生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年9月
レポート  

サプリメントの安全制御はFDA調整された薬剤の工場と比較した

生命延長によって

顧客を満たすビジネスがあることを想像できる
$200 毎月だけ要した何かのために $2.10 !
それは約の値上げである 100回 そしてそれは特許を取られたプロダクトのためではない。

サプリメントの安全制御はFDA調整された薬剤の工場と比較した

2010年 に、 製薬会社はvalacyclovirと呼ばれた 一般的な薬 の各 500 mgのタブレットのためのおよそ$7を 満たしていた。 銘柄のValtrexの ®は わずかにより高く値を付けられた。 頻繁な口頭か陰部ヘルペスの発生 人々は苦しむ発生の数を減らすために1つのvalacyclovirのタブレットを毎日取る必要があった。

これらの消費者への年次費用は$2,400 だった、けれども製薬会社はそれを作り出すために $25.20 だけを支払った。 (鉄片を 扱うのに大量服用でもValacyclovirが 使用されている。)

あなたの税ドルこれらの下劣な利益 、薬剤の 工場とのそれを後方に曲がる 最も厳密な品質管理の標準を保障するためにためにこのもうかる安定した利益源を、それの多く危難にさらさないために 保証した考える

その代り、競争ずかずかと歩く中央政府 調整装置によって 提供されて疑似独占状態が、ある薬品会社は基礎的な安全基準の無視によって可能ようにこれらのその位非道に値を付けられた薬剤をするために24時間日の一貫作業を動かし彼ら持っていた少し可能損失額を知っている。

過去の33年にわたって、 生命延長®は 何百もの補足メーカーを点検した。 一部が私達の厳しい標準に合わない間、私達は決して覆いを取られた内部アメリカで最もずっと大きい薬剤の工場のいくつかである嘆かわしい条件の近くの何も見たあらないことは。

補足メーカーと薬剤の工場の1つの違いはある薬剤の所有者が汚された薬剤を彼ら必要とする認めない立場に外見上住んでいる一方補足の会社の所有者が頻繁に彼らの自身のプロダクトを毎日取ることである、他に販売しなさい。

FDAは 汚染された薬剤から公衆を保護することをふりをする。 浅ましい事実は一貫した、論理的な方法の機能のできない代理店を明らかにする。

そのような物は多くのアメリカ人を殺し、病気にさせた汚染された注射可能な薬剤を作った会社の例である。 FDAは2002年には早くもこの製造業者との問題を 認識したが、機能しなかった州の薬学板のラップに球を落とした。 FDAは再度認識したが2006年に危ない 問題を、もう一度「行政警告書の発送以外処置をとらなかった」。 FDAは今言う仕事をするより多くの力およびお金を必要とすることを。

補足の会社の増加する 数は 薬品会社によって 買い上げられている。 これらの団体の巨獣は数万人のアメリカ人を殺したVioxxの®のような薬剤の致命的な副作用の隠蔽によって示されるように 歴史的に 顧客の健康および 長寿のための 少し点を、示した。

この記事は生命延長®の銘柄を運ぶプロダクト のための品質管理の 命令を記述する。

2007年6月以来、米国のサプリメント プロダクトを製造し、包み、分類し、そして握るための条件の輪郭を描くことに厳密な中央政府規則がずっとある。

しかしこれのずっと前に 生命延長は 製造業および包装パートナーがこれらのタイプのプロダクト純度および潜在的能力を保障する厳しい品質管理の練習に続くことを主張した。

生命延長は政府の命令に先んじて細心の設備清潔の統治を委任し、厳密な完成品の指定/テスト プログラムを主張する材料および製造者の資格に重点を置いて内部的に順向に品質システムを定義し、管理することによってとどまる。

生命延長のFDAの点検

2000年では FDAの検査官は 生命延長で 現れ、 試金するためにFDAのためのプロダクトのサンプルを要求した。

FDAの代理店は最初に交戦であり、プロダクト サンプルのための彼の要求に多分訴訟を期待する。 その代り、生命延長の品質管理のスーパーバイザーはすべての要求されたサンプルをFDAに与えたが、同一のロット番号が2つの独立した試金の実験室に調査結果をFDAが ともどって来たことを確認するために 送り出されることが彼をわかっている許可しなさい。

この初度検査の間に、FDAの代理人は繰り返しどの問題でも見つけられたら生命延長人員を投獄することを脅した。 生命延長は従ってFDAが見つけるものをについてのプロダクトが既に試金され、私達は心配がなかったこと答えた。

10日以内に、2つの独立した実験室からの試金はすべてのプロダクトにもどって来た。 定量分析のファイル キャビネットと共にFDAの検査官にこれらの試金を、十分に堤出した上で生じる、彼が示したように、用いられる品質管理のプロシージャが「製薬会社のそれらに類似している」。ので彼が点検をキャンセルしていたことをFDAの代理人は示した 最近まで賛辞としてレポートは示したこと、私達が取った不完全にある特定の薬剤の工場がいかに作動するか時。

FDAの検査官は補足メーカーが良質の標準の下で作動すると彼が期待しなかったことを示した。 10日先に取られたサンプルがFDAの標準に合ったらFDAの代理店が頼まれたときに、彼はラベルの潜在的能力に会ったこと2つの独立したテスト ラボが既に文書化してしまったので試金のために堤出されなかったし、まだないことを示した。

2012年に再度点検されるFDA。 点検は不従順のゼロ調査結果で起因した。

NSFの® インターナショナル登録

NSF®インターナショナル登録  

生命延長の達成設備は最近NSFインターナショナルからのcGMP (現在のよい製造業練習)登録、化学者および細菌学者の最新式の分析的な実験室そして熟練したスタッフを使用して第三者の証明プログラムを提供する組織を得た。

NSFの国際的な登録は生命延長の倉庫及び流通センターの評価を、設備清潔および公衆衛生を含んで含んでいた、また扱い、/調査、プロダクト リターン、訓練、偏差管理、そして製品の回収の処理不平のようなさまざまな品質システム基づいていたNSFインターナショナルによって行なわれたデマンドが高い2日間の監査に。 NSF国際的な登録は広くように質のためのcGMPの条件そして業界標準の会合か超過/最良の方法を示す客観的な「認可の印」確認される。

ConsumerLabおよび国際的な魚油の標準

生命延長は自発的なConsumerLabのテスト プログラム 加わり続ける。 プログラムは潜在的能力およびラベルの要求の証明のためのさまざまな製品グループの年次評価が含まれている。 例えば、ここ一年でプロダクトはMultivitamins、骨の健康、蟹座、Bビタミン、CoQ10/Ubiquinolおよび記憶を含むいろいろな部門で堤出された。 2012年に、すべての堤出されたプロダクトはすべてのテスト要件を満たした。

遅い2012のConsumerLabは評価し、緑のコーヒー豆のエキスの補足の広い範囲を50%見つけたそれをラベルの要求に応じられなくて。 いつも通り、 同一の原料を含んでいる生命延長緑のコーヒー豆のエキス、巧妙な臨床調査で、完全に出て来た使用した。

生命延長はまた魚油プロダクトのための 国際的な魚油の 標準(IFOS™)のテスト プログラムに加わり続ける。 純度および潜在的能力のための業界標準の条件を満たすか、または超過した10のバッチに2012年に、堤出された。 これは酸化でき、 EPA/DHAの潜在的能力を 失うでしたり、および/または水銀および他の重金属の有毒なレベルを含んでいる敏感な魚油のために特に重要。

製造者管理/外的な監査プログラム

生命延長は契約製造業者を含む外の提供者の管理を高いそして評価…および荷造業者、契約の実験室および原料の製造者強調する。 評価プロセスは完了された規定するアンケートの査定、また私達の厳しい規準に基づいて米国のサプリメント プロダクトを製造し、包み、分類し、そして握るための積極的な現地の監査プログラムから成っている。 特別な興味の項目は下記のものを含んでいる: クリーニングおよび公衆衛生のプロシージャ、害虫駆除、製造業および包装制御、テスト、訓練およびドキュメンテーション練習。

2011年に、私達は生命延長の上の契約製造業者、荷造業者および実験室の現地の評価を含む13の監査を行なった。 監査調査結果は文書化され、製造者および矯正的な、予防処置に報告されて各製造者から要求された。 複数の例では是正処置の有効性を評価するために、フォローアップの監査は行われた。 場合によっては、製造者は生命延長の厳しい品質規格に合わないために失格させられた。

2012年に、26の監査は行なわれた。 これらの監査は新しい製造者や既存の製造者のフォローアップの評価が含まれている。 この積極的な監査のスケジュールはcGMPの承諾を保障し、私達の製造業パートナーとの連続的な改善の率先を運転し続ける。

生命延長決め付けられたプロダクトの大体90%はNSFの国際的なcGMPによって登録されている設備で製造され、私達の為で製造されたプロダクトが高水準に従って作り出されたことを生命延長現地査察の助けと共にNSFの国際的な登録の組合せは保障する。

内部監査プログラム

適当な規則の承諾を、方針およびプロシージャは保障するためには、生命延長質の単位Coramに団体の位置、また流通センターで行なわれる内部監査を含める自己点検、NYのための文書化されたシステムを維持する。 これらの内部監査が毎年要求されるが、選択によって実際により頻繁に行なわれる。 遅い2011年以来、4つの内部監査の合計は団体で行なわれ、4つは流通センターで行なわれた。 これらの監査の調査結果は保障する文書化された品質管理プログラムの下でプロセスおよびプロシージャは会社の連続的な改善の率先の一部として絶えず見直されて、評価されていることを捕獲される。

原料の資格プログラム

新しい生命によって延長購入される原料が広範の経なければならない決め付けられたプロダクトの使用のために考慮することができる前にアイデンティティ、潜在的能力および純度のための条件を満たすことを確認する文書化された検討プロセス。 これらの材料は生命延長質の単位によって修飾された契約の分析的な実験室でテストされる。 材料は高性能の液体クロマトグラフィー(高性能液体クロマトグラフィー)またはガス・クロマトグラフィー(GC)のような高度の分析化学の技術によって潜在的能力のために普通試金され、重金属のような汚染物のために帰納的につながれた血しょう固まりの高度の米国の薬物類(USP)の方法を利用している分光測定(ICP-MS)および微生物によって選別される。

植物の原料は高性能の薄層のクロマトグラフィー(HPTLC)および顕微鏡検査方法を利用する参照標準に比較によって確認されてアイデンティティ(属/種)が精査の高レベルを、経る。

植物の原料はまたUSP <561>の植物の起源の記事で定義されたように 殺虫剤のために選別される。 時として残りの溶媒はまた生命延長によって購入される原料が安全、純度および効力のための適切な条件を満たすことを保障するために評価される。 これらの資格の活動に基づいて、質の単位によって見直され、承認される各原料のための原料の指定は開発される。 生命延長は契約製造業者とこれらの材料のすべての入って来る試験結果が使用の前の生命延長質の単位によって生命延長指定に合い、見直され、そして承認されたことを保障するために組む。

  • ページ
  • 1
  • 2