生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年5月
イメージ

DHEAは新しいアナログが臨床試験の用意する寿命を拡張する

DHEA 1995年6月18-19日、Washington D.C.の会議ニューヨークの科学アカデミーの私達の排他的で、詳細なレポートのパート3

グレゴリーM. Fahy、Ph.D著。

DHEAの会議、の彼の提示への 紹介 ではこの前のアーサー6月はSchwartzフィラデルヒィアのテンプル大学の衛生学校の先生会合でようである彼の主要なメッセージより興味深い準備のペーパーの内容を示した。

Schwartz先生 Schwartz先生は、年前に、彼がDHEAの寿命の調査を遂行した報告し、マウスの 自然に長命の緊張ことをDHEAがgreying毛を妨げ、C57B/6Jのマウスの寿命を拡張できたことが分った。 但し、これらの効果はテストステロンの高められた生産のようなDHEA 線量が十分に高く不必要な副作用を作り出すことだったときにだけおよびエストロゲンおよびperoxisome拡散観察された。

従って、Schwartzはこれらの副作用を作り出さないDHEAのアナログを捜し始めた。 彼は今彼が捜していたものを彼が、DHEAのfluorinated派生物見つけたことを信じる。 だけでなく、それはDHEAの副作用に欠けているが、 また抗癌性の代理人、反糖尿病性の代理人(マウスで)と自己免疫のブロッカーとしてより有効である。 Schwartzに従って、臨床試験にやがて入ることを安定させる。

蟹座がDHEAによって(しかしないDHEA硫酸塩)戦う

Schwartzの話の要点はDHEAによって癌の阻止を説明することだった。 彼は皮腫瘍が化学誘因物に応じて実験室のマウス育つためにおよび癌の促進者の背部で引き起こされた簡単なテスト システムのセットアップによってこの質問を厳密に調べた。 彼はそれからDHEA (か新しいアナログを)管理した口頭でまたは直接減量のようなDHEAの全身の効果を避ける皮に。 DHEAおよびカロリーの 制限が両方 減量を引き起こすので、彼はそれ以上の制御と比較の興味深いポイントとしてカロリーの制限のグループを含んでいた。

口頭および項目DHEAは劇的に1時間を癌の促進者の前に与えられたとき癌の成長を禁じた。 DHEAの単一の適用は効果的に癌の両方開始および癌の昇進を禁じた!

新しいDHEAのアナログはまた癌の開始を禁じ、線量半分のの昇進はDHEA自体のために要求した。 カロリーの制限は、余りに、腫瘍の昇進を妨げた。 しかしDHEA硫酸塩は抗癌性の効果をもたらさなかった。

 

DHEAの抗癌性の効果の妨害

DHEAがG6PDと呼ばれる酵素を妨げ、それにより細胞分裂に必要な核酸の統合を妨げることが以前、注意された。 核酸の生じる不足が癌細胞の無力を育つ説明するかもしれないことが感じられた。 この理論に一致して、癌の成長を妨げなかったDHEA硫酸塩はまたG6PDを妨げなかった。

SchwartzはそれからDHEAの抗癌性の効果を克服するために飲料水で供給された核酸の能力をテストした。 結果は彼の予想と一致した: DHEAまたはアナログの徹底的な反癌の効果は核酸によって妨げられた。

なお、カロリーの制限の抗癌性の効果はまた核酸によって部分的に妨げられた。

DHEAの抗癌性の効果のための別の説明

核酸の枯渇理論の問題が、どんなにある: 、禁じられなかったことを免疫組織および消化器を急速分けることの白血球のような正常な細胞の部分が、DHEAによってというこれらの 細胞の核酸の推定された枯渇にもかかわらず事実、同様に。 従って細胞分裂の核酸または阻止の枯渇はおそらくDHEAの効果のメカニズムではない。

この矛盾を説明するためには、SchwartzはG6PDがまた彼の癌引き起こす化学薬品を伴って癌プロセスに貢献するかもしれない遊離基の生産をもたらす場合があることに注意した。 G6PDの妨害によって、DHEAは細胞分裂に対する僅かな影響をもたらす間細胞が初めに癌性になることを、防ぐ。 核酸によるDHEAの効果の抑制はそれからDHEAがG6PDを禁じることを防ぐ機能が原因である。

この考えをテストするためには、Schwartzは別のホルモン、G6PDの活動を変えることとの遊離基の生産を妨げる1に回った。 このホルモンはDHEAの抗癌性の活動をまねる核酸によって封鎖に免疫があるべきである。

カロリーの制限による蟹座防止のメカニズム

テストされるホルモンSchwartzは副腎のホルモンの別のもの、corticosteroneである。 彼が疑ったように、corticosteroneの管理は徹底的に腫瘍の成長を妨げ、効果は核酸によって妨げられなかった。

Schwartzはそれから重大な関係をした。 カロリーの制限が彼の試験制度の癌の開発を 妨げることが 彼(および他)分った。 しかしカロリーの制限により副腎のホルモンの生産過剰を、彼が癌の抑制で有能であるとちょうど見つけたcorticosteroneを含んで引き起こすことがまた知られている。 それはカロリーの制限の保護効果が副腎のホルモンの生産過剰によって完全に引き起こされることであるでしようか。

答えは肯定的ようである。 先生が彼の動物から副腎を取除いたときにSchwartz、カロリーの制限の抗癌性の効果は除去された! 更に、また彼の非カロリーのより多くの癌に導かれた副腎を取除くことは動物を制限した!

従ってglucocorticoids (人間の齧歯動物、コルチソルのcorticosterone)が癌に対して深く保護であり、部分的にカロリーの制限の効果を説明するかもしれないことようである。 使用すること危険な老化の病気を防ぐglucocorticoidsが(DHEAよりずっとardous)、Schwartzの観察方法の理解に近い方の私達を置くが。

CYTOKINES、免除および老化

Raymond A. Daynes (病理学の部門先生、VAの医療センター、ソルト・レーク・シティ、UT医科大学院ユタ州立大学) 「DHEA、免疫学 および老化」の会議の議長を務め、 序話を与えた。 彼の提示は会合のハイライトの1つだった。 彼の焦点は免疫組織の老化と、特に、免疫反応を支配する細胞ホルモンの前進年齢と起こる変更にあった(cytokinesおよび成長因子)。

Cytokinesはホストの防衛および治療にかかわり、ボディのほとんどあらゆる細胞に影響を与えることができる。 Cytokinesは規定する要因、成長因子、または死の要因のどちらである場合もある。 それらはバランスにたいそう残らなければならないまたはさまざまなcytokinesのほんのわずかはさまざまな挑戦への病気の状態か妥協された応答を作り出す非常に複雑なネットワークを形作るか。

老化はcytokinesの主要なdysregulationで起因する。 例えば、刺激に応じてcytokines CSF-GM、IL-2およびIL-3を作り出す機能はIL-4、IL-5、IL-6、IL-10およびインターフェロンのガンマ(IFG)が過剰生産されるすべてである一方頻繁に劇的に深く下る。 実際、IL-6、IL-10およびTFGのレベルはこれらの要因に答えることができるすべての細胞がボディの内で絶えず刺激されるようになることを意味している古い動物および古い人間の両方刺激の上で外に行く。

IL-6の生産過剰はアルブミンの異常な免疫反応、無駄になる落下、骨および乳癌の高められた危険をもたらす。 IL-10の生産過剰は癌を戦うのに必要とされる細胞免除を禁じることができる。 (200折目によって約上がる) IFG一口の生産過剰は他の多くの必要なcytokinesを、余分細胞足場と他の細胞に付くために細胞を助ける押し腫瘍の成長の停止を助けるTGFベータを含んで。

DHEA-Sは老化させた動物の若々しいCytokineのレベルを元通りにする

イメージ Daynesは25、50、そして約の線量に終ってmg/kg/日2に8 100 micrograms/mlの集中でマウスに彼らの飲料水のDHEA硫酸塩DHEA-Sを)、与えた。 結果は老化することによって引き起こされたcytokineの撹乱が逆転するか、または防がれたことを普通ことだった。 例えば、IL-6、IL-10およびIFGはすべてほぼ通常のレベルに元通りになった。 これがより若々しい免疫組織の応答を可能にしたかどうか見るためには、Daynesは16か月間DHEA-Sにあった免疫にし、若い動物のように答えたことが分った24月古い動物を! 彼はまたプラスの結果を得るDHEA-Sであることは慢性的に必要ではなかったことが分った。 例えば、DHEA-SまたはDHEAの処置の24時間以内の、しかしほとんど上がる老化する引き起こされた血清IL-6は 9折目若々しい価値の中15%にIL-6レベル落ちた!

自己に対して指示された抗体はそれに依存した他のcytokinesの50%回復IFGのまた元通りにされた通常応答に老化の、DHEA-Sの2週後の5折目について、落ちた予想通り上がったが。 例えば、integrins (一般的な能力を支配する分子: 細胞の余分細胞構造に付すことは)によって老化との50%以上下ったが、DHEA-Sによって完全に元通りになった。

IL-6、IL-10およびIFGの訂正はDHEA-Sの線量を使用して堪能peroxisomes (細胞内の細胞器官)の拡散、DHEAの時々恐れられていた副作用にもたらすために報告されたそれより低い50倍だった。

質問に応じて、Daynesはこれらの変更が胸腺(免除のマスター腺)の独立者だったことを指摘した。 thymic機能およびthymic複雑複雑反映するが、これはこれらの動物のよい免疫反応のための制限要因ではなかったT細胞の年齢関連の低下の改善のまったく復帰がなかった。

DHEA-Sはカロリーの制限よりよいか。

2年齢のDaynesのマウスの物理的な出現は制御マウスの出現と全く対照的に優秀、だった。

これらの改善の重要性を強調するためには、Daynesはマディソンで今Paradigm Biosciencesと電話された会社に代わってウィスコンシン大学でリックWeindruchが示すことによって彼の話を、行なう寿命の調査の予備の結果を閉めた。

会合の時に、マウスは21か月古かった。 対照動物の92%まだ生きて、カロリーによって制限された動物の約94%は生きていた。 カロリーの制限とDHEA-Sを与えられている動物の約97%は単独でDHEA-Sを与えられているマウスの99%がまだ生きていた一方、まだ生きていた。

従って、実験のこの明らかに初期で、DHEA-Sは単独でDHEA-Sとカロリーの制限かカロリーの制限よりよくしていた。 それ以上の細部については引続き注目しなさい。

DHEA-Sは老化するのインフルエンザ ワクチンの有効性を後押しする

バーバラAraneo (病理学の部門、ソルト・レーク・シティ、UTユタ州立大学、およびParadigm Biosciences、Inc.、ソルト・レーク・シティ、UT)、先生のDaynes仲間はDHEA-Sの機能による口頭DHEA-Sによって破傷風からの完全な保護を示しているマウスで、論議された「主義の証拠」破傷風の毒素への抗体の応答を改善する実験する。 残念ながら、DHEA-Sは人間の破傷風の毒素への応答を高めなかった。

一方では、Araneoは口頭DHEA硫酸塩と結合されたときまたは7.5新たに認可された人間のインフルエンザ ワクチンがワクチン接種の注入の場所の隣で筋肉内注入として与えられたDHEA-Sの65そして85年齢間の人々の後押しの抗体の生産で有能mgだったことを示した。 これは皮の下でマウス10にDHEAのmgを与え、インフルエンザ ワクチンへの反ボディ応答の300/0老化誘発の損失の完全な逆転を見つけたり、また生きているインフルエンザのウイルスに対して保護を高めたイスラエル共和国)一致する、H.D. Danenbergがおよび同僚報告する仕事と(ウイルス学、Hadassah大学病院、Ein- Karem、エルサレムの老人の単位そして部門。 AraneoはFDAが激しい管理の調査を好むので破傷風の毒素へのインフルエンザのワクチン接種、また肯定応答へのより強い応答で起因するかもしれないがこれはFDAによって排除された人間のボランティアのDHEA-Sの延長された管理を試みたいと思った。

 

DHEA-SはIgDの受容器を通して抗体の生産を後押しする

クリスティーナSwenson (病理学、ニューヨーク大学医療センター、ニューヨークの部門)はDHEA硫酸塩によって改良されたマウスの免疫グロブリンD (IgD)に敏感さの深遠な年齢関連の損失を報告した。 DHEA-S (週かける、または0.1 mg/mlの集中の飲料水によって腹腔内の0.1 mg 3)は若く、古いマウスのT細胞の、また改善された抗体形成をもたらす年配の人間のT細胞のIgDの受容器を増加した。

 

DHEAを上げ、下げる要因

アレックスVermeulen (内科、大学病院、紳士、ベルギーの部門)およびエリザベスBarrettカナー(部門、サンディエゴの家族および予防医学のカリフォルニア大学、La Jolla, CA)はDHEAのレベルを変える要因で報告した。 (ついに) DHEA-Sの血の集中を減らしたようである唯一の要因はエストロゲンだった(を含むポストのmenopausalエストロゲンの取り替え)。

200の下のコレステロール値(人のわずかな効果だけ)、練習(人だけで)、および肥満が(人で)最初は低いDHEA-Sのレベルと関連付けられたようであるがこれらの効果はアルコール分が低い取入口が原因であるために最終的に示されていた。 DHEAのレベルを上げる要因は下記のものを含んでいる: 煙る飲むアルコール(煙る非常に固体関係) (はい!)、および多分損失の重量および運動(女性だけのわずかな効果)。 40上の高脂血症そしてHDLsはより高いDHEA-Sと関連付けられた、効果はまたエタノールの取入口によってを説明できる。 成長ホルモンもIGF-Iもこの調査 に従ってDHEAのレベルに、影響を及ぼさないようである。

D. Jakubowicは等2か月間1200-1400 kcal食事療法に(Hospital de Clinicasカラカス、カラカス、ベネズエラ) 18人および29人の女性を置き、人の血清DHEA-S女性の変更の125%の上昇を観察した。 残念ながら、データは、Barrettカナーに従って、女性のレベルが普通男性のレベルの半分である一方、実験の始めに彼女達の女性は二度人のレベルのDHEA-Sのレベルがあったので疑わしい!

 

心循環器疾患に対するDHEAの保護は思考より弱いかもしれない

悪いニュースは心循環器疾患および全面的な死亡率に対してDHEAによる保護が以前報告されるより弱いようであることである。 よいニュースは高いDHEA-S 4のレベルを持つ女性の高められた危険のための早い証拠が不正確ようであることである。

アレックスVermeulenは高いDHEA-Sが人のより短い寿命と関連付けられた最近の調査を見直した(しかしない女性で)。 別の最近の調査は高いDHEA-Sが人の中心で蓄える凝血のより大きい危険と関連付けられることを提案した。 聴衆のメンバーはDHEAがDHEAを取っている女性のための問題であるかもしれない女性のブドウ糖のレベルを上げることを示した。

 

限定的な調査

死のテーブルの危険 しかし限定的な調査は低いDHEA-Sのレベルはあらゆる原因からの死に関連することを1986 のニューイングランドの 医療ジャーナルの原本書類が示したエリザベスBarrettカナーのそれのようである。 従ってBarrettカナーは今付加的な7年間彼女の調査の人口に続き、グループに新しい主題を加え、彼女の結果の統計的な妥当性を高める。

要点は彼女が彼女の原本書類で考慮に入れられなかったいくつかの混同の変数の覆いを取っている間彼女の古い結果を確認高いDHEA-Sのレベルを持つ女性のための高められた危険の提示を除いてそれ、である。 残念ながら、心循環器疾患に対するDHEA-Sの保護効果はに弱くより最初に考えたようである。

Barrettカナーの元の調査は60-70%高いDHEA-Sのレベルを持つ人のための冠状血管疾患そして虚血性心疾患からのより低い死亡率を、女性のための危険の23-103%増加に示した。

しかし女性の場合にはこれらの結果は特に少数の死に、基づいていた。 混同の変数すべて考慮に入れ、それにより影響されない最近の結果は次の通りある:

調査の結論

動脈のAtheroscleroticプラクの集結 Barrettカナーは、1人に、DHEA硫酸塩が心循環器疾患からの死、またすべてからの死の危険に対して独立した保護装置原因であることを結論を出した。 女性では、彼女は本質的に同じ声明が作ることができるが彼女は人および女性両方のために類似するはっきり最終結果が期待する前により多くのデータが要求されることを結論を出した。 彼女はまたDHEA-Sの病理学の使用が指名の下の自然な条件からのこれらの小さい相違よりはるかに強力な保護効果をもたらすことができるという可能性に言及した。

癌の危険性

Barrettカナーはまた癌のすべての形態からの死の危険を検査し、DHEA-Sのための保護効果を見つけなかった。 但し、彼女は会議で示されなかった乳癌のための別の分析をした。 私達は大きい予想のその分析の結果を待つ。

なお、有機性頭脳シンドローム(J. American Geriatricsの社会、Rudmanとの、1990年)からの保護により高いDHEAのレベルをつなぐデータはこの新しい研究によって挑戦されなかった。

DHEAおよび冠状アテローム性動脈硬化

Barrettカナーの調査結果を助けて、デイヴィッドHerrington (心臓学、弓術家の灰色の医科大学院、ウィンストン セーレム、ノースカロライナのセクション)はDHEAが人間で冠状アテローム性動脈硬化を自然に禁じるという可能性を調査した。 彼は選挙の冠状血管記録法を経、DHEAおよびDHEA-Sの循環のレベルに(容器少なくとも閉じかけだった観察された病気にかかった容器)の数および冠状アテローム性動脈硬化の範囲を関連付けた103人の女性および101人を検査した。

彼はDHEA-SまたはDHEAのレベルが上がったと同時に冠動脈疾患のための統計的に重要な傾向をもうあまり見つけなかった。 彼の結果は1992年に心臓学の アメリカの大学のジャーナルで 報告された。 Herringtonは63のアテローム性動脈硬化の開発が移植した調査の提示と、人間の中心(移植1のそして5年の)示した自由な循環DHEAの重要な(p=.05またはより少し) inverseを追った。 総循環DHEAは近く重要な反対の相関関係(p=.09)を示した。 比較すると、コレステロールとの相関関係は大いにより低かった(p=.23)。 意外にも、DHEA-Sのレベルとの相関関係(p=0.89)がなかった。

しかし最も重要なデータは生存者権データだった。 移植を得た後5年、高いDHEAのグループは低いDHEAのグループは65%の存続(p=.05)があった一方、87%の残存率があった。 移植患者がそれらにDHEAをことを与えることによってより長く生きることができるかどうかこの昇給の非常に強い自然既存のレベル質問の。 これは上で注意される免疫の刺激的な効果DHEA/DHEA-Sがある特別な関心である。

Herringtonは年齢のDHEAの落下がアテローム性動脈硬化の米国の人口そして高い発生のサイズがあった小さい保護が非常に重要であるアテローム性動脈硬化のための説明であるかもしれないことを結論を出した。

DHEAは血の流れを保つ

ロバートL. Jesse (心臓学の部門、リッチモンドのヴァージニアの医科大学)オキシダントおよび脂質の過酸化物に促進する攻撃か打撃をもたらすことができる血小板の集合(血塊の形成)を注意した。 彼は10人の健康なオスのボランティアにDHEAに20-35を与えたり、そして傾向を集める血小板があるように確認するために彼らの血を集めた。 血塊促進の物質、アラキドン酸の線量に応じてのかなりそして事実上防がれた凝固をDHEA。

付加的な証拠は気球が付いているウサギの血管の内部を損なうことおよびどれだけうまく傷つけられた血管の壁に付した血小板を見ることによって得られた。 DHEAは血小板の付属品におよび容器の壁との相互作用を非常に禁じた。 容器の壁自体の中では、intimal増殖(atheroscleroticプラクの形成の主ステップ)はDHEAによって徹底的に禁じられた。

人間(血管形成)の詰まった血管を開発するのに気球が使用されているとき口やかましい問題は開けられた血管の(restenosis) reclosing。 Jesseがこの質問を検査したときに、彼はDHEAの高くか低い線量が管理されたときに容器の壁の区分の68%がDHEAの管理なしでrestenosisを示したが、25-28%だけはrestenosisを示したことが分った。

最後に、Jesseは問題を悪化させるためにコレステロールが食事療法に加えられたらかどうかにかかわらず、ウサギの中心を移植し、食餌療法DHEA-が徹底的にこれらの移植に特質上起こる急速なアテローム性動脈硬化を減らしたことが分った。