生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年4月

プロザックと間違っている何が

Saulケント著

私達は私達が応答に得るプロザック今を聞かなければならなかった。 プロザックに戻って話しているピーターR. Bregginおよびショウガ ロスBreggin先生は彼らの本のプロザックの承認についての隠された真実を露出する。 「」話すことはすべての時間の最も普及した薬剤の1つの隠された危険を露出する。 Bregginsのペンキ製造業者の願いへの少し抵抗を提供したFDAを通ってスケートで滑った薬剤の映像。 ピーターR. Bregginは健康薬物ベースの精神医学の長い間の評論家の精神の国民の協会を持つコンサルタント精神医学者前である。 ショウガ ロスBregginは精神医学の調査のための中心におよび教育作家そして研究責任者である。

イメージ 最も衝撃的な告発の1つはBregginsのレベル プロザックがまたセロトニンのreuptakeを禁じるコカイン薬剤およびアンフェタミンの化学いとこであることである。 プロザックを危なくさせるのはそれらの特性、Breggins信じるである。 そして危ないそれはある。 普通の人々はベッドから起き出すことおよびそれを取った後彼ら自身を掛けることのような事を夜中してしまった。 「速度」のそっくりの行動および侵略の多数のレポートがある。 人々は人々がナイフとのそれらに来ている、または他または自身を殺そうとしている不快感の持を報告した。 置かれる1人の女性彼女の子供の前の彼女自身を撃つことを試みることの上で終わる減量のための薬剤。 (彼女の夫は銃を彼女から離れた得た)。 Bregginsに従って、この動作の種類は人々が時々コカインか「速度」ですることをに一貫している。 プロザックによって法律化される「速度」はあるか。 Bregginsはよい場合を作る。

プロザックのFDAの承認についての真実

「それがずっと薬剤は決してすることを仮定するものをすると証明されていないという事実のためでなかったらプロザック狂気」は別の方法で有利な薬剤のまれで、不運な副作用として退去するかもしれない。 FDA文書の細心の解剖はプロザックがよくより三環系抗鬱薬働くか、証拠がないことを明らかにする-またはまったく働くこと。

Bregginsに従って、Eli Lillyが要求する11,000人の患者は約300に臨床試験にドロップアウトと共に薬剤の代りに偽薬を得た5,000+が控除されるとき縮まる加わった。 それ以上FDAが欺瞞のために投げ出した調査、愚かさを控除する、および他の薬剤をプロザックと混合して、臨床試験を完了した患者の実際の数は極めて小さい。 本管の調査の1つは11人の患者だけからのデータに賛成のプロザックで使用されるFDA基づいている! そしてそれは他の試験の欺瞞の訴えられた医者によって行なわれた。

、14の臨床試験の、11が設計で真剣に台なしにされるか、または、そしてことを示されていなかったこと働いたプロザックBregginsショーは残りの3つの試験(FDAが頼ったかどれを)弱く、unpersuasiveすべてだった。 調査のどれも6週間以上持続しなかったし、患者は偽薬よりよいとして頻繁にプロザックを評価しなかった。 この薬剤を取っている臨床試験が安全、効力および長期利点を証明した、けれども外見上そのようなデータがないことを信頼している何百万の人々がある。

「」話すことは承認の間に継続した、およびそれに続くマーケティングの、プロザック含んでいる欺瞞の多数の例を。 (実際なかった時)プロザックにより不況で70%の改善を引き起こしたことをによって押された場合ピーターBreggin説明するため彼が本、ロナルド70%の改善があったことそれは彼自身の個人的な感情だったことをR. Fieveが説明した精神医学者でなぜ示すか。 70%図がそれらの人々を含まなかったことを途中でやめたグループの1/3rdが70%の改善に調査いかに合ったかただされたとき、Fieveは説明した。 FieveはEli Lillyによって臨床試験を行なうために支払われプロザックで続いて消費者手引を書いた。

、もう一人の調査官科学的な調査のFDAディレクターからこのコメントを引いた少なくとも1つの調査堤出されるJ.P. Feighner: 彼が「堤出した調査に食糧からの複数の出発が薬剤の管理の規則か一般に受け入れられた薬剤のinvestigational練習」あった。 彼は調査の包含および排除の規準に続くためにさとされた。 Bregginsはプロザックの調査に加わった患者のどれも厳しい不況に苦しんでいなかったことを指摘する。 、このタイプの事の一部が大きい調査に起こるかもしれない間、Bregginsショーがデータをごまかすそれであり「cookin本」がプロザックの調査のための標準だった何を。

特に狼狽しているものがそのデータ公共の眺めから隠れ続けるである。 FDAの自発の報告制度は公認の薬剤によって引き起こされる不利なでき事を把握するために仮定される。 その方法は、FDA臨床試験に出て来なかった潜在的な悪影響のための薬剤を監察できる。 Bregginsに従って、これはプロザックと十分にされていない。 ある特定の不利な反作用は、自殺ideationのような報告制度のコンピュータで、「合わない」、従って単に省かれる。 プロザックのための副作用の発生がである偽りなくもの知っていることは不可能である。 1つはプロザックのための実質臨床試験が知識公衆なしのアメリカ人で行われていることしか結論なできる。

本の最も冷える面の1つはプロザックによりタイプの最も悪い性犯罪者/殺人者を思い浮ばせる社会的な回収および感情的な平坦を引き起こすかもしれないという可能性である。 このタイプの人格変更は共通であるかどうか、またはBreggins少数の場合を単に取り、過大視されるnotclearである、しかし1つの事は確かである: プロザックに戻って話すことは熟視するか、または現在経るだれでものためのな読書プロザック療法である。