生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年9月

死に対する生命
代わりとなる議定書の本はデビューする、
病気、処置100との焦点

ウィリアムFaloon著

イメージ あなたの独りで苦しんだ病気の代わり、自然な処置およびあなたの家族のための源だけ代わりとなる療法を無視した「標準的な」参照または不完全に知識のある医者だったときに、時間が、少し前にあった。 今度は、生命延長基礎の新しい「病気の防止および処置議定書と」、代わりとなる処置、科学的に支持されるすべての最新は本の形態であなたに利用できる。

生命延長基礎は老化の病気を防ぎ、扱うために50年間以上の科学的研究法についての研究からの重要なデータを集めた。 老化の制御を得る基礎の探求では私達は頻繁に医者によって見落される医学の無秩序を戦うために処置の覆いを取る。

過去の14か月にわたって、基礎はであり防止および処置養生法を分類し、更新する。 今度は、私達は病気の防止および処置議定書の十分に参照された登録簿を はじめて提供して自慢している。 この使いやすい946ページの本は読者が効果的にすぐに慣習的な医者が効果的に扱わない110以上の病状のための革新的な解決を見つけることを可能にする。

病気の防止および処置議定書は出版された科学研究に基づいている。 慣習的な医者は頻繁に深刻な病気を扱うとき極めて重要な科学研究に気づいていない。 結果は何百万のアメリカ人の毎年不必要な苦労そして死である。

慣習的な薬によって見落された出版された科学研究の1つの例はペニシリンである。 1928年に、アレクサンダー・フレミング先生はペニシリンを発見した。 彼の仕事はまさに翌年実験病理学のイギリス ジャーナルの出版された。 それにもかかわらず、医療専門家は13年後で1946年までのこの人命救助の抗生物質に、および一般群衆が近づくことを許されなかったまでペニシリンと患者を扱い始めなかった。

治療が尊重された医学ジャーナルで既に発見され、出版されてしまったときに何百万の人々は細菌感染がもとで時期早尚に苦しみ、死んだ。

1940年に、ウィリアム ケントのSaulケント基礎の大統領の、父はリウマチ熱によって引き起こされた中心問題がもとで死んだ。 彼の遅い30sにその時にあったより古いケントは長年に渡って彼がリウマチ熱のために有効であるペニシリンと扱われたら存続し、住んでいたかもしれない。

他が彼の父の運命倹約されるのは、彼の息子、その時に10か月古かった彼の父Saulの死んだりからである、生命延長基礎を後で40年始めた。 家族がペニシリンが治したかもしれない病気の多くがもとで苦しみ、死んだと同時にどうすることもできず見たそれらの年の間に何百万の親類の苦悶を想像することは困難である。

生命延長基礎が30年代の存在にあったら、先生の研究を重複させFleming、Saulケントの父のような批判的に病気の人々にペニシリンを得る積極的な試みがあろう。

基礎の病気の防止および処置議定書は人間が既に出版された科学文献で報告される有効な療法があるかもしれない病気がもとで今日苦しみ、死ぬ無知の根絶に専用されている本である。

この新刊書に含まれていた「治療不可能な」病気のための議定書は結局標準的な医療行為の一部分になる。 ほとんどあらゆる議定書は主流の医学ジャーナルからの同業者審査された調査によって世界中から広く立証される。 この科学的な確認にもかかわらず、これらの療法および議定書は慣習的な薬によって主として無視されて、人間は不必要に死んでいる。

最初の章は薬剤のacetaminophen (Tylenol)を取扱う。 acetaminophenは8倍に腎臓癌2の危険性を高めることをそれに薬剤を入れる程度がacetaminophenをであるレバーおよび腎臓に有毒含んでいる、ほとんど誰も知らない数人および少数の医者は知り。 この本ではacetaminophen誘発の毒性を防ぐ方法を多くののための必要性を食糧除去し管理公認の薬剤に全体で薬剤を入れる方法を、学び。

要約すると、病気の防止および処置議定書は1つの場所病気のための最新、科学的に最も健全な代わり、自然な療法および病気をで提供する市場で独特である。 それは必要な本である。