生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌



LEFの雑誌1993年9月

イメージ


 

Vanadylの硫酸塩

糖尿病患者に直面する重要な問題はインシュリン抵抗性として知られている現象である。 インシュリン抵抗性はインシュリンを利用するそれにより血でブドウ糖の危ない高度を引き起こす細胞の受容器の場所の失敗によりである。 インシュリン抵抗性は損なわれたブドウ糖の新陳代謝および処分の老化および結果の間に起こる。

タイプIの糖尿病は膵臓の無力によってインシュリンを作り出す引き起こされる。 インシュリンの依存した糖尿病のこの形態はまた若年性糖尿病と呼ばれ、時々ティーネージャーを打つ。 タイプIIでは、患者の膵臓はインシュリンの正常な量を作り出すが、ティッシュ(筋肉、レバー、脂肪質)は存在に効率的に答えない。 血のインシュリンのレベルを単に上げる現在の処置により厳しい心血管の副作用を引き起こすことができる。 これらの管の複雑化を防ぐため、インシュリンの代理はインシュリン抵抗性の根本的な問題に演説すること必要である。

バナジウム塩の歴史的使用

19世紀からの文書化されていない観察はバナジウムの使用を糖尿病を扱う提案する。 1つは糖尿病患者がナトリウムのvanadateと排泄した彼らの尿のより少ない砂糖を扱ったことをフランスの1899年にレポートを示した文書。 インシュリンの発見の後後で23年、散るバナジウム塩の興味。

1980年にラットのインシュリンの行為をまねるために、vanadateは示された。 これはvanadateの効果をまねるインシュリンが実験設定の大きい変化で検査された研究の数年に先行していた。 それはvanadateがインシュリンのほとんどすべての知られていたbioeffectsをまねることなる。 これは筋肉および脂肪細胞にブドウ糖を運ぶことにインシュリンの主行為を含める。 1つの調査はvanadateがインシュリンの受容器の60%を失い、従ってあった細胞のブドウ糖の通風管、抵抗力があるインシュリンを刺激できることを示した。 これらの調査は糖尿病のための療法としてバナジウムの潜在的な治療上の価値を調査するために基礎を提供した。

バナジウムは糖尿病性動物のブドウ糖のレベルを下げる

分岐点は1985年にIの糖尿病性のラットをタイプするvanadateの経口投与は正常な価値に彼らの血ブドウ糖を下げたことを研究者が示したときに、起こった。 それ以上の調査はvanadate療法が効果的に慢性の高いブドウ糖のレベルによって引き起こされる組織の損傷を逆転できることを示した。 場合によっては、それによりインシュリン抵抗性の問題を除去するインシュリンの結合容量は十分に、元通りになった。

これらの調査結果にもかかわらず、インシュリン療法がまだタイプIの糖尿病性動物に、人間のタイプIの糖尿病のためのそのvanadate療法sを補足が第一次療法としてよりもむしろ、使用されることを提案する要求されることが述べられるべきで。 タイプIIの糖尿病性動物では、vanadate療法はかなり血ブドウ糖のレベルを非常に下げ、すべてのタイプの筋肉のブドウ糖の通風管そして新陳代謝を高めた。 さらに、vanadate療法はそれによりインシュリン抵抗性の問題を取扱うインシュリンに著しく全面的なティッシュの敏感さを、高めた。 インシュリンの正常なレベルを作り出すが、高いブドウ糖のレベルがインシュリン抵抗性によって引き起こされるタイプIIの糖尿病患者のため、vanadateが有効な療法であるかもしれない。

Vanadylの硫酸塩はボディービルの市場の普及したプロダクトである。 ブドウ糖の筋肉通風管を促進するVanadylの硫酸塩の能力は筋肉固まりに対する重要な同化効果を作り出す。 この同化効果はantiaging目的のためにまた重要である。 老化するにより筋肉固まりの異化作用に無駄になることを引き起こす。 栄養素との補足はアルギニン、クロムのpicolinateを好み、vanadylの硫酸塩はこの条件を防ぐのを助けることができる。

Vanadylの硫酸塩は硫黄に区切られるバナジウムを含んでいる。 それはバナジウムの最も生物学的に活動的な形態として考慮される。 Vanadylの硫酸塩は食事と取られるべきである。 推薦された線量は生命延長為に1日あたりの1つの7.5 mgのタブレットである。 糖尿病患者は1日あたりの4つまでのタブレットに彼らの線量を合わせたいと思う場合もある。 糖尿病患者はvanadylの硫酸塩により反応hypoglycemiaを引き起こす血ブドウ糖のレベルによりの重要な低下を引き起こすことができると同時に注意深く監視する彼らのブドウ糖のレベルをべきである。