生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年10月

予測し、避ける方法に危ないキラー1科学者の調査を離れて向かう蟹座

キャンデーOstmanによって

予め警告される表現は「」である多分どこも癌のための規則的な検査でより重大forearmed。 多くが代わりとなり、自然な療法の使用を含む癌の、処理で達成される間、専門家はどの処置でも有効であることのあるよりよいチャンスが、より早い癌が検出されること合意である。

残念ながら、多くの癌は乳癌の場合には女性が疑った固まりを発見し、次にバイオプシーを経るとき、患者が苦痛か他の不快の最初に不平を言う、または、とき発見される。 これは有効な処置に間に合うようにないかもしれないしまたはそうではないかもしれない。

明らかで、明らかな徴候がある前でさえも物理的な不快か面倒な証拠は病気が既に成長していることに信号を送るかもしれない。 見つけ、成長を評価し、癌の疑いを確認するためにさらに、外科の外傷は頻繁に要求される。

イメージ 今度はよいニュースのために。 科学者はそのいろいろ「腫瘍マーカー」がある特定のタイプの癌の存在の血の相互的関係に出て来ることを示した。 精密な方法で結合されたとき、ハリウッドの先生を、特定の血液検査の電池驚くべき正確さとボディ、よりかなり前に人の経験の不快、固まりまたは他の従来の印または徴候の癌の最も早い存在を検出できる言うエミルK. Schandl、臨床生化学者およびoncobiologist、Fla。

Schandlの起工の研究は彼が蟹座のプロフィールに複数の腫瘍のマーカー テストを併合することを可能にした。 彼はたくさんの正確さのすばらしいより90%の彼のプロフィールの患者を、テストした。 患者が癌のために実際に扱われているとき進行中の癌療法の成功(か無効果を)監察するのに、Schandlのテストが使用されている。

「腫瘍を捜す現在のプロシージャのほとんどはX線、X線体軸断層撮影、MRI、核薬効がある放射または外科によってさまざまな器官を検査する」、Schandlを言う。 「私は人の内部を見るより少なく有害で、より少なく侵略的な方法がなければならないと常に考えた。 それは私が癌のプロフィールを」開発する考えをいかに想像したかである。

ちょうど興味をそそることとしてSchandlの登録商標の蟹座のプロフィールの予言する能力はある。 彼は蟹座のプロフィール(かカリフォルニアのプロフィール)、本質的に道の下の癌年を開発するボディの傾向を予測できると言う。

情報を驚かしている患者を与えてよりもむしろむしろ持っていない、テストは人々に生活様式を変え、前方の危険を避ける第2のチャンスを与える。 変えられた生活様式はよりよい栄養物、より多くの練習、サプリメント、高められた自尊心を含むことができ黙想は「心をきれいにする」とSchandlは言う。

「私がそれを見るように、生命を選ぶこの再評価の平均」Schandl、1956年にソビエト統治に対して短命の英雄的な回転に従がって米国に来た原産のハンガリー人を言う。 「死に生命に2本の道、1が導いている、他あるある。 どの道であるか知らなければ、それは死を選んでいる。 生命は責任である! 選びなさい生命を!」

長い調査

Schandlの蟹座のプロフィールは癌性状態に変形の間に人体に変更によってが起こる前提に基づいている。 彼はマイアミのハワード・ヒューズの研究所と南フロリダのl ocal病院で大量の読書、テストおよび実験の後でテストの彼の電池を発達させた。

1つのマーカーはヒト絨毛性ゴナドトロピン、またはhCG、Schandl先生が「妊娠および敵意のホルモン」と呼ぶ妊娠と関連付けられるホルモンである。 患者が呼吸器の癌に、胸、子宮、レバー、胃、または他の器官または場所苦しんでいるときボディがhCGの上昇値を示すことが多数の調査で確認された。 このホルモン テストは器官または場所特定ではない。 しかしそれは癌が既にあるか、または癌をもたらすかもしれない生化学的なか遺伝の変更が起こり始めたことどちらか明らかにする。

かなり、先生によるNavarro早いレポートに従って、M.D.、「尿のhCGの高度[できなさい]大いに先に検出されるためより時明白な腫瘍[なる]」 (Jour。 フィリピンMed。 Assoc。 36, 425-432, 1960.) しかしSchandlは彼の技術が数千先生の尿検査よりNavarro's敏感倍であること、そしてhCGに「早い癌検出の途方もない価値」があること言う。

Schandlは診断前の10から12年彼の患者のマーカーの高度を多数観察した。 「癌の進化プロセスが10のto12年を取ることを知っていて、1つは癌の開発のまさに始めを検出できるかもしれ」彼は言い、「生活様式の調節の訂正」をする沢山の時間を許可する。

hCGがまた妊娠のホルモンであるので、時としてそれは除外されなければならない。 妊娠ではホルモン レベルは血に非常に急速に上がる、従って短いある一定の時間以内に再試験によって1つは急増を観察できる。 これはレベルがゆっくり上がるか、または一定している残るかもしれない癌の場合にはそうではない。

Schandlのノートは癌と、「1つの事私達が45歳の男性またはより古い女性のこの萌芽期の妊娠のホルモンを見つければ確実、結局」診断されるかもしれないそうかもしれない。

欠点はhCGの高度が腫瘍の位置を示さないことであるかもしれない。 Schandlの眺めは癌療法への新陳代謝のアプローチが全体の人間を扱っていることである: 確認可能な痛い所よりもむしろボディ、心および精神。

trophoblastsの存在、子宮の壁に肥やされた卵を接続するタイプの妊娠した女性hCGとの細胞は関連付けられる。 実際、hCGはtrophoblastsによって製造される。 但し、Schandlを言う、trophoblastsは女性、また男性の私達の萌芽期の開発から受継がれ、いろいろ有害な活動によって活動化させることができる。 これらはあらゆる種類の身体部分に打撃を、ウイルスおよび細菌感染、有毒な食糧、有毒なinhalants、放射、および圧力または不況含んでいる。 すべては癌を可能性としてはもたらすかもしれない。

hCGのレベルはボディの癌細胞の前で高いことをもっとたくさんの調査が確認する間、既存の技術による単独でhCGの使用の警告腫瘍のマーカーが検出することができない超低い量にあるかもしれないことであるので。 従って、Schandlは他の腫瘍のマーカーを同様に含んでいた。

前方の悩み

Schandlの蟹座のプロフィールの独自性は、独自で、圧倒的に表さないかもしれないが一緒に正確さおよび予測可能性の印象的なレベルを提供するいくつかのテストを結合することである。

例えば、Schandlの専有物は早く癌を経験するために知られていたテストの患者が68%高いhCGのレベルを示したときにことを示した調査する。 測定が酵素のファイ(phosphohexoseのイソメラーゼ、嫌気性の細胞新陳代謝を調整する腫瘍のマーカー)のためだった時、レベルは患者の36%で上がった; 酵素GGTP (ガンマのglutamylのtranspeptidase、敏感なレバー酵素)によって、レベルは患者の39%でより高かった; そしてCEA (carcinoembryonic抗原、大腸癌を監視するように最初に設計されている概要の腫瘍のマーカー、)のためのテストは患者の51%で上昇値を示した。

しかしSchandlの組合せ、より精製された技術および現在の調査による彼のテストの正確さを高める方法はより説得力のあるパーセントを作り出す。

3つの癌のマーカーを一緒に見て(hCG、ファイ、CEA)、240人の乳癌患者(92%)の221の陽性は検出された。 肺癌の患者の、129の127は(97%)正しく診断された。 そしてコロン癌の患者と、59人の患者(93%)からの55の陽性は正しく識別された。

またSchandlの蟹座のプロフィールに周辺に癌と関連しているテストはある: その甲状腺剤の刺激的なホルモン(TSH)は低くか高い甲状腺剤の活動を測定し、そのdehydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEA-S)は副腎の圧力、免除および長寿の傾向を測定する。 理論的根拠は低い甲状腺剤の活動または低い副腎の活動の人々が癌にし向けられるようであることである。

さらに、Schandlは前立腺の異常を検出するためにPSA (前立腺の特定の抗原)のために40上の人の血をテストすることを推薦する癌を含んで。 自由なテストステロンのためのテストはまた異常な前立腺の箱に使用するかもしれない。 Schandlはまた副甲状腺のホルモン(PTH)のレベルの測定によって骨粗しょう症の開発を検出するためにテストを推薦する。

好ましいかもしれない他のテストはCA-125の測定、卵巣癌のための幾分特定のテストが含まれている; カリフォルニア27.29; カリフォルニア15.3乳癌のための特定のテスト; そして胃/膵臓癌のためのカリフォルニア19.9。 Estradiolおよびプロゲステロン テストはきちんと胸の評価を助けるかもしれ、卵巣癌、Schandl先生は助言する。

他診断

他のある腫瘍のマーカーは他のタイプの無秩序と関連付けられるかもしれない。 例えば、GGTPの上昇値はレバー、膵臓および胆汁システムの病気につながる(胆管および胆嚢); それらは癌をまったく示さないかもしれない。 ファイは激しい中心、レバーおよび筋肉病気、または激しいウイルス感染、また癌と関連付けられた。 「他の」条件を除外することはかなり容易であるとSchandlは言う。

Schandlが壊れている間腫瘍のマーカーの結合の新開地は高められた正確さのために、文献確認している彼の概念をテストする。 転移させた骨肉腫の場合でより敏感であると証明された調査ではファイは器官の癌でより敏感だったが1987年、腫瘍のマーカーCEAに報告した。 但し、CEAおよびファイが結合されたときに、全面的な感受性はかなり高められた [Paulick、R.は、等、蟹座Prev 1987年、10を検出する(3-4): 197-203].

「他の実験室大量生産、不適当な標本の処理およびより少なく敏感な方法が働かないという事実による蟹座のプロフィールのコピーに」、はSchandlのノート成功しなかった。

Schandlの蟹座のプロフィールは早期警報の印を与える、また確立されるモニター既存の癌に使用することができる。 再試験は処置養生法が働いているかどうか、そして調節することができるいかに示すことができる。 テストはまた外科前に基準を確立して重要であるとSchandlは言う。 後で再検査を使うと、1つは腫瘍を取除くことの外科の成功を定めることができる。

これはまた研究によって耐えられる。 例えば、腫瘍のマーカーの腫瘍学(Luthgens M.、等、 1992年、のジャーナルの調査7 [3]: 44) 彼らの病気にかかった前立腺を取除いてもらった人、腫瘍の残ることを用いるそれらの患者とPSAおよびhCG両方の低レベルが、比較した明瞭にあったというレポート。 明らかに、これらのマーカーの低レベルはプロシージャの有効性を示す。

マーカーはまた更新された問題のための見通しの警告の合図として役立つかもしれない。 日本の調査は1992年にことを巧妙な処置に続いている28人の患者から24人で減らされたレベルを示されている子宮頸癌・を持つ患者で上がったベータhCGの片報告した。 但し、hCGが水平になる他の患者の高く、半分続いて再発する残った
[Kinugasa、M.、等、日本Sanka Fujinka Gakkai Zasshi、1992年2月44(2): 188-94].

再度、養生法は明確かもしれない: 医者は腫瘍のマーカーのレベルのような正確なdeterminerが成功か失敗を予測できるまたは医学の介在のための必要性ときならない再発の印のために「様子を見る」。