生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年1月

イメージ



化学療法によって

毒性を減らし、効力を高めるためにどんなchemoの患者が することができるか化学療法からの1つの女性の死の本当の物語、および。

毎年125,000人のアメリカ人についてのFDA公認の薬剤の殺害。 蟹座の化学療法の薬剤は特にひどく誤用される。 癌の確立は癌のほとんどの形態に対して効力の文書化された欠乏にもかかわらず細胞毒素の化学療法を、使用し続けることで巨大な財政の刺激がある。

イメージ 生命延長基礎で、私達は化学療法の薬剤を使用するより安全で、より有効な方法を識別した。 現時点で、米国の少数の医療機関だけ臨床練習にこれらの出版された互いに作用し合う方法を組み込んで、癌患者はずっと昔に彼ら自身が非効果的であると証明してしまった残酷な化学療法の養生法によってほとんどの場合苦しんでいる。

圧倒的な統計量のこの世界では、FDA認可された慣習的な薬によって加えられる個人的な悲劇を見落とすことは容易である。 この事歴は臨床腫瘍学の分野に僅か人間性および現実を持って来る。 私達はこの場合が更にFDA保護された「癌確立」のに対して暴動を励ますのを助けることを望む。 不正な癌の確立についての完全な物語のために、ラーフW. Moss、Ph.Dによって「蟹座工業」、を読みなさい。

1996年4月16日、Amalie Bigonyに、Hialeahで、フロリダはパルメットの総合病院で死んだ。 感動させ夫人の娘がBigony's、Vickyは言うフロリダのこの南女性の死の、この物語として、医者が最初に卵巣癌に罪を負わせるように試みたが、明らかに原因をだった化学療法作る。 私達は卵巣癌、melatoninおよび癌の化学療法の毒作用の軽減を助けることができるある新しい議定書についての重大な更新の下で付け加える。

1996年の4月15日では、私の母は化学療法を経た後away-exactly 10日を渡した。 彼女はその彼女の外科医によって彼女必要とした6つの処置だけを言われた。 私の母はちょうど1の後で死んだ。

彼女の医者は最終的に化学療法が彼女を殺し、改められた死亡証明書がそう注釈されることを認めた。 それは私達へ衝撃すべてだった。 chemoの1つの処置が致命的であることができることをだれが考えようか。 そういうわけで私は私のお母さんがどうなるか感じる公共に作られるべきである。

化学療法を経ることは軽く取られるべきではない。 多くの人々が、毛の悪心、弱さおよび損失のようなひどい副作用をわかっているであるのに、化学療法に使用する薬剤が毒素であることを何実際に、殺害すべてのあなたの細胞ちょうど癌ではなく致命的な毒理解するか。 私の母の例に関する1人の医者に従って、患者が化学療法がもとで死ぬことは珍しくない。 私は人々がこの事実になぜ気づいていないか疑問に思うか。 私達は確かになかったし、医者の後でさえも化学療法が私の母を殺したことを私達に、彼まだ、「癌起こった何が発言かによって軽視することを試みたそう進められた、あなたの母とにかく長く住んでいなかろう」を認めた。

当然1つがどの位住まなければならないか、神だけ知っている。 ポイントは、化学療法殺した私の母をある。 私はわかっているように致命的な化学療法がいかにをことをあるか彼女の物語を言うことによって、人々がされることを望む。

イメージ 1995年12月末頃では、私の母は彼女の腹部で激痛の攻撃があった。 エコー検査は彼女を持っていた彼女の右の卵巣の固まりを定めた。 フォローアップは確認したそれをだった癌性テストする。 彼女のCA-125計算は400にあった[編集後記: 正常なCA-125レベルは35よりより少しである]。 いくつかが原因で、外科予定されなかった1996年3月6日まで遅らせなさい。 完全な子宮摘出術は行われ、固まりは取除かれた。

但し、腫瘍が4つの区域で触れていたので、外科医は私の母が化学療法を経ることを主張した。 私の母は代わりとなる処置について躊躇し、尋ねられてが、anoptionではなかった外科医は言った。 彼は彼女は化学療法の6つのただ処置がある必要があった付け加えた。

4月4日および5日に、私の母は化学療法を経た。 使用された薬剤はTaxolおよびPlatinolだった。 三日後に、月曜日に、4月8日、私の母は緊急治療室に気絶し、急いだ。 彼女は解放されたが、4月に10は激痛のために緊急治療室に再度あった。 血は引かれなかったし、提供の後でモルヒネの打撃の、私の母は家に解放され、再度送られた。

金曜日で、4月12日、私の父および私は彼女の医者に会うために私の母を取った。 短い検査の後で、彼女は、私の驚きへ、入院しなかった。 私は医者が彼女を入院させるか、または少なくともより多くのテストを動かすかもしれないことを考えた。 私の考えでは、私の母はちょうど弱いより多くだった; 彼女は歩き、ほとんど立つことができる。 私達は彼女のための医者のオフィスから使用するために車椅子を借りなければならなかった。 但し、私達の化学療法、私の父を経なければならなかったおよび私ではないことは医者の決定を信頼し、だれでものまわりの医者決してあって。 私達は私の母家を取った。

二日後に、日曜日に、4月14日、私の母は緊急部屋1の最終の時間に再度急いだ。 彼女はやっと意識していた。 最初は医者は彼女は私の母が苦痛のために取っていた薬剤Darvonに反作用があっていたことを考えた。

但し、血の仕事がもどって来たときに、医者は私に私の母はこれ以上の白血球[編集後記がなかったことを説明した: 化学療法の公有地そして時々致命的な副作用は白い血細胞の枯渇]であり、彼女の予想は粗末だった。

次の24時間は別のものの後に1つの危機の不快感、だった。 最初に、私の母は彼女は呼吸する問題があっていたのでintubatedならなかった[気管の管の挿入]。 彼女が重大な心配の単位に移るには最終的に安定している十分に前に彼女の心拍数は180まで撃った。 最終的に来るために心臓学医のための4時間かかった。 後で、私の母は高熱を動かした。

次の月曜の朝、私のお父さんおよび私がとどまったが、まで彼女の自身の医者および腫瘍学者は決して決して残さなかった彼女の手を握り、彼女に話している私の母の側面を来なかった。 この全体の時間の間に、重大私の母の状態がいかにあったまたはものにより彼女の心拍数および温度は上昇したか私のお父さんおよび私はわからなかった。 私達に知られていない、私の母の腎臓はまた失敗し始めた。 心臓学医が言葉「septicshock」を[圧倒的な伝染と関連付けられる衝撃]述べたのに、私は十分に意味したものを理解してその時になかった。

8つのAM月曜の朝で、私の母の医者および腫瘍学者は最終的に来た。 しかしそれまでに、それらがすることができ、従って感染症の中心専門家、また専門家で呼ばなければならなかった多くがなかった。 プロシージャは管が集まった液体を流出させる希望の肺に挿入されたという試みられた。 但し、長くないその後私の母の中心は全体で打つことを止めた。

かなり単に、私の母は化学療法によって持って来られた腐敗性の衝撃がもとで死んだ。 化学療法は伝染の危険がある状態に彼女を残す彼女の白血球の計算を一掃した。 これは内毒素[落ちる彼女の血圧を引き起こす細菌の起源の熱産出の代理店により]の解放をもたらした。 必要な酸素の受け入れなしで彼女の器官は存続するためにそれから失敗し始めた。 けれども初めから、彼女の中心は必死に、余りに、失敗したまでより懸命にポンプでくむことを試みていた。

私は致命的な化学療法がいかにある私の母が処置に、彼女決して承諾しなかったら知っていなかったかどうか知っている。 私は私の母がどうなるか望む化学療法の選択から他を停止する十分はある。

私は決して彼女がより弱く、より弱くなったように私の母の単語を忘れていない: 「これ以上のchemo」。 本当彼女の単語がいかにあるか私のお父さんおよび私はその時に知らなかった。 私の母の死は私の生命に無効偉大な人を作成した。 私は私がイースターのために家で、私の母とだった彼女の最後の日こと、そして彼女が世を去った前に私の2人の兄弟が月曜の朝に飛び、私の母に会えたこと感謝している。

基礎の化学療法の議定書は新しい調査結果を反映するために修正された。 これらの議定書は細胞毒素の化学療法の副作用を減らし、共働作用して化学療法の癌細胞の殺害の効果を高めるのに他の薬剤を使用することについての簡潔な情報を提供する。

癌の化学療法によってもたらされる毒性を軽減できる栄養およびホルモン療法がある。 同業者審査された学術論文では、補酵素Q10のような栄養素およびビタミンEは化学療法誘発の心筋症から保護するために示されていた。 Melatoninは 化学療法誘発の免疫の不況から保護するために示されていた。

1つの調査はとりわけAdriamycinと、有毒な化学療法の薬剤が扱われる、癌患者副作用を減らすビタミンA、Eおよびセレニウムと補うべきであることを提案した。

別の調査は癌患者が化学療法や放射線療法の大量服用を受け取っているとき酸化防止剤のビタミンC、ビタミンEおよびN acetylcysteineが心筋の毒性から保護できることを示した。 この調査は酸化防止グループの化学療法の患者が酸化防止剤を受け取っていない患者の46%と比較された左の心室の放出の一部分で落下を示さなかったこと文書化した。 更に、酸化防止扱われた患者は全面的な放出の一部分で酸化防止剤を得ていないグループ29%減少を示したが、重要な落下を示さなかった。

心室の放出の一部分を残っていた放射線療法のグループでは酸化防止剤と扱われた患者で変わらなかったしかし酸化防止剤を受け取っていない放出の一部分でグループの患者の66%落下を示した。

実験データはpinealホルモンのmelatoninが化学療法誘発の 骨髄圧迫 およびimmunosuppressionを妨害するかもしれないことを提案した。 さらに化学療法の毒性を仲介することの役割を果す遊離基の生産を禁じるために、melatoninは示されていた。

調査は化学療法の毒性のmelatoninの影響を評価するために行われた。 患者は任意に化学療法melatonin (日夕方の20 mg)と単独でか化学療法を受け取った。 血小板減少症、血血小板の数の減少は、melatoninと扱われた患者でかなりより少なく頻繁だった。 強さのけん怠感そして欠乏はまたmelatoninを受け取っている患者でかなりより少なく頻繁だった。 最後に、口内炎(口区域の発火)およびニューロパシーはmelatoninのグループでより少なく頻繁だった。 脱毛症および嘔吐は影響を及ぼされなかった。

このパイロット・スタディは化学療法の間のmelatoninの管理が化学療法誘発の副作用、特に骨髄圧迫およびニューロパシーを防ぐことができることを提案するようである。

高い薬剤はNeupogen (granulocyteコロニーの刺激的な要因GCSF)、要因GM CSFを刺激しているgranulocytemacrophageのコロニーを好みインターフェロン アルファ(免疫の調整のcytokine)は有毒な癌化学療法の薬剤によって衰弱する免疫機能を元通りにすることができる。 化学療法にあり、あなたの血液検査が免疫の抑制を示せば、あなたの医学の腫瘍学者から適切な免疫の復帰の薬剤を要求するべきである。

調査はmelatoninがとりわけコロニーの刺激的な活動を出し、癌の化学療法の混合物によって引き起こされるapoptosis (プログラムされた細胞死)からの骨髄の細胞を救助することを示した。 Melatoninは癌の化学療法誘発の死からの「救助」の骨髄の細胞に報告された。 granulocyte大食細胞のコロニー形成単位の数はmelatoninの存在でより高いために示されていた。

さらにinterleukin2'sの抗癌性の行為を増幅し、毒性を減らすために、melatoninは見られた。 interleukin2癌の免疫療法と共同したMelatoninの使用は次の行為があるために示されていた:

  • リンパ球の応答を高めることと大食細胞仲介された抑制のでき事に反対することによってinterleukin2の生物活動を増幅する;
  • リンパ球仲介された腫瘍の細胞の破壊の妨害によって癌細胞拡散を刺激する腫瘍の成長因子の生産を禁じる、; そして
  • 頻繁に人間の新生物で変わり、cytokineの外因性の注入によって影響を及ぼされる日周期を維持する。

subcutaneous低線量のinterleukin2 (日3,000,000のIU)の線量および夕方の melatonin (40 mg口頭で日)の病理学の線量は単独でinterleukin2または化学療法に対して抵抗力がある腫瘍で有効ようである。 現在、高度の固体腫瘍を持つ230人の患者および平均余命はこのmelatonin/interleukin2の組合せとより少しより6か月扱われた。 客観的な腫瘍退化は膵臓の肺癌、hepatocarcinoma、癌、胃癌および結腸癌を持つ患者の44人の患者(18%)で、主に見られた。 存続は患者の41%で長くより1年達成された。 予備データはmelatoninが腫瘍壊死要因(TNF)およびインターフェロン アルファと毒性のことを減少によって相乗作用を与えることを示す。

化学療法誘発の悪心を軽減する薬剤はMegaceおよびZofranを含んでいる。 Zofranの高い費用は多くの癌患者をこの可能性としては有利な薬剤の取得からの保険によってカバーしなくておいた。 化学療法を受け取って、悪心に苦しめば、要求ことをこの薬剤のためのHMO、PPOまたは保険業者の支払べきである。 Zofranは多分有効であるために癌患者がそれのための化学療法を随分長く容認することを可能にすることができる。

1つの調査は反嘔吐の活動のためのグルタチオン、ビタミンCおよびEを評価した。 犬のCisplatin誘発の嘔吐はグルタチオン、ビタミンCおよびE.によってかなり減った。 酸化防止剤の反嘔吐の活動はcisplatinによって発生した遊離基と反応する機能に帰因した。

Melatonin

生命延長基礎は1992年にmelatoninに世界を導入した。 そしてだれがについてのmelatoninを取るべきではないか元の警告を出したのは生命延長基礎だった。 これらの警告は予備の調査結果に基づき、2つの例に基礎は過度に用心深かった。

イメージ 最初に、私達は前立腺癌の患者がmelatoninの大量服用を避けたいと思うかもしれないことを提案した。 但し、それに続く調査は基礎がまだ前立腺癌の患者に血をプロラクチンのためにテストしてもらうために助言するけれども前立腺癌の患者がmelatoninの適当な線量から寄与できることを示した。 MelatoninはMelatoninが取られ続けることができるのは使用されてもよいプロラクチンを抑制するのに多分プロラクチンの分泌およびこれが前立腺癌の患者で起こること薬剤Dostinexを上げてもよいからである(毎晩1から6 mgの適当な線量で)。

基礎はまた多くが癌のこの形態に対するmelatoninの大量服用の効果について知られているまで卵巣癌の患者がMelatoninを避けるべきであることを示した。

但し、melatoninの大量服用が卵巣癌のことを処理で有利かもしれないことを腫瘍学で(ギリシャ)報告する出版される調査は、1996年、3/5は(947-949)、示す。 この調査では、melatoninの40 mgは化学療法を失敗した12人の進められた卵巣癌の患者にinterleukin2の低い線量と共に、毎夜与えられた。 完全な応答が見られない間、partialresponseは患者の16%で達成され、安定した病気は場合の41%で得られた。 この予備の調査はmelatoninが高度の卵巣癌の患者で禁忌とされないことを提案する。