生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1995年 6月
イメージ

Interleukin6および老化

カロリーの制限の多くの効果の1つはInterleukin (IL-6)の血レベルを下げる機能いろいろ細胞によって作り出されるcytokinesと呼ばれる免疫組織の調整装置のクラスの1の蛋白質である。 IL-6はInterleukin1 (病気)および腫瘍壊死要因(TNF)のような他のcytokinesと共に細胞傷害への激しい段階の炎症性応答の重大な役割を、担う。

科学者はIL-6の血レベルがマウス、猿および人間の前進年齢と上がること、そしてIL-6の上昇値がリンパ腫、多発性骨髄腫、慢性関節リウマチ、骨粗しょう症およびアルツハイマー病を含むいろいろ 老化関連病気 ある ことを示した。 その結果それはことILのdysregulation提案されたか。6つは老化の病気の多数へ老化の原因および貢献の要因であるかもしれない。 ウィスコンシン大学のウィリアムB. Ershlerおよび彼の仲間はそれを提案する: 「不適当なIL-6レベル「は正常な老化に貢献するかもしれない変更の星座を誘発する: なお、これらの変更はホストをある特定の病気プロセスに敏感するかもしれない。 "

IL-6表現の規則が堅く、複雑であるので、ほとんどIL-6は若者達の血清で見つけることができる。 但し、前進年齢と、この堅い遺伝の規則の明白な弛緩があり、測定可能なIL-6の増加する量は炎症性刺激がない時血で、見つけることができる。

なお、年配者と病気にかかった患者で遊離基の損傷が、それからIL-6規則の遺伝制御の変更に責任があるかもしれないという証拠が、もたらすIL-6の上昇値をある。 カロリーの制限は著しく遊離基の活動を減らすので、antiaging効果がボディ内の異常な細胞の腫瘍の細胞そして他のタイプの成長に影響を及ぼす多分他のcytokines)防ぐ機能が一部には原因であるかもしれなかったらことであるかもしれないおよびIL-6のdysregulationを(。

マウスのリンパ腫の手始めを防ぐこと

ウィスコンシン大学の最近の調査はIL-6のdysregulationにマウスのリンパ腫の形成をつなぎ、次にカロリーの制限がそれによりマウスの癌のこの形態の手始めを防ぐこのプロセスを、脱線できることを示した。

テーブル1. IL6および老化する最近の調査結果

グループ 調査結果
独特の味等。 MRL/lprのマウス 血清のレベルは年齢と増加する。
Effros等。 C3B1OF1マウス 内毒素のlipopolysaccharide (LP)のperitoncal machrophage IL-6のレベル
年齢と上がったり、しかし24か月に落ちた。
等促進しなさい。 Fischer 344匹のラット LP刺激された周辺血の単核の細胞IL-6の生産は年齢と増加した。 最も古いグループ(33か月)
中年より高レベル10 x。
Daynes等。 BALBC/cおよびC3HIHeN 血清11-6のレベルは寿命を通って上がる。 最も古いマウスおよび人間の題材のハイ レベル。 また、自発古い動物のIL-6生産をより高くLP引き起こし。
魏等。 人間 11-6 11-1のために観察される健康な高齢者達年齢の相違でより高く水平にならない。
Ershler等。 リーサスmonkies 血清11-6のレベルは寿命を通って上がる。
人間 血しょう11-6は健康な高齢者達で若者より高く水平になる。


科学者は血清IL-6のレベルがより高いののHodgkinのリンパ腫の患者で…見つけられた高いIL-6レベルにIL関連した健康で若いマウスのよりリンパ腫のマウスで大いに高かったことを観察した、か。6レベル、より悪い患者のための予想。

ウィスコンシンの調査は穏やかに適当なカロリーの制限に、また提案するIL-6レベルの重要な低下を、多分服従したマウスで減るどの療法でも高いIL-6レベル癌の防止およびことができることをリンパ腫の開発の主要な減少 正常な老化の遅滞のような反老化の効果を作り出す示した。

DHEAと自己免疫疾患を 扱うこと

科学者は人間のIL-6のレベルがdehydroepiandrosterone (DHEA)のレベルの年齢関連の低下につながるかもしれ、ことを示したDHEAが慢性関節リウマチのような自己免疫疾患のための有効な処置であるかもしれないという臨床証拠がある。

IL-6の異常にハイ レベルを下げる自己免疫の無秩序の有効な処置がDHEAの機能につなぐことができればDHEAがIL-Bのハイ レベルと、アルツハイマー病を含んで、それ自身を老化させるために多分関連付けられるすべての病気のための有効な処置であるかもしれないという可能性を提案し。

これらの質問のいくつかは老化のおよびDHEAの主要な会議で答えられる開かれる、6月のワシントンD.C.でかもしれない。