生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1996年1月

DHEAはエストロゲンのレベルを後押しする

DHEAの取り替え療法は老化プロセスによって減少するエストロゲンのレベルを取り替えるもう一つの自然な方法である。 DHEA (Dehydroepiandrosterone)は性ホルモンへ前駆物質である。 それは老化の悪化を避けるために若々しいレベルで必要であるボディ内のエストロゲンそしてテストステロンに変形する。 減らされた性ホルモンを取り替えるためにDHEAの取得の1つの問題はDHEAから変えられるこれらのホルモンの比率が不確かであることである。 あなたの体内の各ホルモンの量を制御するよりよい方法はそれらをとりわけ補うことである。

DHEAを取れば、付加的な補足のためのあなたの必要性を減少するかもしれないすべてのあなたの性ホルモンのレベルを増加するために余分DHEAが本当らしいことを理解することは重要である。 あらゆるタイプのホルモンの取り替えの養生法で行くとき、あなたがどんな調節が最適の心配に必要である作ることを医者の保護の下で規則的にテストすることは極めて重要である。

DHEAおよび癌の危険性

DHEAが乳癌を防ぐかもしれないという証拠は評価しにくい。 動物実験はずっと人間の調査は決定的でないがDHEAが乳癌をことを防ぐことで非常に有効であることを示した。 保護する、けれども他の調査はこの見つけることをことをDHEAが人間の乳癌の細胞増殖から胸の細胞のエストロゲンの受容器の妨害によって否定することを示す調査がある。

高齢者の最近の調査はDHEAの補足が福利の彼らの感じの全面的な改善で起因することが分った。 その結果、マスコミによっては「ずっと薬剤最初の若さの源泉」としてDHEAが押売りしている。 DHEAがエストロゲンに帰因する同じ反老化の効果を作り出すことは興味深い。 それはDHEAの有利な効果の一部がエストロゲンのような青年ホルモンに変えられるDHEAのいくつかの結果およびテストステロンであることであることができる。

私達はホルモン補充療法および癌に関する科学文献に否定があることを繰り返したいと思う。 さまざまなホルモン補充療法の女性はmelatoninだけがエストロゲンの両方扶養家族および非エストロゲンの依存した乳癌から保護するようである選ぶかもしれない。 melatoninを論議する前に、私達はあなたのホルモンの取り替えプログラムを増加し、癌の胸(および他のタイプ)から保護を助けるためにあなたが取ることができる栄養素および食糧があることを指摘することを望む。

ビタミンEは乳癌からエストリオルおよびプロゲステロンのレベルの上昇によって保護する

fibrocystic胸病気(乳房の異形成)の女性に乳癌のかなり高められた危険がある。 ビタミンE療法がfibrocystic胸病気の患者のために有利であるというボルティモアのJohns Hopkinsの衛生学校で考えを、科学者はテストするためには17人の患者および6つの制御の二重盲目の試験を行なった。

調査の患者は2つの月経のためのビタミンE (alphatocopherolのアセテート)の600 IUsに日先行している1つの月経のための偽薬のタブレットを与えられた。 すべての患者はestradiol、エストリオルおよびプロゲステロンの血レベルのためにテストされた。

調査の結果

彼らは17人の患者(88%)の15がビタミンEがfibrocystic胸病気のための有効な処置であることを示す前の調査を確認する重要な臨床改善を示したことが分った。

彼らはまたビタミンEがfibrocystic患者のエストリオルそしてプロゲステロン両方の血レベルを上げたことが、そしてestradiolへのエストリオルおよびプロゲステロン両方の比率が同様に増加したことを分った。 これは(一部には)これらの患者のビタミンEの治療上の効果を説明するかもしれない。

血清のa-Tocpherolは制御で水平になる
そしてMDの患者
a-Tocpherol (mg/dl)
療法の前 療法の後 臨床応答
制御(n = 6) 1.49 ± 0.25a 2.56 ± 0.39b 変更無し
患者(n = 17) 120 ± 0.06 2.39 ± 0.15b 公平よいc

中間の± S.E。
bp<0.001
c 9、6および2は出版された規準によって等級別にされるようによく、公平で貧しい応答機、それぞれ、だった。

血清のプロゲステロン/estradiolの比率
制御およびMDの患者の

プロゲステロン/estradiol
療法の前 療法の後 臨床応答
制御(n = 6) 45 ± 19a 57 ± 20b 変更無し
患者(n = 17) 30 ± 7 53 ± 11b 公平よいc

中間の± S.E。
bp<0.001
c 9、6および2は出版された規準によって等級別にされるようによく、公平で貧しい応答機、それぞれ、だった。