生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1995年12月

老化の時計がいかに働くか

Melatoninは 睡眠のような重大な機能の神経内分泌および免疫学制御によって私達の健康、強さおよび若々しい活力、食欲、心拍数、血圧、温度、動き、調整、苦痛および喜び、性機能、再生および侵入の細菌、ウイルス、化学薬品および放射に対して保護維持する日周期のためのペースメーカーである。

Melatoninは頭脳の視床下部の地域の行為を、プロラクチンのようなペプチッド ホルモンをおよび成長ホルモン解放するために脳下垂体を誘発する解放要因を作り出す、それから支配する時計、刺激するDHEAのような甲状腺ホルモンの解放を、副腎のホルモンおよび睾丸からのコルチソルおよびステロイド ホルモンおよびテストステロン、エストロゲンおよびプロゲステロンのような卵巣である。

この複雑なシステムの健康な作用は神経伝達物質間の感度が高い相互作用を、ボディのあらゆる器官および生命システムに影響を与えるホルモンを含む合わせられた、リズミカルな、滝のように落ちる減退および流れおよび酵素を要求する。 システムの循環、滝のように落ちる性質のよい例はエストロゲンが頭脳で始まる長い一連の信号またはメッセージの後で卵巣によって作り出されるという事実である。 解放、エストロゲンがボディ中強さおよび活力の維持を助けるために移動した、再度周期を始めることの過程において記憶および他の認識機能の維持を助ける頭脳に、最終的に、行きつく後。

1個の細胞から別のものへメッセージを送ること

このシステムの支配で、melatoninは中枢神経系のニューロンの活動の制御を助けるためにように神経伝達物質機能する。 それは1つのニューロンから頭脳、脊髄および周辺神経の内の別のものに移動する循環AMP (キャンプ)および循環GMP (cGMP)のような循環ヌクレオチドによって化学メッセージを送ることによってそうする。

イタリアのミラノの大学の調査はmelatoninの主たる機能のが、GABA (gabaamino酪酸酸)と共の、神経内分泌システム内の活動を合わせるために頭脳の皮質の神経の発砲率を禁じることであることを示した。 余分か自由な脳細胞の活動はパーキンソン病のように運動障害および アルツハイマー病 のように認識無秩序に 貢献できる。 それはまた有機体の死で絶頂に達する正常な老化、の時間依存の低下に貢献もたらす進歩的な悪化をできる。 3-6 mgの取得。 夜 melatoninの毎日老化を遅らせ、老化の病気のいくつかを防ぐのを助ける時計の再同期化を助ける。

Melatoninは寿命を拡張する