生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LEFの雑誌1998年8月

イメージ

市民はIに嘆願する
形態手紙

米国憲法修正第一項及びコーデックス警報
FDAは期間コメントする拡張される….
CSPIはドイツのコーデックスの提案を支持するためにFDAを頼む
コメント及び抗議を用いる洪水のFDA
コーデックス会合前

米国憲法修正第一項警報
ウィリアムFaloon著

次映像は考えるより現実により近いかもしれない。 FDAはサプリメントについて学ぶことができる制限しあなたの健康の自由に新しいincrusionを表すことをものを規則がひどく提案した。 消費者行為は......今要求される!

FDAは空襲する Tは言論の自由がの聞こえない米国…ない中国、イラク、キューバまたは他の国について彼のある。 市民は正直な医療情報の散布を抑制するFDAの新しいOrwellianの努力について学ぶ場合憤慨する。

ビタミンの消費者は議会が薬剤としてサプリメントを調整するFDAの力を取り除いた法案を可決した1994年に主要な勝利に勝った。 FDAは今ある特定のタイプの医療情報についての学習からアメリカ人を禁止するために新しい規則を提案してしまった。

FDAの提案された規則はビタミンの影響の病気が違法スピーチとしていかにへのか分類されるかビタミンがボディの「構造か機能」にいかに影響を与えるが、ことについて言う参照消費者がことができると言う。 FDAの提案された規則が法律になれば、ほとんどの消費者は防ぐ必要がある栄養素について調べられないし、病気を軽減しなかったり扱わない。

「化学療法と関連付けられる悪心を減らすのようなFDAが違法スピーチ含んでいる利点の記述を宣言したことをの例は癌」、および「御馳走熱いフラッシュ」からであるために」「保護する。 FDAの提案された新しい規則が消費者で持っている効果を見よう。

癌患者のためのFDA統治を委任された苦労

環境毒物学および 薬理学(ネザーランド) の調査は1996年1/3 (179-184)ビタミンC、グルタチオンおよびビタミンEの組合せがかなり犬の化学療法誘発の嘔吐を減らしたことを示した。 他の調査は栄養素が人間の有毒な薬剤の副作用を減らすことができることを示した。 但し、FDAの提案された規則は悪心および嘔吐に苦しむ彼らの苦労を減らすために化学療法の患者がこれらの栄養素を取ることを提案することは違法であることを言う。 栄養素は「腸の化学療法誘発の遊離基の活動を禁じることをそれは示すことは良い間、これらの栄養素が化学療法誘発の嘔吐を禁じること」出版された調査の提示を引用することは違法である。

FDAは争うので何でも提案することは違法であるしかし化学療法、と関連付けられた悪心をまた減らす薬剤化学療法誘発の化学療法誘発の肝臓障害を減らすために化学療法誘発の免疫組織の損傷を減らすように心筋の損傷、melatoninおよびnアセチル システインを減らすように補酵素Q10およびビタミンEを推薦することも違法である。

FDAはFDA公認の化学療法の薬剤の致命的な効果から彼らの中心、レバー、腸および免疫組織を保護する癌患者が方法についての情報を否定されることを提案している。 これらの新しい提案された規則は癌患者のために苦しむことの統治を委任する。 それらはだけでなく、不道徳、であるやかましく違憲である。

不治の病に対する保護についての証拠の抑制

多くのにもかかわらず新しい人間はこれらの調査結果についてのアメリカの公衆を知らせることは違法であることを(たくさんの動物および実験室調査)栄養素が癌から保護することの提示を、FDA言う調査し。 FDAの提案された規則の下で、セレニウムが「血清のグルタチオンの過酸化酵素を水平にし、減らすDNAの損傷を」、増加するが、1996年12月25日に(JAMA)米国医師会医学総合誌 の偽薬制御の調査についてのアメリカ人を知らせることは 違法補足のセレニウムの200マイクログラムが50%人間の癌の死亡率を減らしたことを示すでありと言うことは許されて。

私達はすべてのアメリカ人を私達の大事にされた言論の自由に関する権利上の独裁力を得るFDAの最新の試みを抗議するために頼んでいる。 FDAの健康の選択のusurptionを抗議しなさい。

そして栄養素は「癌から保護すると言うことは違法(FDAに従って)であるので」、「心臓発作から」保護すると言うこともまた違法である。 それは心臓発作の危険を下げる(1998年4月9日)ニューイングランドの医療ジャーナルが葉酸の使用を推薦するけれども 葉酸が「より低い血清の ホモシステインのレベルに促進することができることを」攻撃均一な中心から保護しないために意味するが。

FDAは「御馳走熱いフラッシュのような声明を禁止する」、胸の、卵巣および子宮癌を引き起こすと証明されたFDA公認のエストロゲンの薬剤の代わりに熱いフラッシュを扱うのに使用することができるいろいろ植物のエキスがあるが。 FDAによって提案された新しい規則の下で、アメリカの女性はFDAがそれを熱いフラッシュに対して有効である植物のエキスを販売するだれでものための句「御馳走熱いフラッシュ」を言うこと違法にしたのでエストロゲンの薬剤に自然な代わりについて聞くことを得ない。

FDAは言ってが許されているものをに関して指導を提供する。 「助け心血管の健康」を維持するまたは「免疫組織」をである代理店の新しい提案された規則の下に許可された健康の要求支える。 問題は膨張させた心筋症(心筋の退化)を用いる人が冠状アテローム性動脈硬化を扱うように設計されている療法から少し利点を得ることである。 しかし代理店が言うサプリメントのための要求を苦しんでいる」、心臓病より報知的、信頼できる均一にするように、FDAの提案された規則はの下で「助け維持するプロダクトがそれらに価値心血管の健康」がなら「周辺血管疾患、一過性脳虚血発作の異なった形態に人なでる等ものは何でもわからない設計されている。

私達が学ぶことは許されるすべてが栄養素は「免疫組織を支えることなら」、これは癌およびウイルスの病気と関連付けられる免疫の不足からそれを保護する意味するか。 または栄養素を抑制する慢性関節リウマチ、ループスおよび多発性硬化と関連付けられる過剰に活動する免疫組織(自己免疫)をする。 FDAの提案された規則は消費者をそのような人生のまたは死の問題について推測させる。

FDAのねじられたOrwellianの論理のもう一つの衝撃的な例はここにある:
FDAに従って、皆が(称するところによると)ことをコレストロールが高い原因の心臓発作知っているのでより低いコレステロール値にプロダクトを促進することは違法である。 高いホモシステインの原因の心臓発作がもっとよく知られているようになるという事実の一度知識は、FDAおそらく言い葉酸がホモシステインのレベルを下げる、声明への補助金の承認だけのようなメチオニンおよびS-adenosylmethionine (同じ)に、「葉酸ホモシステインのメチル化を」。促進することを主張するためにもはや法的ではないことを しかし公衆が同じレベルの増加の利点を学ぶ場合、FDAはそれから同じについての声明を同様に禁止する。

事実上、FDAの提案された規則は曖昧の散布だけを、困難に理解する医学ジャーナルで出版される調査で人命救助の潜在性を示す栄養素についての記述を可能にする。 規則は、正確、正直明らかに禁止し、これらの調査で使用された栄養素の販売と共にこれらの調査結果についての声明、および調査(または概要)の出版物自身を容易に理解する。

つまり、FDAの提案された規則はアメリカの人々からの人命救助情報を保ち、によって従ってであり、何百万のアメリカ人の早死ににする貢献する慎重な試み。

FDAに意見についての学習からのアメリカ人を専有物に反対保つ法的権利があるか。 FDAは賛成するがと、最高裁判所は断る。 提案された新しい規則によって、FDAはDaubert V. Merrillダウと呼ばれる場合の最高裁判所の決定に挑んだ。

Daubertは中央政府試験で科学的な証明を是認するための中央政府証拠法則と「一般からの容認テスト」を(「重要な科学的な一致」への同等の句)取り替えた。 最高裁判所によって要求を支える「重要な科学的な証拠」あることを要求する統治を委任される新しい標準はFDAによって提案される「重要な科学的な一致」の標準がの代りに。 2つの標準間の相違は巨大である。 最高裁判所の標準は要求を支持して証拠に気づいていないかもしれない頼ったりまたはこの証拠を無視することを選んだかもしれない官吏およびFDAの科学者の意見よりもむしろ科学的な証拠に。

FDAは過去の70年にわたるサプリメントに対してバイアスの一貫したパターンを示した。 さらに、代理店は種類の研究自体をしない。 それは会社および個人がそれに堤出する証拠によって完全に決まる。 その結果、FDAは頻繁に誰もそれを告げなかった重要な科学的な調査結果の知らない。

Daubertの決定に従って、FDAは証拠の量によってラベルの要求のグラデーションを可能にするためにDurkピアソンおよびサンディ ショウの提案を採用する要求を支えるためにことを推薦するべきである。 ピアソンおよびショウの提案の下で、FDAは真実の唯一の決定者ではない; 消費者はFDAがある特定の要求を一目で見る承認したがことができる、またそれに帰された数に基づいてかどうかどの位サポートが要求にあるか見ることができる(証拠の最も低い境界である最も高いレベル1およびレベル5)。

科学的な証拠を評価する方法の最高裁判所の判決が1993年6月28日なされたので1990年の分類し、FDAが私達に最初に「重要な科学的な一致」の標準を押し出した教育法栄養物の道が、そこにFDAの提案された新しい規則のための弁解ではなかった後、に。 FDAはサプリメントに対して進行中のバイアスの最高裁判所の判決に挑むことを選んだ。 私達は議会の注意にFDAによって私達が手紙および電話とそれにあふれるとき米国の最高裁判所のこの非道な、違法反抗の態度を呼ばなければならない。

ヘルスケアの選択の防御の自由

健康の運動家は頻繁に推定上権利章典の下で保護される自由を保護するためになぜ政府を戦い続けなければならないか疑問に思う。 問題の根は市民によっては長くがおよび彼らの税を支払うこと困難労働するが、連邦政府は中央政府の権限を高めるのに市民の税金を使用する自由な統治を与えられることである。

根本的な解決法はサイズをの減らすことで制御を、政府得る。 政治家はそのような変更を実行する剛毅がないので違法政府の侵入から私達の体質上保証された権利を保護する私達まである。

私達はこうしてすべてのアメリカ人を私達の大事にされた言論の自由に関する権利上の独裁力を得るFDAの最新の試みを抗議するために頼んでいる。 生命延長基礎に裁判所と議会でFDAの敗北の非のうちどころがない実績があるが、FDAの行為を抗議する私達の力は私達のメンバーおよび他の生命延長雑誌の読者の自発性でもっぱら休む。 次のページの嘆願書を完了しなさい。 出版の自由は政府の不法行為に対して最終的な保護であることを信じる他の人のためのフォトコピーを作りなさい。 アメリカ人はFDAの提案された新しい規則に答えることをまでだけ9月27日持っている。 これらの嘆願書はあらゆる生命延長基礎サポータによって完了するべきである。

するべきこと

嘆願書 上で印刷される市民を嘆願し、郵送するFDAの住所にそれに直接完了しなさい。

それから 米国の 衆議院のあなたの議会の代表者に形態手紙を直接送りなさい。 この手紙を郵送した後、HR 2868の消費者健康の言論の自由の行為の彼/彼女の共同後援をせき立てるためにあなたの代表を呼びなさい。 またFDAの提案された新しい検閲の規則に反対することをそれらを知っている許可しなさい。

議会へのあなたの手紙そして電話は正直な科学情報の散布の検閲からFDAを停止する消費者健康の言論の自由の道が機能するのを助ける。 (あなたの議会の代表者および2人の上院議員の名前そして電話番号を見つけるため1-202-224-3121を呼びなさい。)

他のアメリカ人が国内敵に対して米国憲法の防御に… FDA加わることができるようにこれらの形態を写真複写すること自由に感じなさい。

FDAは証拠によってラベルの要求のグラデーションが、それを支えるようにDurkピアソンおよびサンディ ショウの提案を採用するべきである。

FDAの規則: 悩まされていた、いろいろな歴史

サプリメントの健康および教育法(DSHEA)上の混乱そして論争のほとんどはよい事情報のあまりが原因である。 今ではサプリメントおよび健康についての科学研究の定流があり、その情報は彼らのボディのためのベストがほしいと思う消費者の手に得た。 情報がどこでもある間、理性的な選択をするために、人々はまだプロダクト ラベルに頼る。

それは可能常にではなかった。 20年前に、FDAは食糧を調整し、すべての食糧原料の前整理を要求した。 健康の要求に関しては、どれも食糧原料の許可されなかった。

1984年に、ケロッグはより多くの繊維を食べる人々がより少ない結腸癌を経験すること科学的な一致に基づいて全ぬかの穀物のための要求をした。 FDAは健康食についての情報から寄与される、まだ分類のための繊維の要求拒絶される消費者が意図するがことを是認した。

80年代の間に、調査はアメリカ人が栄養の特徴についてのより多くの情報に自身の健康の選択の多くを作ってほしかったことを示した。 1990年に、分類し、教育法栄養物はそれらの要求についての「重要な科学的な一致」があったら渡され、ラベルの健康の要求を認める; それはまたラベル上のFDAの制御力を確認した。

1990年代初頭に、アメリカ人はヘルスケアの費用そして入手の可能性についてますます心配するようになり、ビタミン、鉱物およびサプリメントをもっと使用し始めた。 FDAの応答はビタミンおよび鉱物のより厳密な限界を提案することだった。 アミノ酸が承認されていない食品添加物として分類されること、そしてbotanicalsが調整された薬剤であることを提案した。

80年代後期および1990年代初期のこの期間はサプリメントの製造者に対して高められた攻撃性と一致した。 FDAは生命延長基礎を空襲し、貯えられたプロダクトを何度か没収した。 それに答えて、無理しすぎるFDA上の公的支援そして議会の心配の高まりと共に基礎は、サプリメントのより啓発された概観を要求した。 それは食餌療法の原料の宇宙を拡大し、分類の批評をゆるめた1994年にDSHEAに直接導いた。

4月に発表されるFDAの提案された規定する規則はDSHEAがいかにの実行されるべきであるか推薦である。 消費者はこれらの提案された規則についてコメントする8月の終わりまで持っている。

サプリメントは「作ることができなかったことにDSHEAが注意する間、病気を構成するものがの病気ラベルで」は、FDA進めた劇的に病気のまさに定義自体を拡大するいくつかの例を、要求する。 この提案された規則は補足の特定の病気の利点を助けてアメリカ人に豊富科学的な証拠を否定する。

FDAはまた制限の違反として見るものをの国民のサプリメントKGBの幽霊を上げる向上させた監視を提案する。 従ってそれは「真実性の自身の意見の承諾を査定するために第三者文献」を監察したいと思い完全な目標の修正の権利を最初は取る。 DSHEAの他の面は健康食品の店員の権利の禁止を含むFDAの監視のアウトリーチによって顧客と棚のプロダクトを論議する、カバーされるかもしれない。 従って、生命延長基礎は補足の科学的な調査結果について知らせることからどんな効果をそれらの補足が特定の病気にもたらすか禁止でき。

FDA内の厄介な声明はラベルが提案しない限り補足プロダクトの説明的な分類がOKであるかもしれないこと提案のノートを支配する評価する消費者の機能「を越えて」である健康状態を扱うことを。 しかし1984年に消費者は戦いの結腸癌に於いての繊維の役割を理解かなりできた; 今日、それらはさらに理解でき自身の適切な選択をする。

人々はますます憤慨しているのそれらこと消費者がよいものをのために理解できないのはその種類の横柄の推定である。

-- クリストファーHosford



雑誌のフォーラムに戻る