生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年12月

概要

補足を高める認知

頭脳の低下を防ぐか、または扱う
vinpocetine を使って


生命延長雑誌は科学および医学ジャーナルで世界中で出版される研究報告から最初に引かれる各問題の健康および長寿のトピックの概要を再版する。


Vinpocetine及び頭脳の機能障害

慢性の管の老年性の大脳の機能障害の患者の処置のvinpocetineの安全そして効力の二重盲目の偽薬の制御評価
J AM Geriatr Soc (5月1987日) 35(5): 425-30

二重盲目臨床試験では、vinpocetine、apovincamineの総合的なエチル エステルは慢性の大脳の機能障害の年配の患者で効果の重要な改善に、示されていた。 42人の患者は30日、そして60日間5 mg間10 mgのvinpocetineを一日に三回一日に三回受け取った。 一致の偽薬のタブレットは90日間の試用期間のもう一人の42人の患者に与えられた。 vinpocetineの患者は臨床全体的な印象(CGI)のスケール、Sandozの臨床査定の老人の(SCAG)スケールおよびミニ精神状態のアンケート(MMSQ)で測定を含む処置の有効性のすべての評価の一貫してよりよい記録した。 処置の薬剤と関連していた深刻な副作用がなかった。


Vinpocetineおよび頭脳

cerebrovascular病気の患者のドップラー超音波技術によって評価される大脳の管の抵抗に対する大脳の血管拡張神経、vinpocetineの効果、
Angiology (1月1995日) 46(1): 53-8

大脳の循環病気の患者の大脳の管の抵抗の変更は大脳の血管拡張神経の管理、vinpocetineの後で2か月間ドップラー超音波技術によって、検査された。 連続的な索引(CI)および内頸動脈ICAの血の流れパターンのpulsatilityの索引(PI)は大脳の管の抵抗の変更のために客観的な変数として使用された。 1. かなりCIおよびPI薬剤の管理の後で; 増加するすなわちPIが減る間、CI。 2. 反対の相関関係はCI (デルタCI)の変化率とPI (デルタPI)の変化率の間で注意された。 3。 結果はドップラー超音波技術によるCIそしてPIの測定が大脳の循環ことをに対する薬剤の効果の調査に有用であることを提案する。


Alzheimerおよびvinpocetine

アルツハイマー病のvinpocetineの効力の安全そして欠乏。
J AM Geriatr Soc (6月1989日) 37(6): 515-20

Alzheimerの15人の患者はオープン ラベルの試験試験のvinpocetine (30、1日あたりの45、および1年の期間の間に60 mg)の増加する線量と扱われた。 患者は両方の7回を不規則な薬剤下記のものの査定された: Buschkeの選択的な思い出す仕事、手紙の流暢テストの部門の流暢テスト、テスト、認識容量のスクリーニング検査および臨床全体的な印象を示すボストン。 Vinpocetineは、テストされたあらゆる線量で臨床全体的な印象によって測定されるように、作用する精神測定のテストまたはオーバーオールの認知を改善しなかった。 患者は進歩的な痴呆に一貫している一致させた制御グループ同じ率で調査の間にほとんどの手段で重要な低下を、示した。 薬療法から重要な副作用がなかった。 私達はで、アルツハイマー病ことをの個人の低下の率をvinpocetineが認識欠損の改善で非効果的遅らせないことを結論を出す。


Vinpocetineのカリウム、カルシウム

遅れたNootropicの代理店のvinpocetineのブロックはカリウムの流れを高境界カルシウム流れより強く調整した
Neurosci Behav Physiol (1998日3月4月) 28(2): 116-20

2微小電極潜在的な締め金で止める方法は測定の高境界Ca2+および遅らせられた調整されたK+の流れへの隔離された共通のかたつむりニューロンで使用された。 浸る解決へのnootropic代理店のvinpocetine (VPC)の付加急速そしてリバーシブルに両タイプの流れ禁じられる。 VPCの効果は線量依存して、テスト刺激の電圧の独立者だった。 Ca2+の流れの最高の封鎖は600 microMのVPCの集中で27%を平均した。 K+の流れの最高の封鎖は完了される30 microMのVPCの集中でK+チャネルはCa2+チャネルよりVPCの本当らしいターゲットであることが76%を平均した。


Hydergineおよび年配者

年配の患者のHydergineの長期処置の後の下垂体の分泌の変更、
アクタEndocrinol (Copenh) (3月1983日) 102(3): 332-6

この調査の目標は6つのmg /day、両方の性の10人の年配の患者に対する下垂体の分泌に対する麦角の派生物との長期処置の効果、dihydroergotoxineのmesylates (Hydergine)を評価することだった。 サンプルは療法の1か月の前後に24時間の期間の間に120分間隔で、引かれた。 Prl、GH、LH、FSH、TSHおよびコルチソルの血清のレベルはRIAsによって測定された。 Hydergineは夜の血清GHのピークの顕著な増加を引き起こした。 逆に、調査された他のホルモンのパターンの相当な変更は見つけられなかった。 観察された内分泌の効果はHydergineによって引き起こされた慢性のdopaminergic刺激が原因であることができる。


老人性痴呆症

老人性痴呆症: 結合されたpharmacologicおよびpsychologic処置
J AM Geriatr Soc (4月1981日) 29(4): 164-71

痴呆、すなわち、dihydroergotoxineのmesylate (DEM、Hydergine)のための標準的なpharmacologic処置の効率を高めるために支える勧めること(SC)または認識訓練(CT)は使用された。 DEMは1 mgの適量の21の適度に気違いじみた主題に、3回毎日口頭で管理された; そしてSCかCTは1時間2週毎に合計12週のための行なわれた。 CTは組織の機構および簡略記憶用装置の教授によって記憶および他の知識人機能を高めるように設計されていた。 結果の測定はSandozの臨床査定老人(SCAG)、痴呆の指定徴候そして印を測定する行動の評価尺度が含まれていた; 不況(HRSD)のためのハミルトン評価尺度; そしてBuschkeの選択的な思い出すスケール(BSRT)、記憶の心理テストおよび学習。 患者のDEMとCTグループは記憶および学習の手段のためのDEMとSCグループがより多くを改善した(BSRT)。 但し、グループ間の相違はHRSDまたはSCAGの行動の手段のために注意されなかった。


減量及びエフェドリン カフェイン

細く、肥満のアカゲザルのエネルギー支出、ボディ構成およびブドウ糖の新陳代謝はエフェドリンおよびカフェインと扱った
AM J Clin Nutr (7月1998日) 68(1): 42-51

エフェドリンおよびカフェイン(減量を促進するためにC)とEはエネルギー支出および減少した滋養分をの管理高めることによって提案された。 私達は6傾き(4-9%体脂肪)のこの仮説および7週間の統制勘定、8週間の薬剤の処置の期間および7週間の偽薬の期間の間に調査された肥満の(13-44%体脂肪)猿穏やかに適当6つをテストした。 薬剤の処置の期間の間に、猿はエフェドリン(6 mg)およびカフェインを(50 mg) 1日あたりの3回口頭で与えられた。 毎期間の終わりに、ブドウ糖負荷試験は行われた、エネルギー支出は測定され、ボディ構成は断固としただった。 CとEの処置は肥満動物の体重の減少で起因した(P = 0.06)。 重量のこの損失は体脂肪の19%の減少の主に結果だった。 薬剤の処置はまた細いグループの体脂肪の減少で起因した(P = 0.05)。 滋養分は肥満のグループのだけE+Cによって減った(P < 0.05)。 夜エネルギー支出は肥満のグループの21% (P < 0.03)およびCの処置とEの細いグループの24% (P < 0.01)高められた。 20 4時間エネルギー支出は薬剤の処置の間に両方のグループでより高かった。 CとEは血しょうレプチンの集中が薬剤の処置の両方のグループで減った一方、glucoregulatory変数の組織的変更を作り出さなかった。 全体的にみて、これらの結果はCの処置とEがエネルギー支出の増加によって減量を促進できるまたはことを示すある個人、エネルギー支出の増加および滋養分の減少の組合せで。


重量の維持

主要な減量の後の肥満の主題の重量を維持するための食事療法のランダム化された比較: 任意に、低脂肪、高い炭水化物の食事療法対固定エネルギー取入口
BMJ (1月1997日4)日314(7073): 29-34

目的: 肥満の患者の長期結果のための最初の減量の率の重要性を比較し、2つの重量の保守用プログラムの効力を比較するため。 設計: 主題は急速か遅い最初の減量にランダム化された。 完了して患者はアドリブの食事療法または固定エネルギー取入口の食事療法の1つの年の重量の保守用プログラムに再ランダム化された。 患者は後で1年追われた。 配置: コペンハーゲン、デンマークの大学研究部。 主題: またはコペンハーゲンのまわりの別の方法で健康な生活があった43人の(41人の女性)肥満の大人(体格指数27-40)。

介在: 低エネルギーの食事療法(2 MJ/day)の8週または慣習的な食事療法(5 MJ/day)の17週は、両方anorectic混合物によって支えた(エフェドリン20 mgおよびカフェイン200 mg 3倍に毎日); 任意にの1つの年の重量の保守用プログラム、低脂肪、高い炭水化物の食事療法または固定エネルギー取入口の食事療法は(<または= 7.8 MJ/day)、補強の会議2-3との両方月刊雑誌を時間を計る。 主要な結果は測定する: フォローアップで> 5つのkgの減量を維持している患者の中間の最初の減量そして割合。 結果: 中間の最初の減量は急速な減量のグループ12.6 kg (95%の信頼区間10.9から14.3 kg)そして慣習的な食事療法のグループ12.6の(9.9から15.3) kgだった。 最初の減量の率は重量の維持のまたはフォローアップの6かor12数か月後に重量の維持に対する効果をもたらさなかった。 重量の保守用プログラムの後で、アドリブのグループは13.5の(11.4から15.5) kgの最初の減量の13.2の(8.1から18.3) kgを維持し、固定エネルギー取入口のグループは最初の13.8の(11.8から15.7) kgの減量のグループの相違3.5 (- 2.4から9.3) kgの9.7の(6.1から13.3) kgを維持した。 フォローアップの取り戻された重量はアドリブのグループのより固定エネルギー取入口のグループで大きかった(11.3の(7.1から15.5) kg v 5.4の(2.3から8.6) kgのグループの相違5.9 (0.7に11.1) kg、P < 0.03)。 フォローアップで、アドリブのグループの65%および固定エネルギー取入口のグループの40%は> 5つのkgの減量を維持した(P < 0.07)。

結論: 任意に、低脂肪、高い炭水化物の食事療法は主要な減量の後で維持の重量のための固定エネルギー取入口より優秀だった。 最初の減量の率は長期結果に影響を及ぼさなかった。


煙ることおよび重量

煙る停止および後停止の体重増加に対するカフェインとエフェドリンの効果
Clin Pharmacol Ther (12月1996日) 60(6): 679-86

目的: エフェドリンの組合せおよび煙る停止のカフェインの効力を、後停止の体重増加および禁断症状評価し、停止を煙らした後glycosylatedヘモグロビン(HbA1c)の変更を検査することは評価する。 方法: 1年のフォローアップの期間のこのランダム化された二重盲目の偽薬制御の調査はデンマークの肺の薬の部門で遂行された。 調査の主題は重量を得ないでたばこを吸うことをやめたいと思った225人の重い喫煙者だった。 主題の3分の2は200 mgのカフェインと20 mgのエフェドリンを一日に三回受け取るためにランダム化された; 主題の3分の1は偽薬の処置を受け取った。 適量は週12から週39の停止に次第に減った。 グループ サポートおよび制御は記入項目でそして1、3、6、12、26、39、そして52週後に行われた。 主要な結果の手段は次のとおりだった: (1)確認を用いる節制および(2)体重増加を期限切れの空気および血清のcotinineの一酸化炭素によって自己報告されて。 結果: 1年後の成功率はカフェインとエフェドリンと扱われたグループの17%および偽薬と扱われたグループの16%だった; 成功率はいつでもかなり違わなかった。 4人の勧める医者のための成功率は1年後に7%と27%の間で変わった(p < 0.05)。 体重増加は最初の12週の間にカフェイン扱われたグループとエフェドリンでかなりより低かったが、体重増加は1年後に類似していた。 煙る禁断症状の相違は処置のグループの間で観察できなかった。 HbA1cは停止を煙らした後6週そして1年より低くあった(p < 0.05)。

結論: 私達は最初の12週の間に体重増加に対するエフェドリンおよびカフェインのこの組合せの効果、私達を見つけなかった成功率に対する効果かタバコのための懇願を見つけたが。


エフェドリン、肥満

エフェドリン、カフェインおよびアスピリン: 人間の肥満の処置のための安全そして効力
Int J Obes Relat Metab Disord (2月1993日) 17のSuppl 1: S73-8

エフェドリン(75-150 mg)、カフェイン(150 mg)および分けられた前食事のアスピリン(330 mg)の混合物の安全そして効力は、ランダム化された二重盲目の偽薬制御の試験の24人の肥満の人間(中間BMI 37.0)で、調査された投薬する。 エネルギー取入口は限られていなかった。 8週にわたる全面的な減量はECAのための2.2kg対偽薬のための0.7 kgだった(p < 0.05)。 13の偽薬の主題の8つは後で5か月戻し、unblindedクロスオーバーのECAを受け取った。 8週後で、ECAの中間の減量は3.2 kg対偽薬のための1.3 kgだった(p = 0.036)。 6つの主題は7かから26か月間ECAで続いた。 ECAの5かの数か月後で、これらの5の平均減量は介在無しで調査間の5か月の間に得られた0.03 kgと比較された5.2 kgだった(p = 0.03)。 第6主題は自主的な熱の制限によって13か月にわたる66のkgを失った。 すべての調査では、心拍数の重要な変更、副作用の頻度の血圧、血ブドウ糖、インシュリンおよびコレステロール値および相違は見つけられなかった。 これらの線量のECAはさもなければ健康な肥満の主題でこうして十分容認され、所定の熱の制限なしで適度な、支えられた減量を支え、エネルギー取入口の制限と共に有能かもしれない。


エフェドリン、カフェイン

エフェドリン/カフェインの混合物の効果そして安全はエネルギー制限食の肥満の主題のエフェドリン、カフェインおよび偽薬と比較した。 二重盲目の試験
Int J Obes Relat Metab Disord (4月1992日) 16(4): 269-77

sympathomimetic代理店のエフェドリンに齧歯動物で有効なthermogenicおよび反肥満の特性がある。 効果はカフェインによって著しく単独で与えられるカフェインは効果をもたらさないが、高められる。 この調査はエフェドリンとカフェイン間の同じような重量減少の共働作用が肥満の患者にあるかどうか調べるために引き受けられた。 ランダム化されるでは、偽薬制御、倍の盲人は食事療法(4.2 MJ/day)によって、180人の肥満の患者扱われたおよび一日に三回エフェドリン/カフェインの組合せ(20 mg/200 mg)、エフェドリン(20 mg)、カフェイン(200 mg)または24週間偽薬調査する。 回収は4グループで均等に配られ、141人の患者は試験を完了した。 中間の減量は週8からの週24に偽薬とのより組合せとかなり大きかった(エフェドリン/カフェイン、16.6 +/- 6.8 kg対偽薬、13.2 +/- 6.6 kg (平均+/- s.d。)、P = 0.0015)。 エフェドリンおよびカフェインのグループ両方の減量は偽薬のグループのそれに類似していた。 副作用(震え、不眠症および目まい)は一時的、偽薬のレベルに達した処置の8週後にだった。 シストリックおよびdiastolic血圧はすべての4グループで同様に下った。 私達は、動物実験の類似のそれ完了する、エフェドリン/カフェインの組合せはカフェインおよびエフェドリンは別に人間の肥満の処置のために非効果的であるが、有効である。


エフェドリン/カフェイン対dexenfluramine

肥満の処置のエフェドリン/カフェインの組合せおよびdexfenfluramineの比較。 一般診療の二重盲目の多中心の試験
Int J Obes Relat Metab Disord (2月1994日) 18(2): 99-103

前では調査、dexfenfluramine (DF)を分ければ偽薬と比較して肥満の患者の減量を促進するためにエフェドリン/カフェイン(欧州共同体)は示されていた。 20-80%超過重量とこれら二つのanorectic薬剤の効力そして安全を、103人の患者は一般診療の15週の二重盲目の調査に比較するためには含まれていた。 患者は15 mgにDF (n = 53)、または20 mg/200 mgのエフェドリン/一日に三回カフェイン(n = 50)、5 MJ/dayの食事療法に補足毎日二度ランダム化された。 DFからの四十三人の患者は分かれ、欧州共同体のグループからの38は調査を完了した。 処置の15週後で、DFのグループは(n = 43) 6.9 +/- 4.3 kgおよび欧州共同体のグループを(n = 38)失った8.3 +/- 5.2 kg (平均+/- s.d。、P = 0.12)を失った。 患者の小群ではとのBMIは>または= 30 kg/m2 (n = 59)、中間の減量DFのグループ7.0 +/- 4.2 kg (n = 29)そして欧州共同体のグループ9.0 +/- 5.3 kg (n = 30)、P < 0.05だった。 シストリックおよびdiastolic血圧は両方の処置の間に同様に減った。 DFの23人の患者は(43%を)分け、欧州共同体のグループ(54%)の27は副作用の不平を言った。 胃腸徴候がDFのグループでより頻繁だった一方、中枢神経系の副作用、特に撹拌は欧州共同体のグループで、もっと(P < 0.05)発音された(P < 0.05)。 副作用は両方のグループの処置の最初の月の間に著しく低下した。


エフェドリン、糖尿病

エフェドリン: 糖尿病性のneuropathic浮腫のための新しい処置。
Lancet (1983は12を傷つける) 1(8324): 548-51

糖尿病性のニューロパシーに二次周辺浮腫は十分理解されていなく、扱いにくい。 エフェドリンは著しく4人のインシュリン依存した糖尿病患者のneuropathic浮腫を減らした。 中間の減量(pより少しより0。 7日の処置の後の05は) 7.の43 +/- 4.の51の(SD) kgだった。 浮腫は戻った(中間の増量6. 33 +/- 1.の73のkg; pより少しより0。 01) エフェドリンが撤回されたが、解決された時(重量損失4.85 +/- 1.の57のkg; pより少しより0。 01) エフェドリンの処置が繰り返された時。 エフェドリン療法(p=0の502 +/- 78 mmolにエフェドリンの前に177 +/- 5. 20からmmol増加する1つの患者中間の24時間ナトリウムの排泄物。 028)。 エフェドリンはまたニューロパシーによって作り出された余分な周辺血の流れを減らした; ドップラー血の速度のプロフィールによって示されるように幹線diastolic流れそしてarteriovenous回避は両方減り、pulsatilityの索引は2. 50 +/- 0から高められた。 61から4. 75 +/- 1. 76 (pより少しより0。 001)。 エフェドリンは(12-15か月)続けるこの4人の患者のneuropathic浮腫のための有効な処置であり。



雑誌のフォーラムに戻る