生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年9月
ニュース  

サプリメントおよび練習は女性のより低い心臓病の危険と関連付けた

サプリメントおよび練習は女性のより低い心臓病の危険と関連付けた

臨床看護 のジャーナルでは、台湾からの研究者は練習か使用された食餌療法supplements.*で従事した中年の女性の冠動脈疾患(CAD)の発生の減少を報告する

調査は年齢が56.2年を平均した65人の女性を含んでいた。 心臓カテーテル法は31の主題の冠動脈疾患の存在を明らかにした。 アンケート応答は活動レベルに関するデータおよび先行する年および他上のサプリメントの取入口を提供した。 血液サンプルは絶食のブドウ糖、脂質および付加的な要因のために分析された。

データの調節された分析は非使用者と 比較された 補足のユーザーの冠動脈疾患のより危険度が低い72%および不活性 女性 と比べて身体活動で従事した人の中のCADのより危険度が低い84%の覆いを取った。

編集後記 : Tsai著者C.はC.および同僚脂質の過酸化反応および遊離基の減少によって、ビタミンCおよびE気づく、他の酸化防止剤は傷つければことを中心の血管の保護を助けることに。 さらに、調査は高められたビタミンCの取入口と共同して低密度脂蛋白質のコレステロールおよびトリグリセリドの減少を見つけた。 なお、Bのビタミンは容器のライニングを損ない、一酸化窒素のレベルを下げ、そして血小板の活動を変える血清のホモシステインの増加を防ぐのを助けることができる。

— D。 染料

参照

* J Clinの看護。 6月2013日7.日。

高められた乳癌の危険はサウジ女性の不十分なビタミンDのレベルと関連付けた

高められた乳癌の危険はサウジ女性の不十分なビタミンDのレベルと関連付けた

臨床 栄養物のアメリカ ジャーナルは 最近血清のビタミンDの不十分なレベルを持つ女性間の乳癌のより大きい危険のサウジ アラビアそしてアリゾナ州立大学からの研究者の調査結果を出版した。*

Fatimah M. Yousefおよび彼女は120の年齢一致させた制御を用いる侵略的な乳癌と仲間120人のサウジ女性を比較した。 関係者が完了した食餌療法のアンケートはビタミンDの取入口に関する情報を提供した。 血液サンプルは血清25-hydroxyvitamin Dのレベルのために分析された。 

 

関係者間のビタミンDの食餌療法取入口は低かった。 平均血清25-hydroxyvitamin Dのレベルは 制御グループ の15.4 ng/mLと比べて乳癌 が付いている主題 間の9.4 ng/mLだった。 制御グループの38.3%により少しにより10 ng/mLの不十分なビタミンDのレベルが ある間、このパーセントは 乳癌の グループの60.8%に上がった。

最適 25-hydroxvitamin Dの 血レベルは50-80 NG の間に mLである。 サウジ アラビアの宗教法律は皮を公の場で露出することから女性を禁止する。 日光の欠乏および補足の欠乏は乳癌率の非常に低いビタミンDのレベルそしてそれに続く増加で起因する。

編集後記: ビタミンDが水平になる女性がレベルが20 ng/mL より大きかった 女性と10 ng/mLよりより少し比較された だったときに、乳癌の危険はより低いビタミンDの レベルのグループの 6倍以上より高くだった。

 

— D。 染料

参照

* AM J Clin Nutr。 7月2013日; 98(1)105-10.

高められた植物性脂肪の取入口は前立腺癌の患者の早死にのより危険度が低いとつながった

高められた植物性脂肪の取入口は前立腺癌の患者の早死にのより危険度が低いとつながった

JAMAの 内科では、カリフォルニア大学からの研究者およびハーバードは植物性脂肪の取入口のより大きい消費と前立腺cancer.*を搭載する人間の8.4年の中間数に死ぬことのより危険度が低いの間の連合を報告する

調査は1986年と2010年間のnonmetastatic前立腺癌と診断された4,577人を含んでいた。 調査および4年毎にの初めに完了したアンケートは脂肪質取入口でその後データを提供した。

病気からの遠い転移または死の発生と定義された致命的な前立腺癌のでき事は315の主題に起こった。 致命的な前立腺癌のでき事の調節された危険は 動物性脂肪の取入口が取入口が最も低い20%の中にあった取入口と比べて 最初の20%の中にあった危険の中のより高く16% だった。 それに対して、最初の20%の中にあった植物性脂肪の 取入口は より危険度が低い36%と 関連付けられた。

編集後記: あらゆる原因からの死が検査されたときに、動物性脂肪の取入口が最も高かった死に最も低い グループ と比べてフォローアップに死ぬ19%より大きい危険が、および植物性脂肪の取入口が最も高かった19%持っていたより危険度が低い 35%を あった。

— D。 染料

参照

* JAMA Int Med。 6月2013日10.日。

減らされたDHEAの硫酸塩のレベルは女性のより大きい打撃の危険につながった

記事ではBrighamの女性の公衆衛生のレポートの病院 そしてハーバード学校からのアメリカの中心連合ジャーナル打撃、研究者ホルモンのdehydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEAS)の低レベル間の連合およびより古いwomen.*の打撃のより大きい危険で出版した

調査は1976年に看護婦の健康の調査で登録に打撃の歴史がなかった女性を含んでいた。 1989年と1990年の間で得られた貯えられた血液サンプルはDHEAの硫酸塩のレベルのために分析された。 打撃がフォローアップに起こった400人の六十一人の関係者は年齢、競争、menopausal状態および461の制御主題と他の要因のために一致した。

DHEASのレベルが現在の調査の関係者の 最も低い25%の中にあった女性の間で、ischemic打撃を経験する調節された危険は レベルが 最初の25%の中にあった女性のそれより高い33% だった

編集後記: Rexrode MD、MPHおよび同僚著者KathrynはM. DHEAが管の壁の細胞の移動そして拡散の阻止を含んでいる、および傷害にそれに続く管の改造を減らす管の平滑筋細胞のapoptosisの刺激にことができるメカニズムを通して心循環器疾患および打撃の開発影響を及ぼすことに注意する。

— D。 染料

参照

*打撃。 5月2013日23日。

大量服用Metforminは大腸の癌患者間の改善された存続と関連付けた

大量服用Metforminは大腸の癌患者間の改善された存続と関連付けた

蟹座の疫学、Biomarkers及び防止は 2001年と2006年の間に診断される段階I-IIIの大腸癌を持つ人そして女性間の大腸癌の存続のantidiabetic薬剤のmetforminのための肯定的な効果を報告する記事を出版した。 関係者はずっと規定されたmetforminである207人の糖尿病患者を、薬剤を使用しなかった、3,501 nondiabetics.*は196の死が糖尿病とのそれらおよびnondiabeticsの中に起こった1,897の中に起こった、2010年によって主題続かれた108人の糖尿病患者含み。

主題がmetforminと扱ったときに薬剤と扱われなかった糖尿病患者、「重大さ」に観察された近づいた大腸癌による死の危険の減少と比較された。 但し、高輝度にmetforminと扱われなかった糖尿病患者より病気で死ぬことの 危険度が低い56%があったのでmetforminの使用が分類されたそれら。

metforminの使用の強度は高くまたは低速がmetforminが癌の診断前の年に推定上取られた幾日の数を基づかせていたと同時に計算された。 調査の関係者が使用したmetforminの平均線量は毎日 1,148 mg だった。

編集後記: Metforminの使用はフォローアップ上の糖尿病性の主題間の あらゆる 原因がもとで死ぬ31%より低い調節された危険とその上に関連付けられた。

— D。 染料

参照

*蟹座Epidemiol Biomark Prev。 6月2013日10.日。

研究は高血圧に於いての減らされたビタミンDのレベルのための原因となる役割を支える

メタ分析はPostoperative心房細動に対してオメガ3の術前の脂肪酸の保護効果を再確認する

人類遺伝学のヨーロッパの社会の年次会合で、Karani S. Vimaleswaran先生はhypertension.*の開発に於いてのビタミンDのための原因となる役割の見つけを示した

Vimaleswaran先生は低血圧とより高い血清25-hydroxyvitamin Dのレベルを関連付けた108,173人までの関係者を含む35の調査に含んでいたD CarDiaの共同の調査結果を報告した。 原因を認可するためには、研究者のチームは25-hyroxyvitamin Dのレベルと高血圧の単一のヌクレオチドの多形(SNPs)として知られていた4つのビタミンのD関連の遺伝の変形の連合を検査した。

血清25-hydroxyvitamin Dのレベルとの連合はすべてのSNPsのために確認された。 研究者はまた1 SNP (CYP2R1)間の連合のおよびdiastolic血圧および高血圧覆いを取った。 更なる分析に従がって、減らされたビタミンDのレベルに高血圧の適度な原因連合があることが完了された。

編集後記: 0.24 mmHgのdiastolic血圧の 減少 および高血圧 危険の7%の減少は血清25-hydroxyvitamin D.の 10%の増加と関連付けられた。

— D。 染料

参照

*人類遺伝学のヨーロッパの社会の年次会合。 6月2013日11.日。

より高い血しょうビタミンDのレベルはCardiometabolicの病気のより低いBiomarkersと関連付けた

より高い血しょうビタミンDのレベルはCardiometabolicの病気のより低いBiomarkersと関連付けた

(CDC) 米国の疾病予防対策センターはより高い血しょうビタミンD levels.*を持つ人そして女性間のcardiometabolic病気のための危険率の減少を報告する

カナダの研究者はカナダの健康手段の調査に加わった6のそして79年の年齢間の1,928人の人そして女性からのデータを評価した。 精密身体検査の間に得られた血液サンプルはブドウ糖、絶食のインシュリン、C反応蛋白質、フィブリノゲン、ホモシステイン、トリグリセリド、総コレステロール、高密度脂蛋白質のコレステロール(HDL-C)、低密度脂蛋白質のコレステロール(LDL-C)、apolipoprotein A1、apolipoprotein B、および25-hydroxyvitamin D [25 (オハイオ州)のためにD]分析された。

ビタミンDのレベルは血しょうレベルが見本抽出された月に従って変わった。 ビタミンDのハイ レベルがあった 主題は HDLのコレステロールへの合計のインシュリン、インシュリン抵抗性、トリグリセリド、総コレステロール、LDLのコレステロールおよび比率の減少があった。

編集後記: Cardiometabolicの病気、別名新陳代謝シンドロームは心循環器疾患および糖尿病の非常に危険性を高めるdyslipidemia、dysglycemia、腹部の肥満および高血圧によって、特徴付けられる。

— D。 染料

参照

* Prev慢性Dis。 6月2013日6日; 10: E91.

シナモンの混合物はアルツハイマー病のTau蛋白質の集合から保護するかもしれない

シナモンの混合物はアルツハイマー病のTau蛋白質の集合から保護するかもしれない

アルツハイマー病のジャーナルは 、記述するサンタ・バーバラ カリフォルニア大学でドナルドJ. Gravesおよび彼の仲間によってシナモンの混合物が、Alzheimerのdisease.*の人そして女性の頭脳のアミロイド ベータ集合と共に、起こるtau蛋白質の集合をいかに減らすか記事を出版した

Tau蛋白質は構造を形作る細胞内の微小管のアセンブリに責任がある。 tauは微小管に効果的に結合しないとき、一緒に群生していて、もつれさせた繊維を形作る。 先生のチームがGraves'行なった前の研究はシナモンのエキスの機能のtauの集合を禁じ、アルツハイマー病の患者から得られた脳組織のもつれを分離する覆いを取った。

現在の調査はシナモンのエキスから得られたエピカテキンの混合物のシンナムアルデヒドそして酸化させた形態が酸化圧力ことをから蛋白質を保護することによってtauの集合を生体外で禁じたことを明らかにした。

編集後記: ジョージ主執筆者Roshni C.それにまた酸化する、「作り出す反応派生物を、システインを傷つけることができる、アクロレインのような細胞膜注意した。 エピカテキンはまた隔離するそれらの副産物を」。

— D。 染料

参照

* J Alz Dis。 6月2013日; 36(1) 21-40。

ビタミンDの不足を防ぐことは早い思春期を遅らせるのを助けるかもしれない

ビタミンDの不足を防ぐことは早い思春期を遅らせるのを助けるかもしれない

サンフランシスコで開かれた正常なage.* で思春期を入れた女の子と比べて内分泌の社会第95の年次総会の提示は今年ビタミンDの不十分なレベルを持つ女の子の早熟な思春期のより大きい危険を明らかにした

研究は35が分類された7から10老化した110人の女の子を年含んでいて早熟な思春期をタナーのスケールに従って経験されるように。 主題から集められた血液サンプルは血清25-hydroxyvitamin Dのレベルおよび他の要因のために分析された。

ビタミンDのレベルは正常な年齢で思春期を入れた女の子と比べて早い思春期を用いる女の子間の平均でより低かった。 早熟な思春期を経た女の子の四十四%正常なグループの21%と比べてより少しにより10 ng/mLでひどく不十分 ように 分類された 血清 25-hydroxyvitamin Dのレベルがあった。

編集後記: 付加的な実験では、研究者は排卵プロセスを誘発するニューロンからホルモン(GnRHを、)性腺刺激ホルモン解放することを解放するビタミンDの管理がNメチルDアスパラギン酸塩(NMDA)の機能を抑制したことが分った。

— D。 染料

参照

*内分泌の社会第95の年次総会、サンフランシスコ。 6月2013日17日。

Rhodiolaの人生の延長メカニズムは探検した

Rhodiolaの人生の延長メカニズムは探検した

ジャーナル PLOS 1は ハーブ実験モデル 寿命を伸ばす有名な方法であるカロリーの制限にかかわるメカニズムによって長寿を促進しないようではないことをことをフルーツflies.*の寿命の延長のRhodiolaのroseaのための利点は報告する記事を出版した。

前の調査はRhodiolaがはえ、イーストおよびみみずの生命を拡張できることを明らかにした。 Rhodiolaがカリフォルニア大学でカロリーの制限、Mahtab Jafariおよび同僚と同じメカニズムを利用したかどうか定めるためには、アーヴァインはイーストの減らされた量を含んでいる食事療法を与えられたミバエにRhodiolaを与えた。 Rhodiolaが食餌療法の制限のそれに類似した寿命をある意味では伸ばしたら食餌療法の制限と関連付けられた分子細道が既に影響を受けていたが、Jafari's先生のチームはRhodiolaを受け取った男性および女性はえの寿命の増加を観察した動物の長い生命と関連付けられることを期待しなかった。

編集後記: 知られていた分子細道がカロリーの制限と関連付けたミバエでは(rapamycinの細道のを含む無声情報調整装置2 (SIR2)蛋白質、インシュリンおよびインシュリンそっくりの成長因子シグナリングおよびターゲット)、Rhodiolaまだ引き出した寿命の延長を混乱させた。

— D。 染料

参照

* PLOS 1。 5月2013日21日。

糖尿病の危険は赤身の消費につながった

赤身の消費はタイプIIの糖尿病の高められた危険と一貫して関連付けられた。 但し、この連合を検査するために着手される米国医師会医学総合誌の赤身の取入口の変更が出版されるとそれに続く タイプII糖尿病の危険の残物unknown.* Aの調査関連しているかどうか。

医療専門家のフォローアップの26,357人(1986-2006年の)、看護婦の健康の調査(1986-2006年)の48,709人の女性、および看護婦の健康の調査II (1991-2007年)の74,077人の女性と追われる調査。 食事療法は認可された食糧頻度アンケートによって査定され、4年毎に更新した。 時間依存モデルが他の生活様式の要因(身体活動、アルコール取入口、総合エネルギーの取入口および食事療法の質)の年齢、家系歴、競争、結婚歴、頭文字の赤身の消費、煙る状態および変更の効果を計算するのに使用された。

調査はそれを結論した増加する赤身の消費がタイプII糖尿病の高いそれに続く危険とそのうちに関連付けられ、連合は体重部分的に仲介される。 結果は赤身の消費を限ってそのうちに利点タイプII糖尿病の防止のための相談するというそれ以上の証拠を加える。

— M。 リッチモンド

参照

*で利用できる: http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1697785。 2013年6月21日アクセスされる。