生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年7月

私達がそれを見るように


癌患者のための死刑


イメージ 新しい薬剤の承認のFDAの遅れの批判で、生命延長基礎はFDAの前に前に癌のための治療が今日見つけられたら、「、 生きている ほとんどあらゆる癌患者死ぬ承認した進歩の薬剤」を示してしまった。

私達の予言は本当来るかもしれない。 媒体は連携して使用されたときマウスの癌を治した2つの新しい薬剤、ハーバード研究者の先生がJudah Folkman開発するangiostatinおよびendostatinで広く報告した。

しかし問題は処置がもう12かから18か月の間人間でテストされ始めないことである。 何百万の癌患者の生きた今日のために、FDAの官僚的なタイムテーブルは死刑であることをなることができる。

これらの薬剤は少なくとも3つの種類でこれまでのところテストされたことどんなほとんどの人々がである知らないか、最低の副作用だけ示し、試みられた事実上すべての固体腫瘍を治した。

科学的な証拠はこれらの潜在的な人命救助療法がOrwellianの薬物承認のぬかるみで長びくことをこれらの薬剤が癌患者で既に試みられたかもしれないが政治現実は定めることを示す。 今日の癌患者はFDAの控室に坐る彼らの病気に屈する前に望んで住む許可を許可される。

エイズとの物語はかなり異なっている。 進歩の組合せの抗ウィルス性の薬療法が昨年発表されたときに、エイズ患者はそれへの即時アクセスを得た。 実際、地下エイズは数年出版された調査が出て来た前にずっとこれらの抗ウィルス性の薬剤を作り出していた。 80年代ではエイズ患者を扱う、エイズの運動家はそれに明確に彼らをFDAが新しい療法の方法で得るように行っていなかったさせた。

癌患者はあまり幸運ではない。 彼らは組織し損い、癌のための治療が米国で法的にいつ販売することができるか、その結果、単独で連邦政府は定める。

これらの新しい制癌剤はFDAの独裁力を廃止する独特な機会を提供するかもしれない。 十分な癌患者が住む彼らの権利を擁護したら政治高まりはこれらの薬剤を癌患者に使用できるように今はする刑法上行なう会社からFDAを防いでもよい。 承認されていない薬剤が付いている癌を治して質問に薬の公共的支配のための必要性を呼ぶ。

基礎は癌患者に利用できるangiostatinおよびendostatin療法を今作るあらゆる可能な方法を調査している。 未来の問題では、私達はこれらの薬剤を末期症状の癌患者に使用できるようにするためにFDAを強制するように設計されている新しいコミュニケーション キャンペーンを示す。

一方、私達は癌患者および彼らの家族をこれらの薬剤への即時アクセスのためのFDAに嘆願するように励ます。 毎日遅らせられた平均は千人の癌患者よりもっと不必要に死ぬかもしれない。

それは反抗する癌患者の時間である!


ウィリアムFaloon
副大統領
生命延長基礎