生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1995年12月

Melatoninは寿命を拡張する: 新しい調査

イスラエルの科学者はちょうど老化のラット(NeuroReport、6、785-788、 1995年 )のmelatoninとの新しい寿命の調査の結果を報告した。 この調査はマウスの複数の緊張とより早い寿命の調査を補強する(「 Melatoninが反老化療法」であるという)証拠見なさい。

科学者は月を古いオスのCDラット、11-13か彼らの調査で使用した。 これらのラットに20-25か月に20%の死亡率の30-35か月の最高の寿命が、ある。

これらのラットの寿命に対するmelatoninの効果に加えて(飲料水で)、またmelatoninがラットの頭脳のmelatoninの結合場所の減少を妨害できるかどうか定めるように努めた。

調査の結果

調査は15-16か月間行なわれた、そのあとで動物は犠牲になり、頭脳はテストされた。 科学者はその補足のmelatoninを見つけた:

イメージ
「…著しく26-29か月の年齢に…存続したラットの数を高めた 16匹の動物の制御グループの43%はこの種の平均余命に一致してある27-29か月の年齢に…存続した。 15匹の動物のmelatonin扱われたグループの87%は27-29か月の年齢に存続した。 制御グループでは、7人の生存者の5つは厳しい肺炎にmelatonin扱われた動物が肺炎に苦しまなかった苦しんだり、または非常に弱い徴候が」あった一方。

科学者はまた扱われた動物は制御よりより高く循環があったこと結合場所が彼ら見た、テストステロン水平になるmelatonin扱われた動物の頭脳のmelatoninの結合場所の増加54%に115% aがあったことが分り。 この若返りの効果はmelatonin扱われたラットの延長寿命の理由の1つであるかもしれない。