生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年2月
イメージ

アルファLipoic酸

酸化防止剤の評価のための規準

世界の一流の遊離基の研究者の1つはカリフォルニア州立大学バークレー校で分子及び細胞生物学の膜のバイオエナージェティックスのグループそして部門を導くLesterの包装業者である。 Packer's先生の最近の総論は「生物的酸化防止剤としてアルファLipoic酸」に資格を与えた(ジャーナル 遊離基の生物学及び薬で--生命 延長概要の現在を アルファlipoic酸の「普遍的な」酸化防止特性のための 強制的な箱見なさい

彼の記事では、Packer先生は混合物の酸化防止潜在性を評価するとき次の生化学的な規準が考慮されることを提案する:

イメージ

 

  • 癒やす遊離基の特定性
  • 金属のキレート環を作る活動
  • 他の酸化防止剤との相互作用
  • 遺伝子発現に対する効果

Packer先生はそれから酸化防止剤の予防および治療上の適用を考えると時他の重要な規準を示す:

  • 吸収およびbiovailability
  • ティッシュ、細胞および細胞外の液体の集中
  • 位置(の水様または膜の範囲、または両方)

これらの規準を示した後、Packer先生はボディの重要な役割を担うために少数にのそれら会うことを明確にこと酸化防止必要性ただする。

「物質はよい酸化防止剤として考慮されるべきすべての規準を満たすことで勝る必要はない。 例えば、ビタミンEは膜または脂質の範囲でだけ機能する、支配的な行為は脂質のperoxylを癒やすことであり水様段階に基に対してほとんど活動がある、けれどもそれは1つボディの中央酸化防止剤の考慮される。 疫学の研究は多数の心臓病のようなオキシダント関連病気の防止に於いての役割を」、確認している。

これはベータ カロチンを取る主題がわずかただ開発したこと取った主題は5年間ベータ カロチンのハイ レベル一日置きに50%がベータ カロチンを取らない主題より少数の冠状か管のでき事あった癌は制御グループで成長したことをに関してまた本当ボディに於いての専門にされた役割(一重項の酸素基の癒やすこと)があるbetacarotene、の待ち焦がれた調査結果年齢関連の病気の防止に於いてのベータ カロチンの役割の長期調査の待ち焦がれた調査結果示すであり。 私達はそれらが出版されるとすぐ生命延長雑誌の これらの調査結果の 異常な細部を報告する。

Packer's Conclusions About先生の
アルファLipoic酸

アルファlipoic酸の酸化防止特性を取扱う何百もの調査を見直した後Packer先生は次の結論に来た:

「「理想的な」酸化防止剤は上記の規準すべてを達成する。 アルファlipoicレドックスのカップルは理想に近づく; それは「普遍的な酸化防止剤」と呼ばれた。 アルファlipoic酸は食事療法から容易に吸収される。 それは多くのティッシュのDHLAに急速に試金の技術の最近の前進が明白に作ったように、変えられる。 脂質および水様の範囲両方のレドックスのカップルの部品の1つまたは両方。 DHLAにおよびアルファlipoic酸に両方金属のキレート環を作る活動がある。 DHLAは他の酸化防止剤とsyngeristically機能するそれを含んで根本的なか不活性形態からの他の酸化防止剤を再生することができる。 最後に、それらが規定する蛋白質と正常な成長および新陳代謝にかかわる遺伝子に対する効果をもたらすかもしれないという証拠がある。

 

 

雑誌のフォーラムに戻る