生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年 12月

生命の実質のスパイス

従来の治療師がたくさんの年 のためにそれをなぜ使用したか適度なショウガの根、クルクミンは実験室で、丁度示している。

レオナルドGoldwyn著

クルクミン、古代スパイス、別名ショウガ家族のウコン根は、沢山のいくつかの疾患の肯定的な影響のための注意を得ている。 それは酸化防止剤として、例えば、また腫瘍の、炎症抑制の特性のために禁止の有利な効果のために、そしてエイズを引き起こすウイルスの進歩の一部を遅らせる機能のために輝いている。

イメージ これは表面上は飾り気がない台所スパイスのための多くの要求のように鳴る。 しかし、実際、クルクミンの使用は前にエジプトのファラオおよびインドの支配者の時に6,000年以上遡る。 インドの熱帯地方中、特に、中国およびインドネシア耕されるの高く、stemless、不断の植物はウコン カレーに独特な味および色を与えるものがである。

しかし台所使用に加えて、クルクミンは伝統医学によって肝臓病(特に黄疸)、消化不良、尿道病気、血の浄化、燃え上がらせた接合箇所(慢性関節リウマチ)、虫刺されのdermatological無秩序のためにそしてアテローム性動脈硬化の予防するものとして使用された。 クルクミンの化学構造は1910年に定められたが、薬のcurcuminoidsの調査され潜在的な使用が広く始めた80年代および1970年代の中頃の間にだけあった。

例えば、クルクミンは、生体内、血清の総コレステロールおよびLDLのコレステロール値を減らし、有利なHDLのコレステロールを増加すること機能示した。 それはアラキドン酸、アドレナリンおよびコラーゲンによって引き起こされる血小板の集合を禁じる。 脂質の過酸化反応が四塩化炭素によって引き起こされたところで、クルクミンはかなり脂質の過酸化反応のレベルを減らした。

1つの調査では、胆汁酸の出力はほぼ100%高められた。 コレステロールの胆石を引き起こす特別な食事療法に与えられたハムスターおよびマウスの別の調査ではコレステロールの胆石の発生はクルクミンによって減った。

クルクミンがレバーからの胆汁の流れを高めることによってコレステロール値を下げるので(、胆汁地域の妨害とのそれらはクルクミンを使用するべきではない。 食糧が付いているクルクミンを常に取りなさい。)

他の調査は潰瘍に対してクルクミンの堅く肯定的な影響、動脈の、そして有害な胃細菌を避けることで堅くなることを示した。 要求の後ろの科学を検査しよう。

イメージ

遊離基は酸化防止防衛メカニズムの枯渇からの変更の順序の損傷し、および最終的に酸化圧力を傷害(焼跡、熱衝撃、等)に起因する。 Curcuminoidsにおよび他の酸化防止剤に、自由根本的な形成を防ぐ潜在的で根本的な分子と併合する機能がある。

ウコンおよびクルクミンの興味深い利点は重要な酸化防止活動のようである。 十分にcurcuminoidsの酸化防止特性を理解し、私達の体に於いての酸素の役割から始めよう。 ボディの酸素の利用(新陳代謝)のためのトレードオフは酸素の副産物である。 それらはボディを汚し、細胞で細胞の司令部のための青写真である私達のDNA (遺伝物質)、蛋白質、脂質および他の分子への損害を与える無駄になる。

わなにかける遊離基

外国の侵入に対するボディの防衛は、微生物伝染のような、トレードオフを含む。 これらの防衛メカニズムは自然に侵入の細菌を殺すことができる作り出したりまた体細胞に傷害をもたらすかもしれないオキシダントを。

ボディによって作り出される他のオキシダントは肺およびレバーで豊富のチトクロームの酵素である。 これらの器官は空気、水および食糧から入る毒素からボディを保護する。 金属の超過分のような影響の外で、鉄および銅(および塩)好めば、酸化させた脂肪は、ボディのオキシダントを発生させるかもしれない。

防衛反作用として、正常なボディ機能はスーパーオキシド、過酸化水素、水酸ラジカルおよび脂質の過酸化物のようなオキシダントを発生させる。 そのようなオキシダントは遊離基「基」と(安定した分子に対して)、「自由」言われ(周囲の細胞を不安定にする)始めるためボディの連鎖反応を。

このプロセスは癌で起因するかもしれない慢性の発火、心臓病、加速された老化および組織を破壊された細胞の成長で結局起因するティッシュおよび器官の退化をもたらす。 酸化防止剤はオキシダントの最初の形成を最小にするか、または防ぐこと、またはボディの既存の遊離基を中和することによって遊離基の損傷を停止できる。

老化プロセスは細胞、ティッシュおよび器官への自由根本的な損傷の累積結果を例証する。 ボディに遊離基を妨害するための作り付けのメカニズムがあるが、不運にも老化プロセスおよび病気は次第に酸化防止防衛反作用を圧倒する。 幸いにも、phonemics、flavanoidsおよびカロチノイドのようなあるビタミンに、鉱物、ハーブおよび混合物に、遊離基を掃除するか、または中和する機能がある。 Curcuminoidsのこれらの潜在的で根本的な分子との例えば、併合はこうして自由根本的な形成を防ぎ。

発火はレバーによって、またボディの燃え上がらせたティッシュによって発生する遊離基関連付けられると知られているおよび脂質の過酸化物の増加されたレベルと。 動物は発火のプロセスの脂質の過酸化物そしてそれに続く減少のクルクミンによって示されている減らされたレベルを与えた。 1つの調査は8倍より強力脂質の過酸化反応を防ぐことのであるためにクルクミンをそのビタミンE示した。 C複雑のようなグループの整理で取られて、curcuminoidsは自由根本的な分子の中和で3倍の同様に有効である。

要約すると、curcuminoidsの酸化防止メカニズムは次の相互作用の1つ以上を含むかもしれない: それらは酸化攻撃に制限するか、または防ぐために介入するかもしれない起こることを; 遊離基を掃除するか、または中和しなさい; そして遊離基によって引き起こされる酸化連鎖反応を壊しなさい。

炎症抑制の効果

Curcuminoidsはボディの炎症性物質の統合に加わる酵素を禁じる。 curcuminoidsの自然な炎症抑制の活動はステロイドの薬剤と強さ、およびindomethacinおよびphenylbutazoneのような危ない副作用をもたらすnonsteroidal薬剤で対等である。

組織の損傷へのボディの免疫学応答によって誘発される複雑な一連の行為や反作用からの発火結果。 この損害はさまざまな病気および外科を含む物理的な外傷によって与えられるかもしれない。 適当な発火は回復過程に必要である; 但し、連続的な発火は関節炎および準の苦痛のような慢性の条件をもたらす。 二重盲目、管理された調査では、患者の3グループはクルクミン(400 mg)、炎症抑制の処方薬のphenylbutazone (100 mg)、または偽薬を(ラクトーゼの粉の250 mg)毎日外科の後の5つの連続した日間3回受け取った。 それらは陰嚢の液体のヘルニアの状態か蓄積のために是認された。 結果: クルクミンは後操作中の発火の減少のphenylbutazone同じように有効だった。

Curcuminoidsは複数の炎症性プロスタグランジンおよびleukotrienesの統合を防ぐ。 クルクミンの炎症抑制の特性が慢性関節リウマチの患者の二重盲目臨床試験でテストされたときに、クルクミンはすべての患者の重要な改善を作り出し、再度治療上の効果はphenylbutazoneと得られたそれらと対等だった。

更に、0.1 mg/kgの動物の禁じられたホルマリン誘発の関節炎の線量の体重およびナトリウムのクルクミンの1キログラムあたり3 mgの線量のラットへのクルクミンの経口投与。 実際、クルクミンはもう一度この適用のphenylbutazone比較的有効だった。 慢性関節リウマチと診断される49人の患者の二重盲目の試験ではクルクミンが5から朝の剛さおよび物理的な持久力に全面的な改善があった6週間1日あたりの1,200 mgの線量で時与えられたり、; これはphenylbutazoneと得られたそれらに対等な効果をもたらした。

他の発火関連の病気か。 慢性の呼吸器疾患の患者は咳そして息切れのような徴候の重要な救助を経験する。 細菌の結膜炎の25の場合、目の炎症性状態のウコンの混合物の目薬は管理された。 目の赤みまたは焼けるような感じのような徴候は処置の第3日後におさまり始めた。 6日間の処置の期間の間に、25人の患者の23がすべての徴候から免れられたことが定められた。

クルクミンにアスピリンに同じような行為がある。 但し、アスピリンとは違ってクルクミンは炎症性プロスタグランジンの統合を禁じるが、prostacyclinの統合、管の血栓症を防ぐことの重要な要因に影響を与えない。 (特に大きい線量で使用されたとき)統合に影響を与えるどの薬剤でもこの危険な状態の危険性を高めるかもしれない。 従ってクルクミンは管の血栓症に傾向があるそして炎症抑制および/または反関節炎療法をかもしれない患者のために望ましい要求する。

最近の調査では、中心のティッシュの心筋の虚血減らされた血の流れ--、条件にさらされた猫はクルクミンおよびキニジンの標準的なantiarrhythmic薬剤を使用して心臓発作の結果に起因して、評価された。 物質の両方は心拍数および血圧の中心への続く限られた血の流れの減少から動物を保護した。

クルクミンおよびエイズ

エイズを引き起こすHIV感染のような免疫組織の病気のための療法は2つの違った方法で現在近づかれている:

  1. 生物的応答の修飾語を使用するボディを守る免疫組織の機能を元通りにする試み; そして
  2. ずっとこれまでのところ不成功であるHIV感染に対してワクチンを開発するための進行中の努力によって。
クルクミンはHIV-1 integrase蛋白質を禁じる。 従って、このintegraseの阻止はエイズ患者のための臨床試験に現在あるクルクミンの反HIV活動に貢献するかもしれない。 クルクミンはこの利点がなぜに関してあるかもしれないかエイズの背景はここにある:
CD-4およびCD-8細胞は免疫組織の最も洗練された活動の一部に責任があるTリンパ球と呼ばれる免疫細胞のための略称である。 Tリンパ球は全体の免疫反応を調整するために作用する。 この規定する機能に関して、Tリンパ球はT助手およびTサプレッサーに分けることができる。 T助手は侵入の微生物に対して保護を提供するように免疫反応を刺激する。

Tサプレッサーの機能は時ポイントに伝染がボディ自体に対して回る余分な免疫組織の活動を避ける順序克服にあった例適切のためにこの行為を停止することである。 T助手とTサプレッサーの細胞間の釣り合った相互作用は免疫反応の自動調節を表す。 自動調節はこの応答の最も重大な面とみなされる。

HIV感染およびエイズでは、T助手の細胞はウイルスによってますます無力にされ、破壊されるようになる伝染の主目標になる。 エイズの現在の定義は低のT助手(CD-4)の細胞計数を用いるHIV感染を血の1 mlあたりより200含んでいる。 この免疫組織は通常さまざまなウイルスの、細菌および寄生伝染に対してボディを守ってない。 微生物は弱められた防衛システムを利用し、ボディに侵入する; それ故にそれらの伝染は日和見感染と言われる。

HIVは生きている体細胞に十分に統合されなければ住むことができない。 酵素のintegraseは細胞の遺伝物質が付いているウイルスの遺伝物質の統合を促進する。 細胞の遺伝物質はウイルス細胞ではなくを機能し始める。

今度は、潜在的な給料支払いはここにある: クルクミンは可能性としてはHIVがCD-4およびCD-8細胞で家を見つけることを防ぐintegraseの活動を禁じると見つけられた。

調査では、およそ20週間18人のHIV感染させた患者に与えられたクルクミンの2,000 mgの管理は偽薬受け入れの患者と比較してCD-4およびCD-8細胞計数の顕著な増加で、起因した。 処置が5から血の1 mlあたり615個の細胞まで及んだ前にCD-4細胞計数は、および処置の後のそれぞれの範囲血の283から1,467 cells/mlだった。

他の保護特性

curcuminoidsと補われる食事療法はボディの生体物質の完全性を保護する。 食糧の悪化を防ぎ、退化からティッシュで栄養素を保つことは、密接に関連付けられるようである。 例えば、より少なく酸化させた脂肪質か遊離基を含んでいる食用動物蛋白質を提供するためになる臭い助けから肉を防ぐウコンの特性。 このタイプの食糧は摂取されるとき、自由に根本的傷つけられた栄養素よりもむしろきれいな栄養素を供給する。

食糧の新鮮さを維持するウコンの同じ属性はまた退化的な病気から生きた組織を保護するかもしれない。 実験動物への供給のcurcuminoidsは酵素のグルタチオンのSトランスフェラーゼの上昇値、解毒の効率の重要な索引で起因した。

何世紀にもわたって、ウコンは化粧品および生地のために食品添加物、薬効がある代理店および染料として副作用を明示しないで使用された。 安全のこの記録は食品添加物の国連食糧農業機関そして世界保健機構の専門委員会が自然な着色料の代理店としてcurcuminoidsを承認することを可能にした決定の要因のずっと1つである。