生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1995年12月

Melatoninが反老化療法であること立証しなさい

最近、melatoninは老化の重大な役割を担う こと先生理論を助けてRosenzweig'sたくさんの証拠を発生させたmelatoninの研究の調査の爆発がある。 これらの調査の調査結果はmelatoninが老化の老化そして病気にいかに影響を与えるか説明するために行為の複数の潜在的な メカニズムの覆いを取った

LEFのグラフィック 老化のmelatoninを関係させる最初そしてほとんどの基本証拠は松果体によるmelatoninの生産が前進年齢と徹底的に下ることである。 人間のmelatoninのレベルの衝撃的な年齢関連の低下はN.P.Vのような科学者によって示されていた。 モントリオールのマギル大学のNairおよび健康科学テキサス州立大学のラッセルJ. Reiterはサン・アントニオに集中する。

データは二度ことを人間のmelatoninのピークの夜のレベル約中間によって老化させる人々(51-55年)のより若者達(21-25年)で同様に高い示す、および高齢者達(82-86年)のより若者達で高い約4回。 血しょうmelatoninの24時間の分泌は二度およそずっと60歳の人および女性の20歳の人そして女性で同様に高いために示されている。

これらの調査結果はmelatoninの年齢関連の枯渇が老化と関連付けられる欠損および病気の原因であるかもしれないことを提案する。

極度の酸化防止剤

オマハのネブラスカの大学のDenham Harman先生は老化の遊離基理論の創始者である。 遊離基はそれらを非常に反応および短命にする一番外の軌道リングで無対の電子を含んでいる分子である。 酸素および他の化学薬品の相互作用は私達の体内の遊離基の根本資料である。 過去の50年では、老化することに自由な遊離基の活動および老化の退化的な病気をつなぐ証拠の巨大な、急速に成長ボディがずっとある。

長年にわたって、遊離基の科学者は余分な遊離基の活動の有害な効果を妨害するいくつかの物質を識別した(酸化防止剤と呼ばれる)。 これらの中でビタミンEのような酵素の極度の酸化物のディスムターゼ、グルタチオンの過酸化酵素およびカタラーゼおよび混合物は ビタミンC セレニウム グルタチオン システインおよびメチオニン および尿酸ある。 科学者はまたdeprenyl、hydergineおよびcentrophenoxine のような薬剤 酸化防止特性を 見つけた

グルタチオンよりよいヒドロキシルの清掃動物

melatoninがボディの自身の自然な酸化防止剤の1つであるという知識は非常に最近の型である。 それは1990年に最初に提案され、melatoninの酸化防止力の実験的証拠はただその時以来現れた。

melatoninが非常に有効な酸化防止剤である ことを 示す1つの一連の実験は先生の実験室でReiter's行なわれた。 1つの調査では、発癌物質、サフロールはラットに、またはmelatoninを伴って、単独で管理された。 サフロールは酸素基の生産によってDNAで核酸の損害を与える。

調査の結果はmelatoninがほとんど全くサフロールのDNA有害な効果をノックアウトしたことだった。 サフロール(300のmg/kg)によって傷ついたDNAの量は41%管理されたサフロールの線量がmelatonin (0.2 mg/kg)の線量より大きかった1,500倍時でさえ減った。 melatonin (0.4 mg/kg)の線量が(支柱750はサフロールのそれよりより少しを時間を計るが、)倍増した時、DNAの損傷は99%減った!

生体外の調査では、melatoninは「非常にかなり」電離放射線によって発生した非常に反応ヒドロキシル(.OH)基を減らした。

別の生体外の調査では、遊離基の清掃動物としてmelatoninの能力はマンニットおよびグルタチオンのそのポイントにテストされた最も有効な水酸ラジカルの清掃動物と比較された。 水酸ラジカルの活動を減らすために50%によって必要な melatonin 、グルタチオンおよびマンニットの集中はmicrons/Mそれぞれあったり、21、123、および238。 従って、 melatoninは5.9グルタチオンより有効倍および11.3戦いの水酸ラジカルのマンニットより有効倍であるために示されていた!

危ない水酸ラジカル