生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LEFの雑誌1998年4月

私達がそれを見るように


老化の原因を持っている
発見されるか。

「ニュース今あり、驚くほどである」、はヒューの羽毛、1月16日にABC-TV 20/20の プログラムの共催を言った。 「研究者私達を老化させる」はおろすために彼らをそれを遅らせてもいい要求するメカニズムを発見し。

20/20 ショーはカリフォルニア ベースの会社、世界中でトランペットを吹かれたGeron Corporationによって目を見張るような進歩の物語を告げることを続いた。 進歩は酵素のtelomeraseの導入で細胞を生体外で分ける正常な人間の寿命の延長を含む。 Telomeraseはtelomereの短縮、分子時計としてその制動機の老衰記述されていたプロセスを防ぐ。

Telomeresは染色体の完全性を維持する細胞核の遺伝子運送染色体の両端に区分である。 細胞を分ける常態は古く、緩慢に育つ。 最終的にそれらは染色体を弱める短縮からのtelomeresを保つためにtelomeraseに欠けているので分かれることを止める。 telomeraseの豊富な供給がある癌細胞は、一方では不明確に分かれ続けるが異常である。 異常な癌細胞の連続的で、急速な部分は有機体の死をもたらす致命的なプロセスである、抑えられなかったら。

「私達はtelomerase療法が老化の病気の処置に次の5から10年中に開発中の前進を」提供することを信じる。

Geronの科学者の大きい達成はtelomeraseのない正常な細胞が分割を停止した、だった後異常な癌細胞にそれらを変形させないで長く分かれ続けるように正常な細胞を引き起こすのに telomeraseを 使用する彼らの機能。 telomeraseでいっぱいの細胞は少なくとも20 doublingsによって正常なreplicative寿命を超過した。

完了されるダラスの南西医療センターの含まれた科学者ことを「a.の正常なヒト細胞を維持する機能調査チーム。 . . 若々しい状態は研究および薬の重要な適用が」あるかもしれない。 科学の雑誌(www.sciencemag.org)のペーパーで述べられる医学の適用の間で萎縮する皮の若返り、目の年齢関連の黄斑の退化の逆転、およびendothelial 細胞増殖 の損失によって引き起こされる停止のアテローム性動脈硬化はある。

Geronの細胞を若々しい保つ方法のために人間の年齢関連の病気の処置のために臨床的に適当であるためにそれが人間で治療上使用することができることを示すことは必要である。 それは実験室の人工的に維持された細胞培養にちょうど多分ヒト細胞を老化させることがtelomeraseのための遺伝子の導入によって生きている人間に若々しく残るために引き起こすことができたらことであるかもしれない。

生命延長基礎で、私達はこれが達成されること、そしてtelomerase療法が老化の病気の処置に次の5から10年中に開発中の前進を提供することを信じる。 これが起これば、アテローム性動脈硬化、糖尿病、関節炎、アルツハイマー病およびパーキンソン病のような致命的なキラーの戦いの豪華な前進のための原動力であるかもしれない。 私達はまたGeronが癌の処理の大変価値がある証明する癌細胞のtelomeraseの表現を禁じる方法を開発することを信じる。

但し、私達は20/20の物語で示される眺めについて より懐疑的 であり、他の所でそのGeronは「若さの源泉を発達させることの第一歩を作った」、私達が何世紀にもわたって住んでいることを可能にする。 20/20 、ミハエルWestのGeronの創設者(新技術のための会社の副大統領はだれ先生は現在であるか)、これがならば」ことを寿命を伸ばすことができる技術が私考えるあった言う、「。 そしてミハエルFossel (反老化の薬のメアリー・アンLiebert株式会社の新しいジャーナル の編集者)先生はtelomerase療法が「数百年の寿命に導くことを予測する。 . . 健康な寿命」。

これは細胞を分けて成長する古いから防ぐことが物語のちょうど部分であるという事実のために非常に不確かである。 問題の事実のためにある、分かれないニューロンおよび筋肉細胞のようなボディ内に極めて重要な細胞がある。 これらはまた頭脳に情報処理のような必要な生命機能を制御する規定するメカニズムに、学習および記憶、再生、睡眠、温度、食欲、性ドライブ、気分および多くかかわる細胞を含める。

これらの生命プロセスはすべて最高の寿命を伸ばす唯一の証明された方法である熱の制限によって影響される。 それは維持の若々しい分割の細胞が、それ自体、老化を遅らせ、全体の有機体の寿命を伸ばして十分であるかどうか見られることを残る。

一方では、それは私達が最終的に頭脳(グリア細胞)の若々しい分割の細胞を-非常に数で圧倒する細胞維持ニューロンそれらによりよい支援システムを提供することによって若々しい状態で頭脳ニューロンを保てるできればことであるかもしれなかったら。 結局、グリア細胞は最適機能に必要な栄養および他のタイプのサポートをニューロンに与える。 さらに、ニューロンは分かれないが、それらの内の細胞内の部品はグリア細胞の助けによって定期的に補充される。

これらの質問および多くはGeronの科学者(および他)多分行なう広範な未来の研究を要求する。 いずれにしても、Geronの進歩は比較的もたらすためにが本当らしく近い将来の多くの重要な治療上の前進を、老化を制御し、より長く、より健康な住む私達の探求の重要なマイル標石生命である。

大統領、Saulケント
生命延長基礎