生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2014年2月
レポート  

薬剤なしで血糖を抑制しなさい

Eduardo Vasquez著
薬剤なしで血糖を抑制しなさい  

研究は決定的なより長い年齢関連の血糖の増加、 より大きいの 糖尿病へ屈することのあなたの確率および心臓発作、打撃、腎不全、癌および盲目の準の高められた危険を飼いならす待ち時間。1-3 老化の個人の大半のため、緊急な行為は必要である。1,2

公衆はまだ加えられる損傷 の大きさを ほとんどが澱粉または砂糖の適当な量だけ考慮するものをの 消費 の後で 確認していない

広く公表された調査はちょうど1 12オンスによって砂糖甘くされたソーダを飲むことがタイプII糖尿病の18-22% 高められた 危険で毎日 起因したことを示した健康に敏感な 人々がソーダを避けるかもしれない間、4私達の 事実上 どれも免疫がない私達の食事療法にそう多くのブドウ糖打ちつける食糧がある。

ハード サイエンスは85のmg/dLの上の 絶食の 血糖が および 病気の高められた危険と関連付けられることを明らかにする。 残念ながら、ほとんどの大人のブドウ糖のレベルはこの範囲の上によくある。1,2,5

老化の人間は彼らの血流にブドウ糖の 吸収を 妨害するために炭水化物を食べる 前に 強引なステップを踏むべきである。 しかしちょうど重要ように私達のレバーのブドウ糖の超過生産を抑制し 脂肪として貯えられるそれに対して 私達の 筋肉細胞に血ブドウ糖の通風管を改善する必要性は である

薬剤を避けたいと思う人のための 最新ニュースは アメリカの大人の80%に今日高くより最適のブドウ糖のレベルがなぜあるか 根本的な理由を目標とする3つの植物得られた 栄養素の 発見である。6

JAMA) 米国医師会医学総合誌の2013 7月 3日、問題は 人間の健康のフルクトース 影響を検査した。7

高果糖のコーン シロップは 食糧および 飲料 に加えられる熱の甘味料の40%に表す。 それは頻繁に米国の清涼飲料の唯一の熱の甘味料である。8

フルクトースの消化力そして新陳代謝の 効果は ブドウ糖のそれと 異なる7 フルクトースはその方法でレバーで支持する新しい脂肪(lipogenesis の形成を新陳代謝する。7 ブドウ糖とは違って、フルクトースは正常なsatiety信号を引き起こさない。 フルクトースは体重増加 もたらす場合がある食べすぎることに こうして貢献する7つは 米国の高果糖の コーン シロップの 高められた使用肥満の 急速な 増加を 映す9

フルクトース JAMAの 検討は 最初に肥満が食餌療法脂肪の消費過剰によって 引き起こされた こと 90年代の誤った信念を 説明した7 その当時、高い 砂糖の 取入口は食餌療法脂肪の転置によって肥満に対してニュートラル そして 多分保護と考慮された。7

後で十年、 アメリカ心臓協会は 体重増加に 貢献していた心配のために砂糖の消費の徹底的な 減少をせき立てた7人の 専門家は今糖尿病および 肥満 の世界的な伝染病になったものの砂糖の取入口が最も重要な原因 である ことを 論争する

フルクトースに焦点を合わせて、 JAMAの 検討はティッシュに脂肪肝、 インシュリン抵抗性、高い トリグリセリド および脂肪質の沈殿を 含んでいる 高果糖の消費の 不利な 影響を記述した。7

フルーツ 含まれているフルクトースが これらの 好ましくない効果を いかに 示さなかったかそれから論議されるJAMAの検討。7 それらは人間の題材が莫大な量のフルーツのフルクトースを消費する 時でさえ見られる血圧、脂質、インシュリンおよび体重に対する有利な効果がずっとあることを報告する。 理由は砂糖甘くされた飲料 比較される全 フルーツの 遅い消化力率である。

JAMAの 検討は精製された砂糖および高glycemic澱粉の 余分な 取入口が肥満 重要な役割を担い ちょうど精製された砂糖。…公衆衛生の努力がすべての取入口の減少に非常に精製された処理された炭水化物焦点を合わせるべきである」ことを「結論したことを指摘した7

他からの研究データの確証と一緒に伴われる国際的に認められた医学ジャーナルで出版されるこの検討は血流に砂糖の急速な吸収を妨害するために限定的なステップを始める老化する人間のための 目覚し 調査したり、である。7-10

私達のほとんどがたくさんのブドウ糖をなぜ食べるか

私達のほとんどがたくさんのブドウ糖をなぜ食べるか  

高い血糖は余りにも多くの菓子を食べることに責任にされる。 けれども タイプII糖尿病は ブドウ糖の超過生産によって、また高glycemic 炭水化物 の消費過剰により内部的に引き起こすことができる。

これを、一見人類の歴史の99%中あった原住民の状態 見通しに置くため。 先祖の人間の食事療法は精製された炭水化物…主にちょうど蛋白質そして 脂肪の低水準 から 普通 日の追跡が繊維状の野菜と共にもたらしたものは何でもからの成っていた。11 けれども私達の体ブドウ糖の連続的な供給が 脳細胞のエネルギー生産を支えるように要求しなさい。12

血ブドウ糖が50のmg/dLの下で低下を 水平にすれば 私達はひどくhypoglycemicなり、不利な臨床結果および死のためのかなり高められた危険にある!13 そう私達は私達のレバーがぶどう糖新生と呼ばれる プロセス蛋白質 (および時々脂肪)からブドウ糖を作り出す存続のメカニズムを 合わせた

ぶどう糖新生は 食糧が乏しかったが、無限のカロリーの豊富の今日の世界で、このブドウ糖発電機は危ないレベルに私達の血糖を打ちつけることを共謀するときに私達をよく機能した。

医療専門家はまだこの伝染性問題の大きさを確認するために持っている。 慣習的な医者は分類するために 絶食のブドウ糖が 125の mg/dLの 境界を と同時に糖尿病患者交差させ、 次に 処置だけを推薦する まで待っている。 すなわち、用心深い医者があるには十分に幸運なら。 疾病対策センターに従って、タイプII糖尿病 の発生は 危険なほどに実際より少なく報告され、underdiagnosed残る。14

それは彼らのボディを管理し、残りの血ブドウ糖の計り知れない影響から減り、保護するために証明された方法を組み込む個人までこうして ある

幸いにも、研究者は安全にレバーで減らし、砂糖の吸収の率を作り出される減らし、余分砂糖の量をエネルギー生産の細胞に血流から砂糖を運ぶことを促進できる3つの自然な原料を識別した。 独自にこの3つの自然な原料の行為のそれぞれおよび血糖およびインシュリンのレベルの年齢関連の増加から補足に保護するため。

生活様式および行動の変更とともに、目標とする混合物は余分な血糖にかかわるメカニズム私達が最適の長寿を達成するべきなら重大である。

必要がある何を知る
血糖のための広スペクトル サポート

血糖のための広スペクトル サポート

  • 制御の下であなたの血ブドウ糖を保存しなければ血管疾患の危険がある状態にである; 「高く正常な」レベルは危ない。
  • 主流の薬は頻繁に85のmg/dLにけれどもない「糖尿病性の範囲に」。ある血糖レベルにかかわっていない
  • 3つの栄養素の新しい組合せは総合的な薬物と関連付けられる副作用の多数なしで健康な血糖およびインシュリンのレベルを、支えるために多数のメカニズムを提供する。
  • これらの補足は血糖を、より穏やかで制御するのに、使用される最もよいあるおよび出現の薬剤と同じような方法でかなりより安全な方法で機能する。
  • モロコシは澱粉の消化力を遅らせ、PPARガンマ、あなたの細胞のインシュリン感光性を与える新陳代謝センサーを活動化させる。
  • クワの葉のエキスは澱粉の片の消化力を遅らせ、筋肉およびレバーによってよりよいブドウ糖の通風管を促進するために細胞インシュリンの増感剤の活動を高める。
  • Phloridzinは、果樹の吠え声から、あなたの腸および腎臓からのあなたの体にブドウ糖を吸収する運搬体蛋白質を妨げる。

自然な原料#1:

クワの葉のエキス

中国の伝統医学でクワの葉からのエキスがさまざまな問題を、血糖制御を含む特にそれら扱うのに使用されていた。21,24人の 科学者はこの従来の使用を認可するために証拠を発見した。複数の 有効なメカニズムによって健康な血糖レベルを支えるためにクワは働くことひっくり返す24。

重大な生命プロセスが私達に対していかに働くことができるか
私達に対する生命ProcessesCanの重大な仕事いかに

人命を支えることに重大な3つの必要は次のとおりである:

  1. 酸素
  2. エネルギー

私達の体が連続的な酸素処理、エネルギー新陳代謝および 血圧を 保障する強い容量を 展開させなかったら私達はずっと昔に死のう。

しかし私達が高血圧、余分な酸化およびたくさんのエネルギー基質、 すなわち ブドウ糖の形態の 私達に対して これらの重大な生命写真製版法を老化させるように

皆は 高血圧が危ない 、けれども多くの人々は高より最適の読書と歩き回ることがわかっている(115/75の上で)。15の 酸化防止剤は 損傷の酸化反作用を抑制するが、一般大衆は十分に遊離基を抑制するために栄養素が必要の暗闇に主としてある。16

アメリカの大人 80%以上85の mg/dL上の 絶食の ブドウ糖を 食べる。 さらにもっと危ない 私達の 内皮を傷つけ、 病気の危険を高める 血ブドウ糖/インシュリンのの後食事のサージは。6,17,18

幸いにも、炭水化物含んでいる食事の前に取られたときレバーでの後食事の ブドウ糖の サージを 、ブドウ糖の超過生産を減らすために 鈍くする ことができ血からエネルギー生産の細胞 ブドウ糖の輸送を促進する栄養素がある。19-23

アルファ グルコシダーゼの酵素の禁止

DNJ (1-deoxynojirimycin)はそれは砂糖の分子 である ことを信じることにボディをだますことができるクワで見つけられる部品である。24

砂糖を「まねることによって」、 DNJは 仕事が 砂糖 にそれらを壊すためにあなたの腸の澱粉を 」見ることであるアルファ グルコシダーゼの酵素に結合する。DNJが アルファ グルコシダーゼに結合するとき 24,25、ボディはあなたの血にでき処理砂糖吸収されるよりもむしろ腸を通して同様に多くの澱粉、従ってこの澱粉(およびカロリー)パスを。24,26

アルファ グルコシダーゼへのDNJ 結合はこうして食べるstarchy食事を必ず作成されるあなたの血流の砂糖の負荷を減らすことを可能にする。 クワはacarbose、血糖制御に使用する 規定の薬物として澱粉関連の血糖の上昇を同じように禁じる。Acarboseの 27助けはアルファ グルコシダーゼの禁止によっての後食事の血糖のスパイクを 減らす。 調査はクワの葉の エキスがブドウ糖の の後食事の 上昇を 減らすことを示す。24,28

クワの葉のエキスの毎日の使用はかなりの後食事のインシュリンおよびブドウ糖のレベルを下げ、糖尿病の開発を遅らせる実験モデルのタイプII糖尿病の手始めを遅らせることができる。28

クワのDNJはまたレバー(ぶどう糖新生)の余分なブドウ糖の生産をように反糖尿病性の薬剤のmetformin 減らす絶食の 砂糖の およそ 47%がブドウ糖をポンプでくむレバーから(絶食の14時間後で)来るので29,30この阻止はかなりあなたの血流で循環する余分なブドウ糖の量を下げることができる。31

人間の調査はglyburideと 呼ばれた 一流の反糖尿病性の薬剤とクワを 比較した32は インシュリンの膵臓の生産の後押しによってこの薬剤ブドウ糖を 下げる余分な インシュリンが 癌の危険性を後押しし、 ボディ中の細胞を損なうので生命延長の私達がこのsulfonylureaの薬剤に対して長く警告してしまった33。

この実験では、タイプII糖尿病を持つ24人はクワのエキスまたは30日間glyburideとの扱われただった。32は 研究者クワの葉の エキスが絶食の 血糖をglyburideよりもっとかなり下げたことが 分った32

クワ補われたグループの患者は111のmg/dLに 153の mg/dLからの彼らの絶食の血糖の 印象的な27%の 低下が、 あった。 glyburideを取るそれらは絶食の 血糖レベルの8%の低下だけ、154のmg/dL から142の mg/dL から見た。 クワを取っている患者は彼らのヘモグロビンA1cの血レベル(血糖レベルの長期測定)の落下10%を 見た32は glyburideを取るそれら減少をまったく示さなかった。

そしてクワの医療補助は血糖レベルの減少と停止しなかった。 調査はクワにまた心血管の健康に影響を与えるコレステロールのような脂質のプロフィールの肯定的な影響があったことを示した。 クワと扱われたそれらは総コレステロール 12%の減少 および トリグリセリドの 16%の減少を 示した。 glyburideのグループでは、ベースラインからの脂質の測定の何れかに実質の改善がなかった。32

クワを取っている患者は彼らの保護HDLの レベルが glyburideのグループの ちょうど3%と比較されて 重要な 18%によって上がるのを見た。32の 上昇保護HDLのレベルは一流の薬品会社のための巨大な研究ターゲットであり、これまでのところ努力は失敗した。 クワははっきりインシュリン後押しの薬剤のglyburideと対照をなして後押しのインシュリンのレベルなしで新陳代謝および心血管の マーカーを 、改良する機能を示した。

別の印象的な人間の試験では、ボランティアは付加的なDNJの内容と富んだクワの葉のエキスを与えられた。 クワのエキスを取った後、患者は砂糖の50 グラム( ほぼ2オンス)を含んでいる水を飲んだ。20の クワのエキスはブドウ糖の期待された上昇を抑制し、インシュリンのレベルを、純粋なテーブル砂糖のこの印象的な摂取に直面して低い安全に保った。

付加的な人間の研究はクワのエキスが非糖尿病性のボランティアの脂質のプロフィールを同様に改善することを示す。 食事療法の脂質を改良することを試み、失敗した穏やかな脂質の異常とのそれらに焦点を合わせる非糖尿病性の人々の1つの調査。34は 結果クワの葉の エキスの 280 mgが4週に10.2% および 8 に12.5%一日に三回 トリグリセリドを 減らしたことを示した。 12週の調査の終りまでに、総コレステロールは4.9%によって あった、 トリグリセリドは14.1%によって 落ち、 LDLは ベースライン値からの 5.6% 減った。 なお、有利な HDLは 19.7%。34 増加した

同じような調査は312のmg/dLを平均する非常に高いトリグリセリドから始まった主題の グループを最適のもっとより二重上限含んだ。24 この調査で、主題は12週 間食事 の前にDNJが豊富なクワの エキス(12 mg毎日3回)を取った。 調査の終りまでに、危険の範囲にまだある 中間のトリグリセリドのレベルは252のmg/dLに落ちた。 しかし 主題の20%ではトリグリセリドは150のmg/dL — 大きい減少の下でに より50%の 下った!24 小さいですか非常に低密度LDL -アテローム性動脈硬化と 容易に酸化し、強く関連付けられるので特に危ないコレステロールの粒子に重要な低下があった。24

クワの行為のメカニズム
クワの行為のメカニズム

クワは制御血糖レベルを下記によって助ける:

  • 澱粉が砂糖に禁止ことをによって回ることを防ぐべき砂糖の模倣者として機能 アルファ
    グルコシダーゼ
    活動。24
  • 血流から砂糖を運ぶ刺激GLUT4。21
  • インシュリンの感受性を高めること。21
  • レバー(ぶどう糖新生)の余分なブドウ糖の製造の減少。29

クワはGLUT4によってインシュリンの感受性を高める

ぶどう糖新生および アルファ グルコシダーゼの 抑制 に加えて別の 重要な方法でクワの葉の抽出機能。 インシュリンの感受性を 高めることによって、クワは血流からそしてもっと容易に利用することができる細胞にシャトルの砂糖を助ける。 それはインシュリンの感受性のこの改善およびGLUT4と呼ばれる細胞運送者の刺激によって血糖レベルの低下を 達成する21

クワはGLUT4運送者の数をだけでなく、高めるが、また細胞膜の表面への動きを促進する、従ってエネルギー出力を高めるためにブドウ糖の分子がボディの細胞にもっと容易に動くのでインシュリンの感受性は改良する。21 実際、 metformin、最も印象的な、よく最も調査された反糖尿病の薬剤の1は部分で細胞のGLUT4の増加 によって 、はたらく。35

実験室調査では、研究者はクワの葉のエキスとの54%大いに細胞のブドウ糖の通風管を 高める ことができることを 示した。21

Actosの®のような反糖尿病性の薬剤は 時々不必要な体重増加を引き起こすことができる。36は 実験動物との陰謀的な実験クワの葉のエキスがpioglitazone (Actosの®)の処置によって引き起こされた体重の利益を除去したことを示した。36 同じで調査しなさい、クワの葉のエキスはまたブドウ糖のレベルを調整し 脂肪質の蓄積を減らし、そして損傷の炎症性仲介人を下げる有利なホルモンのadiponectinを増加した。36

モロコシの行為のメカニズム
モロコシの行為のメカニズム

モロコシは制御血糖レベルを下記によって助ける:

  • 砂糖の解放を減らして酵素、アルファ アミラーゼの禁止によって澱粉で 見つけた38,39
  • インシュリンの感受性の改善。41
  • レバー(ぶどう糖新生)の余分なブドウ糖の製造の減少。19
  • PPARガンマ受容器のエネルギー生産の細胞により多くの血ブドウ糖をとるために活動化。41