生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 1995年12月

危ない水酸ラジカル

水酸ラジカルの自由な行為は最も有害な遊離基圧倒的にボディ内の致命的な影響をもたらすことができる。 水酸ラジカルはスーパーオキシド基から酵素のスーパーオキシドのディスムターゼの行為による、それから、過酸化水素(HZ02)から得られる基の第三世代種、得られるである。

過酸化水素は遷移金属の前で酵素のグルタチオンの過酸化酵素およびカタラーゼによって水酸ラジカルにそのような鉄か銅減る。 水酸ラジカルの危険は先生によってReiter強調された:

「基の機能がおよびティッシュ分子を破壊することなら、そして水酸ラジカルは基の基である。 それはDNA、膜の脂質、蛋白質および炭水化物のような高分子を含む道で見つけられる事実上あらゆる分子と拡散率で反応する。 DNAの点では、水酸ラジカルは繊維の壊れ目を引き起こすことができる、またdeoxyriboseとプリンおよびpyrirnidineの基盤の化学変化。 "

「蛋白質を、そのほとんどニューロンの重大な酵素、失う効率を傷つけ、細胞機能は衰退する。 多くのティッシュの蛋白質の酸化は、頭脳を含んで老化と関連付けられる機能欠損のための説明として、 提案された。 "



イメージ melatoninが他のどの 酸化防止剤も より掃気水酸ラジカルでそれほどよいという事実はmelatoninがいろいろ病気から私達を保護するという、そして前進年齢の進歩的な枯渇が老化することにおよび老化と関連付けられる病気および不能貢献すること説得力のある証拠である。

脂質の酸化防止剤としてビタミンE

植物油から得られる水酸ラジカルとpolyunsaturated酸(PUFA)間の衝突の副産物の1つは酵素、受容器および細胞膜で見つけられる他の構造を攻撃するperoxyl基(ROO。)である。 これらの基はまた鉄および銅の影響を受けて起こる脂質の過酸化反応と呼ばれる細胞膜内の連鎖反応を始める。

最近まで細胞膜の内に豊富にあるビタミンEがボディの脂質の過酸化物の最も重要な清掃動物であることが、考えられた。 ビタミンEは脂質の過酸化反応プロセスにモンキー レンチを投げる鎖破損の酸化防止剤である。 ビタミンEを作る
何が 特に有効な脂質の酸化防止剤は低下する前に付加的な酸化防止仕事 のための ビタミンCによって再充電することができることである。

よい頭脳機能のためのビタミンEの重大な重要性は脂肪呼吸問題に神経学的な欠損による延長されたビタミンEの不足の患者が苦しむ観察によって立証される。 それはティッシュ文化のニューロンへビタミンEを加えることがneuritesの成長および細胞の存続を促進することまた本当である。 ビタミンE/ビタミンC療法の予備の調査はパーキンソン病の患者で 行なわれているが、結果はまだない。

ビタミンEよりよい脂質の酸化防止剤

ビタミンEは頭脳の戦いの脂質の過酸化反応およびボディの他の区域にある、melatoninが大いによりよくあるように見える。 最近の調査はmelatoninが二度同様によいビタミンEよりperoxyl基の清掃動物ことを示した!

理由のmelatoninは(壊すことビタミンEの行為)唯一の方法の脂質の過酸化物の連鎖反応プロセスの開始を防ぐことによって、またmelatoninがによって脂質の過酸化反応を妨害するのでビタミンEがあるよりよりよい脂質の酸化防止剤である。

Melatoninはこうして水酸ラジカルの清掃動物として行為に加えて二重脂質の酸化防止行為がある唯一の酸化防止剤である!

最後に担うかもしれないという、そしてmelatoninが一酸化窒素ことをの有効な抑制剤、一酸化窒素が有害な遊離基の反作用をもたらすことの重要な役割をであること証拠がある。

総ボディ酸化防止剤

それをすべて越えるため、melatoninはあらゆる細胞とあらゆる細胞のあらゆる部分およびあらゆる体液の私達の全体の体中…作用する唯一の酸化防止剤である。 Melatoninは機能するように結合の場所か受容器が要求しないボディの内で作り出される無毒で、自然なホルモンである。 Melatoninは非常にdiffusibleの、ボディ内のあらゆる内部障壁を容易に交差させる血頭脳の障壁を含む小さい分子である。

頭脳の保護者

血頭脳の障壁を交差させ、あらゆるタイプの細胞に、細胞器官突き通るmelatoninの能力のためにmelatoninがボディの他のどの物質もよりよく頭脳を保護するかもしれないことは、そして前進年齢のmelatoninの険しい損失が頭脳内の特に深刻な効果をもたらすことおよび膜、また異常な酸化防止特性、今明確になっている。

イメージ

Melatoninは4つの理由のための頭脳の重大な重要性をもつ:

  1. 多様な、要求の新陳代謝機能の遂行で他のどの体の部位もよりずっとより多くの酸素を使用するので頭脳にボディで遊離基の活動の多量がある。
  2. 頭脳に遊離基の反作用の数そして毒性を高める特別に高い鉄内容がある。
  3. 頭脳は血頭脳の障壁が酸化防止混合物の頭脳に記入項目を制限するので一部には酸化防止防衛システムが比較的不十分、である。

Melatoninはグルタチオンの過酸化酵素の活動を刺激する

酸化防止剤として手強い力に加えて、melatoninはまた神経のティッシュの刺激的なグルタチオンの過酸化酵素(GSH-Px)によって頭脳を保護する。 GSH-Pxは酸化させた形態に減らされたグルタチオンを変え、トラックの危ない水酸ラジカル 生成を停止するH2 Oにその際にH 2からの過酸化水素を0 2、(水)変え、それにより細胞退行性変化および死を防ぐ。

私達がより古く育つので私達の酸化防止防衛システムの主要な欠陥は過酸化水素の年齢関連の蓄積である。 過酸化水素のこの増加はスーパーオキシドのディスムターゼが他の主酵素、カタラーゼおよびグルタチオンの過酸化酵素の付随の増加なしで、ボディの内で作り出される最初の自由根本的非活動化の酵素増加するので行われる。 これらの不足は前進年齢のmelatoninのレベルの低下が大きい
部分 で原因のようである!

寿命に対するGSH-Pxの活動の効果

GSH-Pxの機能は寿命の決定で重要であるために過酸化水素を(それにより水酸ラジカルの生成を防ぐ)ノックアウトする示されていた。 短命のハツカネズミ(Musのmusculus)と長命の白足のマウス(Peromyscusのleucopus)間の最近の比較は長命のマウスで大いにGSH-Pxのより高い活動および短命のマウスで酸化損傷の大いに多量を示した!

サン・アントニオの健康科学の中心テキサス州立大学の科学者による最近の調査はmelatoninの管理により実験室のラットの30分以内のグルタチオンの過酸化物で二重の上昇を引き起こしたことを示した。 彼らはまたラットの頭脳内のGSH-Pxの活動が日中より頭脳のmelatoninのレベルに直接関連する夜に高いことが分った。

老化の時計がいかに働くか