生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年5月

あなたの生活延長プログラム
質疑応答

 

Q

私は2つの別々のミネラル方式を提供すること、人のための1つおよび女性のための1に気づいたか。 これら二つの方式間の相違の理由を説明するでしようか。

A

女性が老化すると同時に、骨粗しょう症を開発する彼女達の危険は増加する。 女性のためのミネラル方式は 骨のマトリックス密度をささえ、維持するために示されていたカルシウム塩の有効な線量を含んでいる。 老化の人は心循環器疾患に傷つきやすい。 人のためのミネラル方式は 心循環器疾患から保護するために示されていたマグネシウムの塩の有効な線量を含んでいる。

女性の方式はカルシウムよりマグネシウムで高い人の方式よりより多くのカルシウムそしてより少ないマグネシウムを含んでいる。 マグネシウムはカルシウムおよび他の鉱物に加えて健康な骨の維持に要求される。 多くの女性の取得カルシウム補足だけは不十分なマグネシウムのレベルによる骨密度の損失の危険がある状態に、その結果、あり。

ミネラル方式は両方ともカルシウムおよびマグネシウムが頻繁にタブレットの内でそう堅く結合するのでカプセルの形態、消化管を通して血流に吸収のために破壊しないで渡すそれで利用できる。

 


人の& 女性の乗馬は自転車に乗る

Q

酸化防止剤は老化プロセスを遅らせるか。 他のどの方法も老化を遅らせるあるか。 老化は逆転させることができるか。

A

陪審はまだ酸化防止剤が老化プロセスを遅らせるかどうかである。
動物のいくつかの寿命の調査にBHT、BHAのような食餌療法の酸化防止剤があり、ethoxyquinは癌か自己免疫疾患を開発するために傾向があるマウスの短命の緊張のだけ寿命を、拡張できるが。

食餌療法の酸化防止剤の失敗は正常な老化を遅らせる機能に対して実験動物の最高の寿命を拡張する論争する。

但し、理論を証明する適切な実験はまだ行なわれることを持っていることを遊離基の演劇は老化に於いての重要な役割提案することを信じるgerontologists。

イメージ 従ってmitochondriaの遊離基の活動を癒やすように設計されている食餌療法の酸化防止剤がマウスの長命の緊張の最高の寿命を拡張できることmitochondria (細胞の発電所)で発生する遊離基が老化プロセスのキー ファクタである、および食餌療法の酸化防止剤が正常な老化を遅らせることができると証明することを老化の遊離基理論の創始者、Denham Harmanネブラスカの医療センターの大学の先生は、例えば、信じ。

スーパーオキシドのディスムターゼ、カタラーゼおよびグルタチオンの過酸化酵素のような内生酸化防止酵素の量そして活動レベルであることを遊離基の損傷の制御の重大な要因がことをリチャードの刃物師、ボルティモアの老化の老人病学の研究所の国民の協会のPh.Dは、一方では、信じる。 刃物師の作戦は-遺伝子工学か酵素促進の栄養素および薬剤を通して- 1自然な酸化防止酵素のその昇給の内部レベル方法を開発することである。 科学者はカロリーによって制限される動物で生命の延長を引き起こす行為の主要なメカニズムが減らされた遊離基の活動であるが、調査はまだこの仮説を立証していないことを学説をたてた。

カロリーの制限は体温の減少が年次、冷血な魚の寿命を拡張し、食餌療法の酸化防止剤および成長因子がミバエ3および他の昆虫の寿命を拡張したが、霊長目の老化を減速する唯一の完全に文書化された方法である。

近年、調査は補酵素のdeprenyl、melatonin、Q、およびクロムのpiccolinateのような混合物がマウスおよびラット両方の寿命を拡張できるが正常な老化の遅延を反映する最高の寿命を拡張する彼らの機能の範囲はまだ限定的に定められてしまわなかったこと持っている。 生命延長基礎および他の会社および組織はこれらの(および他)混合物の機能に関する親videの証拠に主要な大学および私用実験室で、やがて寿命の調査に、長命の実験室のマウスの寿命そして遅い老化を拡張するよりよく資金を供給する。 これらの実験はプロジェクト2020年の保護である。 2020年までに人間の老化を制御するためにプログラムを壊す基礎の道。

ある療法は、成長ホルモンおよびDHEAのような、既に調整の筋肉悪化、精神低下および損失のような老化の変数のいくつかを逆転させる機能を示してしまった。

大きい反老化の逆転の潜在性は実験に脳下垂体で作り出される「死ホルモン」のの性格描写および化学薬品の阻止を追求するためにあるかもしれない。 この「死ホルモン」は推定上前進年齢と起こる退化的な変更の多数の第一次原因であり、死に当然導く。 「死ホルモン」の(および他の有害な効果の妨害の前進: 進歩は老化の制御で)生命延長雑誌のページでまず第一に報告され続ける進む。

 


Q

どの位それを要する人間の老化の総制御のプロジェクト2020'sの目的を達成するために推定するか。

A

それは言いにくい。 基礎は私達が老化プロセスの制御の追求の途方もない興味に拍車をかける反老化の研究の主要な進歩に非常に近いことを信じる。 Geronのような会社は老化の遺伝のメカニズムに介在に基づいて老化制御に医者は世界中でホルモン補充療法の反老化の潜在性を探検しているが、開発する独特なアプローチをある。

私達は$1百万ドルが老化を遅らせ、寿命を今は拡張既にできるかもしれない現在利用できる療法を識別できると年ことを同様に少し信じる!

それは約百万ドルの支出が(民間会社によって)既に老化プロセスの制御に鍵を握ることができる「死ホルモン」のの有力な証拠を作り出してしまったように見る。 私達はきちんと指示されたら、$10百万ドルの年支出が次の十年内の老化の制御の方の行くことができる長い方法ことを信じる。 私達は25年の期間内の問題を全く解決できる年$100百万ドルがプロジェクト2020年で輪郭を描いたことを信じる。

生命延長基礎によって販売され、推薦されるプロダクトを購入することとあなたの課税控除寄付をへ送ることによって根本的な寿命の延長研究を支えることができる:

プロジェクト2020年
私書箱229120
ハリウッド、FL 33022-9120


イメージ

 


Q

私は質問にmelatoninの適切な線量がべきであるもののいろいろな種類の答えを聞いたか。 melatoninで本を書いている医者は睡眠のためのmelatoninの適切な適量のレベルを推薦ようではない。 私はまたmelatoninが老化を減速できるが聞いたりmelatoninのどんな線量を私がこのために取るべきであるかわからないことを。 助けこれらの問題上の私の混乱を片付けるでしようか。

A

睡眠問題を持たなければ、何人かの科学者が提案するmelatoninの毎夜の線量は1ミリグラム(mg)へ500マイクログラム(meg)である。 ほとんどの生命extensionistはmelatoninの多量が免疫機能、前ガス抜き癌、および老化をことを遅らせることを高めることで有利かもしれないことを提案する証拠のために3にmgを毎晩取る。

不眠症療法のために、melatoninの3-10 mgは通常毎夜働く。 多くの人々は頭脳により急速な同化のための彼らの舌の下で今melatoninを握る。 夜に目覚め、眠ることを戻ることができない人々は頻繁にもう3にmgを取る。 舌の下のmelatoninの再度眠ることを得るようにそれらを助けなさい。


Q

私はいかに自分自身のための生命延長療法の右の適量のレベルを定めるか。 いくつかの機会に私は特定の栄養素、薬剤、またはホルモンの推薦された線量が私のために最もよくないことが分った。 私はこれらのテストが利用できるどこに、そしていかに評価されるべきであるか経るべきかどんなテストをテストされるべきであることを聞いた定めるために私が知ってはいけないか取るべき物質のどの位しかし私を。 私を助けて頂けますか。

A

何人かの人々重量に基づいて酸化防止栄養素の彼らの取入口を定める。 重量を量るそれらより少しにより150 - 160ポンドは200ポンド以上重量を量るそれらは推薦された適量より多くを取るが、推薦された適量よりより少しを取る。

私達は多くの商業実験室が今積極的にそのようなテストを促進しているけれども血清の酸化防止レベルを監視する信頼できる血液検査があることを信じない。 私達は彼らの血清コレステロール、トリグリセリド、ブドウ糖、鉄、甲状腺剤を確かめるためにすべての会員がテストの安価の血計算の血化学電池を毎年得ることを肝臓と腎臓の機能の測定ある安全な範囲の内のすべて提案する。

DHEAのようなホルモン補充療法を取るだれでも健康な21歳のレベルにDHEAのレベルを確かめるためにある確かに評価される血清DHEAのレベルがあるべきである(余りに高く、余りに低い)。 私達は1 DHEAの取り替え療法の開始の4-6週以内のDHEAテストを提案し、それから安定したDHEAベースラインまでの3か月毎に確立される。

これらのテストのうちのどれかがあなたの医者によって要求することができる。 私達に国中で今私達の血のテストの議定書を規定して慣習的な医者より喜んでである約1,000人の革新的な医者のためのリストがある。


Q

いかに生命延長プログラムに従がってそれをである有利知っているか。

どんな証拠がその取得生命延長療法病気を防ぐか、または寿命の拡張を助けることができるあるか。 それら得ているずっとプログラムと持っている結果についての会員から聞かれるか。

A

生命延長基礎によってなされるすべての推薦は研究の科学者とのインタビューと、臨床実際にこれらの療法を使用した、および会合、セミナーおよび会議でなされる科学的な提示のレポート基づいている医者および人々結合される同業者審査された科学的な調査に。

私達は何百もの電話の会員から毎日聞くか、または結果ことを私達に告げる郵便を通って、(または結果の欠乏について)私達が推薦する議定書と経験する。 私達は私達が私達のメンバーから、また科学文献の出版された調査結果から受け取る応答に基づいて私達の推薦を調節する。


Q

生命延長基礎はいつ始まったか。 目的は何であるか。 これらの目的の達成に基礎はいかに近くあるか。

A

基礎は健康な人間の寿命の延長に専用されている非営利の、非課税の組織として1980年に始まった。 延長寿命はずっと存在中の基礎の中央、動揺しない目的である。 私達はより長く、より健康な寿命が人生を愛し、楽しむ個人のための計り知れないほどの価値であることを信じる。 私達はまたそれをアメリカ人の健康な豊かな人生の長さを国家の社会的で、経済問題を解決できるために拡張することで他のどの科学的なか医学の前進もより多くをすることを信じる助けるように。

私達は私達が私達の目的を達成する前に私達に行く非常に長い方法があることも私達が過去の16年の人間の老化の制御の私達の目的の方の重要な進歩をしたが、私達がまた知っていることを考える。 基礎はできるだけ多くの人々に世界中で達するために自然な睡眠TM および自然な性TM のような大衆消費市場の潜在性のプロダクトを開発し始めた。 私達はまたラジオによっておよびTV私達のメッセージの価値を人々に知らせるために、またずっと私達のプログラムの大胆さおよび興奮手を差し伸べている。

私達は老化制御を21世紀のある時点で達成することができることそれが可能ではないと証明しなくても私達が2020年までに人間の老化の総制御を得てもいいが、私達は非常に確信していることを考える。 早ければ早いほど良い!