生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年12月


レポート

Ribavarinの調査サポート
基礎


治療の肝炎の患者 Hのepatitis Cは証明された効力の薬剤に対して食品医薬品局の政治バイアスのためでなかったら生命が救われたかもしれない数万人のアメリカ人を殺した。 生命延長雑誌の 前の問題で説明されているように、ribavirinはかなりインターフェロン アルファと結合されたとき肝炎の伝染を抑制するために示されていた広スペクトルの抗ウィルス性の薬剤である。 FDAは最終的に大人の肝炎の患者を扱うために1998年に捕獲物が付いているribavirinを承認した: 肝炎の患者は組合せのインターフェロンribavirin療法を使用することは許される前に最初にインターフェロン療法の厳しい6ヵ月の養生法を失敗しなければならない。

肝炎のウイルスは頻繁に肝硬変および第一次肝臓癌をもたらすレバー細胞への大きい損傷を加える。 それにより不可逆肝臓障害を引き起こす前にボディからウイルスを除去することを肝炎のウイルスに感染するそれらのために重大である。 科学文献はほとんどの肝炎の伝染のための第一次処置としてribavirinおよびインターフェロンの使用を支える。 しかしインターフェロン療法が単独で場合の20%でだけ有効であるので、組合せのインターフェロンribavirin療法の使用のFDAの禁止は処置の失敗および厳しい肝臓障害に肝炎の患者の80%非難する。

生命延長基礎はちょうど無能代理店が科学的なデータの評価にあるかいかにFDAのribavirinの抑制が常識的な例をの提供することを信じる。 基礎はribavirinを承認するFDAの失敗を露出する数十万ドルを使った; この最新問題はFDAの欺瞞および無能力の付加的でやかましい証拠を提供する。

最も最近のribavirinの調査はイギリス医学ジャーナルで 尖頭アーチ( 1998年、Vol. 351の問題9096、83-87ページ)出版された。 この二重盲目の試験では、100人の患者はribavirinを伴ってインターフェロン、または24週間偽薬とインターフェロンとの処置に任意に、割り当てられた。 調査への第一次終点は肝炎の絶滅だった。 調査の調査結果はインターフェロンおよび偽薬のグループの患者の18%だけと比較された血からのウイルスのインターフェロンおよびribavirinのグループによって経験された除去で患者のその36%示した。 科学者は彼らの血の肝炎のウイルスのハイ レベルを持つ患者がインターフェロンおよびribavirinと扱われるべきであることを結論を出した。

明らかであるように、インターフェロン療法へのribavirinの付加は尖頭アーチで出版される調査に従う彼らの血からのウイルスのベテランの絶滅、肝炎の患者の 数を倍増した。 この新しいレポートはribavirinが標準的なインターフェロン療法に加えられるとき肝炎療法で一貫した50パーセントの改善を示す前の調査を確認する。

肝炎を扱うためにFDAが第一次療法としてribavirinを承認しない間、あなたの医者はあなたにそれを規定できるかもしれない。 インターフェロン療法の失敗が単独で最初に行われるまでFDAがribavirinを承認しないので、おそらく保険の返済を得ない。 FDA公認のribavirinインターフェロンの組合せの処置の銘柄はScheringすきから利用できるRebetronである(会社はribavirinを単独で販売しない)。

FDAはそれが承認されていない使用のための使用を促進するためにribavirinを販売するだれでものために違法であることを言う。 生命延長以来基礎はribavirinを販売しない、私達は承認されていない使用のためにribavirinを使用することについてのメンバーそして彼らの医者を知らせてもいい。 (ribavirinの危害予防および適量についての完全情報に関しては、生命延長雑誌の9月問題を参照しなさい。)

会員は時々情報をそれらがFDAの死の収容所から脱出することを可能にするように与えられる。 問題はたくさんのFDAによって否定される他の人命救助療法でしたり、そこにである。 私達は皆を不能の一流の原因および米国の死になったFDAの残虐行為についての彼らの国会議員を知らせるように励ます。

Ribavirinインターフェロン対肝炎

次は医学ジャーナルからの実際の科学的な概要肝炎の処置のribavirinインターフェロン療法の効力を詳しく述べる尖頭アーチである。

慢性の肝炎のためのribavirinの有無にかかわらずインターフェロンのアルファ2bのランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験Lancet1998年、Vol. 351、ISS 9096、PP 83-87

背景: パイロット・スタディは単独でインターフェロンのアルファ2bとのよりインターフェロンのアルファ2bおよびribavirinの組合せと扱われたとき慢性の肝炎のウイルス(HCV)の伝染を用いるより多くの患者は支えられたvirological応答があったことを提案した。 私達は単独でインターフェロンのアルファ2bと比較されたインターフェロンのアルファ2bおよびribavirinとの処置の生化学的な、virological応答そして安全を調査した。

方法: この二重盲目の試験では、100人の患者はインターフェロンのアルファ2b (週に三回3 MU) (1日あたりの1,000か1,200 mg)または偽薬との処置にribavirinを伴って24週間任意に割り当てられたりおよび次にそれ以上の24週間追われた。 それ以上のフォローアップは活動的な処置が停止した1年後行われた。 第一次終点は週24および週両方48にPCRによって探索可能なHCVのRNAと定義された支えられたvirological応答ではなかった。 既往的に、ベースラインHCV-RNA負荷は支えられたvirological応答の予言者として分析された。 データは扱う意思によって分析された。

調査結果: インターフェロンのアルファ2bおよびribavirinのグループの50人の患者の18に(36%)インターフェロンのアルファ2bおよび偽薬のグループ(p=0.047)で50人の患者の9と(18%)比較された支えられたvirological応答があった。 1年のフォローアップで、virological応答の患者の割合はインターフェロンのアルファ2bおよび偽薬のグループ(20%、p=0.03対42%)よりインターフェロンのアルファ2bおよびribavirinのグループで大きかった、それぞれ。 インターフェロンのアルファ2bおよび偽薬(1/26、p=0.009対12/29)それぞれより1 mLあたり3x 10(6)のゲノムの等量(Eq)より大きい支えられた応答がHCV-RNA量のための2つの処置のグループの間でmt (8/24、p=0.67対6/21)ごとの3x 10(6) Eqよりより少なく異ならなかった一方、が付いているインターフェロンのアルファ2bそしてribavirinとの支えられた応答がベースラインHCV-RNA集中のより多くの患者はあった。

解釈: 慢性の肝炎のより多くの患者にインターフェロンのアルファ2bの処置だけのよりインターフェロンのアルファ2bそしてribavirinとの支えられたvirological応答がある。 私達は高いHCV-RNAの負荷を持つ患者がインターフェロンのアルファ2bおよびribavirinと扱われるべきであることを提案する。 -



雑誌のフォーラムに戻る