生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年3月

CoQ10の内部情報

イメージ生命延長基礎は1983年 米国に補酵素QlO (CoQ10)を導入した。 それ以来、CoQ10が心臓病、癌、 免疫の 不況、低負荷および老化のための安全で、有効な療法であることを示す何百もの調査がずっとある。 ほとんどの会員は老化の退化的な病気を防ぎ、扱うCoQ10の文書化する出版されたレポートについて既に能力を知っている。
ずっとどんなメンバー内々関与していないにかまだCoQ10の彼らの研究の調査結果を出版するために持っている科学者および医者からの「内部」情報 である

CoQ10の最も最近のレポートはここにある

  1. 1. 出版された調査は前にCoQ10がadriamycinによって 引き起こされる 心筋症から心筋の細胞を保護することを示してしまった。 Adriamycinは癌の化学療法で使用される普及した細胞毒素薬剤である。 これらの調査はadriamycinの二重線量がCoQ10の前で心臓毒性にことを出会わないで管理できることを示した。 調査が明らかにしなかったものはCoQ10なしでadriamycinがあった患者の90%は1.5年以内に死んでいたがCoQ10およびadriamycinを受け取っている癌患者の10%だけが3年後に死んでいたことだった、! ヨーロッパの腫瘍学者は今長期赦免に癌患者を入れるのにCoQ10の大量服用を使用している。 乳癌患者の調査では、ずっと結果はより多くのデータをことを集めた後、科学者が20世紀の癌治療の進歩を発表すると期待するほど驚くほどである!
  2. 基礎は心臓病および癌を持つ患者のためのCoQ10の400 mgの日最高の線量を推薦した。 ヨーロッパの医者は毒性に出会わないで今CoQ10の600 mgを使用している日。 癌患者はCoQ10のこの大量服用を取ることを考慮するべきである。
  3. 科学者はまだCoQ10が癌患者に寄与する 厳密なメカニズムを定めていない。 予備的証拠はCoQ10が癌細胞の拡散を抑制し、癌細胞を殺す免疫の要因を後押しするかもしれないことを示す。
  4. CoQ10はCoQ10が不十分なそれらの心臓病そして慢性の疲労シンドロームの既に処理だけで有効である。 心臓病患者の約16-18%はそれらがそれが不十分ではないのでCoQ10に答えない。 同じは慢性の疲労シンドロームの患者の23-28%にあてはまる。
  5. CoQ10から寄与する心臓病との人々は、それをずっと一生涯取り続けなければならない(ちょうど他の中心の薬物のように)。 CoQ10が中断された後調査が心臓病患者で重要な再発を示したときに、FDAは心臓病を「治さない」ためのCoQ10を禁止するのにこの調査を使用するように試みた。 他の心臓薬物が心臓病を「治さない」ので、これは自然な療法に対するFDAの偏見の例である。 ほとんどすぐに働く治療上の効果を作り出すために心臓薬剤とは違って、CoQ10は幾日60に90取ることができる。 それはまたCoQ10の効果のための幾日60に90身に着けるために取る。 何人かの心臓病患者は考えるので彼らの状態の劇的な改善を経験した後CoQ10を取ることを中断する「治った」ことを。 実際にはしかしそれらは死ぬことの危険がある状態にようにCoQ10低下の細胞レベルますますある。
  6. ビタミンEと結合されるCoQ10はアテローム性動脈硬化の幹線損害の多くを与える酸化からLDLのコレステロールを保護する。 CoQ10は劇的にLDLのコレステロールの酸化を防ぐビタミンEの能力を拡張する。 年2に3のCoQ10の大量服用を取る冠状動脈のアテローム性動脈硬化の患者では、冠状動脈の妨害の退化は観察された。
  7. CoQ10はmitochondriaで見つけられる最も有効な酸化防止剤によってかもしれない。 CoQ10は 私達の細胞のある区域のエネルギー支出の95%に責任がある。
  8. 乾癬は慣習的な副腎皮質ホルモン療法に常に答えない深刻な病状である。 大量服用の補酵素Q10は乾癬に対して有効な療法のようである。 それは皮の免疫のプロフィールの改善によって働く。
  9. CoQ10は前立腺癌を治療上として見られている。
  10. 科学的な会議は癌の処置で役割CoQ10についての情報を広めるために遊ぶかもしれない計画されている。
  11. 最適の健康の維持のために、年齢40にわたる健康な人々は少なくとも100に日吸収性CoQ10のmgを取るべきである。
  12. オイル基盤のCoQ10は血流にように粉の形態のCoQ10同様に二度吸収する。