生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年 10月
イメージ

蟹座の戦争:
1人の医者は先生に勝っているニコラスGonzalez

LEFの従業者生命延長従業者
医療専門家がいかに練習するか
生命延長


Terri Mitchell著

あなたの医者はにんじんのための規定を渡したあることがか。 おそらくない。 何人かの科学者がずっと幾年もの間言っていることをしかし研究が確認すれば、食事療法は癌の戦争の大きい銃になる かもしれない。 抵抗の年後で、国立癌研究所(NCI)は食事療法および栄養素の補足を含む代わりとなる癌療法を最終的に見てみている。 先生。 ニコラスGONZALEZは彼らの関心を引いた少数の医者の1才である。

この確立の医者回反逆者は膵臓癌-私達の 最も悪いキラー の1の確率を打っている。 臨床試験の一部として、Gonzalezは、ほとんどの場合、よくしている10人の膵臓癌の患者がある。 ある人々は既に限り2年存続してしまった。 どれも放射か化学療法と 扱われなかった

従来の療法からの出発

従来の癌療法は癌を殺すように設計されている。 問題はそれ薬剤が付いている破壊の癌細胞であり、放射は免除を不具にし、健康な細胞を破壊する。 Gonzalez'先生療法はボディの作成の概念のまわりで根絶しそれを造られ外力とのそれを抹消するよりもむしろ病気を、所有することであり。 考えは簡単である、けれども信じることは困難であること従って現在のスラッシュおよび焼跡のアプローチと別働くことができる。 癌に対して強制の整列にボディを強制する方法Gonzalezの使用は受け入れまたにくい。

食事療法は彼が用いる第一次武器の1つである。 Gonzalezの研究は指定食糧が癌に対して(他の要因と共に)実際に潮を回すことができることを示す。 食糧はあきらめる癌のための非常に不親切な環境を作成できる。 これは食糧が全体のボディの生物化学を変える という事実が部分的に原因、ちょうど1ない部である。 これは癌がボディのもう一人の区域に単に動くことができないことを保障する。

イメージ 食事療法と病気を扱うことの概念は新しくない。 古代ギリシャ人は病気は食事療法と最初に扱われること指示するヒポクラテス学派の医学の知恵の数千年を維持した。 食事療法が失敗すれば、宣誓は薬剤に助言する。 薬剤が失敗すれば、外科は最後の依存である。 中世従業者は薬理学の鋳造物の知識があった、けれども、余りに、「薬の fyrste器械」のとして食事療法を選んだ。 1つは本質的に古代である何が人がなぜか、すべての現代科学上の哲学を提供しなければならない選んだけれども疑問に思わなければならない。

先生へのGonzalez' Office訪問

私は1月のブリザードの間にマンハッタンのwildsに調べることを賭けた。 Gonzalez'先生のオフィスは禅そっくりである。 木および米ペーパーのパネルは端に彼を手もと深刻なビジネス取る。 「ホルムアルデヒドのない分子」と彼は私に言う。 明らかに、彼は「自然」の利点を信じる。 低姿勢けれども断固とした、Gonzalezはヒポクラテスの唇彼自身から来たかもしれない句から始める。 「病気は自治生理学の不均衡である。 目的は神経系の」バランスをとることである。 バランスは食事療法、栄養補足および解毒によって堪能である。

Gonzalez先生はコルネルの医科大学以外打医学道ではなくの丁度卒業生である。 彼の大学院の訓練はVanderbiltにあり、彼はブラウンからの程度を保持する。 彼は免疫学で訓練がある、けれども単語「T細胞」は彼の唇を交差させない。 彼は免疫組織を心配していないと、彼は私に言う。 重要な事柄は神経系を扱うことである。 これは免疫および神経内分泌システムは関連することを考えるpsychoneuroimmunologyの出現科学に異様な話、奇妙に一貫しているが、- 1つは他をもたらす。 しかし食糧か。 ビタミンか。 酵素および浣腸か。 「はい」、彼は私に言う、「ボディ右の用具」を与えられるのそれ自身を直す巨大な力がある。

エドマンドRubinの例

エドマンドRubinは同意する。 年齢66で1990年に腎臓の細胞の癌腫と診断されて、Rubinは幸運彼の第67誕生日を見るためにである。 外科は癌がリンパ節に広がったことを明らかにした。 腎臓癌が通常化学療法か放射に答えないので、Rubinの医者は彼にインターフェロン(免疫があ高める総合的なcytokine)の実験試験で登録するように助言した。 排出の処置にもかかわらず、別の腫瘍は彼の頭骨でオレンジ数ケ月後のサイズ現われた。

イメージ 、105ポンドに目をさまさせられて、退職させたエグゼクティブは彼が続き会った、先生にことにし女性の助言に会うGonzalez。 彼は彼がGonzalezのオフィスで着いたときに彼がそれを置いたと同時に、あった「かなり悪い形」に。 見て、彼は2つの事に先生の代わりとなる療法を試みるGonzalez'彼の自発性を信じる: 彼に失うべき多くがなかったし医者を彼を参照した女性彼女自身は癌から回復した。

Gonzalezは有機性野菜のプログラムに彼を置いたり、補足および解毒採取する。 最初の2か月のため、何も起こる異常。 しかしRubinは新しい食事療法にとにかく付いた。 5か月以内に腫瘍は行き、彼のテストは劇的に改良された。 彼がプログラムを始めた約年後、彼の重量は常態に戻った。 X線体軸断層撮影の後の年は癌を示さなかった。 それへの5年、Rubinは生き、健康である。 「承諾」、彼は私に言う、「非常に重要」である。 Rubinは自由に養生法が要求していることを是認する。 取って百そして50のカプセル、にんじんジュースを一日に三回準備しておよび他の仕事は使用中彼および彼の妻を保つ。 「しかし」、彼は頼む、「代わりは何であるか」。

環境要因の役割

西部の社会の癌の発生が食糧の洗練および総合的な肥料および殺虫剤の使用に関連することが複数の観測者によって指摘された。 医者の成功はどんな人々が消費するか変更によって病気の処理のGonzalezを食餌療法関連している有毒な要因が癌の開発そして永久化と、実際、ことを、提案する好み。 彼が指摘するように、「私達の体のすべては私達が食べるものをから来る。 それは奇跡的なプロセスから」来ない。 悪い食糧はよく作用しない部分最適の細胞を作り出す。

イメージ 「誰もジャンク フードの$100,000競走馬を育てることについて考えない、けれども私達はCoolWhipの人々を育てることについて二度考えないか。 私達の食事療法は災害」である。 予想通り、Gonzalez'先生の患者は有機性野菜および全穀物に置かれる。 肉が食事療法にあれば、すなわち、自然に上げられて通常の食料雑貨店肉で見つけられるホルモン/殺虫剤/抗生の残余の自由「放し飼いでなければ」。

酸かアルカリ

Gonzalez先生は癌を持つ患者の生理学が余りに酸ように必ずか余りにアルカリ出て来ることを信じる。 たくさんの酸味が交感神経系の活動の支配があるのをある患者。 副交感神経の活動の方の余りにアルカリ傾きである人。 交感神経系は「戦うか逃げるか」の活動にかかわる頭脳の部分である。 この原始存続のメカニズムは膵臓および胃のような他の器官を犠牲にして中心および肺を連動させる。 共鳴した活動の方の傾向と生まれる人々は消化力のような超用心深い圧力の応答、低い副交感神経の活動がある。

副交感神経の方に傾く人々は反対である。 膵臓、腸および他の器官は時間外で働いているが、圧力の応答器官は眠っている。 これらの患者とのGonzalez'先生の目的は彼らの共鳴した活動を増加することである。 考えは共鳴した、副交感神経生理学のバランスをとることである。