生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年 11月

筋肉重量および蛋白質

ジョンAbdo著

イメージ 多くの人々はポンプ鉄および取得蛋白質が提供する一種の有用で、健康な重量を得たいと思う。

人間の必要性は他人はある重量筋肉重量を得るように試みる大金を使うが私達の人口の1部が重量を失うように毎年試みるドルの十億を使うほど広く変わる。

余分な体脂肪は主に栄養問題である。 簡単に言えば誰かが太るとき、それらはカロリーの分け前より多くを消費した。 当然ボディがそれらの余分カロリーを燃やしてないので、それから活動、か欠乏はまた、余分な脂肪の蓄積の大きな役割を担う。

しかしいかに体重増加についてか。 何が細い、低開発の人でき、女性得るために十分調節された運動選手のようにより強く、見えはかさ張るためにするか。

重量の訓練は、脂肪質筋肉に終って、機能体重増加のための主な刺激である。 重量または抵抗の訓練はanabolismとして知られている生物的状態かティッシュの再建を引き起こす。 顕微鏡のレベルで、訓練する重量は実際に筋繊維を壊す。 異化かティッシュの故障として、そして、ボディの回復力がある能力と知られている段階はそれ自身を修理し、肥大として知られている別の驚くべき状態かティッシュの拡大を刺激する。

最もよい同化州を刺激するためには、権限、重い抵抗への媒体を使用されなければならない間、重量の訓練言う。 この種類の抵抗はanabolismの状態および一連の栄養およびホルモン性の反作用によって肥大に1)にティッシュに必要な負荷を損なうマイクロ破損とのそれら、および2)力をボディ置く。

一般的に、細い体重を得るために、重量の訓練は6つから12の繰返しそれぞれでセットを構成するべきである。 6つ以下の繰返しは12以上余りに重い考慮されるが、余りに軽い考慮される。 あなたが訓練のために必要とする「失敗することを12繰返しの範囲に6の内で」可能にするハンドルの重量および実際の負荷を、単に選り抜き隔離するため。 この範囲を越えて欠ける場合または行ったら、それに続くセットの重量の量を単に上下に調節すれば試しおよびあなたはあなたの筋肉構築の範囲の内にとどまる。

3つから6つの栄養上バランスをとられた食事が最適筋肉成長のために毎日消費されることがまた提案される。 多くの食事を毎日消費することは実際に良質、栄養価が高い食事は言うまでもなくこの根強い大きさシーカーが困難である場合もある。 しかし彼ら自身を訓練することをどうにかして従って彼らは食事の右の数を見つけるそれを加えられた筋肉で詰まること容易食べる人。

だけでなく、この多くの質の食事を堅く、それはほとんどの生活様式のために実際的でない場合もある食べる。 筋肉構築の栄養物のこの空間を補うためには、食事取り替えの方式は設計されていた。 食事取り替えの方式を捜した場合、提供すると炭水化物の蛋白質の源がおよび質、glycemic評価、繊維栄養素の故障そして同化の援助にバルクおよび腸の清算を、および酵素考慮しなければならない。 これらの要素すべてを含んでいるプロダクトは完全な食事の取り替えのために作る。

それは多くの運動選手および適性の熱狂者が栄養素不十分になること有名である。 訓練の極度な要求によって栄養の必要性を補充するために、単独で食糧は頻繁に不十分である。 何人かの専門家は運動選手が単独で食糧からの彼/彼女の栄養物すべてを得ることを試みれば消化力を破壊し、脂肪質の沈殿をもたらす食糧の極端に高い量は摂取されなければならないことを信じる。

機能細い体重を得るための私の提案はように続くある。 これらはある特定の個人のために変わらなければならない一般指標である。

1時間試し

  • 重量の訓練は3から5回毎週行われるべきである。 負荷は各セットのための6つそして12の繰返し間のの重い抵抗に穏健派、であるべきである。 試しの期間はより長い練習の期間によりあなたの血のテストステロンのレベルはanabolismおよび肥大で助けるには余りに減られるようになることができるので1時間以下持続させるべきではない。
  • 肯定的な窒素のバランスとして知られている状態を維持するために蛋白質を頻繁に消費することは重要終日である。 窒素は蛋白質にそれらをきちんと作用させる接続される。 蛋白質、か窒素が、低いとき、筋肉固まりを失い、萎縮し始める。 肯定的な窒素のバランスを維持する最もよい方法はあらゆる食事が付いている蛋白質を食べ、食事間のあなたの蛋白質を補うことによって行う。 蛋白質は頻繁に3から4時間毎に消費することができる。 アミノ酸の一定した流入はティッシュを終日飽和させて容易に利用できる窒素上げる、および循環の血蛋白質のレベルを。
  • 食事の頻度は重要である。 細い体重を得るためには、あなたの合計の毎日のカロリーを増加する必要がある。 そうする最もよい方法は小さく、より多くの頻繁で栄養価が高い食事を食べることである。 これは栄養物の安定した流入を保障したり、総毎日のカロリーを増加したり、より多くの筋肉成長のよりよい消化力そして結果のための方法を作る。
  • 炭水化物は必要嫌気性の動きを可能にさせるエネルギーのための点火プラグを供給するためにである。 炭水化物が血流に、砂糖解放されれば食べられれば後間もなくして。 血糖のこの上昇はインシュリンを解放する膵臓に信号を送る。 インシュリンはグリコーゲンとして最終的に貯えられる筋肉およびレバーに砂糖に付き添う往復のホルモンとして機能する。 持っていればより多くのグリコーゲンを貯えるより多くのエネルギーをことができれば、試し、より迅速な回復およびより劇的なティッシュの肥大をよくするために導く。
  • 水は人体の主要コンポーネントである。 実際、専門家に従って、筋肉の70%以上水である。 これを念頭において、それは多くあなたの筋肉が握ることができる水ことを推論するためにより大きいの立ち、より強いなる。 蛋白質は親水性である、それを意味することは水を引き付け、握る。 蛋白質、蛋白質から成っている筋肉ティッシュを消費する場合、より多くの水を引き付け、握る。 そしてこれは細胞間スペースか内部に丁度あなたの筋肉のティッシュ水に握られてほしいところである。 水に筋肉にそして皮の下にあるsubcutaneousスペースで握られてほしくない; これにより浮腫として知られている条件を引き起こす。 従って沢山の水を飲み、あなたの筋肉が育つのを見なさい。

消化系の完全性

  • 酵素および繊維は体重増加のための、しかし大きい健康のための2つの非常に重要な栄養の部品、だけでなく、一般にである。 酵素はあなたが破壊され、きちんと同化されるために食べる食糧を可能にする蛋白質分子である。 簡単に言えば、酵素なしではあなたが食べる食糧はあなたの体の機能部分に似合うことができない。


  • 繊維は消化系の完全性の維持を助ける植物の部品である。 あなたの消化系が妨げられるようになれば、食糧から利用できる栄養物は効果的に悪い吸収をもたらすあなたの腸の壁に浸透できない。 これは自動中毒として知られている病気の状態ボディが未消化の食糧からのそれ自身の毒する腸の状態を作成する。 多くの食糧が食べてもいかに、食糧があなたの体によって利用することができなければきちんと寄与しない。
  • 残りはおよび肯定的な心的態度はあなたの望ましい抱負と調和してあなたの体を保つ生理状態を維持することを可能にする。 細い重量を得るのに必要とされる強度へのあなたの訓練を、特に高めるときまたあなたの栄養物を高め、眠る必要がある。

    私の3部の方式はa)栄養物を、b)訓練およびc)残りおよび睡眠含む。 そのバランスが消えていれば、意志overtrainedならないか、種類の疾患を得るか、または単に決してあなたの最高の潜在性に達しない。

    蛋白質はハード訓練の運動選手である、またはちょうど正常で健康な生命住みたいと思う誰かであるかどうか皆のために重要。 蛋白質は体細胞の適切な成長、維持および修理のために必要である。 それはアミノ酸と呼ばれるより小さい混合物から成っている。 蛋白質の食糧か補足は必須アミノ酸すべてを含んでいるとき、完全な蛋白質とみなされる。 必須アミノ酸は総合ボディができない、従って毎日の割合の食糧か補足から得られなければならない必須アミノ酸である。 それらが必須アミノ酸の1つ以上に欠けているので蛋白質を含んでいるが、あったり不完全がある多くの食糧が。 不完全な蛋白質の食糧を結合することは確かめるよい方法得、あなたが成長のために必要とする修理するであるすべてのアミノ酸を。 これはさまざまな源からの蛋白質の食糧の正しいコンビネーションを食べるように気を付けるなる菜食主義者のために特に重要である。

イメージ 最適人間の健康のために必要とされる大体22アミノ酸がある。 22アミノ酸はすべて1つが健康な豊かな人生住むことならボディに毎日利用できなければならない。 この22アミノ酸の、8つ(か源によって9つ、)人間の健康のために必要考慮される。 必要な言葉はが食糧か補足からこれらのアミノ酸を毎日食べるか、または摂取しなければならないことは必要であるという事実を示す。 残りのアミノ酸は食事療法から得られないでき事のボディによって作り出されるか、または総合することができる。

肯定的な窒素のバランス

ほとんどの栄養素はカーボン、酸素および水素を含んでいる。 蛋白質は3つをすべて含んでいるが、また窒素の背骨を含んでいる。 より多くの窒素は保ち、私達の体はより強いのより健康私達はなる。

私達の常態の毎日の条件を満たすために蛋白質の取入口が十分、これ以上時、窒素の平衡として知られている条件はベテランである。 1つが十分な蛋白質の奪い取られるとき、否定的な窒素のバランスは起こる。 当然、平衡はこれら二つの条件のよりよいが、窒素の平衡を維持する人は頻繁に同じ強さに残り、訓練の強度の変更にもかかわらず大きさで分類する。

否定的な窒素のバランスは悪いニュースである。 とき食糧の病気か、傷つけられるか、または奪い取られるの、あなたの体はまた異化としてプロセス知っているそれ自身の分解によって栄養の空間を満たすことを試みる。 ボディは実際に作動させる必要があるアミノ酸を得るために自身の筋肉ティッシュを(含まれている中心および肺)食べる。 こういうわけで私は高蛋白の食糧および補足の毎日の使用に裏書きする。 健康の熱狂者および運動選手のための理想的な状態は肯定的な窒素のバランスとして知られている状態を達成することである。 肯定的な窒素のバランスは毎日排泄されているよりあなたのティッシュがより多くの蛋白質を得て、より多くの窒素を保っていることを単に意味する。 本当の健康の熱狂者に会うとき、いつも正しく食べ、規則的に運動する誰か、または堅く、スマートな一年中を訓練する運動選手、適切な食べることおよび規則的な練習から来るエネルギーの彼の体格そしてハイ レベルに対称の調子の個人に会う。

ほとんどの専門家は米国が蛋白質のための日当(RDA)を余りに低い推薦したことを信じる。 偶然の適性の関係者または国際的レベルの運動選手であるかどうか、あらゆる時間のための蛋白質のRDA推薦された線量を食べることを試みスタミナ、強さおよび筋肉調子で育つかどうか見なさい。 チャンスはである。 専門家は完全な蛋白質の1から1.5グラムが体重のあらゆるポンドのために毎日消費されるべきであることを主張する。

例えば、人が170ポンドの重量を量れば、彼は蛋白質の170から255グラムを毎日食べることを選択するかもしれない。 当然単一の卵白は飲み込むために蛋白質それの4グラムだけ多くの卵含んでいると特に考慮する時、食糧からの多くが不可能なようであるかもしれないこと食べる。 そしてこの多くの蛋白質を食べることはべきで終日広がる坐る1つの全体の量を食べることを試みるよりもむしろ4つから8つの別々のfeedingsで。 蛋白質の必要性は個人および生活様式に従って変わる。 何人かの人々は上記の推薦の低い側面で他の人々は高い数字に彼らの蛋白質の取入口を高める必要があるが何とかやり、肯定的な窒素のバランスを維持できる。 いずれにしても、それは有用、実用的食べすぎないで最適の価値に蛋白質のあなたの取入口を、高めるために補足を取るようにである。