生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1997年4月

遊離基によって与えられた酸化損害はカテコラミンの自動酸化の間に作り出した:
Oメチル化およびmelatoninの保護効果

ミラーJ.W.; Selhub J.; ヨセフJ.A。
薬理学の部門、
デューク大学の医療センター、箱3813、ダラム、NC 27710米国
遊離基の生物学および薬(米国)、1996年、21/2 (241-249)

カテコラミンの自動酸化は正常な老化の間にそしてパーキンソン病に起こる頭脳のnigrostriatal地域のdopaminergicニューロンの損失で関係した反応酸素種を作り出す。 現在の調査では、カテコラミンのOメチル化とカテコラミン自動酸化誘発蛋白質の損傷に対するMelatoninの潜在的な保護効果は酸素の根本的な吸光度容量(ORAC)の試金を使用して生体外で査定された。 酸化代理店CuSO4によって引き起こされた蛍光蛋白質のporphyridiumのcruentumのベータ フィコエリトリン(ベータPE)の酸化の率はカテコラミン ドーパミンおよびLドーパの付加によって加速されるために示されていた。 Oメチル化された代謝物質の3-O-methyldopamineおよび3-O- methyldopaの試金のドーパミンそしてLドーパの取り替えはかなりベータPEの酸化の率を減らした。 MelatoninがドーパミンかL-ドーパを伴ってORACの試金に加えられたときに、ベータPEの酸化の率は同様に減った。 これらの調査結果は次の解釈に一貫していた: (1) Oメチル化されたカテコラミンはnonmethylated前駆物質より自動酸化により少なく敏感であり、(2)強力な酸化防止剤のために最近示されてしまったmelatoninはカテコラミンの自動酸化の間に作り出される遊離基を掃除することができる。 これらの調査結果はOメチル化およびMelatoninがカテコラミンの自動酸化に対する頭脳の酸化防止防衛の重要な部品であり、必然的なdopaminergic neurodegenerationから保護するかもしれないことを提案する。

kainateのintraperitonealadministrationによって引き起こされるラットへのhippocampal DNAの損傷に対するMelatoninの保護効果

Uz T; Giusti P; Franceschini D; Kharlamov A; Manev H
神経科学の研究所、Allegheny歌手の研究所、ピッツバーグ、PA 15212、米国
神経科学(1996年、73 (3)米国) p631-6 8月、

pinealホルモンのMelatoninはkainateに敏感なグルタミン酸塩の受容器によって仲介されるexcitotoxicityと酸化圧力誘発DNAの損傷およびapoptosisからニューロンを生体外で保護する。 実験動物へのkainateの腹腔内の注入は海馬を含む複数の頭脳区域のDNAの損傷を、誘発する。 それはMelatoninがneuroprotective生体内であるかどうか明確ではない。 この調査では、私達は成人男子のWistarのラットの海馬のkainate誘発DNAの損傷を防ぐことのMelatoninの生体内の効力をテストした。 Melatoninおよびkainateは注入されたi.pだった。 ラットは6への72 h後で殺され、海馬はDNAの損傷の証拠(現場で、汚れるすなわちTUNEL dUTP終り分類する)と細胞の実行可能性(汚れるNissl)のために検査された。 量的な試金はコンピュータ化されたイメージ分析を使用して行われた。 kainateの後の48および72 hで私達は海馬のCA1地域のTUNEL肯定的な細胞を見つけた; Nissl汚れた隣接したセクションでは、私達は細胞の損失の証拠を見つけた。 TUNEL肯定的な細胞の数およびNisslの汚損の損失は両方i.pによって減った。 Melatonin (4 x 2.5 mg/kgの管理; i.e. 20 kainateの前の分、の直後に、および1およびkainateの後の2 h)。 私達の結果はMelatoninがkainateに敏感なグルタミン酸塩の受容器の活発化を含む癲癇のような病理学と関連付けられる細胞傷害の範囲を減らすかもしれないことを提案する。

ラットのkainate誘発のexcitotoxicityからのMelatoninによるNeuroprotection

Giusti P; Lipartiti M; Franceschini D; Schiavo N; Floreani M; Manev H
薬理学、パドゥア、イタリアの大学の部門
FASEB J (1996年、10 (8)米国) p891-6 6月、

この調査では、私達はkainate 10のmg/kgのi.p注入した。 ラットに。 これは私達が海馬、扁桃体およびpyriform皮質で量を示した脳損傷で起因した。 神経の損傷は一組の典型的な行動の印と影響を受けた頭脳区域の生化学的な変更によって(noradrenalineの減少および5-hydroxyindoleacetic酸の増加)先行された。 Melatonin (2.5 mg/kg)は注入されたi.pだった。 4回: 20 kainateの前の分、の直後に、および1およびkainateの後の2 h。 10のmg/kgのMelatoninの集積線量はkainate誘発の神経の死、また行動および生化学的な妨害を防いだ。 可能なメカニズムはの酸化防止行為のneuroprotectionのうそをmelatonin提供した。 私達の結果はMelatoninが癲癇準の悩障害、打撃および頭脳の外傷のような病理学の処置のための潜在性を保持することを提案する。

中心の体温に対するMelatoninのhypothermic効果: よりよいか。

ドーソンD; テナガザルS; Singh P
睡眠の研究のための中心、心理学の学校、南オーストラリアのエリザベス女王の病院、オーストラリアの大学
J Pineal Res (1996年、20 (4)デンマーク) p192-7 5月、

最近の調査はMelatoninが生理学的なレベルで催眠性そしてhypothermicであることを示した。 実際に、催眠性の効果はhypothermic行為によって仲介されるかもしれない。 これが事実なら、melatoninのthermoregulatory効果のための用量反応関係を探検することは重要である。 18と38の間で老化した健康な大人4人の8人グループは(n = 32)それぞれ中心の体温(CT) 2つの12 hr bedrest議定書を経たおよび血しょうMelatoninのレベルは0800のそして2000時間の間に同時に測定された。 各グループのために、主題は二重盲目の相殺されたクロスオーバー設計の1600 hrにサッカロースの偽薬か0.1、0.5、1.0、か5.0 mgのMelatoninのカプセル摂取した。 Melatoninは1つのhrのまったく達されてピーク レベルが、線量レベルの後で急速に吸収された。 中間のピーク血しょうMelatoninのレベルは生理学から線量依存した方法の病理学のレベルに増加した。 すべての線量レベルのための除去は33そして47 min.間の中間血しょう半減期と急速、だった。 より低い線量でCTの中間の低下は0.05そして0.15の摂氏温度の間に、2のそして3時間の間に取った。 大量服用で(1.0および5.0 mg)、CTは30-60最低の続く摂取内の0.25-0.3の摂氏温度下り、大量服用(5 mg)に調査の持続期間のために抑制されて残った。 線量依存した方法だったようであるものがで低下の大きさそして持続期間は増加する間、この関係が簡単な用量反応のカーブを反映することはまずない。 2つの最も低い線量(0.1そして0.5 mg)に管理の後に血しょうプロフィールにかなりの可変性が、特にあった。 従ってCTのより低い中間の低下はおそらく2つの最も低い線量で生理学的な血しょうレベルおよびhypothermic効果を、達成する主題のより低い割合を反映する。 睡眠の手始めおよび維持を改善すればのにMelatoninがCTの低下によって使用されるべきなら1.0および5.0 mg間の線量はこと農産物すべての主題を渡るCTの一貫した低下最も低いようである。

亜鉛プールはpinealectomizedマウスのMelatoninの免疫があ再構成の効果にかかわる

Mocchegiani E; Bulian D; Santarelli L; Tibaldi A; Muzzioli M; Lesnikov V; Pierpaoli W; Fabris N
Gerontol。 Res. 部門、老化のイタリアの国民の研究所、アンコーナ、イタリア
J Pharmacol Exp. Ther (米国) 1996年、277 (3) p1200-8 6月、

Melatonin (メル)は直接か間接メカニズムによって免疫組織に影響を与える。 古いマウスのメルの免疫があ再構成の効果の亜鉛プールの介入は最近文書化されてしまった。 変えられた亜鉛転換および損なわれた免疫機能はpinealectomized (pxの)マウスでまた明白である。 現在の仕事は亜鉛プールとpxのマウスのthymicおよび周辺免疫機能に対するメルの「生理学的な」線量の効果を更に調査する。 pxのマウスの1か月間メル(100マイクログラム/マウス)の毎日の注入は否定的からの肯定的な価値に粗野な亜鉛バランスを元通りにした。 また回復されるinterleukin2の血しょうレベルを含むThymicおよび周辺免疫機能。 免疫機能に対するメルの無毒な効果はにせ物作動させたマウスで観察された。 メルの半減期が非常に短い(12分)ので、pxのマウスのメルの処置の中断は、免疫機能の更新された否定的で粗野な亜鉛バランスそして退化の1か月後に、起因した。 亜鉛プールおよび免疫学変数は両方30のそれ以上の日のメルの処置までに元通りになった。 メルの処置の周期が両方ともメルのimmunoenhancing効果ではっきり亜鉛プールの介入を示した、こうして提案する後亜鉛とthymicホルモン間の重要な相関関係の存在はpxのマウスの亜鉛とメル間の相互関係を。 さらに、亜鉛間の重要で肯定的な相関関係の存在はかthymulinおよびinterleukin2 interleukin2が、pxによってメル扱われるマウスのthymic機能の亜鉛によって、メルの行為に加わるかもしれないことを提案する。

人間の癌細胞の生体外の成長に対するリノール酸およびベータ カロチンの活用されたdienoic派生物の抑制的な効果

シュルツTD; 咀嚼BP; 船員WR; Luedecke LO
食品科学および人間栄養物の部門、
ワシントン州立大学、プルマン式車両99164-6376
蟹座Lett (ネザーランド) 1992年4月15日、63 (2) p125-33、

人間(M21-HPBの悪性黒色腫に対する活用されたリノール酸(CLA)およびベータ カロチンの生理学的な集中の効果は査定された; 大腸HT-29; MCF-7の胸の)癌細胞。 CLAが付いている癌細胞の孵化は制御文化と比較された拡散(18-100%)の重要な減少を示した。 M21-HPBおよびMCF-7細胞の死亡率は線量および時間依存だった。 ベータ カロチンは胸の細胞だけに抑制的だった。 CLAと補われたMCF-7細胞はより少ない[3H]ロイシン(45%)、[3H]ウリジン(63%)および[制御文化より3H]チミジンを(46%)かなり組み込んだ。 CLAと補われたM21-HPBおよびHT-29細胞はより少ない[3H]ロイシンを組み込んだ(25-30%)。 これらの生体外の結果はCLAおよびベータ カロチンが人間の癌細胞に生体内で細胞毒素であるかもしれないことを提案する。

活用されたリノール酸はラットの乳腺の乳房の発癌そしてproliferative活動を抑制する

Ip C; Singh M; トムソンHJ; 外科腫瘍学、Roswell公園の蟹座の協会、バッファロー、ニューヨーク14263の蟹座Res (米国)のScimeca JA部1994年3月1日、54 (5) p1212-5、

活用されたリノール酸(CLA)はリノール酸の定位置および幾何学的な異性体の混合物を示す総称である。 それは肉および乳製品で自然発生する。 私達は前に報告してしまった(Ip、C.、Chin、S.F.、Scimeca、J.A.、およびPariza、M.W. Cancer Res。、51: 6118-6124、 1991年) 食事療法のその1% CLAは7,12-dimethylbenz (a)あったラットの乳房の発癌をアントラセンの大量服用が(10 mg)抑制した。 現在の調査では乳房の腫瘍収穫の線量依存した阻止を作り出すと7,12-dimethylbenz (a)扱われたラットに慢性的に与えられたときアントラセンのより低い線量(5 mg)と、0.05と0.5%間の食餌療法CLAは見つけられた。 生後50日に引き離すことからの発癌物質の管理の時に5週間、与えている短期CLAはまたそれに続く腫瘍発生に対して重要な保護を提供した。 この期間はラットの大人の段階に乳腺の成熟に対応する。 短期CLAの露出への抑制的な応答は2発癌物質の使用と観察された: 7,12-dimethylbenz (a)アントラセンおよびmethylnitrosourea。 CLAがmethylnitrosoureaモデルで保護だったという事実はneoplastic変形へのターゲット器官の感受性に対する直接調整の効果をもたらすかもしれないことを提案する。 乳房の上皮のproliferative活動はbromodeoxyuridineの結合によって査定された。 Immunohistochemical汚損の結果はCLAがlobuloalveolarコンパートメントの分類の索引を減らした、乳房の木のductalコンパートメントのそれことを示さなかった。 lobuloalveolar構造が発癌性の変形の場所である末端の端の芽から得られるので、上記に見つけることは腫瘍の阻止の生物検定データに一貫している。 従って、腺の開発および形態形成の変更は乳房の発癌の調整のCLAの行為の位置であるかもしれない。 CLAは動物の源からの食糧にあるので独特なanticarcinogenである。 なお、癌の保護の効力は人間が消費するレベルに近い食餌療法の集中で明らかである。

不況および痴呆の脳脊髄液S-adenosylmethionine: 非経口的な、口頭S-adenosylmethioninの処置の効果

Bottiglieri T; ゴッドフリーP; Flynn T; Carney MW; Toone BK; 神経学、College Hospital、ロンドン、イギリス王ののレイノルズEH部。
J Neurol Neurosurgの精神医学(イギリス) 1990年、53 (12) p1096-8 12月、

脳脊髄液(CSF)のS-adenosylmethionine (SAM)のレベルは神経学的な制御グループのよりひどく落ち込んだ患者でかなり低かった。 SAMの管理は人間の血頭脳の障壁を交差させることを示すCSF SAMの重要な上昇と静脈内でまたは口頭で関連付けられる。 これらの観察は複数の国で確認されたSAMの抗鬱剤の効果に理性的な基礎を提供する。 CSF SAMのレベルはそのような患者のメチル化の可能な妨害およびSAMの処置の試験のための必要性を提案しているAlzheimerの痴呆の患者のグループで低かった。

口頭S adenosyl lメチオニンの抗鬱剤の潜在性

Rosenbaum JF; Fava M; Falk私達; ポラックMH; Cohen LS; Cohen BM; Zubenko GS
臨床Psychopharm。 単位、固まり。 総合病院、ボストン02114
アクタPsychiatr Scand (1990年、81 (5)デンマーク) p432-6 5月、

S adenosyl lメチオニンは(同じ)、自然発生する頭脳の代謝物質有効であるために、前に確認され、非経口的な形態で主要な不況の処置としてよく容認されてしまった。 口頭の抗鬱剤の潜在性を探検するためには同じ、私達はそれらを含む主要な不況の20人の外来患者の公開裁判を、との行なった(n = (n = 11)抗鬱剤の無回答の前の歴史なしの9)および。 グループは口頭と全体としてかなり同じを改善した: 非処置抵抗力がある11および9人の処置抵抗力がある患者の2の7つは完全な抗鬱剤の応答を経験した。 副作用は穏やか、一時的だった。

不況の口頭S-adenosylmethionine: ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験

Kagan BL; Sultzer DL; Rosenlicht N; Gerner RH
精神医学、ロスアンジェルス西のVAの医療センター、CA.の部門。
AM Jの精神医学(1990年、147 (5)米国) p591-5 5月、

メチル化は精神医学の病気の病因学で関係した。 非経口的なS-adenosylmethionineのメチル基の提供者は有効な抗鬱剤であるために、示されていた。 著者は主要な不況の15人の入院患者のためのランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験の口頭S-adenosylmethionineの抗鬱剤の効果を調査した。 結果は口頭S-adenosylmethionineが少数の副作用の安全で、有効な抗鬱剤および行為の急速な手始めであることを提案する。 S-Adenosylmethionineはマニアの歴史無しで患者のマニアを引き起こした。 S-Adenosylmethionineは三環系抗鬱薬を容認できない患者のために有用かもしれない。 これらの調査結果は不況のpathophysiologyに於いてのメチル化のための役割を支える。

不況の処置のS-adenosylmethionine

Vahora SA; Malek-Ahmadi P
テキサスの技術大学、精神医学、ラボック79430の部門医科大学院
Neurosci BiobehavのRev. (米国) 夏1988年、12 (2) p139-41、

S-adenosylmethionine (同じ)の抗鬱剤の特性は複数の自由な、管理された調査によって支えられた。 標準的な抗鬱剤の代理店と比較されて、同じは数副作用およびより短い遅れの期間を過す。 同じ敏感な不況の輪郭を描く未来の調査は保証される。 (38 Refs。)

不況のS-adenosylmethionineの処置: 管理された臨床試験

鐘KM; Plon L; Bunney私達ジュニア; Potkin SG
、アーヴァイン カリフォルニア大学医療センター、オレンジ92668
AM Jの精神医学(1988年、145 (9)米国) p1110-4 9月、

S-adenosylmethionineの抗鬱剤の特性、内生メチルの提供者は主要な不況のためのDSM-IIIの規準を満たした入院患者で、調査された。 imipramineの静脈内のS-adenosylmethionineそして9つのある特定の低い口頭線量があった9人の患者は14日間二重盲目の設計で比較された。 S-adenosylmethionineは処置の最初の週の終りまでに優秀な結果を生んだ。 第2週の終りまでに、S-adenosylmethionineの患者の66%にimipramineの患者の22%と比較された憂鬱な徴候で臨床的に重要な改善があった。 副作用は調査の最後の5日の間にimipramineとのよりS-adenosylmethionineとの少数だったようである。

パーキンソン病の患者の不況のS-Adenosylmethionineの処置:
二重盲目のクロスオーバーの調査対偽薬

Carrieri P.B.; Indaco A.; 異邦人S.; Troisi E.; Campanella G. Clinica Neurologica、Il Facolta di Medicina e ChirurgiaのUniversitaのディディミアムNapoli、Napoli、1990年、48 (1)イタリアCurr Ther Res p164 7月、
不況はパーキンソン病(PD)の患者で頻繁に観察される。 二重盲目はのクロスオーバーの調査対偽薬S-adenosylmethionine (同じ)と、内生メチルの提供者扱われたPDを持つ21人の患者および不況で行なわれた。 調査の持続期間は処置間の2週の流出の期間の各腕のための30日、だった。 各評価で、不況のためのウェブスターの評価尺度、ノースウェスタン大学のDisablilityのスケール、ハミルトン評価尺度、および小川の自己の不況の目録は使用された。 同じは400 mgの線量で管理された。 口頭で入札200 mg IMの日刊新聞と。 パーキンソンの徴候が不変だったようであるが、偽薬がより統計的に大きい範囲へのPDを持つ患者の同じ改善された不況。 副作用は適当、短い持続期間だった。

不況の口頭S adenosyl Lメチオニン

Vanna M. DE; Rigamonti R。
トリエステの大学精神医学部、大学、トリエステおよび精神医学の単位、Ospedale Civile、ゴリツィア、イタリア
1992年、52、p478 Curr Ther Res (3) 9月、

口頭S adenosyl Lメチオニン(同じ)の抗鬱剤の活動は主要な不況の30人の患者のランダム化された、二重盲目の、imipramine制御の試験で評価された。 結果は口頭同じが僅かな副作用の安全で、有効な抗鬱剤および行為の急速な手始めであることを提案する。 1人の患者だけhypomanicなったが、調査を途中でやめなかった。 同じは他の危険率の患者のためのの他の抗鬱剤の代理店を容認できない患者のために有用かもしれない。 これらの調査結果は不況のpathophysiologyに於いてのメチル化のための役割を提案する。

主要な不況および内部病気の患者のS adenosyl Lメチオニンとの処置の結果

Criconia AM; Araquistain JM; Daffina N; Navajas F; Bordino M
内科、Ospedale Cristoの部門に関して、ローマ、イタリア
1994年、55、p666 Curr Ther Res (6) 6月、
さまざまな起源の内部病気と関連付けられたS adenosyl Lメチオニンとの処置の4週登録された(同じ)間主要な不況の四十八人の患者は。 薬物は入院患者で(静脈内でまたは筋肉内で毎日400 mg)および外来患者で口頭で(毎日800 mg)非経口的に管理された。 評価は小川の不況の目録(BDI)によってベースライン値と日28のスコアを比較することによって行われた。 統計的に重要な相違は観察された(P 0.01)。 未成年者の不利な副作用が報告されたが薬物を撤回するには、十分に厳しくなかった。 準の内部病気の落ち込んだ患者で有効、比較的安全であると証明される同じ処置。

S adenosyl Lメチオニンの臨床評価対transcutaneous電気神経
第一次fibromyalgiaの刺激

Benedetto Pのディディミアム; Iona LG; Zidarich V
リハビリテーション・センター、Ospedale Santoro、トリエステ、イタリア
1993年、53、p222 Curr Ther Res (2) 2月、

S adenosyl Lメチオニン(同じ)およびtranscutaneous電気神経の刺激(10)の効果は第一次fibromyalgiaの30人の患者の6週間の管理された試験で評価された。 10とは違って、同じはかなり柔らかいポイントの総数を減らしたり、苦痛および疲労の主観的な徴候に対する重要で有利な効果をもたらし、かなりハミルトン不況および心配の評価尺度のスコアおよび不況のためのZungの自己評価のスケールを減らした。 処置の終わりに、ハミルトン心配の10のグループによって表わされるかなり減らされたスコアの患者はただ量る。

ランダム化された臨床試験の不況の概観そしてメタ分析のためのオトギリソウ

リンデK; ラミレスG; MulrowのCD; Pauls A; Weidenhammer W; Melchart D
Projekt Munchener Modell、ルートビッヒMaximilians Universitat、ミュンヘン、ドイツ
BMJ (イギリス) 1996年8月3日、313 (7052) p253-8、

客観的にperforatumによって(オトギリソウ)が不況の処置の偽薬より有効であるオトギリソウ属のエキスが、標準的なantidepressive処置有効調査し、標準的な抗鬱剤より少数の副作用をもたらしなさい。 調査によって明らかにされる試験の設計組織的検討そしてメタ分析。 TRIALS-23は合計主に穏やかか適度に厳しく憂鬱な無秩序の1757人の外来患者を含む試験をランダム化した: 15 (14のテストの単一の準備および1つ他の植物のエキスとの組合せ)制御された偽薬および8つは別の薬剤の処置と(6つのテストの単一の準備および2つの組合せ)比較したオトギリソウ属をだった。 主要な結果MEASURES-Aは副作用のために報告し、脱落している応答機率の比率(制御グループの処置のグループ/応答機率の応答機率)の見積もり、および患者の数を分かち合った。 結果オトギリソウ属のエキスは偽薬(比率= 2.67よりかなり優秀だった; 95%の信頼区間1.78への 4.01) そして標準的な抗鬱剤(単一の準備1.10として同様に有効; 0.93から1.31の組合せ1.52; 0.78への 2.94)。 2 (0.8%)落とすオトギリソウ属との副作用のための出口をおよび標準的な抗鬱剤との7が(3.0%)あった。 副作用はオトギリソウ属の50人の(19.8%人の)患者および標準的な抗鬱剤の84人の(52.8%人の)患者で行われた。 結論そこはオトギリソウ属のエキスが適度に厳しく憂鬱な無秩序に穏やかの処置のための偽薬より有効の証拠である。 エキスを患者の明示されているグループの標準的な抗鬱剤と比較し、異なったエキスおよび線量を比較するそれ以上の調査は必要である。

高い濃度のオトギリソウ属の準備の多中心の偽薬制御の二重盲目の調査の憂鬱な徴候の処置

Witte B; Harrer G; Kaptan T; Podzuweit H; シュミツトU
Arbeits-のundのForschungsgemeinschaftの毛皮Arzneimittel-Sicherheite。 V.、Koln
Fortschr Med (ドイツ) 1995年10月10日、113 (28) p404-8、

多中心では、偽薬制御の二重盲目の試験は、革新的な非常に集中されたオトギリソウ属の準備との処置の不況(ICD 10 F 32.1)に対する効果調査された。 調査はオトギリソウ属のエキスの入札の100から120 mgを受け取った97人の外来患者を含んでいた。 病気のコースはハミルトン不況のスケール(HAMD)、フォンZerssen Depressivityのスケール(D-S)および臨床全体的な印象のスケール(CGIS)と査定された。 処置は不況の徴候の相当な改善、および化学抗鬱剤のそれに対応した70%の回答比率で(n = 43)起因した。 準備はまたanxiolyticの効果を示した。 物質は非常に健康な容認されて、副作用は患者の何れかによって報告されなかった。

季節的で情緒的な無秩序の処置のオトギリソウ属

マルチネーゼB; Kasper S; Ruhrmann S; Moller HJ
Psychiatrische Universitatsklinikボン、ドイツ
J Geriatrの精神医学Neurol (米国) 1994年、7つの1 pS29-33 Suppl 10月、

季節的で情緒的な無秩序は(悲しい)ばね/夏の秋/冬および完全な赦免の徴候の規則的な発生と主要な不況の小群を表す。 軽い療法(LT)はこのタイプの不況の標準的な処置になった。 これから離れて、抗鬱剤とのpharmacotherapyはまた悲しい徴候の改善を提供するようである。 制御されたこれの目標は単一盲目の調査であることができればかどうかLTとの組合せはその上に有利オトギリソウ属、植物のエキスが、悲しい患者の処理で有利である評価することであり。 季節的なパターンとの主要な不況のためのDSM-III-Rの規準を達成した患者は明るいと結合された1日あたりのオトギリソウ属の900 mgとの4週間の処置の調査でランダム化された(3000ルクス、nは= 10)または薄暗くなる(300ルクス、n = 10)光条件。 軽い療法は2時間応用毎日だった。 私達は両方のグループ2グループ間の重要な相違のハミルトン不況のスケールのスコアの重要な(MANOVA、P .001)減少を見つけなかった。 私達のデータはオトギリソウ属とのpharmacologic処置が季節的で情緒的な無秩序の患者の有効な療法であるかもしれないことを提案する。

オトギリソウ属のエキス李160の抗鬱剤の有効性を検査する多中心の二重盲目の調査

Hansgen KD; Vesper J; Ploch M
Institutの毛皮Psychologie、Universitat Fribourg/Schweiz、ドイツ
J Geriatrの精神医学Neurol (米国) 1994年、7つの1 pS15-8 Suppl 10月、

11の医者の練習の72人の憂鬱な患者はオトギリソウ属のエキス李160または偽薬と6週の期間の二重盲目の調査で扱われた。 包含の規準はDSM-III-Rに従って主要な不況だった。 変更は4個の精神測定のスケール(HAMD、D-S、BEB、CGI)を使用して査定された。 療法の4週後で、統計的評価は偽薬のグループと比べて活動的なグループのすべての4つの心理テストの重要な改善を明らかにした。 活動的な処置への偽薬のグループを転換した後(療法の第5から第6週)、重要な改善は元の偽薬のグループで見つけられた。 深刻な副作用は観察されなかった。