生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LEFの雑誌1998年5月

イメージ


イメージ あなたのための茶
あなたがあなた自身のためにちょうど、である東洋の緑茶のコップなだめるようする全くそれらの事か少数の社会的な 習慣。 しかし私達は今茶があなたの体、またあなたの冷静さを保護すること知っている。

ウィリアムFaloon著


緑茶、なだめるようで、楽しい特性のための西部の家の心暖まるような点を見つけた東洋からの正式の飲み物は、それより大いに多くである。 提供するエキスとして健康茶ようにコップはの緑茶の活動的な原料提供の多数の病気戦いの特性の形態を集中した。

滑らかな味見の有機性日本の緑茶は多くの茶酒飲みによってグルメ向きの御馳走として考慮される。 更に、日本の緑茶は人々が彼らのカロリーの取入口を減らすことを可能にする嫌というほど与える効果を提供できる。 疫学の研究は緑茶を飲む人々は癌、心臓病および打撃を含む多くの病気のかなりより低い危険が、あることを示す。 実験室調査は緑茶のエキスがに対して保護する示し、多くの共通の退化的な病気ことを有効な処置のためのであるかもしれない。

緑茶の活動的な要素はカテキンのポリフェノールである。 緑茶のカテキンは遊離基を中和する機能を越える医療補助を提供する有効な酸化防止剤である。

緑茶の機能は癌を防ぐ新しい調査が潜在的な癌療法として緑茶をテストしているほど確立している。 緑茶は前および現在の喫煙者の肺癌に対して特に保護であるかもしれない。 その肺癌の保護効果は前の喫煙者が肺癌を開発するためのより大きい危険によりあることを示す新しい調査に基づいて重要な重要性を前に考えられたもつ。

緑茶のカテキンは癌を次のように防ぐために示されていた:

  • ニトロサミンおよびアフラトキシンのような食餌療法の発癌物質の中和を助力;
  • 、それにより保護の細胞結局癌を引き起こすことができる突然変異に対して細胞DNAに癌もたらす代理店の結合と干渉する;
  • ある癌を引き起こす自由根本的なDNAの損傷からの保護;
  • またある特定の癌をもたらす場合がある禁止の細菌誘発DNAの突然変異;
  • それらがDNAを傷つける前にある特定の発癌物質の活発化を防ぐために腸、レバーおよび肺の酵素そして他の酸化防止剤を使用する; そして
  • 電離放射線そして紫外放射の効果からの保護。 緑茶は発癌の開始そして昇進を両方妨害するために示されていた。 ある調査は緑茶がある特定の腫瘍の形成を妨げることを示した。 緑茶の唯一の利点が癌の危険を減らすことの価値を持って健康飲料か補足として取得である。


癌患者は緑茶のカフェインの内容の影響に気づくべきである。 健康な人々が280 mg緑茶のエキスのカプセルの推薦された線量によって供給されるカフェインの低レベルを心配しなければならないべきである間、緑茶のエキスの大量服用は2,240 mgに癌の患者1,400のために推薦されてこれらの人々のためのカフェインの耐えられないほど高レベルを供給する日かもしれた。

研究は少しこの時点で混同するかもしれない: 科学文献の検討はカフェインは癌に対して緑茶のポリフェノールを共働作用して使用することを他の調査は示すが何人かの癌患者がカフェインを避けるべきであることを示す。 それにもかかわらず、カフェインに非常に敏感であるだれでもdecaffeinated緑茶のエキスを取るべきである。

澱粉は消費されるとき、酵素のアミラーゼが血の流れで吸収することができる簡単な砂糖にそれを壊すように要求する。 緑茶のポリフェノールは従って血に吸収された有害な砂糖で削減したアミラーゼを禁じる。 1つの調査は緑茶のちょうど1のコップが87%アミラーゼ活動を禁じたことを示した。 別の調査は澱粉の50グラムが摂取されたときに緑茶のエキス ブドウ糖の正常な高度をおよびインシュリンが減らしたことを示した。 これはブドウ糖およびインシュリンの高い血レベルが糖尿病および心循環器疾患に人々をし向ける、加速された老化と関連付けられるのでよく。

多くの人々のために、砂糖は体脂肪の蓄積の第一次被告人である。 1つの動物実験は緑の茶カテキンの補足に応じて体脂肪の重要な減少を示した。

緑茶のポリフェノールは頭脳の有効な酸化防止剤、特にである。 ある調査は緑茶(カテキン)で最も流行するポリフェノールがビタミンCかE.ことをより遊離基の抑制ではるかに有効であることを示す。

緑茶はまた細菌を殺すことができる。 食事が付いている緑茶を取ることは細菌の食中毒の危険を減らすかもしれない。 緑茶はまた抗生物質抵抗力があるようになったぶどう球菌の緊張に対して有効である。 緑茶は腸の友好的なbifidobacteriaの成長を促進し、クロストリジウムおよびエシェリヒア属大腸菌のような危ない腸の細菌の緊張の成長を防ぐ。

さらに、緑茶のポリフェノールは腎不全の後で腎臓の臨床出現を改善するためにuremic毒素(methylguanidine)の生産を抑制する。 人間の調査は有毒な混合のmethylguanidineが緑茶のポリフェノールの管理の後のかなり1か月を減らしたことを示した。 後で6か月、中間のmethylguanidineのレベルはそれがずっと処置の開始にであるものの約70%だった。

飲む緑茶はキャビティおよび口臭を引き起こす口頭細菌を殺すかもしれない。 実際に、ある特定の食糧によって引き起こされる汚れた呼吸を抑制する日本の飲み物の緑茶。 緑の茶葉の脱臭効果は何世紀にもわたって知られ、茶葉は防臭剤として伝統的に使用された。 調査はメチルのメルカプタンに対してテスト、最も密接に口臭と関連付けられた混合物の緑茶のポリフェノールの脱臭行為を示した。 緑茶はまたトリメチルアミンおよびアンモナルによって作り出される悪臭を抑制するために示されていた。

緑茶はウイルス肝炎を含む複数のウイルスを、禁じる。 レバーの鉄の高い店は肝炎の巧妙な処置を排除する。 緑茶はボディ中の鉄のレベルを下げ、肝炎のウイルスのある特定の緊張に対して直接抗ウィルス性の効果をもたらすかもしれない。 レバーの余分な鉄は肝硬変を引き起こすribavirinおよびinterferongenerateの遊離基との巧妙な処置を排除する。

そして緑茶が緩むちょうど楽しい方法だったことを考えた。 それはそれ、当然である。 しかしそれはそれほど多くである。


緑茶
それはあなたの中心のためによい


癌戦いの特性に加えて、緑茶はまた心臓病および打撃と関連付けられる危険率の多数を軽減するようである。 緑茶は「悪い」LDLのコレステロールおよび血清トリグリセリドのレベルを下げるために示されていた。 更に、緑茶の有効な酸化防止効果はアテローム性動脈硬化の形成の主要で有力な役割を担う動脈のLDLのコレステロールの酸化を禁じる。

緑茶はまた心臓発作および打撃の一流の原因である異常な凝血の形成(血栓症)を禁じるために示されていた。 1つが血の凝固の危険率を見るときとりわけ異なりなさい見られたり、しかし本質的に有効、アスピリンである効果によって血小板の集合および付着を禁じるために、緑茶は。

緑茶は2つの知られていたメカニズムによって凝固する動脈血の危険を減らす。 最初に、緑茶はアスピリンように、トロンボキサンA2の形成を禁じる。 2番目に、緑茶は血小板活動化要因(PAF)と呼ばれる別の凝固の代理店を禁じる。 トロンボキサンA2のレベルを減らすことは非常に望ましい。 トロンボキサンによりだけでなく、動脈血の血塊を引き起こすが、また幹線圧縮を引き起こす。 トロンボキサンの阻止は心臓発作かthrombotic打撃を防ぐことができる。

緑茶はまたHDLのレベル、助けが幹線壁からatheroscleroticプラクを取除くよいコレステロールを上げるために示されていた。

アスピリンが緑茶と異なるcyclooxygenaseの阻止のようなある反thrombotic効果をもたらすことに注目しなさい。 心臓発作か脳卒中を防ぐために低線量のアスピリンを取ればまた緑茶を消費してもそうし続けるべきである。

コレステロール、トリグリセリドまたはthrombotic危険率を下げたらのに緑茶を使用しようとしたらあなたの血を有能な医学の専門家によってテストされ、評価してもらうように確かめなさい。

幹線伸縮性の損失は高血圧の1つの原因である。 若々しい動脈は各心拍と楽に拡大し、契約を結ぶ。 老化するにより幹線伸縮性の損失を引き起こす。 注意された、緑茶として幹線圧縮の1つの原因であるトロンボキサンの生産を禁じる。

高血圧のより重要な原因は呼ばれる腎臓によって分泌する酵素酵素(エース)をangiotension変えることである。 Capoten、VasotecおよびZestrilのような普及した薬剤はangiotension変換の酵素阻害剤(エースの抑制剤)として作用する。 エースの効果の妨害によって、血圧はほとんどでhyperten sivesをかなり減る。 但し、緑茶は自然なエースの抑制剤である。 出版された調査は緑茶のエキスがある動物および人間で下げられた血圧を示す。

高血圧を扱ったらのに緑茶を使用しようとしたらあなたのために働いているかどうか評価できる有能な医学の専門家の管理の下にそうだけしなさい。 規則的な血圧のテストは必須である。