生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年5月

活用されたリノール酸(CLA): 新しい調査

イメージ 活用されたリノール酸(CLA)にボディー ビルダーによって使用される最も普及した補足のなった1つがある。 運動選手は彼らの 筋肉細胞 および結合組織に押しのブドウ糖に脂肪にそれが回るようにするかわりにCLAを連れて行っている。 CLAは両方の人間および動物の蛋白質の低下を減らし、退化的な病気から保護するために示されていた。


CLAは FDAが病気の防止のために調査している物質の1つである。 ジャーナル脂質(Vol. 30、第7、1995年)で出版されるFDAのペーパーからの引用はここにある:

「この調査の目的…酸化防止およびanticarcinogenic特性」があるために報告された活用されたリノール酸(CLA)の酸化プロダクトを調査することだった。

「CLAの興味ずっとこれらの混合物の報告された酸化防止およびanticarcinogenic特性の結果として」は育っている。

U.S. 食品医薬品局
食品安全性および応用栄養物のための中心
ワシントンD.C.、20204

CLAは何であるか。

CLAは 多くの食糧で少し見つけられる自然な、polyunsaturated脂肪酸である。 人体はCLAを作り出すことができない。 それは補足の形態で効率的に吸収され、治療上の利点を作り出すためにCLAの低水準だけ必要である。

CLAは 実際に癌を防いだ赤身の部品として前に識別されたときに広まった媒体の関心を5年引いた。 それ以上の研究はCLAが、独特なメカニズムを通って、有効な抗癌性の代理人、anticatabolic代理人、免疫の刺激的な代理人および脂肪質燃焼代理人であることを示した。

FDAはCLAの新陳代謝の効果を研究した。 毒作用として解釈できる但し例外としては酸化防止剤、anticarcinogenおよびanticatabolic効果のような他の効果がずっと彼の心配(編集後記を上回るので生命延長基礎との個人的なコミュニケーションでは、彼がCLAの使用と注意された脂肪質の損失の量を心配していることをFDAオイル化学者は言った: FDAはあらゆる目的のためのCLAに裏書きしなかった)。

CLAは 細胞のリン脂質の膜の最適機能を維持するように要求される。 健康な細胞膜は脂肪が、蛋白質および炭水化物受動の脂肪細胞として貯えられるかわりに筋肉のようなアクティブ セルに、結合組織および器官の細胞、流れるようにする。

CLAは細胞膜の機能を脂肪および他の栄養素の吸収を開発し、許可する高めることによって脂肪質の貯蔵を(脂肪細胞以外)禁じる。 CLAは活動的な筋肉細胞に栄養素の許可によってとりわけ筋肉の成長を促進する。 こういうわけでCLAはボディー ビルダー間の非常に普及した補足になった。

CLAの脂肪質の減少のメカニズムは筋肉および結合組織でエネルギーおよび成長を作り出すために脂肪が自由に入るように細胞膜を活性化させることを含む。 この同化年配者のantiaging利点を提供するこれを調査する調査がこれまでにずっとない。

栄養の生物化学(1997年1月)のジャーナルの最近の調査はCLAが癌の防止および処置の役割を担うかもしれないというそれ以上の証拠を提供する。 M. Suganoの脂肪酸の権限先生は、CLAが異なったタイプの癌のか停止で有能いかにである場合もあるか仮定する。 前の調査はCLAが癌の開始、昇進や進行を抑制するかもしれないことを提案した。 CLAは有能癌のある特定の形態を防ぎ、扱うことのかもしれない両方。

先生に従ってSugano、CLAはコレステロールを下げ、ウサギのアテローム性動脈硬化を防ぐことで非常に効果的であるために示されていた。 Sugano先生はCLAはPGE2レベルを減らす傾向があることを示す。 PGE2は慢性関節リウマチおよび多分アテローム性動脈硬化のような自己免疫疾患の広い範囲に、かかわる炎症性プロスタグランジンである。

基礎は乳癌の処置議定書 に最近CLAを加えた。 癌患者はCLAが癌細胞の チロシンの キナーゼ活動を高めることができるのでCLAと共に大豆を取るように助言される。 大豆のgenisteinの一部分はとりわけチロシンのキナーゼ活動を禁じる。

CLAは酸化防止効果をもたらす。 CLAによって与えられるラットはCLAの供給の後で、より少ないlipoperoxidationをずっと表わす。 CLAは酸化防止効果をいかに出すか知られないが、ビタミンEおよびC.と別様に働くことが知られている。

WHOはCLAを取るべきであるか。

だれがCLAを取るか40の年齢に人々は心臓病、癌、筋肉萎縮、 遊離基の活動および肥満の彼らの危険を減らすかもしれない。 健康な人々は普通日4つから6つの750mgカプセルを取る。 癌患者およびそれらは頻繁に追求の体脂肪の減少6つから12のカプセルを取る日。 癌患者はCLAがチロシンのキナーゼC活動を高めることができるのでCLAを使用するとき大豆のgenisteinのエキスの大量服用を取るように助言される。 癌細胞はエネルギー新陳代謝のためにチロシンのキナーゼCを使用し、(大豆の食糧および補足にある) genisteinチロシンのキナーゼC.を禁じる。