生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年12月

イメージ


 

カロチノイドは中心問題の危険を減らす

血清のカロチノイドおよび冠状心臓病:
脂質研究医院の冠状第一次防止の試験およびフォローアップ

Morris D.L.; Kritchevsky S.B.; デービスC.E。
JAMA 1994年、272/18 (1439-1441)

客観的。 それに続く冠状心臓病(CHD)のでき事の総血清のカロチノイドのレベルと危険間の関係を検査するため。 設計。 脂質研究医院の冠状第一次防止の試験およびフォローアップ(LRC-CPPT)からのグループの新しい分析。 LRC-CPPTは13年のフォローアップの期間のcholestyramineの樹脂そしてCHDの多中心の偽薬制御の試験だった。 関係者。 の偽薬のグループは1,899人から成っていたLRC-CPPTのタイプII-aのhyperlipidemiaとのそして知られていた既存CHD、癌、または他の主要な病気のない40から59年を老化させた。 主要な結果は測定する。 病院の記録、死体解剖のレポートおよび死亡証明書から確認され、心臓学医のパネルによって見直されるCHDに帰することができる重大でない心筋梗塞および死。

結果。 煙ることを含む知られていたCHDの危険率のための調節の後で、血清のカロチノイドはCHDのでき事と逆に関連していた。 血清のカロチノイドの最も高い四分位数の人は0.64の調節された相対的な危険(RR)があった(95%の信頼区間(CI)、0.44への 0.92) 最も低い四分位数と比較される。 決してスモーク、このRRが0.28ではなかった人のため(95% CI、0.11から0.73)。 結論。 より高い血清のカロチノイドのレベルを持つLRC-CPPTの関係者は事件CHDの減らされた危険があった。 見つけるこれは決してたばこを吸わなかった人間でより強かった。

酸化防止防衛システム

酸化防止防衛システム: カロチノイド、トコフェロールおよびチオールの役割

Di Mascio P.; マーフィーM.E.; Sies H。
AM. J. Clin。 Nutr。、1991年、53/1のSUPPL。 (194S-200S)

反応酸素種はティッシュに起こり、DNA、蛋白質、炭水化物および脂質を傷つけることができる。 これらの可能性としては有害な反作用はprooxidantsを除去し、遊離基を掃除する酵素およびnonenzymatic酸化防止剤のシステムによって制御される。 脂質溶けるカロチノイドの機能は一重項の分子酸素を癒やすカロチノイドのある抗癌性の特性、プロビタミンAの活動の独立者を説明するかもしれない。 トコフェロールは生物的膜のハイドロperoxyl基の最も豊富で、最も有効な清掃動物である。 水溶性の酸化防止剤はアスコルビン酸塩および細胞チオールを含んでいる。 グルタチオンは酵素の酸化防止機能のための重要な基質で、nonenzymatic根本的な掃気が可能である。 膜蛋白質と関連付けられるチオールはまた酸化防止システムにとって重要かもしれない。 チオール、トコフェロールおよび他の混合物間の相互作用は細胞酸化防止防衛の有効性を高める。

ベータ カロチンおよび肺癌

米国の禁煙家の食餌療法のベータ カロチンおよび肺癌の危険。
Mayne ST; Janerich DT; Greenwald P; Chorost S; Tucci C; アメフリノキMB; Melamedの氏; Kiely M; McKneally MF
Jの国民の蟹座Inst。1月5日1994年、86 (1) p33-8

背景: 米国(毎年約22,350の死)のすべての肺癌の死のおよそ15%は活動的な喫煙に直接帰することができないかもしれない。 果物と野菜の取入口からほとんど専ら得られるベータ カロチンの消費は喫煙者の肺癌の減らされた危険と関連付けられた。 但し、禁煙家、特に禁煙人のこの連合を検査する調査は限られている。 目的: この調査の目的はベータ カロチンおよびretinolを含む食餌療法の要因が禁煙人および女性の肺癌のための減らされた危険と関連付けられるかどうか検査することだった。 方法: 禁煙家の肺癌の人口ベースの、一致させた場合制御の調査は1982年から1985年までニュー ヨーク州で行なわれた。 食餌療法のインタビューは413のそれぞれ一致させた場合制御の組の主題のために完了した。 特定の食品群からの食餌療法取入口と肺癌間の関係がインタビュー、煙る歴史、性、年齢、または組織学的のタイプの種類別に異なったかどうか定めるためには、私達は各小群からの場合制御の組のデータを別に検査した。 ベータ カロチンおよびretinolの取入口は重量が食品の典型的な部分の営養成分に対応するこれらの栄養素を含んでいる食品の消費の月例頻度の重くされた合計として計算された。

結果: 全ミルク(傾向.01のためのP)の消費が危険の重要な線量依存した増加と関連付けられた一方緑(傾向(.01)の消費のためのP、新鮮な果物(傾向(.01肺癌のための危険の重要な線量依存した減少と)のためのPは、およびチーズ(傾向.05のためのP)関連付けられた。 ビタミンEの補足の使用はまた保護だった(確率の比率= 0.55; 95%の信頼区間[CI] = 0.35-0.85)。 次の食品群の高められた消費は女性間の危険の減少と関連付けられた: 野菜(傾向.025のためのP)、未加工果物と野菜(傾向.005のためのP)、および乳製品(傾向.025のためのP)。 男性では、未加工の高められた消費果物と野菜は肺癌(傾向.005のためのP)のための減らされた危険と関連付けられた。 食餌療法のベータ カロチン(または= 0.70; 95% CI = 0.50-0.99)、しかしないretinol (または= 0.98; 95%は危険の減少とCI = 0.82-1.17)、かなり関連付けられた。

結論: これは禁煙家の食餌療法の要因そして肺癌のこれまでに最も大きい調査である; 結果は食餌療法のベータ カロチン、未加工果物と野菜およびビタミンEの補足が禁煙人および女性の肺癌の危険を減らすことを提案する。

ベータ カロチンおよび口頭蟹座

口頭癌の防止に於いてのベータ カロチンおよび酸化防止栄養素の出現の役割。
Garewal HS; Schantz S
1995年、121、p141-4アーチのOtolaryngolの頭部の首Surg (2) 2月

補足の形態で無毒、容易に与えられてのでビタミンEのようなベータ カロチンおよび他の酸化防止栄養素は、広まった予防の使用のためにうってつけである。 一般群衆で癌の発生の減少を示すように設計されている介在の試験は、ほとんどのタイプの口腔の癌を含む癌のためにほとんど不可能記号論理学にあり。 従って、chemopreventionのための証拠は実験室および動物モデル、疫学的な危険度が高いグループでpremalignant損害または癌防止の逆転を示す調査および試験を使用して間接でなければ、ならない。 複数の動物モデルでは、ベータ カロチンおよび他の酸化防止栄養素は口頭発癌を禁じる。 疫学の研究は一貫して高い癌の危険性のこれらの栄養素の低い取入口を関連付ける。 喫煙者に血しょうおよび口頭粘膜の細胞で禁煙家より低いベータ カロチンのレベルがある。

8つの臨床試験は今ベータ カロチンおよびビタミンEが口頭白板症の退化を作り出すが、口頭白板症のchemopreventionの調査に限定があることを示してしまった。 すべての利用できる証拠は口頭癌を防ぐことに於いての酸化防止栄養素のための重要な役割を支える。

免疫反応

カロチノイドおよび免疫反応。
Bendich A
J Nutr、1989年、119 (1) p112-5 1月、

ベータ カロチンがautooxidative損傷からphagocytic細胞を保護し、TおよびBのリンパ球のproliferative応答高め、作動体のT細胞機能を刺激し、大食細胞、細胞毒素のT細胞およびNK細胞のtumoricidal容量を高めることができるあったり、またある特定のinterleukinsの生産を高めること生体外および生体内の実験動物の調査から成長する証拠が。 これらの効果の多数はまたプロビタミンAの活動に欠けているベータ カロチンの容量を癒やす酸化防止剤および一重項の酸素を持っているカロチノイドと見られた。 カロチノイドがある動物の減らされた腫瘍の重荷の免疫の強化の連合はある特定の癌のより高い発生とより低いカロチノイドの状態をつなぐ疫学的なデータのための潜在的な説明を提案する。 ビタミンAが比較的悪い酸化防止で、一重項の酸素を癒やすことができないのでベータ カロチンは栄養素としてよりより多くの重要性があるかもしれビタミンAの前駆物質として単に役立つ。 (22 Refs。)

ベータ カロチンおよびHIV

HIVウイルスに感染する主題のベータ カロチンの予備の試験
Garewal H.S.; Ampel N.M.; ワトソンR.R.; Prabhala R.H.; Dols C.L。
J. Nutr。、1992年、122/3のSUPPL。 (728-732)

ベータ カロチンは動物および人間のimmunomodulating特性が付いている無毒なカロチノイドである。 正常なimmunocompetent主題の私達の観察に基づいて、私達はHIVウイルス(HIV)に感染した11人の患者のこの混合物の効果を調査した。 各主題は4か月間ベータ カロチンの日刊新聞の60 mgを受け取った。 臨床および実験室調査はベースラインで、毎月間、間処置でそして処置の後の2か月得られる。 レイ11 (NK細胞)、Iaの抗原およびtransferrinの受容器(活動化させたリンパ球)を表現するベータ カロチンとの処置の3かの数か月後に細胞のパーセントの増加は観察され、その後減少した。 総リンパ球の計算またはCD11、CD8またはCD4抗原を表現する細胞のパーセントの重要な変更点は見られなかった。 臨床毒性は観察されなかった。 これらのデータはベータ カロチンがHIV感染させた主題のある特定の免疫のマーカーを調整できることを提案する。 HIV感染のこの混合物のそれ以上の調査は保証されるかもしれない。

ビタミンEの保護

ビタミンEのセレニウム、trolox Cのアスコルビン酸のpalmitate、acetylcysteine、補酵素Qのベータ カロチン、canthaxanthinによる保護は酸化させたヘム蛋白質によって、(+) -レバー切れへの酸化損傷に対するカテキン測定し。

陳H; TappelのAL
自由なRadic Biol Med、1994年、16 (4) p437-44 4月

ビタミンE、セレニウム、trolox Cのアスコルビン酸のpalmitate、acetylcysteine、ベータ カロチン、canthaxanthin、補酵素Q0の補酵素Q10と補われたビタミンEおよびセレニウムと、および食事療法に補われたオスSDのラットはビタミンE-およびセレニウム不十分な食事療法、食事療法および(+) -カテキン与えられた。 レバー切れはCBrCl3、tブチル ヒドロペルオキシド、Fe+2、またはCu+2.の有無にかかわらず37の摂氏温度で孵化した。 ラットのレバーへの酸化損傷に対する酸化防止栄養素の効果は酸化させたヘム蛋白質(OHP)の生産の測定によって酸化反作用の間に調査された。 ビタミンEおよびセレニウムと補われた食事療法は酸化防止不十分な食事療法と比較されたヘム蛋白質の酸化に対して強い保護を示した。 なお、食事療法の酸化防止剤をの多様性そして量増加することはかなり多くの保護を提供した。

一重項の酸素の消す物としてリコピン

最も有効な生物的カロチノイドの一重項の酸素の消す物としてリコピン。
Di Mascio P; Kaiser S; Sies H
アーチBiochem Biophys 11月1日1989年、274 (2) p532-8。

リコピン、生物学的に起こるカロチノイド、展示物一重項の酸素(kq = 31 x 10(9) M-1 s-1)と一定した最も高く物理的な癒やす率および血しょうレベルはベータ カロチン(kq = 14 x 10(9) M-1 s-1)のそれよりわずかに高い。 これはかなりの大衆的、栄養のカロチノイド以来、特にベータ カロチンであり、アルファ トコフェロール(kq = 0.3 x 10(9) M-1 s-1)のような他の酸化防止剤はprooxidant州に対する防衛で関係した; 疫学的な証拠はそのような混合物がある特定のタイプの癌に対して保護作用を出すことを明らかにする。 また、アルブミン行きのビリルビンは知られていた一重項の酸素の消す物(kq = 3.2 x 10(9) M-1 s-1)である。 これらの相違が考慮に入れられるとき、リコピン(血しょうの0.7のmicroM)の容量を癒やす一重項の酸素ベータ カロチン(血しょうの0.5のmicroM)、アルブミン行きのビリルビン(血しょうの15 microM)、およびアルファ トコフェロール(22のmicroM n血しょう)は対等な大きさである。



雑誌のフォーラムに戻る