫の細胞の成長、グルタチオンの集中およびポリアミンの形成に対するニンニクのthioallylの派生物の効果
まだら馬JT Qiao C Xing J Rivlin RS Protomastro ML Weissler MLタオYのターラーH Heston WD。 : AM J Clin Nutr (8月1997日) 66(2): 398-405

ニンニクの要素に類似しているS-cysteinylの総合的な混合物および自然発生するニンニクの派生物が人間の前立腺の癌腫(LNCaP)の細胞に対するantiproliferative効果をもたらすかどうか調査されるこの調査。 S-allylmercaptocysteineおよびS-allylcysteineが2つの重要な分子ターゲット、即ち減らされたグルタチオンおよびpolyaminesに影響を与えるかどうかまた検査される調査。 結果はS-allylcysteineのantiproliferative効果が発音されるようになかった一方S-allylmercaptocysteine (50のmg/L)がLNCaPの細胞の成長を減少したことを示した。 S-cysteinylの総合的なアナログを使用して調査は成長の阻止が二硫化物か活動的なdiallylの一部分を含んでいる混合物と最も有効だったことを明らかにした。 最底限に抑制的な効果はmonosulfinicアナログと観察された。 S-allylmercaptocysteineによりおよびS-allylcysteineは両方LNCaPの細胞によって減らされたグルタチオンの集中の増加を引き起こした。 プトレシンおよびスペルミンの集中は減り、spermidineはS-allylmercaptocysteineの処置の後の3日を増加した。 S-allylmercaptocysteineの処置の後の5日で、ポリアミンの集中は塩扱われた制御のそれらに類似していた。 直接オルニチンのカルボキシル基分解酵素との反応オルニチンのカルボキシル基分解酵素の減らされたグルタチオン、知られていた抑制剤の形成を高めること、またはS-allylmercaptocysteineが求核チオールの一部分ことをことをでによって酵素、オルニチンのカルボキシル基分解酵素を、総合するポリアミンを妨害するかもしれないことを減少された細胞の成長および変えられたポリアミンの集中は提案する。 S-allylcysteineがまた減らされたグルタチオンの形成を高めるが、かなり成長を禁じないので、後のメカニズムはこの混合物のためにより本当らしいかもしれない。 これらのデータはニンニクから得られる非本質的な栄養素が腫瘍の成長を調整するかもしれないそれ以上の証拠を提供する。


葉酸、Gingival繁茂

gingivectomy phenytoin誘発にgingival繁茂の続くことの再発に対する葉酸の効果
Poppell TD Keeling SD Collins JF Hassell TM。 : J Clin Periodontol (2月1991日) 18(2): 134-9

この調査はgingivectomy phenytoin誘発にgingival繁茂の続くことの再発に対する葉酸の補足の効果を検査した。 進化に障害者のための施設の8人の居住者は処置に任意に割り当てられた(Nは= 4)または制御する(N = 4)グループ。 処置のグループの主題は調査の間に葉酸の日刊新聞の5 mgの口頭補足を受け取った; 制御グループのそれらは。 気胞の頂上になされた象限儀外的な斜めの切り傷とのgingivectomy完了した。 次のデータは外科の、そして後外科3かそして6か月のの最後の象限儀に続くgingivectomy、2週前に得られた: プラクおよびgingival索引のスコア、赤血球の葉酸のレベル、自由なphenytoinの血レベル、写真および印象。 繁茂の変更パーセントは石造りモデルのbucco lingual切口から得られたダイスでなされた横断面区域の測定から断固としただった。 グループはプラクおよびgingival索引のスコアまたは自由なphenytoinの血レベルで異ならなかった。 処置のグループはかなりより高い赤血球の葉酸のレベル(0.0001と等しいかまたはそれ以下のp)があった。 外科の結果としてgingival繁茂の減少は両方のグループで類似していた。 処置のグループはgingival繁茂(0.05と等しいかまたはそれ以下のp)のより少ない再発がかなりあったが、中間の相違は3かそして6か月に6-7%だけになった。


Folate、Phenytoinの増殖

phenytoinの増殖に対するfolateの効果
HJ Vogel RI Molofsky Wのパン屋HフランクO.を引いた。 : J Clin Periodontol (7月1987日) 14(6): 350-6

葉酸がphenytoinによって引き起こされるgingival増殖を禁じるというあるレポートがずっとある。 この二重盲目の調査の目的は人のphenytoin誘発のgingival繁茂に対する葉酸の全身および項目管理の効果の臨床的に量を示すことだった。 6か月の期間のために、phenytoinの患者の1つグループはfolateの解決の2つの毎日の項目適用を受け取った。 付加的なグループは制御グループが偽薬の薬物を受け取る間、全身のfolateの2つの毎日の線量を受け取った。 結果は調査、全身のfolateまたは偽薬のグループよりすばらしい範囲への項目folateのかなり禁じられたgingival増殖の180日の期間中のそれを示す。


Folateのうがい薬

人の実験歯肉炎に対するfolateのうがい薬の効果
パックAR。: J Clin Periodontol (8月1986日) 13(7): 671-6

実験歯肉炎モデルが1965年以来広く使用されていたが、ある疑いはこのモデルのティッシュの応答の性質に関してある。 したがって、現在の調査は実験歯肉炎が0.1%のfolateのうがい薬(MW)に既に確立された歯肉炎のために報告されたそれに同じような方法で答えたかどうか定めるように設計されていた。 20人のオスの歯科学生はfolateまたは偽薬MWへの任意割振りと2 3週間の実験期間を含んだ二重盲目のクロスオーバー調査に加わった。 実験場所はより低い前方区域であり、gingival検査の24ポイントはベースラインでなされ、歯肉溝が鈍い調査となでられたときに週1、2および3.発火は色の変更の存在かわずか、おおまかまたは不在である不在、および出血によって査定された。 プラクのサンプルは暗視野の顕微鏡検査を使用して評価され、集められたプラクの乾燥重量は毎実験期間の終わりに測定された。 Folate MWは集められたプラクに対する統計的に重要な効果、かこの調査の実験歯肉炎の臨床印がなかったようではない。 それ以上の既に報告される確立された歯肉炎の応答と比較されるfolate MWへの実験歯肉炎の別の応答は実験歯肉炎が確立された歯肉炎に起こる細胞および免疫学応答の確実なレプリカを表さないかもしれないことを提案する。