生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年1月

老化の人および女性の潜在的な治療用効果のDHEAの取り替え

円SS; AJモラレス; 生殖薬、サンディエゴ、La Jolla 92093、米国アンN Y Acad Sci (米国)カリフォルニア大学のKhorram O部 1995年12月29日、774 p128-42、

適切な取り替えの線量のDHEAは同化成長因子、増加筋肉強さおよび細いボディ固まりを引き起こし、免疫機能を活動化させ、重要な悪影響無しで老化の人および女性の生活環境基準を、高める機能に関して治療用効果をもたらすようである。 それ以上の調査は必要私達の現在の結果、特に性による違いを確認し、拡張するためにである。

年齢の前進の人そして女性のdehydroepiandrosteroneの取り替えの線量の効果

人間で老化することは副腎の男性ホルモンのdehydroepiandrosterone (DHEA)およびGHインシュリンそっくりの成長の要因私(GH-IGF-I)軸線のそれを平行にするDHEAの硫酸塩(DS)の分泌の進歩的な低下と一緒に伴われる。 GH-IGF-Iのシステムおよび異化の低下の機能的関係が確認されるが、人間の老化に於いてのDHEAの生物的役割は未定義に残る。 DHEAの低下がanabolismからの異化に転位に貢献するかもしれない仮説をテストするためには老化と、私達調査した13人および17人の女性、年齢の40-70 yrのDHEAの取り替えの線量の効果を関連付けた。 6ヶ月の持続期間の毎夜の口頭DHEAの管理(50 mg)のランダム化された偽薬制御のクロスオーバー試験は行なわれた。 毎処置の期間の間に、男性ホルモンの集中、脂質、apolipoproteins、IGF-I、IGF結合蛋白質1 (IGFBP-1)、IGFBP-3、インシュリンの感受性、体脂肪パーセント、福利のリビドーおよび感覚は測定された。 人のsのubgroup (n = 8)および女性(nはGHの決定のための20分間隔で= 5) 24-h見本抽出を経た。 DHEAおよびDSの血清のレベルはDHEAの取り替えの2週以内の若い大人で見つけられたそれらに元通りになり、調査の3か月中支えられた。 男性ホルモン(アンドロステンジオン、テストステロンおよび小さい上昇だけの女性のアンドロステンジオンの人のdihydrotestosterone)の血清のレベルの2折目の増加は、観察された。 どちらの性でも性のホルモン結合のグロブリン、estrone、またはestradiolの循環のレベルに変更がなかった。 高密度脂蛋白質のレベルはどちらかの性のために注意された他の脂質の変更無しで女性で、わずかに低下した。 インシュリンの感受性および体脂肪パーセントは不変だった。 中間24-hのGHおよびIGFBP-3レベルが不変だったが、ターゲット ティッシュにかなり増加し、IGF-Iの高められた生物学的利用能を提案するかなり減った血清IGF-Iのレベルは、およびIGFBP-1両方の性のために。 これは人(67%)のための感知された物理的な、心理的な福利の驚くべき増加とおよび女性(84%)およびリビドーの変更両方関連付けられなかった。 結論として、前進年齢の人そして女性の若い大人のレベルへDHEAおよびDSを元通りにすることはIGF-Iの増加およびIGFBP-1レベルの減少によって反映されるようにIGF-Iの生物学的利用能の増加を、引き起こした。 両方の性の物理的な、心理的な福利および副作用の不在の改善とともにこれらの観察は年齢高度の人および女性のDHEAの取り替えの新しい効果の最初のデモンストレーションを構成する。

集中的な化学療法や放射の後のタウリンの不足

AM J Clin Nutr; 55(3):708-11 1992

タウリン、非本質的なアミノ酸(AA)は、細胞内スペースの最も豊富で自由なAAである。 私達は集中的な化学療法や放射の後で36人の患者の血しょうAA集中を7-28 d測定した。 血しょうタウリンの集中はすべての患者(20.0 +/- 6.4 mumol/Lの平均+/- SD)で均一に低かった。 11の健康な有志制御主題の血しょうタウリンは45.0 +/- 20.3 mumol/L (Pより少しより0.001)だった。 前駆物質AAsのメチオニンの他のAAの集中、とりわけそれらおよびシスチンは、正常だった。 私達は始まる前に将来12人の患者の血しょうAA集中および集中的な細胞毒素の処置を完了した後6-10 dを測定した。 処置が37.2 +/- 11.6、109.6 +/- 30.7、および18.5 +/-タウリンのための4.8、シスチンおよびメチオニン、処置の後のそれぞれ、24.3 +/- 6.0、111.2 +/- 23.8、および24.0 +/- 14.5だった前に価値。 前処理血しょうタウリンは細胞毒素の処置の間に血しょうタウリンの減少の大きさに直接関連した(n = 12、r = 0.85、Pより少しより0.01)。 集中的な細胞毒素の化学療法や放射は前駆物質AAs、メチオニンおよびシスチンの血しょうタウリンの集中の減少を変更せずにもたらす。 血しょうタウリンの枯渇の臨床関連性はそれ以上の調査を必要とする。

glutaurineおよび派生物の効果および照射されたマウスに放射の保護物質との組合せ

アクタのRadiol Oncol Radiat Phys Biol; 20(5):319-324 1981

glutaurine (ガンマL glutamylタウリン、Litoralon)と派生物の、またアミノ アルキル チオールのグループの物質との組合せのいくつかの放射の保護効果はマウスで、調査された。 結果はglutaurineがX線および60Coガンマ線のLD50/30と照射される動物の放射の保護効果を所有していることを提案する。 混合物は照射の後で管理されたとき好ましい効果をまたもたらす。 組合せの間で最もよい結果はSベータaminoethylisothiuronium (AET)またはcystamineのsubminimal線量を持つ同時管理によって得られた。 派生物のいくつかはまたX線との照射に対してかなりの保護を表わした。

ラットの周辺血の白血球の細胞膜を通るタウリンの浸透に対する混合されたガンマ中性子照射の効果

Res. Inst。 生物学および生物物理学、V.V. Kuibyshevトムスクの国家大学、トムスク、

タウリンのtransmembraneの移動のためのラットの周辺血WBCのUSSRCapacityは混合されたガンマ中性子(70%)照射(GNIの後の正常な制御そして24 hrに生体外で調査された: 350ラド)。 GNIの後の4 hr、WBCの数は最初のレベルの31%を減らし、匹敵した; タウリンの量は同じ期間の内に増加し、GNIの後の24 hrそれは3x最初のレベルだった。 同時に、WBCの蛋白質内容の増加は見られた。 照射は膜透過性を変えると見つけられた。 GNIの後の24 hr、照射された細胞のタウリンの輸送のシステムが特定になったことが注意された: 、およびd増加したのタウリンへの類縁lベータ アラニン依存した移動システムはより重要な役割を担い始めた。 別の一連の実験では、WBCのtrypsinizationによって引き起こされた細胞膜への損傷がタウリンの大部分が新陳代謝に外見上加わる細胞の中に集中することを示すタウリンの内容5xを減らしたことが分られた。

照射されたラットの血小板のタウリンおよびSHグループの内容

Radiobiologiia; 18(2):271-274

放射線病の間の血小板の満足なタウリンとSHグループ間の連合は白子のラットで調査された。 動物は650のRと照射され、1、4、7、12のそして21日後でsacificed。 分けられた血小板のタウリンそしてSHグループのレベルは蛋白質の単位ごとに測定された。 放射線病の開発は幾日の血小板のタウリンの内容の7倍の減少照射の4-7および照射の日12のSHグループの内容の二重の減少で起因した。 日21で、タウリンおよびSHグループ両方の内容は標準化を示した。 タウリンの満足な減少およびSHグループは血小板の膜の蛋白質の吸着の放射線誘発の高度が原因であるかもしれない。

子宮頚部の癌腫のための放射線療法の後の傷害の頻度に対するalkoxyglycerolsの効果

アクタObstet Gynecol Scand; 56(4):441-448 1977

頚部癌腫のintracavitaryおよび外的な放射線療法の複雑化の発生はラジウムだけがあった657人の患者で(制御)、サメ肝油のalkoxyglycerols (準備AT-18と予防扱われた595人の患者調査された: (1-3 moのために)放射線療法および放射線療法の最中および後でalkoxyglycerolsの「非予防する」コースがある523人の患者の前の(間7日)、の間の、そしての後の0.6 g/day、po)。 フォローアップの期間は1,496人の患者の5 yr (を含むすべての制御)および279人の患者の3.5 yrより大きかった。 、放射傷害の有無にかかわらず与えられたぼうこう、尿管、腸および直腸および複雑な損害への照射損傷は腫瘍の成長によって調査された。 高線量のラジウム(、100以上mg子宮内; 腟の適用は、90以上mg)放射傷害の予想に反して大きい数を引き起こされた、しかしこれalkoxyglycerol療法、特に予防する療法によって非常に減った。 調査されたすべてのグループでは予防し、非予防する療法は放射傷害を非常に減らした。 予防する療法だけ複雑な損傷を減らした(高線量のラジウムのグループの約60%、総グループの約67%によって)。 データは予防するalkoxyglycerol療法が複雑な傷害ことをの腫瘍成長の部品の禁止によって放射傷害への複雑な損傷を変形できることを提案した。 複雑な傷害の患者の約99%が5 yr以内に死んだので、そのような予防する療法は5 yr残存率を高めることができる。 生体内でPanaxの朝鮮人参およびdiethyldithiocarbamateの生体内のradioprotective活動; 7(5): 467-70の1993の調査はPanaxの朝鮮人参の水一部分そしてアルカロイド一部分がNのjejunalクリプトへの照射損傷から保護するかどうか定めるために行われた: 60Coガンマ線との生体内の照射の後のC57BL/6マウスの細胞質分裂妨げられた(CBの)リンパ球のmicronuclei (MN)のGPのマウスそして誘導。 朝鮮人参のradioprotective効果はdiethyldithiocarbamate (DDC)の効果と比較された。 空腸は水一部分(飲料水) (P 0.001)の2つのmg/mlおよびアルカロイド一部分(5.4 mg /day、P.O.) (P 0.005)、両方前および治療後とDDC (1000のmg/kg B.W.、単一I.P.、15 Gyの照射) (P 0.001)の前の30分によって保護された。 脾臓のリンパ球の放射(3 Gy)の誘発のmicronucleiの頻度はまた朝鮮人参(P 0.025)の水一部分、アルカロイド一部分およびDDC (P 0.001)の前処理によって減った。 データはPanaxの朝鮮人参の水一部分そしてアルカロイド一部分がガンマ線によって引き起こされる細胞傷害を減らすかもしれないことを提案し特にDNAの分子に傷つくために損なわれた細胞の修理または再生プロセスの役割を担う。

panaxの朝鮮人参の根のエキスによる突然変異誘発そして変形の阻止生体外で

Planta Med; 57(2):125-8 1991

Panaxの朝鮮人参の根のエキスはDNAの統合、突然変異誘発性およびV79およびNIH 3T3の細胞を使用して細胞変形に対する抑制的な効果のために調査された。 V79中国のハムスターの肺細胞に[3H]チミジンの結合によって測定されたDNAの統合は朝鮮人参のエキス(0-1 microgram/ml)の付加によって媒体にかなり減った。 但し紫外線放射またはメチルのmethanesulfonateとの処置に応じてV79細胞のDNAの切除修理統合の率を高めると、朝鮮人参のエキスは見つけられた。 突然変異誘発性がメチルのmethanesulfonateへの露出の後で6 thioguanineへの抵抗としてhypoxanthineグアニンのphosphoribosylのトランスフェラーゼの位置のV79細胞を使用して検査された場合のエキスのまた示されていた減らされた突然変異の頻度。 私達はまた朝鮮人参のエキスの部品がおよび1メチル3ニトロ1 nitrosoguanidine 3-methylchloanthreneによって、メチルのmethanesulfonate始められる出しNIH 3T3の細胞の変形に対する抑制的な効果を続けることが分った。

radioprotective物質の朝鮮人参特性による放射傷害の復帰

J Radiat Res (東京); 22(3):336-343

radioprotective物質の朝鮮人参のエキス(GE)のある特性はオスの4週古いJCL-ICRのマウスで調査された。 注入前にGEは遠心分離の後で放棄された生理学塩およびinsolublesで分解した。 制御として役立つ生理学塩だけと注入されるマウス。 30日間の存続の比率は両方のグループで測定された。 メタノール溶けるGEは照射された動物を保護しなかった。 酸かアルカリ(60 C. GEのradioprotective活動の0.12 N)不活性にされたGEは15 min.の沸か水浴室のpH 7で生理学塩で熱することの後で安定していた。 GEはCMセルロースのカラム・クロマトグラフィで2つの一部分に分かれていた。 一部分CM-Aはpでかなり効果がありより少しより0.05、CM-Bはpで有効より少しより0.001だった; 線量は収穫に比例していた。 紫外線スペクトルおよびビウレット テストはCM-Bの一部分の蛋白質の存在を提案した。 上澄みはpH 7のCM-Bの解決を熱することが一部分のGI、G-IIおよびセファデックスG-75のコラムとのゲル クロマトグラフィーでG-IIIに分かれていた後得た。 GI (0.44 mg/animal)およびG-III (0.84 mg/animal)はかなり効果がある、G-II (0.47 mg/animal)なかっただったが。 朝鮮人参の動的機器は朝鮮人参のサポニンであると考えられた。 メタノール溶ける一部分の検査はGEのradioprotective部品がサポニンではないことを示した。 radioprotective物質の浄化は必要化学構造を明白にするためにである。

朝鮮人参のエキスへのx照射されたマウスの朝鮮人参の応答による放射傷害の復帰

J Radiat Res (東京); 22(3):323-335

JCL-ICRのマウスの朝鮮人参のエキス(GE)のradioprotective効果および照射された原産のおよび脾臓摘出されたマウスのhematological回復は調査された。 6週古いオスの鼠は720か550 R.と照射された。 照射の後の3分の中では、マウスは0.2 mlの生理学塩で分解したGEの注入されたipだった。 制御マウスは照射の後で塩とだけ注入された。 処置がなかった1日後720のRへの露出がかなり効果があった2.5 hr前か後に5.0 mg GEの注入、しかし注入。 5.5 mg GEの管理は照射前の2か1日照射の直後の管理より効果があった。 720のRと照射されたマウスの30日間の存続の比率は0、1.8、3.4、そして6.8 mg GEと注入されたマウスのための5、45、75および82.5%それぞれだった。 制御とGEのグループの違いは重要だった。 照射されたマウスのSplenic重量は幾日のおよそ1/3常態に制御グループの2-10を減らした。 減少はGEのグループのより少しあった。 Thymic重量はおよそ30%日0から日から30までに照射の後で減った。 thymic重量の回復はGEのエキスによって刺激されなかった。 splenic DNAとthrombocyteおよび赤血球の計算のGE刺激された回復は観察された; GEは著しく白血球の計算に影響を与えなかった。 GEは脾臓摘出されたマウスの30日間の存続の比率を高めた。 露出が脾臓摘出されたマウスのGEによって刺激された後thrombocyteの計算だけ。

thrombocyteの回復は露出が骨髄の死の後に復帰の重要な要因の1つであると仮定された後数える。 放射傷害からの回復を刺激する物質

放射性同位体; 27(11):666-675 1978

照射損傷および回復と回復を刺激する物質の調査は見直される。 マウスの照射損傷からの回復を刺激するPanaxの朝鮮人参の根からの活動的なエキスの分離そしてテスト、記述されている。 朝鮮人参のエキス(GEX)のさまざまな線量はJCL-ICRのマウス(6つのwk oldに(大抵ip)与えられた; さまざまなレベルの照射(IR)の直後のグループ)ごとの40匹のマウス。 30日間の残存率に対する効果は調査された。 6.8 mgのGEXの線量および720のRのIRの線量で、30日間の残存率は82.5%だった。 5.0 mgのGEXの線量で、30日間の残存率の重要な相違はGEXが注入されたipまたはIV.だったかどうか、見つけられなかった。 5.8 mgのGEXの線量および550のRのIRの線量で、改善は第10日(WBC、RBCの血小板算定)について始まった。 非照射されたマウスでは、血に対するGEXの特定の効果がなかった。 IRの前に脾臓摘出されるマウス1週(770はR)、GEXの6.0 mg塩の扱われた制御と比較された30日間の残存率を改善した。 WBCおよびRBCは照射された、高められた血小板算定回復しなかった脾臓摘出されたマウスで。 GEXの管理と関連付けられた非照射されたマウスの脾臓の重量のマーク付きの増加はエキスのアルコール飲料の最終的な熱処理および沈殿剤の取り外しによって除去された。 5.0 mgの管理はGEX 1-2日を照射の前に与えられたとき30日間の残存率を高めることで有能だった。 照射が制御のそれと比較された30日間の残存率で起因した24 hr後GEXの管理。

自発の犬およびネコ科のfibrosarcomasの外科そして放射線療法を伴うAcemannan Immunostimulant

J AM Anim Hosp Assoc; 31(5):439-47 1995

histopathologically確認されたfibrosarcomasの8匹の犬そして5匹の猫は外科および放射線療法を伴ってAcemannan Immunostimulantaと扱われた。 これらの動物は存続のための前の処置、悪い予想、または両方とも失敗した繰り返しの病気があった。 4つから7つの週間acemannan処置の後で、腫瘍の収縮は4に起こった(50%以上; n =測定にとって入手しやすい腫瘍を持つ12匹の動物の2)。 壊死および発火の著しい増加は観察された。 外科切除を行われたacemannan療法の開始に続く第4そして第7週間のすべての動物で完了しなさい。 放射線療法は外科の直後に設けられた。 Acemannanの処置は1年間毎月続いた。 13匹の動物の7つは372日の中央の生存期間と生き、腫瘍なしに(範囲、603+幾日への440+)残る。 データはAcemannan Immunostimulantが犬およびネコ科のfibrosarcomasの処置の外科そして放射線療法へ有効な付加物であるかもしれないことを提案する。

創傷包帯のゲルをAcemannan含んでいることはC3Hのマウスの放射線誘発の皮の反作用を減らす

Int J Radiat Oncol Biol Phys; 32(4):1047-52 1995

目的: アロエから得られるacemannan含んでいる創傷包帯のゲルがC3Hのマウスに影響に放射線誘発の激しい皮の反作用の厳格を残すかどうか(a)を定めるため; その場合(b)、個人的な注油のゼリーおよび膏薬のような他の商用化されたゲルが同じような効果をもたらすかどうか; そして創傷包帯のゲルが最大効果のために応用べきである場合の(c)。

方法および材料: 受け取られたオスC3Hのマウスは30までから47.5 Gy右の足まで及ぶガンマ放射の単一の線量を等級別にした。 ほとんどの実験では、ゲルは照射の直後の適用された毎日の始めだった。 最もよい効果のための適用のタイミングを定めるため、ゲルは照射(日0)の日に関連して1、2、3、4、か5週間日-7、0、か+7および継続の応用始めだった。 各マウスの右の内部の腿は0から七番目からの照射の後の第35日への放射の反作用の厳格のための3.5の尺度で記録された。 用量反応のカーブは線量の機能としてある特定のピーク皮の反作用に達するか、または超過したマウスのパーセントの計画によって得られた。 カーブはロジットの分析およびED50価値によって合い、95%の信頼限界は得られた。

結果: 創傷包帯のゲル扱われたマウスの平均ピーク皮の反作用はテストされた未処理のマウスの放射線量のそれらよりまったく低かった。 2.0-2.75の皮の反作用のためのED50価値は創傷包帯のゲル扱われたマウスのより高くおよそ7 Gyだった。 個人的な注油のゼリーか膏薬と扱われたマウスのための平均ピーク皮の反作用そしてED50価値は照射された制御価値に類似していた。 2.5の皮の反作用または多くのマウスのパーセントの減少は照射の直後に始まる少なくとも2週間創傷包帯のゲルを受け取ったグループで最も大きかった。 ゲルが照射か前にだけ照射の後の1週加えられたら効果がなかった。

結論: 照射の直後に始まる少なくとも2週間毎日適用されたら創傷包帯のゲル、しかし個人的ではない注油のゼリーまたは膏薬は、C3Hのマウスの激しい放射線誘発の皮の反作用を減らす。

臨床心臓学の補酵素Q10の実用性: 長期調査

Langsjoen H; Langsjoen P; Langsjoen P; Willis R; Folkers K
医学の枝、Galveston 77551、米国テキサス州立大学。
Med Molの面(イギリス) 1994年、15のSuppl ps165-75、

8年の期間(1985-1993年)に、私達はさまざまな形の心循環器疾患と彼らの医学の養生法へ補酵素Q10 (CoQ10)を加えることによって424人の患者を扱った。 CoQ10の線量は75から600のmg /dayまで口で及んだ(平均242 mg)。 処置は主に患者の臨床応答によって導かれた。 多くの場合、CoQ10レベルは大きい全血のレベルの作成の目標とより用いられるか、または2.10 micrograms/ml (平均2.92 micrograms/ml、n = 297)に匹敵する。 患者は632の忍耐強い年の総蓄積と17.8か月の平均のために、続かれた。 11人の患者はこの調査から省略された: だれが悪心を経験したか不従順による10および1。 18の死は心臓原因に帰することができる10の調査の期間の間に起こった。 患者は6つの診断部門に分けられた: ischemic心筋症(ICM)、膨張させた心筋症(DCM)、第一次diastolic機能障害(PDD)、高血圧(HTN)、僧帽弁脱出(最高殊勲選手)およびvalvular心臓病(VHD)。 の全体のグループと各々の診断部門、私達はニューヨークの中心連合(NYHA)の機能スケールに従って臨床応答を評価し、重要な改善を見つけた。 424人の患者の、58% 1つのNYHAのクラス、28%および3つのクラスによって2つのクラスによって1.2%によって改良した。 心筋機能の統計的に重要な改善は次のechocardiographic変数を使用して文書化された: 左の心室の壁厚さ、僧帽弁の流入斜面および僅かの短縮。 CoQ10の処置の前に、ほとんどの患者は1つから5つの心臓薬物をから取っていた。 この調査の間、かなり落ちる全面的な薬物の条件: 43%は1つそして3つの薬剤の間で停止した。 患者の6%だけは1つの薬剤の付加を要求した。 CoQ10処置からの明白な副作用は一時的な悪心の単一の例以外注意されなかった。 結論として、CoQ10はmultidrug療法の医学および財政の重荷を楽にしている間心循環器疾患の広い範囲のための安全で、有効なadjunctive処置であり、満足の臨床応答を作り出す。

補酵素Q10 (ユビキノン)との心循環器疾患の療法の見通し

Mortensen SA
心臓学および内科、Rigshospitalet B 2142の州立大学の病院、コペンハーゲンの部門
Clin Investig (ドイツ) 1993年、71 (8つのSuppl) pS116-23,

基質や必要な補足因子の欠乏に供給当然の不完全な心筋エネルギーおよびさまざまな病因学の心筋の病気の進行の共通の最終的な細道である酸素かもしれないの悪い利用の効率は。 ビタミンは必要な物質の補酵素Q10、かユビキノンを好み、自然な酸化防止で、そして酸化的リン酸化に於いての重要な役割がある。 心臓病で療法として補酵素Q10を使用するための生化学的な理論的根拠はFolkersによって前に年確立され、関連付ける; 但し、これは著者の一連のさまざまな心筋症を用いる45人の患者からの実行可能な心筋のティッシュの調査によって更に増強された。 高性能脂質クロマトグラフィーによって定められた補酵素Q10の心筋のティッシュのレベルは心不全のより穏やかな段階のそれらと比較された高度の心不全を用いる患者でかなりより低い見つけられた。 なお、心筋のティッシュの補酵素Q10の不足は指定場合の口頭補足によってかなり元通りになるかもしれない。 補酵素Q10療法(毎日100 mg)の著者の開いた臨床議定書の調査では患者のほぼ3分の2は膨張させた心筋症とのそれらで最も顕著な臨床改善を、明らかにした。 二重盲目の偽薬制御の試験は完全に補酵素Q10に臨床結果、患者の身体活動および生活環境基準に対する有利な効果の心不全でadjunctive処置として場所があることを確認した。 プラスの結果はアンギオテンシン変換の酵素阻害剤主義を含んで従来の処置から得られる臨床状態の上にそしてを越えてあった。

補酵素Q10: 心循環器疾患のための新しい薬剤

グリーンバーグS; 薬、シナイ山の病院および医療センター、ニューヨーク、ニューヨークJ Clin Pharmacol ( 1990年、30 (7)米国)のFrishman WH部p596-608 7月、

補酵素Q10 (ユビキノン)は心筋の虚血およびreperfusionの間に細胞損傷を防ぐために有利な特性が可能性としてはある自然発生する物質である。 それは酸化的リン酸化の役割を担い、膜の安定の活動がある。 口頭形態で物質が狭心症、高血圧および鬱血性心不全を含むさまざまな心血管の無秩序を扱うのに使用されていた。 その臨床重要性は臨床道に今世界的に確立されている。

補酵素Q10との必要な高血圧の処置

Langsjoen P; Langsjoen P; Willis R; Folkers K
生物医学的な研究のための協会、オースティン78712、米国テキサス州立大学。
Med Molの面(イギリス) 1994年、15のSuppl pS265-72、

合計私用心臓学の練習に示す彼らの既存の抗高血圧薬薬剤の養生法へのCoQ10 (平均線量、225のmg /dayの付加の後で徴候の必要な高血圧の109人の患者は口で)観察された。 患者の80%では、必要な高血圧の診断はCoQ10 (平均9.2年)を始める前に1年または多くのために確立された。 1人の患者だけ不従順による分析から落ちた。 CoQ10の適量は固定でし、臨床応答および血CoQ10のレベルに従って調節された。 私達の目標は血レベル大きいより2.0 micrograms/ml (CoQ10の平均3.02 micrograms/ml)を達成することだった。 患者は頻繁な医院の訪問と記録的な血圧および臨床状態に密接に続かれ、薬療法の必要な調節をする。 Echocardiogramsはベースラインのそして患者の39%の処置の間の患者の88%のベースラインで得られ。 機能状態の明確で、漸進的な改善は次第に最初の1かから6か月内の抗高血圧薬の薬療法を減らす付随の必要性と観察された。 その後、臨床状態および心血管の薬剤の条件はかなり改善されたシストリックおよびdiastolic血圧と安定した。 2.40から1.36 (P 0.001)および患者の51%の平均から改良された全面的なニューヨークの中心連合(NYHA)の機能クラスはCoQ10を始めた後4.4か月の平均で1つそして3つの抗高血圧薬薬剤の間での完全に取れた。 患者の3%だけは1つの抗高血圧薬薬剤の付加を要求した。 処置の前および最中のechocardiogramsを持つ患者両方の9.4%では、私達は左の心室の壁厚さおよびdiastolic機能の非常に重要な改善を観察した。

必要な高血圧の補酵素Q10

Digiesi V; Cantini F; Oradei A; Bisi G; GuarinoのGC; Brocchi A; Bellandi F; Mancini M; Littarru GP
臨床薬の第3協会および医学療法、フィレンツェの衛生学校、イタリアの大学
Med Molの面(イギリス) 1994年、15のSuppl ps257-63

この調査は補酵素Q10 (CoQ10)の抗高血圧薬の効果のメカニズムを明白にするために引き受けられた。 必要な幹線高血圧の26人の患者は口頭CoQ10、10週間50 mgと毎日二度扱われた。 血しょうCoQ10、血清総および高密度脂蛋白質(HDL)のコレステロール、および血圧は10週間の期間の終わりの前のそしてにすべての患者で定められた。 処置の終わりに、シストリック血圧(SBP)は98.1 +/- 1.7から86.1 +/- 1.3 mmHg (P 0.001)から減った164.5 +/- 3.1から146.7 +/- 4.1 mmHgおよびdiastolic血圧(DBP)から減った。 血しょうCoQ10価値は0.64 +/- 0.1 microgram/mlから1.61 +/- 0.3 micrograms/ml (P 0.02)に増加した。 血清の総コレステロールは222.9 +/- 13のmg/dlから213.3 +/- 12のmg/dl (P 0.005)および41.1 +/- 1.5 mg/dlから43.1 +/- 1.5 mg/dl (P 0.01)に増加した血清HDLのコレステロールに減った。 10人の患者の血清のナトリウムおよびカリウムの最初のグループでは、血しょうclinostaticおよびorthostaticレニンの活動は、尿のアルドステロン、24時間ナトリウムおよびカリウム10週間の期間の終わりの前にそしてに断固としただった。 これらの患者の5で周辺抵抗は放射性核種のangiocardiographyと評価された。 総周辺抵抗は処置(P 0.02)の後に2,283 +/- 88 dyne.s.cm -処置そして1,627 +/- 158 dyn.s.cmの前の5 - 5だった。 血しょうレニン活動、血清および尿ナトリウムおよびカリウムおよび尿のアルドステロンは変わらなかった。 すぐに11人の患者のグループ、血しょうendothelin、心電図、二次元のechocardiogramおよび24時間の自動血圧の監視は断固としただった。

アルツハイマー病のアセチルLカルニチン:

CSFの神経伝達物質およびneuropeptidesの短期調査
ブルーノG; Scaccianoce S; Bonamini M; Patacchioli FR; Cesarino F; Grassini P; Sorrentino E; Angelucci L; Lenzi GL
Dipartimento di Scienze NeurologicheのUniversitaのディディミアムのローマのLa Sapienza、イタリア
Alzheimer Dis Assoc Disord (米国) 落下1995年、9 (3) p128-31、

アセチルLカルニチン(ALCAR)はアルツハイマー病(広告)療法のために現在調査中の薬剤である。 ALCARは広告の臨床結果を説明できる明確な病理学の行為がまだ識別されていないのにいくつかの中枢神経系(CNS)の関連の効果を出すようである。 この調査の目標はintravenous、開いた処置短期の後で脳脊髄液(CSF)およびのALCARの効果の血しょう生物的相互的関係を広告、高線量定めること、だった。 結果は処置の下で達成されたALCAR CSFのレベルが血頭脳の障壁およびこうして直接CNSの挑戦によるよい浸透を反映するベースラインで物よりかなり高かったことを示す。 ALCARの処置はCSFの古典的な神経伝達物質および代謝物質のレベル(homovanillic酸、5-hydroxyindoleacetic酸、MHPGのドーパミン、コリン)の明白な変更を作り出さなかった。 CSFのペプチッドの間で、がホルモンおよび副腎皮質刺激ホルモンをcorticotropin解放することは処置の後で、ベータ エンドルフィンかなり減った変わらずに残った; 血しょうコルチソルのレベルはこの減少に一致させた。 減るCSFの両方ベータ エンドルフィンおよび血しょうコルチソル以来1つの考えられる解釈はALCARが広告依存したhypothalamic下垂体adrenocortical (HPA)軸線の活発性過度を減らしたことである。 現在、わかりやすい説明はこの行為の特定のメカニズムのために提案することができない。

アルツハイマー病のアセチルLカルニチンの臨床および神経化学効果

Pettegrew JW; Klunk私達; Panchalingam K; Kanfer JN; McClure RJ
精神医学の部門、西部の精神医学協会および医院のピッツバーグの、PA 15213、米国医科大学院の大学。
Neurobiolの老化(1995年、16 (1) p1-4米国) 1月2月、

二重盲目では、偽薬の調査、アセチルLカルニチンは臨床によって5への31P磁気共鳴の分光手段はありそうな広告の患者を偽薬扱い、比較された21は1年の間に健康な制御に年齢一致させた7人のありそうなアルツハイマー病の患者に管理され。 偽薬の広告の患者と比較されて、アセチルLカルニチン扱われた患者は彼らのミニ精神状態およびアルツハイマー病の査定のスケール テストの成績でより少ない悪化をかなり示した。 なお、偽薬扱われた患者のアセチルLカルニチン扱われたないの記入項目でアセチルLカルニチンおよび偽薬の広告のグループ両方で観察されたphosphomonoesterのレベルの減少は正常化された。 高エネルギー隣酸塩レベルの同じような標準化は偽薬扱われた患者でアセチルLカルニチン扱われたないで観察された。 これは広告の臨床およびCNS神経化学変数に対する薬剤の有利な効果の最初の直接生体内のデモンストレーションである。

アセチルLカルニチンのNeuroprotectiveの活動:
調査生体外で

Forloni G; Angeretti N; Smiroldo S
Alzheimer、Istituto di Ricerche FarmacologicheマリオNegri、ミラノ、イタリアの神経生物学の単位
J Neurosci Res (1994年、37 (1)米国) p92-6 1月、

アセチルLカルニチン(ALCAR)のneuroprotective特性はラットのhippocampal形成からの一次電池文化および17日古いラットの胚の大脳皮質で調査された。 ALCAR (10日間10-50 microM)への慢性露出は24 hrの胎児の子牛の血清の剥奪によって引き起こされた細胞の死亡率を減らした。 保護は慢性的にALCAR (50 microM)と扱われた神経の細胞が、グルタミン酸塩-- (0.25-1 mM)にさらされ、ときに部分的だったkainic酸は(250-500 microM)のためのビタミンCのnutritureの2つの状態の主題と特徴付けられた: 主題が3週のための500 mgのビタミンC /dを与えられたおよびより少しにより10 mg/d補われた状態のビタミンC限られた食事療法の承諾の4-5週までに達成された減らされた状態。 血しょうおよび尿サンプルは補われた主題から72 h後ビタミンCの線量と24のhのために減らされた主題から集められ、ビタミンCのために分析された。 補われた主題対減った測定されたpharmacokinetic索引の複数は異なっていたが、どれも年齢関連の相違を表わさなかった。 これはビタミンCのnutritureの影響のビタミンCのpharmacokinetics年齢がが、ことを示す。

大きいビタミンCの排泄物は若く、年配の主題で荷を積む: アスコルビン酸の許容テスト

Neale RJ; Lim H; ターナーJ; フリーマンC; Kemmジュニア
応用生物化学の部門および食品科学、ナッティンガム、Loughboroughの大学
年齢の老化(1988年、17 (1)イギリス) p35-41 1月、

アスコルビン酸の許容テストはビタミンCの状態を査定するために記述されている。 テストは管理しやすく年配の患者のために適した。 それは水で1つのgのアスコルビン酸の口頭負荷を与え、次に次の6h上のビタミンCの尿の排泄物を測定することを含む。 投薬の排泄物パターンは10人の若い主題で調査された。 これらの若い主題のアスコルビン酸の許容テストの結果は1か月間毎日1gアスコルビン酸との補足の後でかなり違った。 2人の一連の年配の患者はまたアスコルビン酸の許容テストと調査された。 それらに低い最初の血しょうアスコルビン酸のレベルがあり、大いにより少ないビタミンCは尿で投薬の後で排泄された。 これらの年配の患者の7つは1か月間1gアスコルビン酸とそれから補われた。 補足がアスコルビン酸の許容テストへの頭文字血しょうレベルそして応答より若い主題で見られたそれに類似するようになった後。