生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年10月

イタリアの会議の下線
より健康で、より幸せな生活のためのカルシウムそしてビタミンDの重要性

キャンデーOstmanによって
イメージ カルシウム不足の影響まで骨粗しょう症に於いての減少の高血圧および血圧に於いての栄養素の役割から、及んでいて会議が、腎臓結石の形成、およびローマに於いての他の多くの関連のトピックはボディがカルシウムおよびビタミンDのために持っている重大な使用で、会議あまねく及んだ。

T最初に彼は人命のカルシウムそしてビタミンDの世界議会世界から出席することを来た多くの研究者、科学者、医者および位置の人々のための発見および共用熱意の時間だった。 Palazzoのdei Congressiで、ローマで、イタリア保持された、会議の5日中これら二つの重大な栄養素に関して未来の考えを形づけるべきであるカルシウムおよびビタミンDの役割についての多くの活発な議論があった。

残念ながら、現在の文献はカルシウムの利点に関して骨粗しょう症、骨の固まりの減少によって示される条件を防ぎ、扱うことで多くの矛盾した報告を含んでいる。 更に事を複雑にするために、多数はカルシウムのための食餌療法の推薦が不利な生物学的作用を作り出すことを量は必要とした同じであることを提案した。

一部の国でカルシウムの比較的低い取入口を示す統計量が骨粗しょう症の高い発生と肯定的に対応しないことがまた指摘されなければならない。 問題の部分は練習のレベルのような等無報告の要因、骨粗しょう症の発生の重要な役割を担うホルモン レベルであるかもしれない。 繰り返し現れる主題は世界的な基礎の健康そして病気に関連してカルシウムの可能な役割について調査されるべき多くがあることである。

致命的なリンク

それにもかかわらず、先生に従ってデイヴィッドA. McCarron、オレゴンの健康科学大学の、ポートランド、食餌療法カルシウムの不十分な量の取入口と関連している多くの病気の州がある。 骨粗しょう症に加えて、これらのいくつかは骨関節炎、心循環器疾患(高血圧および打撃)、妊娠の糖尿病、hyperlipidemiasの(コレストロールが高いレベルのような)高血圧の無秩序、肥満および結腸癌を含んでいる。

また、細胞機能に影響を与えることに於いてのビタミンD、副甲状腺のホルモン(PTH)、副甲状腺のホルモン解放のペプチッド(PTHrp)および他のようなカルシウム調整のホルモンの役割の探検でなされる重要な前進がずっとある。

これの重大さの例は動脈圧の増加に終って平滑筋細胞が低いカルシウム信号を読むのでそれ、それ引き締まる、見つけている。 結果は高血圧がインシュリン抵抗性と明示されることである。

同じメカニズムによって、肥満で起因する脂肪の動員は損なわれる。 これは高血圧およびタイプII糖尿病と結合することができこうして滝の効果は最高潮である。 McCarron先生は細胞の正規関数のこれらのメカニズムそして重要な役割カルシウム演劇の認識が重要な栄養素の最適の食餌療法のレベルと健康の維持間の連合の理解に重大であることを結論を出す。

イメージ ビタミンDおよび骨の鉱化

ビタミンDの不足は長く専ら骨の異常、特にくる病および骨軟化症(骨の柔らかくなること)と関連していると知られてしまった。 あえて言うとビタミンDの不足によりおよび抵抗は骨の鉱化の厳しい減損を引き起こす。 これはビタミンD/隣酸塩の十分な供給の確認によって提供される訂正することができる。

また会議で、V. Matkovicオハイオ州立大学の骨そしてミネラル新陳代謝の実験室の先生は、コロンブスで、生命中のカルシウム条件を論議した。 カルシウムは人間の正常な成長そして骨格開発に重大である。 それはまた鉱化されたティッシュの主要コンポーネントである。 食餌療法カルシウムの十分な量はその固まりの維持に加えてピーク大人の骨の固まりを、最大にするように要求される。 カルシウムはまた年配者の骨の損失を最小にするように要求される。

カルシウム条件は個人の寿命中変わる。 最も大きい必要性の時は青年期、妊娠の間にそして成熟のより遅い年にある。 カルシウムのための必要性は骨格条件によって主として定められる。

カルシウム吸収はボディ、特に血清のcalcitriolのレベルのビタミンDの取入口そして状態と密接に関連している。 背骨の骨粗しょう症のようなおよび病気ビタミンDのレベルの低下を老化すること当然のcalcitriolへの悪い腸の応答は説明する。 そこに今女性の月経閉止期による低いカルシウム吸収がエストロゲンおよびプロゲステロンのような性ホルモンの付加によって元通りにすることができることndicatingデータIを高めている。

女性のシエナ、イタリア、論議されたエストロゲンおよび腸カルシウム吸収の大学の内科そして医学の病理学の協会のカーロGennari。 それはpostmenopausal女性のエストロゲン療法がカルシウム吸収を改善すること有名である。 エストロゲンが吸収をもっと簡単にする腸の粘膜の細胞に対する肯定的な効果をもたらすようである。

骨粗しょう症は後menopausal女性の主要な公衆衛生問題、特にである。 しかしGennari先生はそれがかなり予防可能であることを感じる。 複数の前進は薬療法の最後の十年にこの非常に衰弱させる病気を扱うために行われた。

骨粗しょう症は予防可能である

骨粗しょう症療法は2つの部門に分けることができる: 従って骨の再吸収を禁じ、こうして転換を骨を抜く薬療法、および骨の形成を刺激する薬療法、同化効果を表わす。 カルシウム、ビタミンDおよび代謝物質、生殖腺ステロイド、calcitronおよびbisphosphonatesはこの第2部門に含まれている。

カルシウムおよびカルシトニン(ポリペプチドのホルモン)の組合せはエストロゲンを容認できないそれらの女性の場合にはホルモン補充療法へ受諾可能な代わりであるかもしれない。 その区域のある新しい前進はサーモンピンクのカルシトニンの形態を含んでいる鼻腔用スプレーを含んでいる。

これらのスプレーは実際に慣習的なホルモン療法によく答えないpostmenopausal女性の骨の損失を防ぐために示されていた。 約束を示すそれ以上の代わりはalendronateとの循環的な処置か骨肉腫による戦いの骨の損失の特定の利点であるpamidronateのような実験混合物を使用して連続的な処置によってbisphosphatesの付加、である。

カルシウム、骨の強さおよび年配者

年配者のカルシウム取入口はまた会議のトピックだった。 人および女性が複数の調査、食餌療法カルシウム取入口および腸の吸収の減少に従って、一般に老化させるように。

女性の減少はもっとそれより発音されることある人に。 ボディの不十分なカルシウム バランスはボディが、正しいカルシウム バランスを達成するために、骨粗しょう症をもたらす場合がある骨からのカルシウムを動員するのでとりわけ有害、である。 この現象は安定性を達成するためにボディが動きで置く制御機構のシステムであるホメオスタティスとして時々マイナスの効果をもたらすのに知られている。

カルシウムのための最低の毎日の条件は妊娠のような性、年齢およびある特定の生理学的な条件に従って個人のために変わることができる。 地理的位置はカルシウム条件に影響を与えることができる。 西洋化された国の推薦された日当は年配者のための1日あたりの800の一般的な最小値をから大人のための1日あたりの1,000 mgおよび1,200から1,500 mg提案する。 但し、それらの同じ国のほとんどの調査は一般群衆がカルシウム消費の点では条件の下で遠いことを示す。

この統計量は年配者でさらにもっと発音される。 イタリアの栄養の調査カルシウムは1986年に年配者間のレベルを測定する行なわれた。 結果は946の年配の主題の中間の食餌療法カルシウム取入口が女性の1日あたりの人の1日あたりの718 mgおよび615 mgだったことを示した。 イタリアのRDAの点では、これらの結果は人が条件の68%摂取し、女性が60%摂取していたことを示した。

骨粗しょう症の別の提示は骨折がこの病気の最も有害な副作用であることに注意した。 それらは苦痛、原因の醜状であり、年配者に複雑化による一流の死因は特にある。 骨粗しょう症を引き締める高いリスクのそれらの個人は低い体重、低いカルシウム取入口および高いカフェインの取入口とつながれる骨のもろさの肯定的な家族性の歴史がある白いですかアジア民族性の女性である。 他の要因は坐った生活様式、アルコール中毒、および喫煙を含んでいる。 現在利用できるテストが骨の骨格強さおよび未来の危険を定めるために固まりか密度の重要な査定を定めるためにある。 90の年齢によって、osteoporoticひびを支える可能性は女性の50%に、特に増加する。 ミルクおよび他の乳製品のそれのような非常に生物利用できるカルシウムが、皆によって、消費されるべきであることが重点を置かれた。 ビタミンDの補足はまた必要とされてところに提供されなければならない。

カルシウムおよび若者

若者に関しては、幼児の骨格固まりは生命の最初の年の間に倍増し、12か月の年齢から6年への子供の骨のミネラル内容は10.5%のレートで毎年増加する。 それは骨組の急成長によってそして体重増加が行われる青年期の間にある。 食餌療法カルシウムの十分な量はピーク骨の固まりが達成されるべきならいつも維持されなければならない。 子供(1-9年)のためのカルシウムの推薦された食餌療法の手当は青年のための1日あたりの1日あたりの800 mgおよび1,200 mgである。

従って多くの調査は生命の早のすばらしい量のカルシウムを消費する人はより大きい骨の固まりがあとであること最終的に、骨粗しょう症のための危険を減らすことを示した。 骨の固まりの1つの標準偏差の変更が100%大いにひびの危険を変えるかもしれないことひびの発生への骨の固まりの関係の調査に従ってよい骨の固まりを、維持する重要性を説明することを、示されていた。

36人のprepubertal男の子を含むイタリアの調査ではカルシウムおよび運動の組合せが骨の固まりおよびそれから人間の最適の骨格健康の達成において非常に重要である骨の転換に対する途方もない効果をもたらすことが発見された。 食事療法がよい骨の健康の維持にとって重要な間、身体活動、特に重量軸受け練習は、子供を含んで皆のためにまた非常に重要、である。

運動の影響

若者達の骨の固まりに関連する練習そして食餌療法カルシウムの効果の実験では、58人の運動選手(26人のオスおよび32人のメスのテニス選手)老化させた19に34は調査された。 練習の頻度は1週あたりの約7から14時間、1週あたりの約5日から少なくとも5年変わった。 結果はあらゆる例で、ミネラル密度のカルシウムのハイ レベルを受け取ったそれらの個人でより高かった骨を抜きなさいことを示した。

それ以上のデータは唯一の変数がカルシウム取入口のレベルだったときに、受け取った人にカルシウムのハイ レベルすばらしい骨の鉱物密度があったことを示した。 結論として、それはピークの骨の固まりが練習および適切なカルシウム レベル両方の互いに作用し合う使用によって達成することができること言うことができる。

しかし時々練習は反対の効果をもたらすことができる。 身体活動は規則的に月経になる女性のだけミネラル密度の骨を抜いて重要である。 それらの女性運動選手、持久力の練習を行っているamenorrhea (月経の停止)に苦しむ特に運動選手またはoligomenorrhea (不規則な月経)は激しく訓練するが、規則的に月経になる人より減らされた骨の固まりのための大きい危険にある。

メスのウルトラマラソンのランナーでは、1週あたりの41.5マイル以上動かした人は、その量よりより少しを動かした人より開発のamenorrheaにはるかに本当らしかった。

但し、会議の提出者はこれら二つのグループ間で明白だった骨の固まりの相違が十分エストロゲンを持っていないマラソン選手が原因であるかもしれない減らされたカルシウム取入口の問題ことをただ警告し。 明白であるように、カルシウムおよびビタミンDの最終章はまだ書かれていることを持っている。