生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年9月
イメージ

ラットの頭脳の年齢依存した変更に対するDeprenylの長期処置の効果

最近、イタリアのCamerinoの科学者はSprague-Dawleyのオスのラットの 頭脳の年齢関連のmicroanatomical変更に対するdeprenylの処置の効果を探検した。 Deprenylは毎日2つの制御として使用されて年齢一致させた未処理のラットが5か月間線量の(1.25 mg/kg/日および5 mgfl)のsubcutaneous注入によって(年齢の24月19にから)、与えられ、大人の参照として使用されるIl月古いラットは25-26を 分ける

彼らはニューロンおよびグリア細胞の数、洞穴密度および新陳代謝の活動が(学習および記憶の重要な役割を担う) hipocampus、(情報処理にかかわる)前頭皮質、および(動きおよびバランスを調整する)の未処理のラットの年齢とcerebellar皮質減ったことが分った。

それらはまたそのdeprenyl (5 mgで、しかしない1.25のmg)頭脳のある特定の区域の、ない他の神経の活動の低下を防いだことを観察した。 薬剤はcerebellar皮質のhippocampalニューロンそしてPurkinjeニューロンの維持で特に有効だった。 deprenyl (1.25 mg/kg/日)、MAO-Bの活動に影響を与えなかった、のより低い線量は老化の顔料(lipofuscin)の年齢関連の集結を防いだが、損失をニューロン防がなかった。 結論は「L-deprenyl の処置が老化の頭脳の典型的なあるmicroanatomical変更に逆らえることだった。 これらの事実のいくつかは混合物の抑制的なMAO-Bの活動とおそらく」関連していない。 26

Deprenylは芝地およびカタラーゼのレベルを後押しする

Deprenylに酸化防止特性がある、またボディの自身の酸化防止酵素のスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地 )および実験室のラットの 頭脳のカタラーゼのレベルを後押しできる。 これらの効果を示す調査は日本の老人病学の東京大都会の協会のM.C. Carrilloおよび仲間によって行なわれた。 27-28

日本の科学者は対照動物は塩の注入を受け取ったが、フィッシャー344の6ヶ月のラットに3週間deprenylの2つのmg/kgの副皮膚の注入を毎日与えた。 彼らは芝地の300%の増加およびsubstantiaのnigraの、 ない海馬または小脳のカタラーゼの60%の増加を見つけた。 それらはそれに注意した:
「私達の現在の結果はこうしてdeprenylの効果がある特定の頭脳の地域に幾分選択的であることを示す。 小脳のdertainの皮層地域のMn芝地の芝地の活動の顕著な増加を、特にそれ見ることは興味深い。 一方では、本質的にレバーの酵素活性に対するdeprenylの効果がなかった。 レバーに、また海馬に豊富なMAO-Bの活動があるので、芝地の活動を高めるdeprenylの機能がMAO-Bの存在に依存している」。ことはまずないようである27-28

パーキンソン病のNigralニューロンに対するDeprenylの効果

deprenylは頭脳ニューロンに対するneuroprotective効果をもたらすことを 提案する ティッシュ文化および動物実験が印象的であるが、それらのどれもパーキンソンの患者の頭脳のニューロンでdeprenylの効果の 直接証拠を 提供しない。 しかし主題の容積を話すフィンランドのトゥルクの大学に研究者によって1つの調査行う。29

substantiaのnigraニューロンがパーキンソン病で破壊され、病気の病理学の認刻極印がLewyボディと呼ばれる神経の損害であるのでフィンランドの科学者はパーキンソン病で死んだ患者からの25の頭脳の任意に指定サンプルを調査した。 25人の患者の10はPのdeprenylを受け取り、Lドーパおよび15は単独でLドーパを受け取った。 それらはそれからすべての25の頭脳のsubstantiaのnigraの中間セクションのLewyニューロンそしてボディを数えた。

彼らはそれを見つけた:
「現在の結果は中間のnigralニューロンの数がより大きく、ニューロンごとのLewyボディの数が単独でlevodopaを受け取った患者と比較してlevodopaを伴ってselegilineと扱われたそれらのパーキンソン病の患者でより小さいことを示す。 これらの調査結果はsubstantiaのnigraの退化がselegilineの処置が」あった患者により少なく厳しいことを示す。 29

 

Deprenylは学習および記憶を改善する
この記事の継続