生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年1月

乳癌を防ぐMelatonin!

DHEA、 Premarin、または他のどのエストロゲン関連の薬剤も取れば、またpinealホルモンのmelatoninを取ることは非常に重要である。 腫瘍の成長を促進する他の要因およびMelatoninはエストロゲンに応じて増殖からそれらを停止する胸の細胞のエストロゲンの受容器を妨げる。 Melatonin胸の細胞を、遊離基の損傷、コルチソル誘発の損傷および乳癌をもたらす非エストロゲンの依存した細胞変更はまた化学発癌物質から保護する!

Melatoninは就寝時間で取られるべきである。 それは通常眠気を引き起こし、睡眠の質を改善する

Melatoninはアメリカ人に安価、すぐに利用できる。

妊娠するようになるように努めている妊婦および女性は機能のために避妊具として機能する(大量服用で) Melatoninを避けるべきである。

Melatoninをオンラインで 発注できる

蟹座が慎重に治された…使用ホルモンの取り替えになるまで

反老化の細胞の更新のホルモン、前駆物質のホルモンおよび代謝物質はエストロゲン、プロゲステロン、テストステロン、DHEA、成長ホルモンおよびインシュリンの成長因子を含んでいる(ICF-1およびIGF-2)。

これらのホルモンの細胞の更新の特性はそれらに理想的な反老化療法をする。 但し、成長ホルモンの使用の重要な危険率はこれらのホルモンの不適当なレベル、か不十分なバランスが、癌細胞拡散を促進するかもしれないという可能性である。

私達に癌のための治療があるまで、私達の推薦された指針に続くことは癌の胸(および他のタイプ)の高められた危険なしで重要な生命延長利点を女性に与えるべきである。

イメージ

乳癌の防止へのEstablishment医学のsのアプローチ

医学の確立が裏書きする早期診断以外の乳癌の防止への唯一のアプローチは植物のphytoestrogensが方法と同じようなエストロゲンの受容器のためにエストロゲンと競う薬剤のtamoxifenの使用、である。 長期前向き研究は多数の女性で進行中tamoxifenの毎日の使用が乳癌を防ぐのを助けることができるかどうか見るためにである。

乳癌の防止のためのtamoxifenのアナログを(droloxifeneおよびidoxifene)販売するようにFDAの承認が薬剤の会社によってファイザーおよびスミスKline Beecham wiIlはすぐに努めている。 $billionのドルのエストロゲンの市場を生かす第1はどの3人の巨大な会社であるEli Lilly及びCo.は見るべき競争にまたある。

問題はtamoxifenが長期が薬剤の毎日投薬する健康な女性の提供の倫理の批評をもたらした子宮癌の高められた危険を含むある深刻で不利な副作用を、もたらすことである。 薬剤のcompamesはこれが数年間本当であるかどうかアナログがtamoxifenの副作用なしで乳癌を防ぐのを助けることができるが知らないことを望んでいる。

従って、もう一度、彼女達の危険のotの乳癌を減らしたいと思う女性は彼女達の問題に解決のための医学の確立に、予想されるより有害上がを終えるかもしれない療法を年を待たなければならないもっぱら頼る。

それは私達が生命延長基礎で働かせる方法ではない。 私達は 決して 病気を防ぎ、扱うために有効な療法のための待たせるし取りが安全、易い非常に効果的な療法を与えるための全力を尽す。