生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年5月
イメージ

ヨーロッパの免疫の後押し療法

Isoprinosineは米国の食糧及び薬剤の管理(FDA)を除く世界のほとんどあらゆる統制機関によって承認される。

1990年6月21日isoprinosineがHIV感染の進行を遅らせることに、薬のニューイングランドJourntalは調査結果を出版した! このレポートは何百ものisoprinosineがHIVに感染する癌患者、人および健康な人々の免疫機能を後押しすることを示す出版された調査の1つだった。

1985年に、基礎はHIVそれが満開のエイズに導く免疫機能の低下を遅らせる感染させた人々の取得isoprinosineことを推薦した。 Isoprinosineはさまざまな「バイヤーから殴る」FDAによってまだ承認されていない薬剤を持つその供給のAlzheimerの患者そしてHIV感染させた人々を購入することができる。

免疫の後押しの薬剤は代わりとなる投薬のスケジュールで取られたとき最もよく働く、すなわち2か月を取られたとき、2か月isoprinosineは最もよく働く。

ここに考慮するべき健康な、免疫の妥協された患者のための免疫の後押しはスケジュールである:

Isoprinosine療法: 2,000にmgを取りなさい。 3,000 mgに。 2か月間日刊新聞。 その他すべての2か月を繰り返しなさい。

isoprinosine療法の2か月を完了した後1つの円形をの取りなさい:

  • Biostim療法: 次の通り3ヶ月の投薬のスケジュール:
  • 8日間毎日2つのタブレット。 それから3週間停止。
  • 8日間毎日1つのタブレット。 それから3週間停止。
  • 8日間毎日1つのタブレット。 それから9か月間停止。

Biostim療法を完了した後、私達は2ヶ月の養生法をの提案する:
  • 胸腺療法: 2か月 間日4つの Thymic免疫の要因カプセルに取りなさい。



Thymic免疫の要因はisoprinosineと同じような免疫の強化のメカニズムを作り出す。 最適の免疫の維持のために、私達はisoprinosineが2か月間、そして取られる2ヶ月の休みをとり、Thymic免疫の要因の2ヶ月のコースを始めるためにことを提案する。 別の2ヶ月の壊れ目が、isoprinosineの別の2ヶ月のコースを始めた後。

抗ウィルス性の薬剤の処置

FDAはHIV感染の進行を遅らせるために4つの有毒な抗ウィルス性の薬剤を承認した。 これらの薬剤はAZT、ddI、ddCおよび3TCである。 FDAがやがて賛成の付加的な細胞毒素の抗ウィルス性の薬剤がある。

これらの抗ウィルス性の薬剤のさまざまな組合せはHIV感染および臨床的に診断されたエイズとのそれらが長期赦免を維持することを可能にすることができることエイズのコミュニティのある部分に熱意がある。 最近出版された調査はこれらの抗ウィルス性の薬剤のさまざまな組合せが単独でAZTよりよく働くことを示している。

最近の調査

2つの最新の調査は新しい比較的無毒なプロテアーゼ抑制剤の1つと共にAZTそして3TCの組合せが、最初に試みるべきエイズ患者のための理想的な組合せであるかもしれないことを示す。

技術的な観点から、これらの抗ウィルス性の組合せが長期赦免にHIV感染を入れられるという確信は本当であるにはほとんど余りにもよいようである。 実際、癌を治す化学療法および薬剤の組合せの可能性についての60年代そして70年代に発生する興奮へここにエリーの類似がある。

事実はHIVする血免疫があるシステムへの最も大きい損傷をであり、それがこれらの抗ウィルス性の薬剤骨髄を血および免疫細胞のorginate傷つける。 短期的に、薬剤がウイルスの活動を減らすが、長期的に既に損なわれた免疫組織に侮辱を加えるかもしれない。

1994年に出版された複数の調査ではAZTは全面的な残存率の相違無しで偽薬と、比較された。 場合によっては、AZTにより死亡率の増加を引き起こした。

AZTの単独療法がエイズへはっきり解決ではないことを確認して、エイズの支援団体のいくつかは今利用できるエイズ患者でほとんどあらゆる抗ウィルス性の薬剤の積極的な組合せが試みられることを提案している。 1つの提案はHIVのウイルスのより多くのコピーが薬剤はより多くのウイルスおよび免疫細胞を殺すという希望で作り出されるように免疫細胞の写しを刺激することである(健康な、HIVによって感染させる細胞)。

免疫組織の殺害

そのような組合せ療法の問題はそれである--短期的に--非常によくPCR (HIVのウイルスのレベルのためのテスト)およびCD4 (T助手の細胞)の一時的な増加に重要な減少があることができる。 規則的な血液検査は薬剤の1つの組合せから別のものにいつ転換するか必要定めるために抗ウィルス性の薬剤の毒性を監察するようにである。

抗ウィルス性の薬療法がAZTの単独療法より優秀のその組合せを、決して抗ウィルス性の薬剤を持っていた前にAZTを取ってしまった人よりずっと高い残存率を取っていない人文書化する2つの最新の調査のそれに注意することは興味深い。 これらの「抗ウィルス性の処女」に対するよりよい効果の1つの理由は同様に多くないの薬剤耐性が抗ウィルス性の薬剤にそれらで成長したことだった。 AZTの使用は1から2年以内に形作られているHIVの薬物対抗性の緊張の開発で起因する。

別のものは「抗ウィルス性の処女」よくした免疫組織がAZTおよびddIのような細胞毒素の抗ウィルス性の薬剤によって前に損なわれないかもしれないことである推論する。

最初に私達の無毒な議定書に続きなさい

HIVが遅い進歩の病気であるので、そして血液検査は私達の新しいHIVの処置議定書の効力を 監視することを可能にするのでエイズを開発しなかったほとんどのHIV感染個人は私達の無毒な議定書に従がって組合せの抗ウィルス性の薬療法に頼る前にべきである最初に考慮する。