生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年10月
レポート  

致命的な危険はマスコミによって提起した

ウィリアムFaloon著、ルークHuber、ND、MBA、Kira Schmid、ND、ブレイクGossard、スコットFogle、ND
致命的な危険はマスコミによって提起した

すばらしい悪ふざけは公衆衛生に対して行われた。

傷が付いた分析はことオメガ3sの どうかして 原因の 前立腺癌意味した。 媒体はヘッドライン ニュースの物語にこの不良なレポートを回した。1

すぐにこのレポートを疑うべきである1つの事実は調査の主題のどれも外見上魚油の補足を 取っていなかったこと、冷た水魚の意味を持った量を食べる 彼らだった

だけでなく、調査の著者はこの調査の人が彼らの食事療法のオメガ3s 不十分な量を摂取していたほど調査の主題がオメガ3sをいかに得たが、血しょうオメガ3sの パーセントは 低かったか彼らをわからなかった是認した。 1

生命延長は いかに これを知っているか。 私達はずっと数年の間 私達のメンバーのオメガ3のレベルをテストしている。 オメガ3sの長期取入口を測定するテストでは、取るメンバーは 魚油8.42% の平均スコアを 要約する

この傷が付いた分析ちょうど1回の著者はオメガ3血しょうレベルの短期測定をし、次に9年まで間人に続いた。 4.48%の平均血しょう 読書は 前立腺癌、レベルが4.66%一部分にただの上で行ったら 前立腺癌の発生を推定上上昇した意味しなかった。 1

オメガ3の内容(0.18%)の相違は 前立腺癌の 危険に対する効果を説明できなかったほどとるに足らなかった。 変動は彼が決して調査の全体の長年のコース上の魚を再度食べなくても人が夜サケを の前に 食べたら、彼がオメガ3のより高いグループに落ちたかもしれないほど小さかった。

非常に、媒体は4.48%が 低い 量だった 一方 4.66%がオメガ3の 高レベルだった ことを 宣言した。 これらのレベルは両方とも意味を持った 病気の 保護を達成して不十分である。 次のページで始まる細心の反駁を読取るので、この調査のある特定の人はより大きい前立腺癌の発生がなぜあるかもしれないか説明した他の要因があった。

媒体は魚油の補足また更にこの傷が付いた分析に基づいてオメガ3が豊富な食糧を食べることに対して警告した慣習的な医者を引用して速かった。 overlookedこれらの人が冷た水魚か補足から得ようオメガ3sの量の近くでどこでも消費していなかったことを示すオメガ3sの低い血しょうレベルだった。 また評論家によって全くこれらの人がそれに続く6-9年にわたって摂取したものをとはオメガ3の短期状態の一度だけ血しょう測定が関係なかったこと放棄された。

これは人間の調査の主題が取っていなかったところシークが食糧/補足(オメガ3s)を疑うために魚油のカプセルか相当数の冷た水を摂取すること採取する最初のレポートであるかもしれない。

悲劇は何百万の世界的の人が魚を食べることを止め、現代社会で アテローム性動脈硬化の 開発、不能の一流の原因および死に かかわるために示されていた飽和脂肪の食事療法に高く戻るかもしれないことである。

オメガ3sのにせの攻撃への反駁  

この記事は 媒体 によって調和が崩れて吹いたオメガ3sの にせの 攻撃に生命延長の最初の反駁を表す。

複数の科学的な調査はオメガ3の高められた取入口と 関連付けられる 前立腺癌の 減少を 見つけた。 2-12 最近のレポートは称するところによると反対を示した。1

このレポートは前立腺癌の危険(低 および高級な 病気)を 査定するために 6年に追われた834人のグループ 血しょう脂肪酸の単一の血液検査に基づいていた。 75人のより小さいグループは9年に 高級な前立腺癌の危険だけ査定するために追われた。

結果はこの単一の 血液検査 からの わずかにより高いオメガ3血しょうパーセントが長年のフォローアップ上の低級で、(44%)高級な(71%の)前立腺癌のより大きい危険と関連付けられた ことを 示した。

このレポートは「脂肪酸が前立腺癌の危険を上げるかもしれないオメガ3を鳴り響く見出しとニュースに回った

この調査が魚油の補足のユーザーについてなかったという事実は 媒体の逆上から 省略された。 著者は是認したすべてのグループの非常に低いオメガ3血しょうパーセントであることをなったものを調査の関係者が いかに 達成したか知らなかったことを。

実際、 オメガ3 血しょうレベルは期待される ものが の魚油の適切な線量を取っている健康に敏感な人々で約40% だけだった1,13は 媒体によってすべての 調査の 主題の血しょうオメガ3sの不十分なレベル見落とされた。 オメガ3sのこれらの非常に低い血しょう レベルは 確認された、このレポートに食事療法および補足によってオメガ3の彼らの消費を後押しする人のための意味がなかった こと それは明白であろう。

また報告から不在わずかにオメガ3より高い血しょうを持つ より多くの 人が 持っていた より高いPSAのスコア および肯定的な 家系歴を持っていることのようなベースラインで前立腺癌を、引き締めるより大きい危険 のための 混同の危険率を水平になる ことだった。 従って著者が統計的に彼らの分析のこれらの危険率のいくつかのために制御するように試みたがベースライン データがそして無効な 統計分析混同されたこと、そして 報告された結果が遺伝の性質と共に既存の病気の高い比率によって 妥協される こと彼らの 血しょうオメガ3の量の極めて小さい変動のために心配の残物、 ない

前立腺癌は120から 前立腺癌を引き締めた第一度親類がある人に180%までにはっきりと増加する。 この調査の前立腺癌を引き締めたほぼ二重人は主流媒体によってオメガ3sが代りに被告人と分類されたと同時に研究者が統計的にこの混同の要因のために制御するように試みたが肯定的な家系歴が、 この 事実便利に見落とされたあり。

長期前立腺癌の 危険 血しょうオメガ3の一度だけ読書を関連付けることは馬鹿馬鹿しい。 それは血しょうオメガ3が 短期食餌療法の 変更と急速に変わるのである。 それは細胞およびティッシュにオメガ3の長期結合を反映しない。 このレポートでは、ベースライン オメガ3の血の 手段 の相違は彼が決して 別の オメガ3を再度摂取しなくても人は 夜ちょうど 1つのサーモンピンクの食事がの前にあったら、彼がオメガ3の「より高い」グループ 傷ついたかもしれないほど とるに足らなかった 14

この レポート の多数の欠陥は調査結果を浄化された魚油と補い、健康な 食餌療法パターンに 続く人のために無用する。

前立腺癌は 臨床的に明示するために関連した病気として十年がかかることができる遅開発の敵意である。 一般に引き締まる前立腺癌のための確認された危険率は食事療法、ボディ固まり、競争、家系歴、ホルモンの状態および年齢である。15,16

成長の前立腺癌と関連付けられる以下確認された 危険率は 冠動脈疾患である17 生命延長 の私達は ずっと昔に詰まった冠状動脈を持つ人が頻繁に前立腺癌を開発したことを観察した(逆の場合も同じ)。 有名な前立腺の腫瘍学者はスティーブンの Strum、同じような観察に 作られ、冠状心臓病および前立腺癌、すなわち、骨の損失の後ろのよくあるファクタ確立されたMDを 示した。

冠動脈疾患は 骨粗しょう症、18と はっきりカルシウムは 骨を抜くべき 不良部分 つながり、 代りにそれが 動脈を浸透させ、堅くするようにすることをビタミンKの欠乏が防ぐ と同時に。 続く 骨の損失は 前立腺癌の伝播および転移に 燃料を供給する骨得られた 成長因子の 余分な 解放で起因する。

長く先生が彼の精巧な相関関係を出版した後Strum、6,729 の2012調査は 前立腺癌の 35%高められた危険と関連付けられるべき 冠動脈疾患を 示した17

理由私達は心臓病の関係を 持ち出し、 前立腺癌は 論争の的になる調査の著者が外見上調査の主題の全面的なベースライン健康状態を査定し損ったことである。 私達は最初に冠状心臓病があるために(私達の 標準によって 低いなった)のより高いグループの人は血しょうオメガ3本当らしかったことを疑った。 それはより少ない赤身およびより多くの冷た水魚を食べるように心臓病の人が彼らの心臓学医によって言われるのである。 従ってそれはバイパス外科か突然の心臓発作を 避けるために より健康食べることを試みるかもしれないようにオメガ3の血しょうパーセントが前立腺癌を持つ人でより高かったら意外ではない。

それらが主題のベースライン心血管の状態を査定したら私達がレポートの著者に尋ねたときに、応答は事実 であると、「いいえ、私信じないこれがなかった。

家系歴の性質

家系歴の性質

あなたの父か兄弟が前立腺癌を開発すれば、それを得ることのあなたの確率は この 家系歴を持たなければ大きい約120から180%よりである。19

オメガ3sを攻撃するレポートでは引き締まった人は前立腺癌制御と比較された前立腺癌の歴史の第一度親類のほとんど二重割合があった。 調査の著者が外見上指定変数(多変量解析)の統計的な模倣の使用によってこのベースライン危険率のために制御するように試みたがこの混同の要因はこのレポートの否定的な調査結果の質問に大いに呼ぶが、媒体の突進で見出しの横領者を作成するために述べられなかった。

前立腺癌の家系歴の人は頻繁に前立腺癌の患者が苦しむ長期死の螺線形を目撃したあることが。 その結果、それらは遺伝性の遺伝子の犠牲者に似合うことを避けるようにより健康な生活様式を合わせるように試みる。

食べること以来よく焼けた赤身は高められた前立腺癌の危険と長く関連付けられてしまった彼らの食事療法に少なくともある冷た水魚を含めるために、従って好ましくない家系歴の人は本当らしくより高いオメガ3の パーセント 血しょうレベルがある。 これはこの傷が付いた分析で 観察された オメガ3の限界近くより高いレベルにより前立腺癌を引き起こしたことを意味しない。

これは前立腺癌を開発しなかったが確証されたり、オメガ6の親炎症性脂肪のより高い血しょうパーセントのレベルがあった調査の関係者からのデータと 部分的に。 これは前立腺癌の家系歴率半分のについて持っていたので食べたものをについてのこれらの個人は少し心配があったことを示した。

幸いにもcruciferous野菜、維持の若々しいホルモンのバランスの多くを方法があるかもしれ、最適のビタミンDの状態を 食べることによって前立腺癌のための 家系歴の遺伝の性質を変える 保障し 、好意的にmetforminおよびクルクミンのような遺伝子発現を 変える 混合物を 取る20-28

前立腺癌を引き締めた人の高のベースラインPSA

前立腺癌を引き締めた人の高のベースラインPSA  

前立腺の特定の抗原 (PSA)は前立腺の病気の血のマーカーである。

標準的な実験室の参照範囲は頻繁にPSAが 潜在的問題に 印を付ける 前に4.0 ng/mLに達するようにする。 PSAのより進歩的な概観は2.4 ng/mL上のどの数でも デジタル 直腸の検査3か月におよびできられていてフォローアップPSAの血液検査が疑いと行われる、見られるべきであることである。

生命延長は 方法についての広範囲の記事をきちんとPSAの結果を解釈し、それを簡潔に示す出版した: PSAの読書大きいより2.4 ng/mLを持つ 老化の 人は 関連した前立腺癌を臨床的に開発するための高いリスクにあり、根本的なプロセスを逆転させるために積極的なステップを始めるべきである。

高められた前立腺癌の発生の準のより高いオメガ3の血レベル、前立腺癌を 開発することを 続いた人の41.1%にベースラインPSA読書大きいより3.0 NG mLがあったという レポート。 前立腺癌を開発しなかったグループでは7.3%だけに3.0 NG 以上mL読むPSAベースラインが ある

前立腺癌を既に開発した人の多数はそれがあったことを調査の研究者が家系歴、年齢のような彼らの分析で考慮する統計的に他の混同のために制御するように試みた、および教育がレベル、このPSAの見つけることベースライン血しょうオメガ3のレベルが測定された時意味する が( 既存の病気)。 大きい ベースラインPSA レベルが付いている前立腺癌を開発した5.6倍より多くの人のこの見つけることは 癌」のグループと比較されるより3.0 ng/mL合理的に割引いてが不可能ではない。 繰り返すことは、次レポートからのベースラインPSA読書のデータ オメガ3sを疑うのに使用される媒体である:

  • 「蟹座」のグループの7.3%に≥3.0 NGの PSAがmLなかった
  • 「総蟹座」のグループの41.1%に≥3.0 NGの PSAがmLあった

データのこの重大な部分は オメガ3s に間違って前立腺癌の増加の責任にしたタブロイドそっくりの媒体の記事で無視された。