生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年9月
レポート  

今日の一流の死因を避けなさい

ウィリアムFaloon著
今日の一流の死因を避けなさい  

ジョンの雪、MDは、 疫学の現代科学を作成した天才である。1

Snow先生は中間19世紀 のロンドン の人々が消費した 糞便でいっぱいの 水により コレラ および他の 流行病を引き起こしていたことを示した。1

Snow先生は顕微鏡の細菌がコレラ の後ろに あったことをわからなかった。 医者はその当時まだ病気の「細菌理論」を確認していない。 彼はそれにもかかわらず汚染水がたくさんのロンドンの居住者を殺していた自己複製の毒の源だったことを結論を出した。

飲料水を沸かし、コレラの患者の腸から出た液体を避ける日によって続かれる先生のSnow's警告の数人。

それは医学の確立が先生とSnow 一致しなかったこと驚かさないかもしれない。 1854の 医者は ロンドンをその当時特徴付けた腐敗の廃物および未処理下水の山によって作り出された悪臭がするガスにコレラおよび他の腸病気を帰因させた。1

医学の確立による 理性的な意志決定は 先生の時間以来のSnow's相対的な基礎の多くを改善しなかった。

主流の薬は慢性 無秩序を 防ぐか、軽減するか、または根絶するために証明された方法を見落とし続ける。 結果は余りにも多くのアメリカ人が不必要に苦しみ、死ぬことである。

生命延長の 基本的な目的は 調査し、今日の伝染病の後ろの根本的な被告人を識別し、それらを避けるために実用的な議定書を案出することである。

過去の10年にわたって、 生命延長は 豊富新しい人命救助の知識を集めた。 この記事は現代世界の 一流の死因を記述する。 それはそれから病気の防止および処置 完全に 修正された2014年の版、専門家のためにおよび位置の公衆を同様に設計されている教科書見直す。

今日の一流の死因を避けなさい  

今日の大きい誤解の1つは人々がいかに死ぬかである。 ほとんどは病気が 一流の死因であることを信じる。 何も真実からそれ以上であることができなかった。

どんな病気の人々と死になさいかデータが規則的に出版された提示の間、逃すことは初めに明示するべき病気を引き起こされる何である。

第1死因は 世界中で医学の 無知である。 ちょうど西洋文明、しかし全世界。 この事実は発展途上国の無知のある程度を今日 見ること によって示すことができる。

アフリカの部分では、例えば、エイズはウイルスの病気であると考慮されない。2 代りに、確信は「それらによってその引き締める」考えるエイズをエイズを引き締めるかもしれないである。 従って、この後方の論理に従って、に病気を引き締めるために練習の安全な性行為がエイズの原因1を防ぐこと「考えなさい」。 この錯誤の結果は人々が危ない性の練習で自由に従事し、計画的に事がHIV-AIDSのようなないことふりをしなさいのでHIV感染がアフリカの伝染性割合で広がったことである。3,4

新しいウイルスの病気が中国から出続けるという1つの理由は衛生状態が国の多くの部分で非常に悪いことである。 何人かの田園中国の農夫は人間へ動物ウイルスを送信する可能性を高めている彼らの家畜と同じ屋根の下に住んでいる。 隣人の流しで下へ終わるために二階に住んでいるそれらの洗面所の内容にしては珍しくないこと共産主義の政体の間に組み立てられるアパートにそのような不適当に設置済み配管がある。 同じ有機体を含む手がつけられない感染症はこれらの老いぼれたアパートに住んでいる事実上皆を打つと知られていた。

1.8百万人の 以上 人間はコレラを含む水上に浮かんだ細菌の下痢がもとで毎年 死ぬ多くの 第三世界の人口に少し選択がある間、5、のは彼らの敵であるコレラの細菌ではない。 予防可能な被告人は汚染水を 飲むこと の危険についての 無知である。 1,5,6

それは西洋文明の悪い状態としてほぼある

西洋文明の横柄な医者はそう多くの不必要な死を以前引き起こした忘却の海からどうかして彼ら自身を持ち上げたことふりをする。

不運な事実は 西洋文明の 医学の無知がまた一流の死因であることである; それはちょうど他の方法で犠牲者を消費する。 発展途上国の病気の原因の愚かさを冷やかす医者は自身の手落ちが批判しまた易いことを理解しない。

例えば、入院させた患者は先進国の栄養不良が 不必要に 原因で死に続ける。7 多数の調査にもかかわらず栄養の状態に対する入院のマイナスの効果を文書化することは、少しだけこの問題を訂正するためにされている。 8-11 結果は第三世界のそれらが同じ 根本的な原因の…医学の無知の伝染病の割合2の病気で水上に浮かんだ伝染を 引き締め続ける ように入院させたアメリカ人が栄養不良から死に続けること ちょうどである!

医者がそれをことができなければ患者のカロリーの取入口を測定する程に容易な何かに関しては病院で右に得る私達は実際に最上に複雑な病気の状態を扱うとそれらが期待してもいいか。 答えは響きわたることいいえではない!

本の病気の 防止 および処置の 真新しい2014年の版では、いわゆる現代世界の 医学の無知が いかに人命救助の処置の患者を奪い取り、不必要な苦労および死に貢献するか調べる。

不必要な蟹座の死

不必要な蟹座の死  

進歩の布告にもかかわらず、癌は老化のアメリカ人の人口の不能そして死の伝染病を加え続ける。

第一次腫瘍が外科的に取除かれるとき、ボディは 外科傷を 直すために成長因子を作り出す。 問題はこれらの同じ成長因子がまた他の体の部位に既に(転移させる)広がるかもしれない癌細胞の拡散を促進することである。 これらの成長因子を抑制した薬剤が癌の外科前に 管理されたら 12,13、多くの生命は倹約されてもよい。 悲しい事実は外科が著しく第一次腫瘍のmetastatic潜在性を前にほとんどの腫瘍学者がだけでなく、成長因子を抑制するが、また減らすおよび薬剤を栄養素規定することを考慮しないことである。 病気の防止 および 処置の 2014年の版では、私達はもっとたくさんの巧妙な長期結果で起因できる外科の前後に癌の両方処理に新しいアプローチを論議する。

癌細胞は有毒な環境に合わせられる独特に化学療法の薬剤に非常に高い故障率がなぜあるかの。 研究者は化学療法の薬剤および他の慣習的な療法によって除去を避けるために癌細胞が雇うけれども少数の練習の腫瘍学者は臨床練習にこれらの互いに作用し合う作戦を組み込む存続のメカニズムを識別した。 病気の防止および処置 の2014年の版は 忍耐強い結果を改善するために癌治療を補足するかもしれない療法を識別する。

放射が100年以上癌細胞を殺すのに使用されていたが医者は病気この療法が御馳走をよくすることを可能にするように新しい方法を見落とし続ける。 病気の防止および処置 の2014年の版は 放射線療法を経なければならないとき癌患者がよりよい結果をいかにの達成するかもしれないか大部データを含んでいる。

ウイルスが得ないために注意してはいけない

毎年、数千万のアメリカ人は衰弱させる 冷たインフルエンザの 病気、ヘルペスで起因し、インフルエンザの再発および致命的なエピソードを屋根をふく激しいウイルスの発生に苦しむ。

これらの病気を戦うために有効な療法がある間、処置の 頻繁に ウイルスを含むには開始の遅れは余りに失敗に終わる。 病気の防止およびTreatmen tの2014年の版は すぐに抑制できたりまたは共通のウイルスの広い配列を破壊する新しい薬物栄養素ホルモンのカクテルを識別する。

しかし最も重要な推薦はウイルス感染の一番最初の徴候でこれらの広範囲療法を始めるように患者を励ますことである。 少数の医者は48時間を過ぎた処置の遅れが最先端の抗ウィルス性のアプローチを事実上無用することを理解する。

HIVおよび肝炎の犠牲者は一度ボディの細胞の中の足場を得るか困難それがいかにウイルスを殺すことであるか知っている。 慢性のウイルス感染に苦しむそれらのために病気の防止の 2014年の版および処置は 含むように設計されている免疫があ後押しの作戦の茄多を困難に管理するウイルスを提供する。

制御高血圧

高血圧は3人のアメリカの大人毎に 1の生命を脅す無声伝染病である。14 血圧の薬物を取るそれらの最適制御率は普通半分よりより少しである。14,15は これ高血圧と診断されるそれらの大半が危険なほどに高い血圧レベルとの彼らの日のほとんどを使うことを意味する。

高められた血圧は心臓病、打撃、 鬱血性心不全および 腎臓病 のための主要な危険率 であるので、何百万の死の 共犯者 として毎年機能する。16

主流の薬は 高血圧の除去 の致命的に急に落ちた。 大きな問題は受諾可能な血圧レベルを遠い余りに高い構成するものがのその慣習的な薬の定義である。 病気の防止及び処置の 2014年の版ではよりよく血圧を管理する、読者は抗高血圧薬薬剤、最適の血圧ターゲットおよび方法に関する医者がなした危ない仮定について学ぶ。

慢性の圧力の危険を避けなさい

慢性および絶え間ない圧力は不況まで及ぶ心配および圧力関連の病気の弾幕に苦しむ私達の危険を高血圧から痴呆に高めることができる。

慢性の圧力は重要で不利な健康に対する影響を作り出すが残念ながら、慣習的な薬は頻繁に向精神薬に重点を置かれた患者の徴候を覆うために頼る。 同時に、主流の圧力のマネージメント戦略は頻繁に生化学的な異常に、慢性の圧力 の有害な健康に対する影響に貢献する不均衡な副腎のホルモン レベルのような演説しない。17-19

慢性の圧力の中心でhypothalamic下垂体副腎の(HPA )軸線の規制解除は、コルチソル、アドレナリンおよびノルアドレナリンのようなストレス・ホルモンの生産を支配する生理学的な コマンドの入力ターミナル相互に連結されたネットワーク ある。 慢性の圧力はストレス・ホルモンの レベル のHPAの軸線そしてそれに続く不均衡、圧力関連の病気の重大な特徴のdesynchronizationをもたらす。

病気の防止および処置 の2014年の版は さまざまな病気にいかに貢献する、そしていかに1つが科学的に調査された自然な療法かと健康な生活様式の習慣を結合することによって圧力の応答を最大限に活用することができるか、慢性の圧力の危険を記述する。

見落された多発性硬化療法

前に三十年以上 多発性硬化の発生 の環境の決定要因であるために自然な介在仮定された。20,21

それ以来、多数の科学的な調査はこの共通の自然な混合物が劇的にそう多くの 多発性硬化の患者の生命を要求する自己免疫および発火の滝を調整できることを示した。22,23 さらに、証拠は多くの多発性硬化の患者に血で 自然な 物質の非常に低水準があることを示す。24

強い調査結果にもかかわらずこの安価で自然な療法を提案することはまだあらゆる多発性硬化の患者の処置の計画の重要部分べきである慣習的な薬 それを推薦しない。 病気の防止および処置の 2014年の版では、慣習的な見落とし薬が続ける他の革新的な病気の処置のこの正しく評価されない多発性硬化療法、また多数について学ぶ。

  • ページ
  • 1
  • 2