生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年10月
著者のインタビュー  

老化することを止めるべき17日の計画

生命延長によって
老化することを止めるべき17日の計画  

2011年に、マイク モレノ先生の減量の本、 17日の食事療法は、ベスト セラー現象だった。 それはニューヨーク・タイムズのベストセラーのリストに#1で 11 週を過ごし、印刷物で900,000枚以上のコピーが今日ある。 彼の次の本のために、モレノ先生は生命延長®のメンバーが約ずいぶん知っている 主題に取り組むことを選んだ: 反老化。

この独占インタビューでは、モレノ先生は彼が彼の本で示す老化、ある奇抜なアイデア、および患者/医者関係に彼の独特なアプローチの5つの要因についての生命延長に話す。

LE: 「老化の5つの要因」。と名づけるものをのあなたの出版契約の最初の章 簡潔にであるもの説明できるか。

MM: もちろん。 発火は最初の要因である。 老化の他の要因はメチル化、酸化、glycationおよび免疫の減損を含んでいる。 通常、ほとんどの人々は発火について古典的に発火自体は老化の主要な病気の下にあることを関節炎、しかし彼らとしなければならなくて意識しないように考える。

老化することを止めるべき17日の計画  

LE: 発火はAlzheimerからの心臓病へのすべてに接続されると考えられる。 そしてあなたの本で発火を引き起こすことができるいくつかの事を述べる。

MM: いくつかの生活様式の要因は発火とそれにより老化することに貢献する。 最も明らかののいくつかは(しかし私達の人口で最も少なく制御されて)練習の煙って、欠乏、超過重量たくさんの圧力。 これらすべては潜在的なキラーである。 それはあなたが皆から聞くが、どういうわけか、人々は彼らの生命の予防の変更を行なうことを断るメッセージである。

LE: それらの問題すべては悪い生活様式の選択によって持って来られるようである。

MM: 丁度。 防止は長寿へキーである。 それは大いによりよく病気の人より井戸の人を扱うことをである。 そのノートで、酸化圧力は老化の要因の別のものである。 酸化圧力はボディで回りを回る不安定分子があると起こるものがである。 鉄の錆は酸化である。 分子観点から、それはボディのあらゆる器官の破壊をもたらすこれらの不安定分子の結果である。 但し、多くの酸化圧力は酸化防止剤の食事療法の金持ちによって防ぐことができる。

LE: 酸化に於いての役割は別として、食事療法はglycationの大きい役割、老化の別の要因を担う、そうですね?

MM: はい。 Glycationは私達が食べるキャブレターと蛋白質のタイプ間の相互作用の結果である。 Glycationは砂糖がボディの脂質か蛋白質と反応すると起こる非作用の高度のglycationの最終製品の形成に終って。 glycationは老化プロセスの正常な結果であるが、好ましいから遠い。 Glycatedの白血球は伝染を同様に戦ってなくより頻繁に病気になることを意味する。 部分制御はまた有害なglycationの回避の要因である。 よい事のあまりはまた悪い事である場合もある。 何か普通述べているとき、フルーツのように健康、糖尿病患者の点では、有害である場合もあることを覚えなければならないようにについて考えた。 彼らの食事療法によってそれほど人々がことができるするglycationの危険を変更するためにある。

ローズマリーが付いている鮭の切り身ステーキ  

LE: 病気得ることについて話してメチル化の隣に同様に老化することのあなたの要因の1つとして免疫の減損を、リストする。 これら二つの概念を説明できるか。

MM: 生得の免除は伝染に対する戦争の私達の最初防衛線である。 私達がより古くなると同時に、それは一度ように私達の生得の免疫細胞が同様に伝達し合わないことにようである。 この減損は私達の体のすべてに適用する。 損なわれた免疫組織によって、私達はより退化的な病気のためのドアを開け、より速く老化しがちである。 メチル化は主にDNAとしなければならない。 それは運転されるDNAである。 それは私達の体のあらゆる細胞のための型板である。 それがきちんと行われているとき、メチル化はよい作動状態であなたのDNAを保つ、従ってバランスをとったら適切なメチル化は実際に老化を減速できる。

LE: どんな役割が、ビタミン、栄養物食事療法し、補足は老化を離れてそらすことで持っているか。

MM: 私が自然免疫について考えるとき、私はビタミンB6およびB12について考える。 私は複数のビタミンを推薦する。 ビタミンA、D、EおよびCは大変価値がある。 時折、1つのビタミンは盛んに取り上げられ、それから懐疑者は出て来、私達が考えるかもしれない程に有用何かがではないかもしれないと宣言する。 その私に迷惑を掛ける。 何かが、どうにか助ければ、これらの事が実際に重大であるので取る価値がある。 どんなのため食糧が最もよいか、あらゆる量の野菜は良いであることを常に行っている。 全体的に、細い蛋白質、魚、鶏および家禽はすべて貴重である。 全穀物はよいが、あまりはまだよくないあなたの血糖の増加のもととして役立つことができる。

LE: これはあなたがあなたの本中述べるブドウ糖の危険述べるよい時間である。

MM: 人々が覚えなければならない主な事柄は彼らの砂糖の取入口の用心深いべきであることである。 そしてそれはケーキおよびパイについてちょうどない。 フルーツはあなたの友人常にではない。 私はフルーツの制限についての栄養士からの批評の多くを取る。 私達が、および老化すると同時に私達をすべて苦しめる糖尿病性問題を見るときあなたがタイプII糖尿病を持つ子供に会う、私達に砂糖との問題が一般にあることを知っている。 問題は血がどこでも行くので砂糖あれば血に、そこに着いてもいかに、どこでも行くことである。 砂糖があらゆる器官に血によって渡されれば、酸素は混雑し、それは生命の維持に必要不可欠な重要な器官に酸素配達のプロセスを損なう。 これはあなたの腎臓に、あなたの中心、打撃、ニューロパシー、あなたの目、ほとんどすべて影響を与える。 血の余分な砂糖はを見る実際に何か人々の必要性である。

LE: ほとんどの人々は青年のエネルギーを同様に好む。 どんな方法この機能でおよびそれを健康保つ甲状腺剤はいかにでことができる私達見落とされるか。

MM: 甲状腺剤によって成長できるがunderactive甲状腺剤の、共通はhypothyroidである多くの問題がある。 27,000,000人のアメリカの大人がunderactive甲状腺剤を持っている、知る最もよい方法はあなたの甲状腺剤を血液検査と点検してもらうことであると推定され。 それをすれば、時々微妙である昏睡および突然の体重増加を含む徴候のために見る必要がある。 この条件に苦しんだら、沢山のカルシウムおよびビタミンDを得、十分なヨウ素を消費するために確かめなさい。

LE: 私達はある細目にこれまでに入ったが、あなたの本の反老化の作戦のアーチ状に掛ける主題は何であるか。

MM: 本の焦点は老化プロセスを減速することである。 私はより古い得るプロセスと老化のプロセスを区別することを試みる。 私達がより古くいかになる、そしていかに私達の器官システムがより古くなるか私達が制御するためにいいものである助けても。 それらのシステムをより健康にさせることは人々が考える程に困難ではないあることを。 それらのシステムをより健康にさせれば、あなたの全身はより健康になり、より長く住んでいる。

LE: アメリカはもはや世界で最も健康な国の1つではないし、私達は心臓病、癌、糖尿病および肥満の伝染病によって苦しむ。 医者/忍耐強い関係の助けはいかにそれを変えることができるか。

MM: それはずっとこの国に悲しいが、よりそれらあっている人々が今より不健康であること調整する。 私達はのそう多くの前進をした科学技術および私達はまだ不健康である。 私は問題の部分が大部分の患者が彼らの健康のための個人的な義務感を取る必要があることであることを考える。 医者として、私達は私達が別様に彼らの必要性に基づいて各患者を扱うことを確かめる必要がある。 薬はすべての」ビジネス「サイズ1つ適合べきではない。 どうしても彼らが始める30分歩かせ日必要がある誰かを言うことができない。 それはそれらのために働かないかもしれない。

LE: いかにあなた自身の練習の患者の訪問を個人化するか。

MM: 私に患者がある最初の事の1つは典型的な日によって歩行私である。 あなたが寝るまであなたが起こす時からするすべてについての私に言いなさい。 それから私、また更に2週は週によって歩く。 私は頻繁に患者に食べるおよび活動の習慣を記録するために数週間のジャーナルを保ってもらう。 ジャーナルはそれを通して、私達問題および仕事を識別し、それらのためにとりわけ働くプログラムを思い付くことができることを私が見れば。

LE: あなたに忍耐強い改善のためにあるある一般戦略は何であるか。

MM: 私が助言する最も簡単な事は彼らの血の仕事を規則的に終らせる患者のためである。 私は文字通り私の患者を入り、彼らの血の仕事を得るように頼む。 それは防止の人々が右の血液検査と解決するまたは扱われて恐れのために逃すかどの位驚かせている。 私が先に言ったように、防止は長寿へキーである。

老化することを止めるべき17日の計画 

LE: あなたの時間の間、モレノ先生ありがとう。

MM: ありがとう。

この記事の科学的なコンテンツの質問があったら、1-866-864-3027で 生命延長 ®の健康の顧問を 呼びなさい。

「先生としてよりもっとよく知られているミハエル モレノ先生。 マイクはアーヴァインおよびHahnemannの衛生学校(今Drexel大学)に」、カリフォルニア大学の卒業生である。 FontanaのKaiser Permanenteの彼の在住の後で、カリフォルニアはマイク先生彼が今家族薬を練習し、ホームドクターのアメリカ アカデミーのサンディエゴの章の板で置かれるサンディエゴに動いた。

17日の計画 のコピーを先生によってマイク モレノ 老化することを止めるように得るためにはwww.amazon.comを 訪問しなさい