生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年5月

認識増強物: コリンおよびPiracetam

記憶強化に対するコリンおよびpiracetamを結合するクルクミンの深遠な効果および老化させたラットのコリン作動性機能の抗癌性の効果

Bartus RT; RL 3d学部長; シャーマンのKA; フリードマンE; ビールB
Neurobiolの老化(米国)の夏1981年、2 (2) p105-11

年齢関連の記憶妨害の減少に可能なアプローチに洞察力を得るため、老化させたFischerは344匹のラット コリンまたはpiracetamの管理された車、コリン、piracetamまたは組合せだった。 各グループの動物は1つの試験の受動の回避の仕事の保持のために、生化学的に海馬、皮質およびstriatumのコリンおよびアセチルコリンのレベルの変更を定めるために行動にテストされ。 前の研究はこの緊張のラットがこの受動の回避の仕事の厳しい年齢関連の欠損に苦しむこと、そして記憶妨害が少なくとも部分的に責任があることを示した。 コリンだけ(100つのmg/kg)あったそれらの主題は対照動物の管理された車と行動の仕事で異ならなかった。 piracetam (100つのmg/kg)の行われたわずかによいがあるラットはよりpiracetam/コリンの組合せ(それぞれの100つのmg/kg)が数倍あるラット(pより少なくより0.05)、ラットは表わした保持のスコアをそれらののよく単独である特定のpiracetam制御するが。 二度piracetam (200のmg/kg)またはコリン(200のmg/kg)の線量がまだ単独で、保持をほぼ高めなかったことが、またpiracetamおよびコリン(それぞれの100つのmg/kg)が一緒に管理されたときにすぐに調査、示されていた。 更に、piracetam/コリンの組合せの繰り返された管理(1週)は激しい注入より優秀だった。 コリンおよびアセチルコリンの地方決定は処置と頭脳区域の興味深い違いを明らかにした。 コリンの管理がstriatumおよび皮質の50%についてのコリンの内容を上げたが、アセチルコリンのレベルの変更ははるかに微妙だった(6-10%だけ)。 コリンの管理に続く海馬の重要な変更は観察されなかった。 但し、単独でpiracetamは著しく海馬(88%)のコリンの内容を高め、アセチルコリンのレベル(19%)を減らしがちだった。 striatumまたは皮質の測定可能な変更はpiracetamの管理の後で観察されなかった。 コリンおよびpiracetamの組合せはだけどちらかの薬剤と見られた効果を増強しなかったしある特定の場合効果は薬剤の組合せの下で大いにより少なく顕著だった。 これらのデータはコリン作動性伝達および他の神経機能に対するコリンおよびpiracetamの可能な効果に関連している、いかにこれらの効果が老化させた主題の特定の記憶妨害を減らすかもしれないと同時に論議され。 これらの調査の結果はコリンおよびpiracetamを結合する効果がだけどちらかの薬剤と得られるそれらとかなり異なっている示し、老化させた主題の相当な効力を達成するために頭脳の多数の、相互神経化学機能障害、か不十分な新陳代謝の細道の複数の変数の影響の活動を減らすことは必要かもしれない概念をことを支える。

ビタミンB12は齧歯動物の認識妨害を与えたコリン不十分な食事療法に改善する

Sasaki H; 松崎町Y; Meguro K; Ikarashi Y; 丸山町Y; 山口S; Sekizawa K
老人の薬、仙台、日本東北大学の医科大学院の部門
Pharmacol Biochem Behav (米国) 1992年、43 (2) p635-9 10月

妨害の学習に対するビタミンB12の効果はラットでテストされた。 ラットはビタミンB12とのコリン富ませ、コリン不十分で、コリン不十分な食事療法に与えられた。 頭脳のアセチルコリンの集中はコリン富ませた食事療法に与えられたラットよりラットでかなり低かった与えたコリン不十分な食事療法に。 受動の回避の学習はかなり示されているコリン不十分な食事療法のラットがコリン富ませた食事療法のラットと比較された学習を損なったことを示す。 但し、頭脳のアセチルコリンの重要な相違がなかったまたは受動の回避でラットの間の学習はビタミンB12の食事療法とのコリン富ませるそしてコリン不十分のに与えた。 従って私達はビタミンB12がアセチルコリン奪い取られた頭脳の学習を増強することを提案する。

認識増強物: Gingko Biloba

穏やかにAlzheimerのタイプまたは複数のinfarctの痴呆の適当な第一次退化的な痴呆に苦しんでいる外来患者のイチョウのbilobaの特別なエキスEGb 761の効力の証拠

Kanowski S.; Herrmann W.M.; スティーブンK.; Wierich W.; Horr R。
Freie Universitat、Univ。- Klinikumベンジャミン・フランクリンのAbteilungの毛皮
Gerontopsychiatrie、Eschenallee 3、D-14050ベルリン
Pharmacopsychiatry (ドイツ)、1996年、29/2 (47-56)

Alzheimerのタイプ(DAT)およびDSM-III-Rに従う複数のinfarctの痴呆のpresenileおよび老年性の第一次退化的な痴呆の外来患者のイチョウのbilobaの特別なエキスEGb 761の効力は(中間)将来で、ランダム化されて、偽薬制御二重盲目、多中心の調査調査された。 4週間の追い込み期間後で、216人の患者はランダム化された24週の処置の期間に含まれていた。 これらは240 mgの毎日の口頭線量EGb 761か偽薬を受け取った。 推薦された多次元評価のアプローチに従って、3つの第一次変数は選ばれた: 臨床全体的な印象(患者の注意および記憶の査定のpsychopathological査定、Syndrom-Kurztest (SKT)、およびNurnbergerのためのCGI項目2)は日常生活の活動の行動の査定のために(NAB)変わるBeobachtungsskala。 臨床効力は3つの第一次変数の少なくとも2の応答と定義されて療法の応答が応答機の分析によって、査定された。 調査の議定書に従って調査を完了した156人の患者からのデータは有効な場合の確証的な分析で考慮に入れられた。 2つの処置のグループの療法の応答機の頻度はEGb 761を支持して、とp <フィッシャーの厳密なテストの0.005かなり異なった。 205人の患者の意思に御馳走分析は同じような効力の結果をもたらした。 従って、Alzheimerのタイプおよび複数のinfarctの痴呆の痴呆のイチョウのbilobaの特別なエキスEGb 761の臨床効力は確認された。 investigational薬剤はよく容認されると見つけられた。

イチョウのbiloba、植物のエキスの中枢神経系の効果

Itil T.M.; Eralp E.; Tsambis E.; Itil K.Z.; ステインU。
150 White Plainsの道、Tarrytown、NY 10591米国
治療法(米国)のアメリカ ジャーナル、1996年、3/1 (63-73)

イチョウのbiloba (EGb)のエキスはフランスおよびドイツの所定の薬剤間にある。 EGbは周辺幹線無秩序と「大脳の不十分」で有効であるために主張される。 理解される行為のメカニズムはまだ健康ではない。 エキスの原料の3つは隔離され、がpharmacologically活発であると見つけた臨床効果に責任がある組合せでまたはだけどれ未知である。 推薦された毎日の線量(3 x 40 mgのエキス)は臨床線量見つける調査のより実証データに多く基づいている。 但し、これらにもかかわらず、二重盲目の、偽薬制御臨床試験、EGbに従って「大脳の不十分の診断実体に対する治療上の効果を、少なくとも、もたらす」、早い痴呆と同義ようにヨーロッパで使用される。 EGbが人間の脳に対する重要な病理学の効果をもたらすかどうか定めるためには、pharmacodynamic調査はPharmacoelectroencephalogram量的な(QPEEG [R])方法を使用して行なわれた。 病理学の効果ことが確立された(コンピューター分析された脳波図の前もって決定された7.5 13.0 Hzアルファ周波数帯域に基づく: CEEG [中枢神経系(CNS)のEGbのR])互いから偽薬および高低の線量よりかなり違う区別できる。 120 mg、しかし特に240 mgは、単一の線量より早い手始め(1 h)およびより長いの最も一貫したCNSの効果を持続期間(h) 7示した。 なおCNSのEGbの電気生理学的な効果が「nootropics」、またtacrineのような有名な認識活性剤のそれらに類似していることが、米国で、現在利用できる唯一の販売された「antidementia」薬剤確立された。

3つのinbredマウスの緊張の海馬の構造変化

Barkats M.; Venault P.; Christen Y.; CohenサケC. Genetique、Neurogen。/Comportement、URA 1294 CNRS、Universite deパリVルネ デカルト、45本の通りdes聖者ペレスの75270パリCedex 16フランスの生命SCIの。 (米国)、1995年、56/4 (213-222)

inbred緊張C57BL/6J、BALB/cJおよびDBA/2Jのメスのマウスがイチョウのbiloba (GB 761)のエキスとの処置の効果への遺伝的ベースの差動感受性の可能な存在を定めるのに使用された。 方法を汚すTimmの銀硫化が老化させた主題の、そしてすなわち老化の機能として減るようであるきたない繊維の投射分野のhippocampal構造の区域の変更を視覚化し、定めるのに使用された。 実験は動物が15か月古かったときに始まった。 扱われた動物は彼らの飲料水の7か月間EGb 761を(50のmg/kg/日、P.O.)受け取った。 相互緊張の相違はregioの全劣ったもの、層のpyramidale、層のlacunosumのmoleculareおよびhilus (CA4)の区域と海馬のCA3地域の内部およびinfrapyramidalコケむした繊維(iipMF)の投射分野のためにあった。 EGb 761の慢性の処置はかなりiipMFの投射分野を高め、制御マウスと比較してかなり層のradiatumの区域を、減らした。 EGb 761への差動感受性はテストされたマウスの緊張間になかった。 EGb 761の酸化防止特性は海馬のneuroprotectiveおよびneurotrophic行為を説明するかもしれ人間および実験動物両方の記憶そして他の認識機能のある特定の改善を説明するかもしれない。

活用されたリノール酸(CLA)

活用されたリノール酸: 動物性脂肪の源からの強力なanticarcinogen

Ip C.; Scimeca J.A.; トムソンH.J。
Carltonの外科腫瘍学、Roswell公園の中心の協会、ニレおよび通り、バッファロー、NY 14263米国の部門
蟹座(米国)、1994年、74/3 (1050-1054)

活用されたリノール酸(CLA)は乳製品および肉に優先的にあるリノール酸の定位置および幾何学的な異性体の混合物である。 予備調査はCLAが食事療法の0.1-1%の有効射距離が付いているラットの乳房の腫瘍モデルの強力なanticarcinogenであることを示す。 CLAのこの保護効果は発癌物質の管理への引き離すことの時への露出が限られる時でさえ注意される。 この処置のタイミングは大人の段階にCLAがターゲット器官ことをの癌の危険性の減少の直接的な効果をもたらすかもしれないことを提案する乳腺の成熟に対応する。 実験モデルのanticarcinogenic活動があるために示された自然発生する物質の膨大な数の一握りを除いてすべては植物起源それらである。 活用されたリノール酸は動物の源からの食糧にある、抗癌性の効力は人間の消費レベルの近くの集中に表現されるので独特であり。

ウサギの活用されたリノール酸そしてアテローム性動脈硬化

リーK.N.; Kritchevsky D.; Pariza M.W。
食品研究の協会、Dept. Food Microbiology/毒物学、ウィスコンシン マディソンの1925年ヤナギ ドライブの大学、マディソン、WI 53706米国の
アテローム性動脈硬化(アイルランド)、1994年、108/1 (19-25)

活用されたリノール酸(CLA)は食糧に自然に起こるリノール酸の一連の定位置および幾何学的なdienoic異性体から成っている。 CLAは酸化防止活動を生体外でそして生体内で表わす。 アテローム性動脈硬化に対するCLAの効果を査定するためには、12匹のウサギは22週間14%の脂肪質および0.1%コレステロールを含んでいる半合成食事療法に与えられた。 これらのウサギの6のために、食事療法はCLA (1日あたりの0.5 g CLA/rabbit)と増加された。 血液サンプルは脂質の分析のために毎月取られた。 12週までに合計およびLDLのコレステロールおよびトリグリセリドはCLA与えられたグループで著しくより低かった。 興味深いことに、HDLのコレステロールの比率へのHDLのコレステロールの比率へのLDLのコレステロールそして合計のコレステロールはCLA与えられたウサギでかなり減った。 CLA与えられたウサギの大動脈の検査はより少ないアテローム性動脈硬化を示した。

活用されたリノール酸(9,11慣習的な無菌のラットで-および10,12-octadecadienoic酸)は与えたリノール酸に作り出されるが、

Chin S.F.; Storkson J.M.; 劉W.; アルブライトK.J.; Pariza M.W。
食糧微生物学/毒物学の部門、
食品研究の協会、マディソン、WI 53706米国ウィスコンシン大学
J. NUTR。 (米国)、1994年、124/5 (694-701)

活用されたリノール酸(CLA)は複数のanticarcinogenモデル動物システムである。 活用されたリノール酸は食糧に自然に起こり、反芻動物動物からのプロダクトの高い濃度である。 ある特定のこぶ胃の微生物が自由なリノール酸からCLAを作り出すこと与えられて、私達は自由に供給の効果を調査するか、または慣習的な、無菌のラットを使用してティッシュCLAの集中のリノール酸をエステル化した。 慣習的なラットは単独で5% (wt/wt)のコーン オイル制御食事療法に与えられたりまたは5%の自由なリノール酸か8.63%コーン オイルと補われた(トリグリセリドの5%のリノール酸と同等の)。 無菌のラットは単独でautoclavable nonpurified食事療法に与えられるか、または5%の自由なリノール酸と補われた。 CLAの集中の分析はレバー、肺、腎臓、骨格筋および腹部の脂肪組織から得られた脂質とレバー リン脂質および中立脂質の一部分で行われた。 ティッシュCLAの集中は慣習的なラットでより高かった与えた対照動物のより自由なリノール酸に(主要な異性体はシス形9、TRANS11およびTRANS9、シス形11だった)。 自由なリノール酸与えられたラットの活用されたリノール酸の集中は4週に最高であり、レベルは制御のそれらの高く5-10倍だった。 高いCLAの集中はまたレバー リン脂質および中立脂質の一部分で観察された。 それに対して、無菌のラットのティッシュのCLAの集中は食事療法によって影響されなかった。 慣習的なラットへのトウモロコシによってオイル強化された食事療法に与えることはティッシュのCLAの集中を高めなかった。 私達はラットの腸の細菌の植物相がシス形9に自由なリノール酸(しかしトリグリセリドでエステル化されるリノール酸を)変えることができることを、TRANS11およびTRANS9のシス形11 CLAの異性体結論を出す。

curcuminoidsによる一酸化窒素の掃気

Sreejayan; Rao M.N.A。、インド
薬学および薬理学(イギリス)のジャーナル、1997年、49/1 (105-107)

クルクミン、炎症抑制および抗癌性の活動の混合物が、活動化させた大食細胞の一酸化窒素のシンターゼの誘導を禁じ、遊離基の有効な清掃動物であるために示されていたので私達は一酸化窒素を直接掃除できるかどうか調査した。 クルクミンはナトリウムのニトロプルシドから発生した酸素と一酸化窒素間の反作用によって形作られた亜硝酸塩の量を減らした。 他の関連の混合物、例えばdemethoxycurcumin、bisdemethoxycurcuminおよびdiacetylcurcuminはmethoxyおよびフェノールのグループが掃気活動のために必要ではないことを示すクルクミン活発だった。 結果は一酸化窒素の清掃動物であるためにクルクミンを示す。 この混合物が発火および癌で関係するので、これらの条件に対するクルクミンの治療上の特性は一酸化窒素の方のそれらを含む自由根本的な掃気特性によって少なくとも部分的に、説明されるかもしれない。

クルクミン、酸化防止剤および反腫瘍の促進者は、人間の白血病の細胞のapoptosisを引き起こす

Kuo M。- L。; 黄T。- S。; 林J。- K。
毒物学の協会、薬、台湾大学、台北台湾の大学
病気(ネザーランド)のBiochimicaとBiophysicaのアクタ分子基礎、1996,1317/2 (95-100)

食糧のスパイスそして着色代理店として広く利用されたクルクミンは有効な活動を促進する酸化防止剤、炎症抑制および反腫瘍を所有している。 現在の調査では3.5 microg/ml低い集中でpromyelocytic白血病HL-60の細胞のapoptotic細胞死を引き起こすと、クルクミンは見つけられた。 クルクミンのapoptosis引き起こす活動は線量および時間依存の方法で現われた。 流れのcytometric分析はpropidiumのhypodiploid DNAのピークが7 microg/mlのクルクミンの処置の後で4時hに核心を現われたヨウ素化合物汚したことを示した。 クルクミンのapoptosis引き起こす活動はシクロヘキシミド、アクチノマイシンD、EGTA、Wによって影響されなかった; (カルモジュリンの抑制剤)、ナトリウムのorthovanadate、かgenistein。 対照によって、12 O tetradecanoylphorbol 13アセテート(TPA)が部分的な効果をもたらした一方endonucleaseの抑制剤ZnSO4およびプロティナーゼの抑制剤のN tosyl Lリジンのchloroメチルのケトン(TLCK)は著しくクルクミンによって引き起こされたapoptosisを廃棄できる。 酸化防止剤、N acetyI Lシステイン(NAC)、Lアスコルビン酸、アルファ トコフェロール、カタラーゼおよびスーパーオキシドのディスムターゼは、すべて効果的にクルクミン誘発のapoptosisを防いだ。 この結果はクルクミン誘発の細胞死が反応酸素種によって仲介されたことを提案した。 Immunoblotの分析はantiapoptotic蛋白質Bcl-2のレベルがクルクミンとの6つのhの処置の後で30%に減った示し、20%にそれ以上の6つのhの処置によって続いてことを減った。 なお、HL-60細胞のbcl-2のoverexpressionはbcl-2がクルクミン誘発されたapoptotic細胞死の初期の重大な役割を担うことを提案するapoptosisに入るクルクミン扱われた細胞の遅れで起因した。

自然で、総合的なcurcuminoidsのAntimutagenicそしてanticarcinogenic活動

Anto R.J.; ジョージJ.; Dinesh Babu K.V.; Rajasekharan K.N.; Kuttan R。
Amalaの癌研究の中心、Amala Nagar、Thrissur 680553、ケーララ州インド
突然変異の研究-遺伝の毒物学(ネザーランド)、1996年、370/2 (127-131)

5つの総合的なcurcuminoidsおよび3つの自然なcurcuminoidsはantimutagenicおよび反昇進の活動のために調査された。 ウコンのlongaから隔離された自然なcurcuminoids、クルクミンI (diferuloylmethane)、クルクミンII (feruloyl-p-hydroxycinnamoylmethane)およびクルクミンIIIは突然変異誘発およびcroteanオイル誘発の腫瘍の昇進の有効な抑制剤であると(bis- (p-hydroxycinnamoylの)メタン)見つけられた。 クルクミンIIIは2-acetamidofluorene (2-AAF)引き起こされた突然変異誘発に私が同じ集中で70.5%および68.3%阻止を作り出した100つのmicrog/版、クルクミンIIおよびクルクミンの集中で87.6%阻止を、作り出した。 すべての総合的なcurcuminoidsはsalicyl-およびanisylcurcuminoidsが活発だった2 AAF誘発の突然変異誘発性を禁じると見つけられた。 クルクミンIIIは自然なcurcuminoids間の有能な反promotorだった。 対照動物の90%に腫瘍の開始の第10週のpapillomasがあっている間、クルクミンの10%だけが動物をIII扱った、クルクミンの20%は動物をII扱い、クルクミンによって私扱われた動物の40%にpapillomasがあっていた。 第10週までにpapillomasを引き起こしていなかったSalicylcurcuminoidは総合的なcurcuminoids間の最も有効な反発癌物質だった。 Piperonal curcuminoidはまた反昇進の活動を表わした。