生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1995年12月

寿命についての質問は実験する

Pierpaoli-Regelsonの寿命の実験の最も刺激的な見つけることはmelatoninおよびpineal 移植が 両方生命および活力の重要な延長を達成できた、また老化動物の器官の若返りことである。 私達があることを望むより古い私達のほとんどは既にので療法が中年の動物の反老化および若返りの効果を作り出すことができるという証拠を見るために有望である。

Melatoninは実際に最高の寿命を拡張できるか。

イメージ Pierpaoli-Regelsonの実験のmelatonin扱われた動物が対照動物よりかなり長く住んでいたが、melatoninが最高の寿命を拡張できるかどうか質問はの制御か扱われた動物のどれも精査の下でマウスの緊張のための彼らの最高の寿命の潜在性(MLP)に達しなかったのでまだ質問自由である。 C57BL/6マウスの場合には、未処理動物のためのMLPは約40か月であるが、melatoninによって扱われた動物のどれも29か月を越えて住んでいなかった。 BALB/6マウスの場合には、MLPは約36か月であるが、melatonin扱われた動物のどれも31か月を越えて住んでいなかった。 そしてNZBのマウスの場合には、melatonin扱われた動物は彼らのMLFに達した: しかし緊張自体は自動免疫の病気がもとで時期早尚に死ぬために 遺伝的に繁殖した

より大きい調査は必要とした

但し、実験動物がこの理想の近くに来ることができるようにMLPが理想的な居住水準の下でマウスの緊張の最も長く可能な寿命を表すのでmelatonin扱われた動物のほとんどが彼らの最高の寿命の潜在性に達されなくての意外事実、およびそれは極めてまれである。 Pierpaoli-Regelsonの調査に比較的少数のマウスがあったので、そして居住水準が理想的ではないかもしれないので結果は限定的から遠い。 必要である何が実験動物が最良の条件 の下で 維持される最高の寿命に対するmelatoninの効果のより大きい調査である。 そのような調査は私達が老化を遅らせ、寿命を拡張するmelatoninの能力についての詳細をずいぶん学ぶのを助ける。

他のPinealホルモン

もう一つの未解答の質問は他のpinealホルモンがmelatoninの反老化の効果に加えるかもしれないかどうかである。 pineal移植を受け取っている動物がよりよくしたので松果体によって作り出される他のホルモンがまたmelatoninに加えて老化にかかわるかもしれないことは操作の外傷にもかかわらずmelatonin扱われた動物、適度なようである。 これらのホルモンの少なくとも1つ -- epithalamin -- 実験で(ロシアで)実験動物の寿命を拡張するために識別され、特徴付けられ、そして使用された。 melatoninおよびepithalaminの組合せが寿命のもっとよりちょうどmelatoninを伸ばすかどうか定めることは興味深い。

Melatoninは免疫機能を改善する