生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年1月

Geron Corporationの更新

ジョンHammell著、政治調整者、生命延長基礎

2020年までに人間の老化の総制御を達成する私達のプロジェクト2020プログラムの一部として生命延長基礎はGeron Corporationに$136,000.00を貢献した。 Geronは年齢関連の遺伝学研究に大幅に捧げられた最初の会社だった。

私達は科学文献の私達の解釈およびGeronの科学者の1人の議論に基づいて生命延長雑誌のGeronの研究についての複数の記事を出版した。 しかし次のレポートは会社の研究および専有技術の自身の記述に基づいている。

会社

Geronは専ら癌および他の年齢関連の病気の下にある共通の生物的メカニズムに基づいて治療上および診断プロダクトを発見し、開発することに焦点を合わせるbiopharmaceutical会社である。 これらのメカニズムの研究の開拓者として、会社は「時計」を停止し、細胞不滅をもたらすようであるかどれが会社が細胞老化の分子「時計」として機能する示した、およびtelomerase、酵素焦点を合わせる染色体の端に構造であるtelomeresに。

細胞老化および細胞Immortalization

細胞は人体のすべてのティッシュのためのブロックである。 細胞分裂は人間のティッシュの正常な成長、維持および修理の重要な役割を担う。 但し、細胞分裂は細胞が正常な寿命の間に一般に60から100時ただ分けること限られたプロセスである。 細胞がreplicative容量の終わりに達すれば、senesce。 細胞老化か老衰は環境要因によって、が影響を及ぼされている、遺伝的に断固としたなプロセスである。

telomeres、各染色体の端にDNAの繰り返された順序が、このプロセスの主遺伝の要素であることをGeronおよび共作者は示した。 Telomeresは低下および融合から染色体を保護して必要である。 正常な細胞が、しかし分かれるたびに、telomeresは細胞がこれらの繰り返されたDNA順序を十分に複製してないので短くする。 従って、Geronはtelomeresが分子「時計」の支配の正常な細胞の写しおよび寿命として役立つことを信じる。 Geronはtelomeresがある特定の短い長さに達すれば、細胞の老衰として知られている細胞分裂は停止することを示した。 senescent細胞が分割を停止したが、これらの細胞は今でも変形を伴って活発活発で、遺伝子発現の変えられたパターンを示す。 具体的には、senescent細胞で、若く、健康な細胞によって表現されるある遺伝子は消え、周囲のティッシュに対する直接および可能性としては有害な効果をもたらす蛋白質および他の細胞プロダクトの不均衡を作成する他の遺伝子はつく。 Geronはボディ中の多数のティッシュに起こるこの細胞機能障害により年齢関連の病気および条件に引き起こすか、または貢献することを信じる。 細胞の老衰の逆は癌細胞に起こる。 任意突然変異がさまざまながん遺伝子を活動化させ、腫瘍のサプレッサー遺伝子を非活動化させれば正常な細胞に癌性になる潜在性がある。 各突然変異によって、前癌性の細胞はますます異常、に自由になり、腫瘍固まりを発生させ始めるかもしれない。 しかし会社はtelomereの短縮が細胞の老衰か染色体の不安定および細胞死をもたらすときそのような変更を経るほとんどの細胞が除去されること信じる。 Geronおよび共作者の研究は生命にかかわるサイズを達成するためにほとんどの癌性腫瘍のためのそれを示すまたはボディ中転移するべき癌のために癌細胞はtelomeraseの活発化によって不滅に、ならなければならない。

Telomeraseは何であるか。

Telmerase
図1


Telomeraseはいつも失われた細胞の境界のDNAを取り替えることによってtelomereの長さを維持する蛋白質部品で構成される複雑な細菌ライン酵素であるおよびRNA。 結果はtelomeresが短くしないし、細胞死避けられることである。 telomeraseが主要な癌のタイプすべてで異常に再活性化されること、そして、逆に、ほとんどの正常な細胞のタイプにないことを(図の1) Geronは研究示した。 Telomeraseは癌細胞が不明確なreplicative容量か細胞不滅をそれらに与えるtelomereの長さを維持することを可能にする。

Geronの研究計画

Geronは癌のための新しい治療法そして診断および他の年齢関連の病気および条件発見し、開発するために専有科学的なプラットホームを加えている。 プログラムを助けて、会社は専有試金、高効率のスクリーニング、組合わせ化学、専有差動遺伝子発現の技術、蛋白質の浄化および遺伝子の配列を含む高度の薬剤の発見の技術を用いる。

Telomeraseの阻止および検出

Geronは癌細胞のtelomeresがする、最終的に癌細胞の死を短くをもたらす再開するように小さい分子のtelomeraseの抑制剤、開発するようにtelomeraseの活動の妨害によって努める。 さらに、会社は癌の診断、予想、監視およびスクリーニングのためのマーカーとしてtelomeraseを開発するように努める。

Telomeraseはほとんどの正常な細胞にないし、その結果これらの細胞はtelomereの短縮を通って老化する。 それに対して、telomeraseは維持するそれから不滅悪性腫瘍の癌細胞に相談するようであるtelomereの長さを癌細胞で異常に活発である。

胸のティッシュ 研究はtelomeraseがGeronおよび共作者がリンパ腫、メラノーマおよび口頭癌と共に前立腺、胸、肺、コロン、ぼうこう、子宮および卵巣の10の最も流行する癌を含んで、調査した20の癌のタイプにすべてにあることを示した。 これらの癌すべてでは、腫瘍のサンプルの大半はtelomeraseを含んでいる。 telomeraseがすべての癌にタイプし、評価されてではないほとんどの正常な細胞で生物学的に活発あるので、telomeraseは癌の自在継手そして非常に特定のマーカーのようである。 これらの特徴は御馳走癌にtelomeraseに癌を診断するために阻止作るためにと検出のための魅力的なターゲットを結合する。