生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年6月

イメージ


アメリカのGerontological社会
老化の起源の探検

Vince Cappiello著


アメリカのGERONTOLOGICAL社会 世界中から研究者はアメリカの、正常な老化で治療上の作戦を、そしてアルツハイマー病、パーキンソン病および筋萎縮性側索硬化症(ルー・ゲーリック病)のような老化の病気のGerontological社会の第50年次科学的な会合のためのシンシナチで含んでいて提示が集まった。

3,200人の関係者が論議したトピックの間で長寿の遺伝の決定要因はおよび老化、成長ホルモンおよび老化、老化のneurodegenerative病気に、および食餌療法の処理によって寿命延長かかわった栄養の要因あった。

再度、長寿を調査するための最も魅惑的な動物モデルの1つはみみずのCaenorhabditisのelegansを用いる。 近年、生命延長雑誌で広く詳しく述べられるように、C.のelegansはかなり長寿を高める複数の突然変異が識別されたので集中的な研究の焦点になり。 突然変異の特定の種類によって、これらのみみずの長寿は彼らの通常の生活のスパン6倍まで増加することができる。

ミバエ(ショウジョウバエ)を同じような使用はまた長寿が遺伝の処理によって高めることができることを示した。 より低い動物の長寿のある特定の遺伝の決定要因は理解しているハーバード衛生学校の先生に従ってJ. Vijg人間で、維持されたようであるので含まれたメカニズムは老化プロセスのよりよい理解に貢献できる。 この情報は遺伝学、神経科学、生物化学、生物学および薬で成長している老化についてのおよび人間の長寿thegrowing一連の知識と結合できる。 会議の出席者は老化することが複雑なプロセスであり、研究の道が理解にキーを提供しないことを指摘した。

別の提示では、生命延長科学的な諮問委員会のメンバー ドンIngram、および他の研究者を含むボルティモアの老人病学の研究所の科学者は、「ヒト以外の霊長類のカロリーの制限の彼らの調査結果を示した: 人間の老化プロセスおよび年齢関連の病気への関連性」。 先生Ingramおよび彼の同僚の調査結果はこの問題で拡大された用紙で他の所で示される。

ミシガン州立大学のデイヴィッドBurke先生は遺伝的に異質マウスの人口のマウスの長寿の遺伝子の地図を描くことの予備データを示した。 男性この145およびメスのマウスの分析は染色体(「位置」)の遺伝子の位置と長寿間の連合を提案した。 未来の調査はより大きいサンプルと統計的な重大さを達成するために計画される。

老化することのための候補者の遺伝子そして遺伝子プロダクトを見つけるのに使用されている人間の遺伝子の調査はユタ州立大学の先生によってリチャードCawthon論議された。 ユタの遺伝の参照のプロジェクトは14年45家族との前に始まった。 現在、それは第三世代にあり、450人の個人は調査された。 これらの人々からの細胞ラインは確立された従って研究者は彼らの遺伝の構造の地図を描くことができ、それらの遺伝子を捜すことは老化することに関連していた。

「これがされたので私達は」注意するCawthonに特定の特性を調査してもいい。 例えば、変わらない死亡率のための予言する価値があり、特性は識別された。 例えばより低い白血球の計算、より低い死ぬ危険; 同様に休息心拍数のために。 対の調査の両方の条件のInheritabilityは60%だった。

調査されるもう一つの特性はtelomereの短縮である。 Telomeresの染色体の先端の専門にされた構造は細胞の長寿の貯蔵場所であると、信じられ、長寿についての最も刺激的な議論のいくつかのこれまでのところトピックに今年ある。

Cawthonはまたユタの元の開拓者の子孫から開発されたユタの人口データベースの使用を論議した。 彼はミトコンドリア遺産がほとんど専ら母性的であることを説明した。 Mitochondriaは細胞呼吸にかかわる細胞レベル下の細胞器官である。 彼らはDNAのextranuclear源を自己複製して、含んでいる。 これらの家族からのデータを使用して、長命の女性は識別され、mitochondriaの調査は長寿の関係を提案した。 しかしCawthonは「母彼らの娘に多くの事の下で通じること、圧力の処理を含んで」が示して速い。 彼はこの観察された長寿が全く社会的な現象であることができることを警告した。

長寿に貢献する核遺伝子を識別するに関しては、研究者は文化の細胞からのmitochondriaを取除いた後呼吸に対する効果および他の細胞機能を捜している。 追求される候補者の遺伝子および遺伝子の位置は老衰および長寿に貢献する位置である。

ワシントン大学のJunko Oshima先生は、Wernerの短い身長によって、早くgraying特徴付けられた、若い大人のシンドローム、まれな、遺伝性の病気激流、管の無秩序および一般に早期の老化および死論議した。 Wernerのシンドロームの模倣者の正常な老化、Oshimaの臨床明示は注意したことが一般にそこにである重要な相違感じられるが。

Wernerのシンドロームに責任がある遺伝子は、各々の変化しない親が概念の時に特性を開発する子孫のために責任がある遺伝子を貢献しなければならないある遺産ことパターンの「autosomal劣性」のである。 従って、子孫は遺伝子のために「homozygous」、意味するであり責任がある遺伝子の2枚のコピー、表現されるべき劣性遺伝子のための必須条件があることを。 彼らにそれぞれ責任がある遺伝子の1枚のコピーだけ(およびこうしてである「heterozygous」あるので)親が変化しない間、キャリアである。

男性および女性の子孫は遺伝子が常染色体(あらゆる非性の染色体)で運ばれるので均等に影響される。 2人の変化しない親の4人の子供に付き1人は特性を開発する。 autosomal遺産の他の例は嚢胞性線維症およびフェニルケトン尿症である。 研究者はWernerのシンドロームの遺伝子の24の突然変異を識別した。

逆説的に、Oshimaは彼女のWernerのシンドロームの患者の何人かの親が百歳であることに注意した。 これらの親がヘテロ接合型でなければならないので1つは彼らの子供の4のが病気を開発すると期待する; 但し、観察された比率はそれより大いに高い。 「はっきり、私達は遺伝の危険率を逃している」、Oshimaは言う、「より詳しい調査」を要求する。 別の前部で、研究者のチームは成長ホルモン(GH)の分泌で年齢関連の低下と関連付けられた問題、およびインシュリンそっくりの成長の要因1 (IGF-1)を論議した。 これらの要因の低水準は老化の女性および人でosteopenia (薄い骨)に貢献するので行われ、押し進ませる萎縮および減らされた練習の許容を老化の「ペースメーカー」であると考慮される。

高齢者への外因性GHの管理はIGF-1分泌、細いボディ固まり、筋肉固まりおよび皮厚さを高めることができることを示した。 またこと骨「転換」報告され-常態で起こる骨の形成および再吸収の連続プロセスは影響を受けて、GHが骨粗しょう症の手始めに影響を与えることができることが提案する骨。

この観点から見ると、Dike Kaluテキサス州立大学の先生は、老化で、骨の損失に対するGHの効果の骨の転換そして調査を論議した。 これらの調査の結果が矛盾していたが、遺伝要因は骨の損失の最も大きい決定要因だったようである。

ジェームス ネルソンの(去る)堤防Kalu (上の) Junko Oshima (右の) まだ、KaluはGHにおよびIGF-1に確立された骨粗しょう症で骨を再建するための治療上の潜在性があることに感じる。 最適間人間の骨粗しょう症のそのような療法のための候補者は月経閉止期が骨粗しょう症を遅らせるか、または防ぐことで有利であるかもしれない前にまだの女性のこの療法の開始確立されるべきである。

それは認識および運動機能の年齢関連の悪化が中枢神経系の特定の神経の人口の機能障害に関連させることができること有名ジョーSpringerケンタッキー大学の説明された先生である。 この悪化が細胞死が原因であること根本的な概念は質問に入って来た; 証拠はニューロンが死よりもむしろ細胞レベル下の変更を経ていること集まっている。

現在の研究戦略はAlzheimer、パーキンソンおよびALSのようなneurodegenerative病気で、ニューロンの正常な作用妥協された概念に基づいている。 「私達が右の外因性のneurotrophic要因を管理してもいければそう正規関数は元通りになるかもしれない; 、未処理に去られたら悪化は退化に」、ノートのスプリンガー進歩する一方。 「neurodegenerative病気の損害で」観察されるのはこの退化である。

1つのタイプのneurotrophic要因に焦点を合わせたスプリンガーの研究のラインはグリア細胞のライン得られたneurotrophic要因(GDNF)を呼び、1993年に識別し、そして頭脳のsubstantiaのnigraで取付けられたドーパミン ニューロンの存続を高めると見つけた。 ドーパミン ニューロンは神経伝達物質としてドーパミンを利用する。 それはこれらのニューロン パーキンソン病のその退化である。

脊髄の運動ニューロンが筋肉を搭載する機能の存続そして維持のためのneurotrophic要因によって決まるので、スプリンガーはGDNFがこれらの効果にいかにの貢献したか調査に興味があるようになった。 GDNFは骨格筋の非常に低水準で普通総合される。 しかしGDNF得られたmRNAが2週後に増加したことが後部肢の骨格筋への運動神経が断絶されたマウスの調査で、彼は分った。 スプリンガーはこれが神経の再生に於いてのGDNFのための潜在的な役割を提案することを信じる: それは再生の軸索のための「attractorとして」機能するかもしれない。

スプリンガーはまたニューロンが神経化学コミュニケーションを送信するシナプス間の関係、場所でGDNFの役割を調査するために調査を記述した。 GDNFがマウスに管理されたときに、GDNF得られたmRNAおよびGDNF蛋白質のハイ レベルは制御マウスと比較された骨格筋で見つけられた。 これらの筋肉の顕微鏡検査はGDNF扱われたマウスからの各筋繊維に1つの代りに2つのneuromuscular接続点があったことを明らかにした。 neuromuscular接続点は運動ニューロンと筋繊維間の結合性の区域である。

これらの調査結果の重大さの論議で、スプリンガーは早い開発の間に、多数の軸索プロセスが骨格筋にそうそこにである各筋繊維(polyinnervation)のための複数のneuromuscular接続点育つことに注意した。 しかし生れの後の約2週これらはすなわち、1対1の比率が…そこになる筋繊維ごとのたった1つのneuromuscular接続点に達成されるまで総計で下る。

頭脳へのGDNFの注入の後で、Parkinsonian特徴の多数は動き、姿勢およびバランスの速度を含んで、改良した。

大人のマウスのpolyinnervationを維持するためにこの調査のGDNFが示されていたのでスプリンガーは信じる大人の生命の後期の脊髄の運動ニューロン機能に影響を与えるかもしれないことを。 それはまたシナプス機能の維持で有利かもしれない。

グレッグGerhardt先生は、コロラド大学の老化で観察されるそのモーター欠損のスプリンガーと、同意し、パーキンソン病でドーパミン ニューロンの死が、むしろドーパミン システムの機能低下が原因であるかもしれなくない。 ドーパミンに対する劇的な効果をもたらすために「GDNF生体外で示されneurodegenerative変更を生体内で逆転させることで大きい約束を」、はノートGerhardt示す。

Gerhardtの実験室で行なわれた最近の調査では2歳のラットは頭脳のsubstantiaのnigraに管理されたGDNFだった。 約2週後で、動きの自発のlocomotor活動そして速度は増加した。 さらに、ドーパミンの頭脳のレベルは増加した。 老化させた猿の同じような調査はこれらの調査結果を確認した。 このタイプの未来の調査はドーパミンのレベルが男性および女性で異なる、女性のパーキンソン症候群の表現は人でより流行するという事実による可能な性による違いを調査し。

Gerhardtの圧力、「私達は老化の調査で若い」。 技術が比較的最近開発されたのでこの種類の研究はちょうど始まっている。 この時点で、私達はこれらの栄養の要因がすることを学んでいる; この知識の治療上の適用は後で来ると、彼は言う。

GDNFの神経補強薬の活動はParkinsonianアカゲザルを使用してによってドンGash先生、調査のケンタッキー大学の、示された。 それらは1つの側面の頸動脈、正常に残る反対側に神経毒とボディのその側面のパーキンソン病を開発したのは注入されたからである。 それらは頭脳に注入によってそれからGDNFを与えられた。 2週以内に、Parkinsonian特徴の多数は動き、姿勢、バランスおよび筋肉剛性率の速度を含んで、改良した。

GDNFの処置の前のこれらの頭脳の損なわれた側面の顕微鏡検査はGDNFの処置の後にニューロン サイズおよび繊維密度の復帰があった一方、ドーパミン ニューロンの損失か萎縮を示した。 ドーパミンのレベルはまた増加した。 GDNFのこの補強薬の活動は米国の5つの医療センターで行なわれる段階I臨床試験のパーキンソン病の患者で現在テストされている。

GDNFにまた神経保護活動があること神経毒を管理する前のGDNFと前処理をされたラットで切傷の実験室によって示されていた。

切傷はGDNFの神経補強薬および神経保護活動、またパーキンソン病の患者の臨床試験にGDNFの記入項目について刺激される。 彼はそれがまた正常な老化に伴う運動機能の低下を経ている人々に寄与できるかどうかの学習に興味がある。 「私達はどんな役割をneurotrophic要因が担うか学習にと」、彼の最先端の言うである。

アルツハイマー病の神経の成長因子(NGF)の実験治療法は突進の長老派の衛生学校の先生によってジェフKordower見直された。 アルツハイマー病は頭脳のneurodegenerationの専ら結果である。 病気の初期では、基底のforebrainの神経化学変更はある。 観察された徴候は神経衝撃が渡るとき認知でそしてある記憶こと、シナプスでアセチルコリンを解放する神経線維に関して含まれる「コリン作動性の」欠陥が原因である。 コリン作動性ニューロンがNGFに感度が高いので、治療上の潜在性は確認された。 Kordowerに従って、「栄養の要因の臨床試験配達、配達、ずっと配達のためにこれまでに失敗」はである。 すなわち、失敗は増殖、苦痛シンドローム、帯状ヘルペスおよび他の望ましくない周辺効果を引き起こした不十分なずっと伝達システム原因である。

これらの問題のために、彼は人間NGFを分泌するために遺伝的に変更された移植されたずっと繊維芽細胞の細胞を使用している。 アカゲザルではNGFが傷害からの基底のforebrainの細胞を救助できることを示すのに、この伝達システム使用された。 「NGFがAlzheimerの患者の核心のbasalisに渡すことができればそう、私達はこの病気に影響を与えられる」注意するKordowerにかもしれない。

DHEAの影響

アーサーSchwartz癌、糖尿病および自己免疫疾患の動物 モデルで治療上の活動が あるので、dehydroepiandrosterone (DHEA)が老化の戦いの老化そして病気で担う役割に多くの進行中の興味がある。 同じような効果は臨床試験でテストされている。

例えば、DHEAははっきり全身性エリテマトーデスのボディの多くのシステムに影響を与える慢性の炎症性病気の女性に管理されたとき有利な効果をもたらした。 徴候の救助に加えて、これらの患者は彼らの病気を管理するようにより少ないprednisoneが要求した。 「そう、動物の観察に人間への関連性が」、注意するテンプル大学の会議の提出者アーサーSchwartzにあった。

但し、半分についてループスの調査の女性はDHEAが男性ホルモン(男性のホルモン)に新陳代謝するのでアクネを開発した。 Schwartzの実験室はandrogenic効果を除去したが、開発したり治療上の利点を保ったDHEAのfluorinatedアナログを。

段階Iの線量拡大のアナログの臨床試験は完了した。 Schwartzは次のステップについて非常に興奮する: 慢性関節リウマチ、タイプIIの(大人手始め)糖尿病、およびコロンのポリプを持つ患者の段階IIの効力の試験。 ずっとSchwartzが協力している国立癌研究所の研究者はまた増殖、(発火に先行される)条件とことを呼ばれる細胞の数の異常な乗法が防ぐことができればかどうか定めるために結腸癌、前立腺癌および発火が関係した他の敵意の段階IIの臨床試験を、計画している。

Schwartzは動物実験で使用された高い適量について心配する。 彼は私達が臨床試験のfluorinated DHEAの十分を与えてもいければ、「私考える注意する[効果をもたらしなさい]」。