生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年3月

S-Adenosylmethionine (同じ)
刺激的で新しい反老化療法

パート1

生命延長は何百もの反老化および健康プロダクトを毎年見直す。 私達が私達のメンバーに導入するために選ぶ少数は私達が信じるものをである世界の最先端の療法表す。 私達の実績は医学の確立に先んじる光年長年にわたって、私達もたらした補酵素Q10、DHEAおよび ずっとMelatoninのような いくつかの 進歩療法を である

これは最も有効な、多目的 反老化の約束するS-Adenosylmethionine(同じ)の一連の記事の第1、私達がもたらしたあることが反病気療法である! アミノ酸のメチオニン、同じの自然な代謝物質は無毒の誰でものための驚異をすることができるビッグヒットを健康高める反老化ようである。

何が同じするか。

同じの潜在的な健康そして医学の適用についての科学文献の多くのレポートを信じることは困難である。 それは私達が同じについて私達が1つの物質が老化および病気に対してそう多くの有利な効果をいかにもたらすことができるか理解し始めたボディ内の行為のメカニズムを読んだ後やっとあった。

細胞レベル、同じ:

  • ミトコンドリア機能を維持する
  • DNAの突然変異を防ぐ
  • 細胞の受容器がホルモンおよび他の要因を結合してよりよくできるようになるように回復の細胞膜の流動率

さらに、同じ:

  • アルコール、薬剤およびcytokinesからレバーを保護する。 それは胆汁うっ滞から保護する(胆汁の減損か妨害)。 それは慢性の活動的な肝炎から保護するかもしれない。 それは毛の抑制剤および抗てんかん薬によって引き起こされる肝臓障害から保護する。 それはhyperbilirubinaemiaを逆転させる。
  • 酸素(無酸素)の欠乏によって引き起こされる神経の死から保護する。 それは神経を再生し、神経線維のremyelinationを誘発する。
  • 心臓病から保護するよろしいです

さらに、同じにと、および速くよりFDA公認の薬剤が等しいあり、抗鬱剤の行為melatoninの統合のために必要である。

同じは何であるか。

(別名SAMまたはAdoMetの)同じは、アミノ酸のメチオニンの自然な代謝物質の総合的な形態である。 同じは大きい重要性をそれがいくつかの重大で生化学的な反作用の補足因子であるのでもつ。 同じは3つの基本的な生化学プロセスのための前駆物質であり、それはボディのほとんどあらゆるティッシュにある。 臨床調査で同じが不況、 精神分裂症、demyelinationの病気、肝臓病 、痴呆、関節炎 および他の条件を扱うのに使用されていた。 それはAlzheimerの患者の同じの頭脳のレベルがひどく減る神経化学の ジャーナル で最近出版された。

図1

PinealのMelatoninの統合および同じの関係

イメージ
日中作り出される同じそしてセロトニンmelatoninの生産を夜の間に促進しなさい。 ベータ妨害の薬剤によるBの受容器の妨害はmelatoninの統合を破壊する。 セロトニンのiaはまた夜に作り出した。

同じはMelatoninに必要である

同じについての最も刺激的な事の1つはそれがmelatoninの昼間の等量であることである。 melatoninの自然な統合は夜の間に同じの統合に日中依存している。 同じはmelatoninにセロトニンを変える生化学的な反作用に必要である。 (セロトニンはプロザックのような薬剤が上げる)神経伝達物質である。 同じそしてmelatonin太陽が上がり、置くと同時にあちこちに上下する日周期で編まれる。 同じはmelatoninの残りの半分である: melatoninのレベルが夜に撃つとき、同じは低くとどまる。 しかしmelatoninが落ちるとき日中、同じレベルは上る。 十分なしで日中同じは、melatonin、セロトニン総合することができない。 そして両方とも軽くおよび暗いに依存している。

同じおよびmelatoninの最も魅惑的な動物実験の1つは1995年に神経化学の ジャーナルで 出版された。 研究者は同じのレベルとmelatoninの間に起こる完全な管弦楽法を極めて詳細に示した。 いわゆる 「nyctohemeral」 リズムは(両方に関して昼も夜も)ほとんど毎分文書化された。 データはmelatoninと同じ間のシーソー関係を示すグラフに翻訳された(図1)。

melatoninおよび同じは両方暗闇からの明度を知っている内部「時計」によって制御される。 夕方では、日没の前の約30分、同じのレベルは最高レベルまで撃つ。 それらは約1時間そこに居、次に突然落ちる。 これが起こるとき、melatoninは作動する。 Melatoninは4時間、が同じ低下増加する。 夜への5時間、melatoninは最高に当り、同じは低速に当る。 不意に下る時日の出の前に3時間まで上がるMelatoninの滞在。 その間、同じは造り上げる。 日への5時間(11:00 AMのまわりで)、同じはピーク レベルに再度達したり、そして夕方までの漸進的な降下を始める。

セロトニンのレベルは同じよりパターン高いのに日中大体続き、夜に下がる。 日中総合されるmelatoninを作るのにセロトニンが夜に使用されているようである。 同じはmelatoninにセロトニンのアセチル化された形態を変える酵素にメチル基の分子を寄付するのでmelatoninの自然な統合のために絶対に重大である。

ベータ遮断薬の危険

melatoninの統合はまたnoradrenaline (ノルアドレナリン)によってpinealベータ受容器の刺激によって決まる。 これは普通太陽が沈むと同時に起こる。 ベータ受容器のNoradrenalineの刺激によりセロトニンNアセチルトランスフェラーゼの解放 melatoninの統合のために重大な酵素を引き起こす。

ベータ遮断薬は中心問題を扱うのに使用される薬剤のクラスである。 共通の銘柄はInderal、Tenormin、Lopressor (Toprol)を含んでいる。 彼らの中心のブロックのベータ受容器にベータ遮断薬を連れて行く人々、彼らの頭脳のブロックの受容器同様に。 ニールの受容器を妨げることはmelatoninの統合と干渉する。

就寝時間の前のベータ遮断薬を摂取することがライトを残すことのよう終夜にであること日周期にベータ遮断薬が引き起こした中断の範囲およびこれらのリズムによって決まる重要なホルモンは動物実験の提示によって、説明された。 夜に普通落ちるセロトニンのレベルは不自然に高く残る: 同じは減らないし、melatoninは増加しない。 就寝時間が睡眠の剥奪のようにたくさん見える前にベータ遮断薬が取られる時起こる何が。

アクタMedicaスカンジナビア の調査は はっきりベータ遮断薬のmelatonin破壊の効果を示す。 研究者は3つのベータ遮断薬の高血圧の患者者を与えた: プロプラノロール(Inderal)、atenolol (Tenormin)、またはメトプロロール(LopressorかToprol XL)。 Melatoninのレベルは制御グループのそれらに対して測定された。 全体として、melatoninのレベルは制御と比較された高められた患者およびwakefulnessでかなり落ちた。 メトプロロールはmelatoninをatenololかプロプラノロールよりもっと減らした。 melatoninの低水準を持つ3人の患者は不快感を報告した。 人々はベータ遮断薬の慢性の使用に「調節しない」: それらがそれらを取る限り、melatoninは抑制される。

ベータ遮断薬を取る人々は同じ、セロトニンおよびmelatoninの異常な相互依存による不眠症、不況および他の精神障害のために(少なくとも夕方で)彼ら自身をセットしている。 ベータ遮断薬はセロトニン、またmelatoninを抑制する。 従って、それはInderalおよび他の ベータ遮断薬の 副作用の一部として不思議も医者の机の参照リストの精神不況、疲労、短期記憶の損失、不眠症および感情的な不安定度でなくて。 役割のベータ受容器に外見上安眠、Inderal、Wyeth-Ayerstの製造業者を得ることでこれらの薬剤が就寝時間で取られることを、推薦する遊びなさい気づいていない。

反心配の丸薬はMelatoninを抑制する

2ベンゾジアゼピンのタイプ薬剤はmelatoninを抑制し、人間および齧歯動物の睡眠パターンを破壊するために示されていた。 バリウムによりおよびXanaxは両方夜にmelatoninの減らされた生産を引き起こす。 日本の薬学の新潟の大学からの調査では、バリウムはまたN-acetylserotoninおよびNアセチルトランスフェラーゼの松果体のmelatoninの統合に必要な酵素を禁じた。

 

イメージ


同じの3つの主要な細道

不治の病に対して同じ

神経化学のジャーナルの最近の調査はアルツハイマー病(広告)の患者がひどく彼らの頭脳の同じのレベルを減らしたことを報告した。 これは広告の患者はたくさんの同じがあったことが血球の調査から前に仮定されたので重要な発見である。 適切な調査はアルツハイマー病の誤った仮定のための処置として同じで決してこのような理由で行われなかった。

動脈硬化の血栓症および管の生物学の新しい調査は同じに冠動脈疾患をつなぐ。 スイス連邦共和国のこの十分組み立てられた調査は老化した血管形成のための病院に是認された70人の患者の同じ、コレステロールおよび他の要因のレベルを28-79測定した。 研究者は心臓病患者のホモシステインのハイ レベルを明らかにする調査を読んだときに同じが心臓病の役割を担うことができること疑うようになった。 ホモシステインは房大学で研究者を1つの同じ細道の中断は他の細道に影響を与えることができることを提案するために導いた、同じを含むプロセスによってホモシステインの蓄積に終って中和することができる。

スイスの研究者は心臓病のホモシステインのハイ レベルが酵素(5-methyltetrahydrofolate)に活動的な形態にその改宗者のfolateを関連させることをはじめて示した。 同じは破壊からのこの酵素の保存の重大な役割を担う。 それはまたメチオニンに再びホモシステインを回す他のプロセスに加わる。 高いホモシステイン、低い同じおよび心臓病間に明確な相関関係があった。

、他の方法よりもむしろ心臓病によりホモシステインのハイ レベルを引き起こすことを確かめるためには、研究者は年後にホモシステインのレベルを再度測定した。 彼らは1年の間隔がこの変数は病気プロセスの役割を担い、病気自体によってどうしても」変わらないという考えを支えた後ことを「患者の同じようなホモシステインの価値の見つけること結論を出した。 1992のJAMAの調査はホモシステインのハイ レベルが冠動脈疾患に先行すること眺めを支える。

コレステロールおよび心臓病

調査に別のものが、無意識あり、見つける: 健康な制御の一部に心臓病の患者よりコレステロールのハイ レベルがあった。 内科のアーカイブの最近の検討は冠動脈疾患を防ぐためにコレステロール低下養生法の試験に加わった34の調査の24,968人に対処した。 評論家はコレステロールを幾分10%弾によって下げている間または達することができなかった中年の男性の心臓発作で死ぬ危険より減らされて、結論が女性および高齢者のためにことが分った。

公衆が信じるために導かれたよりコレステロールは心臓病とするべきより少しがあるかもしれないようである。 Durkピアソンおよびサンディ ショウはコレステロールと心臓病間の原因の関係に本、生命延長の前に14年質問した。 ホモシステインおよび心臓病の最近のデータは同じおよび反対のホモシステインのレベルに、心臓病とするべきコレステロールより多くがあることを提案する。

同じような検討は周辺アテローム性動脈硬化の徴候と心臓発作があった人々にコレステロール値間の連合を見た。 評論家は240 md/dlの下のコレステロール値と心臓発作間に連合がなかったことが分った。

しかし彼らは煙ること、年齢、糖尿病、前の心臓発作、高血圧、高血圧およびアルコール分が低い消費が心臓発作のための危険率だったことが分った。 コレストロールが高いおよび心臓病のためであるよりビタミンEと心臓病間の連合のためのより説得力のある証拠がある。

ボディのあらゆる細胞の機能が原因で、同じの潜在性は病気を逆転させる無制限のようである。 Hepatologyの調査は肝臓病に対する同じの有利な効果を示した。 胎児のラットのレバー細胞はエタノール--にさらされた。 エタノールによりDNAの統合の40%の減少、遊離基の倍増、細胞ATPの30%の減少、変えられたミトコンドリア機能および細胞傷害を引き起こした。 同じ維持された細胞の写しとの前処理、減らされた遊離基および防がれたATPおよびグルタチオンの枯渇。 (ビタミンEは遊離基に対してよりよい保護を与えたが、細胞の写し、ATPまたはグルタチオンを維持しなかった)。 この1つの調査は同じの3つの重要な行為をすべて説明する。

同じのパート2 (S-adenosylmethionine)

同じのパート3 (S-adenosylmethionine)

同じの部4 (S-adenosylmethionine)

資源:

Morrison LD、スミスDDおよびSJ Kish。 1996. 頭脳のS-adenosylmethionineのレベルはアルツハイマー病でひどく減る。 J Neurochem 67: 1328-1331.

Loehrer MTF、不安CP、Haefeli私達、ヨルダンPP、Ritz RおよびBの野鳥捕獲者。 1996. 低い全血S-adenosylmethionineおよび5間の相関関係-冠動脈疾患のmethyltetrahydrofolateそしてホモシステイン。 Arth Throm Vasc Biol 16: 727-733.

McIntyre IM、ノルマンTR、バローズGD、アームストロングSM。 1993年。 人間のalprazolamの管理を均等にした後血しょうmelatoninそしてコルチソルへの交替。 Chronobiol Int 10: 205-13.

Wakabayashi H、Shimada KおよびT Satoh。 1991. ラットのpineal生体内のmelatoninの統合に対するジアゼパムの管理の効果。 1991. Chem Pharm Bull 39: 2674-6.

SitaramのBR、Sitaram M、Traut MおよびCBの行商人。 1995. Neurochem 65: 1887-1894.

Brismar K、Hylander B、Elilasson K、Rossner SおよびWetterberg L. 1988年。 Melatoninの分泌は中枢神経系からのベータ遮断薬の副作用に関連していた。 アクタMed Scand 223: 525-30.

Marcholi RのMarfisiのRM、Carinci FおよびG Tognoni。 1996. 練習への研究結果のメタ分析、臨床試験および伝達性。 冠状心臓病の二次防止の介在を下げるコレステロールの箱。 アーチのインターンMed 156: 1158-72.

Stampfer MJのMalinowの氏、Willett WC、等1992年。 血しょうホモシステインの前向き研究および米国の医者の心筋梗塞の危険。 JAMA 268: 877-81.