生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年7月

イメージ



不滅へのキーの追求

メリーNucci著

最も刺激的な科学のニュースの一部は細胞ずっと老化を探検しているカリフォルニア会社からここ数カ月で来た。 Geron Corp.および大学パートナーの仕事はより長く、より健康な生命の探求の新しい段階を予告するかもしれない。

個人が私達私達自身を考慮するのを好んでもいかに物理的に人間は多くの彼らの生命によって同じプログラムされた方法行く。 私達は生まれる、私達育つ、私達老化する、私達死ぬ。 、つまり、ボディ システムのプログラムされた悪化そして故障に一貫性がある。

細胞 replicatively若い細胞およびsenescentまたは「古い」細胞の左の、差動汚損。 Geron Corp.の礼儀。

しかし私達がこれらのプログラムされたでき事を制御できれば何か。 細胞死は要因の1つ、また更に私達の体の老化で起因する主要因であると信じられる。 私達の細胞の中では私達がより古い成長の不必要な副作用の方に終局の進行を変えることができれば何か。

実際、最も刺激的な、最も広範囲に及ぶ最近の研究の一部は私達の細胞のまさに寿命を処理する約束を提供する。

研究はMenlo Park、カリフォルニアの会社から出たことGeron Corporationを、示した他の研究所と共に。 Geronの研究は何かの老化の効果を呼ばれたtelomeres (ティー低いmeers) -ボディのある特定の細胞のDNAの繊維の小さい端部分示す。 これらのtelomeresは十分に短くなるとき細胞が分かれる、細胞は死ぬと同時に短くし。

酵素がtelomeresの短縮を消すことにキーとしてtelomerase (tuh LAH merエース)のサーブを呼んだことを更に、Geronの仕事および研究の同僚は示した。 含意は可能性としては驚異的である: 死を免れない細胞の休止状態のtelomeraseの活動化によって、telomereの短縮は停止し、細胞は大いにより長く住むことができる。

逆に、不死の人癌細胞のような危ない細胞のtelomeraseの活動を、除去する方法があるかもしれない。 これらの不滅の細胞の反telomeraseの活動を引き起こすことによって、telomeresは各細胞分裂と短くし始め最終的に死ぬ。

それは癌のための治療で多分起因できる(記事に 伴うことを見なさい)。

科学者のGeronのチームを導いたか何がこれらの調査結果にtelomere理論の後ろで前提を見てみよう。

私達の体のほとんどの細胞は寿命中分かれる。 ある細胞は頻繁に他より分かれる。 しかしにもかかわらずあらゆる細胞は分かれる前に細胞が頻繁に分かれるかどうか、遺伝情報の送ったDNAの各細胞は作用するように要求する調理法の本をコピーを撮らなければならない。 コピーの間に、50から200まで小さいビットどこでもはDNAの繊維の端からヌクレオチド切られる。 DNAのこれらの端部分、telomeresは、各細胞分裂とより短く、より短くなる。 多くの場合レースのプラスチック端と比較されて、telomeresはDNAの完全性を維持するために作用する。 DNAの完全性が妥協されるとき、細胞は細胞死に終って、結局正しく働けない。

telomeresが重大な遺伝情報を含まないようではないけれども研究者は長く信じてしまった細胞ことをの寿命の制御で非常に重要だったことを。 文化で育った細胞の調査は他に有限な寿命がある間、ある特定の細胞が不明確に住むようであることを示した。 「」癌および男性の生殖細胞を含んでいる細胞を異なる1つの重要な方法で「死を免れない」細胞と不滅にした: 不滅にされた細胞のDNAの繊維の端にtelomeresは各細胞分裂とより短く育たない。

Telomeraseの研究者
同僚ジェリーW. Shayと左、南西医療センター テキサス州立大学の両方示されている、WoodringライトTelomeraseの研究者は、文化でtelomerase肯定的な細胞を不明確に維持する機能が癌または遺伝病のための新しい療法をもたらすかもしれないことを信じる。 20から30年では、ライトは、私達老化のプロセスを変えるためにボディのすべての細胞のtelomereの短縮を変更できるかもしれない信じる。

体性の対照によって、telomeresがより短くなる細胞時、そしてある特定の長さに達するとき生殖以外の細胞すべての体細胞は、細胞もはや分かれない。 最終的に細胞はsenescentなり、死ぬ。 これらの細胞は死ぬ、この限界はtelomereの端の単位の長さと関連しているようである前に約50の細胞分裂のプログラムされた限界があるようで。

しかし、さまざまな理由で、多くの研究者はtelomereの長さと細胞のずっと老衰間の関係の納得していない。 例えば異なった種類を比較するとき、telomereの短縮と細胞の生命間の関係に一貫したパターンがないことをようではない。 共通のマウスは人間のtelomereの長さ3倍のである、けれどもマウスの細胞は3つの時のよりヒト細胞長く住んでいないtelomeresがある。

同じ種の中では、ずっとtelomeresの役割は明白でない。 人間では、神経および筋肉細胞は幼年時代の後で分かれない。 明らかに短くするTelomereにこれらの細胞に於いての役割がない、けれどもそれらは細胞老化および死を示す。 さらに、ヒト細胞の細胞の老衰に、DNAの端にあるtelomereの単位が今でもある。 telomeresが細胞の老衰のために重大な短くされた長さに達したら細胞が「いかにのための知っている」か説明がない。

不滅の細胞が公有地で共有する何を酵素のtelomeraseの存在である。 これまでのところテストされたすべての癌細胞ラインは(、また男性の生殖細胞、興味深く) telomeraseのために肯定的である。 Telomeraseは加えるか、または細胞分裂の間に普通取除かれるtelomereの単位の切ることを防ぐことによってDNAの繊維の端のtelomeresの長さを維持する。 死を免れない細胞にまたtelomeraseのための遺伝子があるが、遺伝子が消える間、細胞分裂の間にDNAの端にtelomeresが切られるように。

それはtelomeresがとして人間で癌を制御する手段を展開させたことを推測された。 今日として先史時代の間に、ちょうど、DNAは細胞分裂、環境の突然変異原または露出の間にコピーの間違いからの紫外放射への突然変異を集める。 ある特定の臨界量の突然変異が達されたら、細胞は癌性になった。

設けるために展開した細胞分裂のTelomere制御は突然変異の数が臨界量に達したこと細胞死をその時にプログラムした。 telomereの長さ間に関係がおよび細胞死なかったら、細胞は不滅で、分かれ続ける。 telomere制御を用いる個人で癌性に、ように起こるなるまれな細胞の代りに多くの細胞は癌性になる。 従って、細胞分裂のtelomere制御を用いる細胞の生命の制限によって、細胞は癌を開発する可能性が非常に高い人命にその時死ぬ。

しかし問題は起こった。 私達が平均寿命のスパンを適切な公衆衛生によって増加し、癌および他の以前生命にかかわる病気を制御する方法を見つける間、私達の細胞は定めるプログラムと私達が活動的で、健康な住めるまだ豊かな人生間、古くなり、死ぬことを付く。

単独で観察はほとんどの科学者が細胞分裂のtelomere制御の理論を受け入れることができるように十分ではなかった。 それはクローニング技術の出現がtelomere制御の細胞死の理論を証明するように要求した。 クローンとして作ることは(特定の細胞で新しくか新しい遺伝子を挿入する機能)研究者が多くの人間の遺伝子に基づいて新しい治療法を開発することを可能にした。 多分、クローンとして作ることが研究者の遺伝子および遺伝プロセス自体を処理することを許可によって細胞プロセスの私達の洞察力そして理解を改善したけれども、重大に。

1997年8月15日、コロラド大学の科学、 ノーベル賞受賞者トマスCech (顕著な点検)、Geronのボールダーおよび同僚の問題の記事では、それらが人間のtelomeraseの遺伝子の活発化の部品を識別し、配列したことを発表した。 telomeraseの遺伝子のこの特定の部分は遺伝子を「」つけるために責任がある。 プログラムされた細胞死のtelomerase理論が正しかったら、遺伝子がついたら、細胞はtelomeraseの酵素を作り出し、細胞の生命の増加は期待されてもよい。

南西医療センター テキサス州立大学の先生と共にWoodringライトおよび同僚GeronからのアンドリアBodnarおよび同僚先生は、ダラスで皮の繊維芽細胞および網膜の顔料の上皮細胞に、telomeraseの遺伝子の活動化の部品を…それぞれが年齢関連の変更を示す2つの種類の体細胞クローンとして作った。

細胞は細胞培養でそして育ち、分かれる機能のために検査された。 telomeraseの遺伝子の活発化の部品がなかった制御細胞と比較すると、処理された細胞は40パーセントが寿命(科学、1998年1月15日)で高める少なくとも20の細胞の分割によって正常な細胞寿命を超過した。

それらが細胞の老衰を入れた前に細胞分裂の通常の割当てのために存続した挿入されたtelomeraseの遺伝子の活発化の部品がなかった制御細胞。 各細胞分裂によって、制御細胞のtelomeresはより短くなった。 それらはまたベータ ガラクトシダーゼのために強く肯定的、細胞老化との細胞構成準テストした。 但し、処理された細胞はtelomereの長さを維持し、分かれ続けた。

ベータ ガラクトシダーゼの低水準だけ処理された細胞で見つけられた。 さらに、癌の開発と関連付けられた細胞の突然変異の証拠がなかった。

示される著者telomeraseがない時のtelomereの損失が老衰前に細胞分裂の数を」は制御する本質的なタイミングのメカニズムであることを「私達の結果示す。

冷たいばねにGeronの科学者および共作者が行う逆の実験ではニューヨークの実験室を、不滅にされた癌細胞telomeraseの遺伝子を締めるために露出されたタイプの分子に(「antisense」分子と呼ばれる)隠しなさい。 antisense分子は文化の有限な時間の間分割の後で、老化した細胞死んだ結果を用いる癌細胞を「mortalized」。 先生に従ってマイクtelomere関連の細胞の老衰の理論が事実」だったことをWestのこれらの結果を「一緒に取られたGeronの創設者しっかりと示した。

「原始の幹細胞」は科学者が老化の病気のための療法を開発することを可能にすることを、Geronの創設者は西、マイク信じる。

(治療法の開発のための原始の幹細胞を開発するOrigenと電話されるもう一人の会社を形作るためにこの記事のための最初の報告に、マイク西の左のGeron続く。)

Boehringerマンハイムの実験室の試金およびキットの開発そしてマーケティングの各国指導者はGeronを、telomeraseに基づいて癌の診断を開発するために使用する。 ある特定の癌では、telomeraseのハイ レベルは他のtelomeraseの存在はのためのマーカー前悪性の条件であるが、悪い予想の予言する。

トマスCechノーベル賞受賞者トマスCech、(人間のtelomeraseの遺伝子の活発化の部品の鑑定器の右の) 1。

Telomeraseのスクリーニングは癌の診断のために有用でしたり、またいかに最もよくそして患者を扱う方法の医者を積極的に助ける。 日本のPharmacia及びUpjohnおよびKyowa Hakkoはtelomeraseベースの治療法の開発のGeronと協力している。 Geron間の三方限られた一致は、Pharmacia及びUpjohnおよびKyowa Hakko telomerase阻止癌プロダクトの単一ターゲット プログラムのGeronに$88以上,000,000を支払う。

近いうちに文化でtelomerase肯定的な細胞を不明確に維持する機能が調査の細胞プロセスに研究者のための貴重な用具を提供することをTelomeraseの研究者およびGeronの共作者Woodringライトは信じる。 そのような細胞が既に癌の実験室調査のために使用されるそれらの細胞を取り替えるか、または補足するのに使用することができる。

その後で、telomeraseの遺伝子の処理は癌または遺伝病のための新しい療法をもたらすかもしれない。 不滅にされた癌細胞の遺伝子の非活動化による癌療法のためのtelomeraseの遺伝子の提供の約束の処理。 遺伝病のために、研究者はtelomeraseの遺伝子の活発化によって患者から細胞を取除ける選ぶ欠陥がないそれらを、活性化させ細胞を、患者に戻って与えるかもしれない。

20から30年では、ライトは、私達老化のプロセスを変えるためにボディのすべての細胞のtelomereの短縮を変更できるかもしれない信じる。

「私は私達が150から老化に影響を与える他の要因があるのでと200年」ライト言う住んでいることをそれが意味すること意義を唱える。 「しかし長い肢で出て行って、私はtelomeraseの活発化の寿命に10パーセントの相違があることを信じる。 90,000マイルと車の伝達を取り替えることは提供からのブレーキに影響を与えないが、平均で車の寿命を」増加する。

癌の療法および処置のためのスクリーンへの診断の開発は別として、telomeraseの研究の最初の適用のおそらく1つは研究所の使用または薬剤の開発のための不滅の細胞ラインの生産にある。 不滅にされたヒト細胞は文化のヒト細胞の有限な寿命によって限られた科学者のための非常に貴重な用具を提供する。

またこれらの不滅にされた細胞が特定の遺伝子プロダクトを、人間の治療法のための蛋白質または酵素のような、作り出すのに使用されるかもしれない。 治療法のための蛋白質の使用は動物蛋白質が一般に人間蛋白質と異なっている、動物の治療上の蛋白質を使用することは頻繁に致命的である場合もあるアレルギーの応答で起因するという事実によって限られ。 人間蛋白質は使用のために望ましいが、これまでのところヒト細胞は文化の細胞の寿命による限定のために十分な量の文化でこれらのプロダクトを作成することができる、部分的に証明しなかった。

遺伝的に細胞培養前の不滅にされた細胞を処理することによって、不明確に分かれることができる細胞ラインを作り出すことは可能であることができる。 このreplicative不滅は研究者が広大な量の細胞を育てることを可能にする。 とりわけ文化のそれを育てる前の細胞の遺伝の構造を処理することによって、隔離され、浄化できるさまざまな病気のための研究用具または療法として使用されてである特定の遺伝子プロダクトを作るために細胞を引き起こすことは可能。

遺伝の不足病気の患者は血友病を好む、または遺伝子プロダクトが遺伝子の不活性化が失われた原因、糖尿病のようなである病気は欠けている病気を引き起こす人間蛋白質の入手しやすさから、非常に寄与する。

、西に従って含む非常に長距離目的は細胞のtelomeraseの活発化を「カスタマイズされた」原始の幹細胞(PSC)の作成である。 PSCsは筋肉か皮にまだ区別していないまたはボディにあるの他の一種の細胞である細胞。 細胞が区別する前に、持っている種類の細胞になる機能をあるtotipotentことである。 微分が起こったら、細胞は特定のパターンにロックされている。 微分はまた不滅の損失でtelomeraseのための遺伝子が不活性になると同時に起因する。

PSCsの使用はいろいろな細胞のタイプを生物医学的な研究のためのWhiteheadの協会の先生に従ってMatthew Meyerson接木のためののような文化で」、ケンブリッジでより長く存続させる「広い可能性を提供している間固まり、研究者が望む種類の細胞を発生できるので薬を革命化するかもしれない。 PSCは特定の特徴と特定の細胞を作成するために遺伝的に処理された個々の特定の必要性のためにすなわち、…変えることができる。

個人の免疫組織と反応しない普遍的な細胞を作成するためにPSCsの遺伝子情報を処理することは細胞を移植し、拒絶か死を接木するために導くことができる免疫反応を促さないことを可能にする。 現在、医者は薬剤を免疫があ抑制している患者の提供によって接木の拒絶を制御するがその患者を伝染の最も簡単のに傷つきやすい残す。

またこの新技術が老化と関連付けられる病気に演説するのに使用されるかもしれない。 Geronは黄斑の退化のための網膜の細胞、neurodegenerative無秩序のための神経細胞、および心臓病のためのcardiomyocytesの移植のためのPSCの技術を評価している。

この技術が「完全に21世紀の技術」であることことこのPSCの研究が「新しい細胞からの新しい細胞そしてティッシュを発生させる未来の非常に深遠な適用である西のノート」しかし。

科学者が遺伝子およびプロダクトを識別したので、適したtelomeraseの抑制剤を定義することは容易である。 ちょうど特定のキーがある特定のロック、従って合うので抑制剤に特定の形および構造を選択式にtelomeraseの遺伝子を禁じるために持たなければならない。

反telomerase療法のための承認はMeyersonに従ってどこでも5から20年をから、取ることができる。

telomeraseの研究の臨床使用のためのすべての潜在性の、老化のtelomeraseの遺伝子の処理は最も論争の的になる。 一部は、Meyersonのような、「立証責任は言う人と休むことに他が、西のような、間、どんなtelomeraseが老化としなければならないか「それどころか明白でないtelomeraseは老化に対する間接効果だけ」もたらすことを」ことに感じる。

それはtelomeraseの阻止はどんな効果をtelomeraseの遺伝子を処理することが老化プロセスにもたらすかtelomeraseの活発化は正常な細胞を不滅にする間、癌細胞をmortalizesことであると明解、明白でない。 問題は残る: 老化は電源スイッチ程に簡単ではない。 研究は老化することおよび年齢関連の効果が日光の減少したカロリー摂取量、回避、および酸化防止食糧および補足の摂取のような多様な行為によって影響されることができることを示した。

Geronは目問題、心臓病およびneurodegenerative無秩序の処置のPSCの技術を評価している。

また老化することはボディ システムのちょうど悪化より大いに多くである。 老化は病気および精神状態と練習の練習か欠乏によって影響されることができる。 そしてtelomeresが老化することのための制御時計なら、私達はいかに決して分けないし、従って神経および筋肉細胞細胞がtelomereの長さまだの年齢によって調整されないという事実を和解させるか。

論争にもかかわらず、データは短くするtelomereが全く細胞死の役割を担うこと、そして細胞死が老化のプロセスであることを示す。 telomeraseの遺伝子の活発化は細胞の寿命に影響を与える潜在性を提供する。 最初に、多分真剣に中心、目および神経細胞のような、老化させることによって影響された特定のティッシュを活性化させることを使用する。 Geronはとりわけパーキンソン病、アテローム性動脈硬化、黄斑の退化および鬱血性心不全で影響される細胞のtelomeraseの活発化の使用を評価している。 そう影響された細胞は患者から取除かれ、telomeraseの活発化によるimmortalizationの後で取り替えることができる。

長い目で見れば、可能性はそれtelomeraseの活発化によってある細胞寿命を伸ばすために、ボディ中の細胞は扱うことができ細胞の老衰の手始めを遅らせる。 大きな関心は特にtelomeraseの活発化は癌の危険性を高めるかどうかこの技術が可能である前に演説しなければならない。 一時的な活発化はこの心配に演説するかもしれない; すなわち、telomeraseの遺伝子はtelomereの長さが再建された後非活動化させることができる。

しかし多くの質問はまだtelomeraseが一部上がる高い期待に応えることができる前に答えられることを残る。 関連させることは必要生体外で常にではない生体内で起こる何が同じ何が起こるか以来のボディの細胞の老化に試験管の細胞の老化を、である。

ボディのシステムを構成するさまざまなタイプの細胞に対するtelomeraseの活発化の効果は管理することができる前に定められる必要がある。

それにもかかわらず、研究の提供の約束。 それは人間が不明確に住むことを可能にしないかもしれない間、少なくとも私達の成長した年私達が社会のより健康なメンバーとして住むことを可能にするかもしれない。



雑誌のフォーラムに戻る