生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年3月
イメージ

アルファLipoic酸

エネルギーを発生させ、糖尿病のための有効な処置である「普遍的な」酸化防止剤

最近まで、ボディ内の損傷の遊離基を戦う酸化防止剤は主として機能を専門にすると考えられた。 例えば、主要な機能か酵素のスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)はベータ カロチンの第一次役割が一重項の酸素基を癒やすことスーパーオキシド基を禁じることである; ビタミンEの主要な役割はグルタチオンの主たる機能が損傷の水酸ラジカルをたたくことエネルギーの生成に於いてのCoQの役割の結果として一部には起こる補酵素によってQ10 (CoQ)はmitochondria (細胞の発電所)で作り出されるoxyradicalsが戦う細胞膜の脂質の過酸化物の鎖を壊すことであり。

イメージ 普遍的な酸化防止剤

近年しかしラッセルJ. Reiterテキサス大学オースティン校の先生および他の科学者はpinealホルモンのmelatoninがボディの事実上あらゆる細胞で見つけられる非常に有効な「普遍的な」酸化防止剤であるという、そして細胞膜の、また細胞の内部には複数のメカニズムによって余分な遊離基の活動を妨害すること証拠を作り出した。 Melatoninは頭脳の新陳代謝のために他のどの体の部位でものために必要とされるよりずっとより多くのoxyradicalsが酸素の巨大な量発生する頭脳の遊離基の戦いの特に重要な役割を担う。

イメージ melatoninの「普遍的な」酸化防止力の発見はこれが必要になるとき全体的に行為がある、推定上、遊離基の広い範囲に対してより専門にされた酸化防止剤の代わりになることができる万能酸化防止剤の存在の証拠であり。

アルファLipoic酸の「普遍的な」行為

今ではボディの事実上すべてのティッシュで だけでなく、有効な、酸化防止行為があるが、またmitochondriaに食糧および酸素からのエネルギーの発生にかかわる主酵素(アルファ ケト酸のdehydrogeneses)のいくつかのための補足因子の別の「普遍的な」酸化防止剤によって呼ばれるアルファlipoic酸の証拠がある。

アルファLipoic酸はthioctic酸、1,2-dithiolane-3-pentanoic酸、1,2-dithiolane-3吉草酸および6,8 thioctic酸を含むいろいろな名前によって知られている。 lipomideとしてエネルギー生産のための補足因子としてアルファlipoic酸機能はまたこのように作用するときlipoateと呼ばれ。

アルファlipoic酸は早い195Osで最初に隔離されたときに、特性が、後で(ビタミンとは違って)動物および人間両方で総合されると見つけられたがようにビタミンのためにビタミンとして一時的に分類された。 前駆物質の2つがoctanoateおよび硫黄のアミノ酸のシステインであるようにアルファlipoic酸がボディの内でまだ十分に特徴付けられなかった総合されるが、それは現われる方法。

最近の調査結果はことアルファlipoic酸および減らされた形態両方dihydrolipoic酸(DHLA) (これらの混合物が両方とも防ぎ、糖尿病の複雑化を扱い、そして、多分、それ自身をことを老化させることで有効かもしれないことをボディの内で有効図1)機能、そして示す。 私達がアルファlipoic酸およびDHLAの潜在的な治療上の利点に掘り下げる前に、酸化防止特性を示す調査結果を見てみよう。

 



雑誌のフォーラムに戻る