生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年11月
私達がそれを見るように  

エストロゲンの討論の驚きの調査結果

ウィリアムFaloon著

より高いプロゲステロン=より低い乳癌の発生

より高いプロゲステロン=より低い乳癌の発生  

文献の成長するボディは乳癌のための女性のプロゲステロンのレベルと彼女のそれに続く危険間の強い関係を文書化した。 蟹座の国際ジャーナル で報告された試験は 5,963人のpremenopausal女性のプロゲステロンの血レベルを測定した。 非常に、データの分析は規則的なメンズがあったプロゲステロンの 最も高い血レベル を持つ それらの女性が乳癌の 88% 減らされた 危険を経験したことを明らかにした。84

これらの調査結果は不妊のために扱われた彼女達のそれに続く乳癌の危険を定めるために1,083人の女性が33年 の上向きに のために続かれた別の調査を確証する。 正常なプロゲステロンのレベルと女性と比較されて、プロゲステロンの 不十分な 女性はpremenopausal 乳癌の 5.4倍によって高められた危険があり、あらゆる 癌がもとで 死んでが10倍の同様に本当らしかった。85

同様に、公衆衛生のノースカロライナの学校の大学の研究者は32年の上向きにのために続かれた妊婦のプロゲステロンのレベルを 測定した。 研究者は妊娠の間のプロゲステロンの最も高い レベルを持つそれらの女性は乳癌のより危険度が低いのの方に有望な傾向が、妊娠の間にプロゲステロンの低水準と女性と比較されてあったことを発見した。 研究者が51未成年女性の乳癌の危険を分析したときに、最も高いプロゲステロンの レベル との それらに最も低いプロゲステロンの レベルと グループと比較されたぐらつく70%減らされた危険があった。86

より高いプロゲステロン=より低い乳癌の発生

2つの他の調査からの調査結果は乳癌のための残存率が外科の時に患者のプロゲステロンのレベルに 強く 関連することを明らかにした。87,88は 1つの調査癌がローカル リンパ節に広がったらことに、4.0 ng/mL のプロゲステロンのレベルを持つ女性の 65% 注意した または乳癌の外科処置 の日に多くは 外科の日に 低いプロゲステロンの レベルを持つ女性の 35% だけはまだ18年後に住んでいたが、後で生きた18年だった。88は 科学者プロゲステロンが腫瘍の成長のために必要 である新しい血管( angiogenesis)の増加を促進する血管内皮細胞増殖因子の表現を下げることに注意した。 完了されるこれらの科学者: 「腫瘍の切除の時のプロゲステロンの上げられたレベルが操作可能な乳癌を持つ女性のための予想の改善と」。は関連付けられることをこの調査確認した 88

自然なプロゲステロンおよび心血管の健康

エストロゲン 療法への総合的なプロゲスチン の付加が心臓発作および打撃の危険の相当な増加で起因したことを女性の健康の率先、示される大きいランダム化された臨床試験。1

多数の調査は、一方では、自然なプロゲステロンが 心血管の 健康に対する 有利な 効果をもたらすこと文書化する。

心臓学のアメリカの大学の ジャーナルで出版された1つの試験では 研究者は心臓発作または冠動脈疾患の歴史のpostmenopausal女性を調査した。 女性は自然なプロゲステロンか総合的なプロゲスチンを伴ってエストロゲンを与えられた。 10日の処置後で女性は練習のトレッドミル テストを経た。 総合的なプロゲスチンのグループと比較されて、練習のトレッドミルの心筋の虚血(中心への減らされた血の流れ)を作り出すために取った時間は自然な プロゲステロンの グループで大幅に改善された。91

凝血の危険は口頭ルートによってエストロゲン取り替え療法の 使用を用いる大きな関心、特に行う。 この危険は自然なプロゲステロンが 組合せ に加えられるとき起こらない。92は 1つの調査総合的なプロゲスチンを取っている女性の危険に自然なプロゲステロンを持って行っているpostmenopausal女性の凝血の危険を比較した。 エストロゲンを伴って総合的なプロゲスチンを使用した女性のグループは凝血の 驚く 290%のより大きい 危険を 決してHRTを使用しなかったグループと比較してもらった。 エストロゲンを伴って自然なプロゲステロンを 一方では受け取っている、グループは凝血 30%減らされた 危険を 決してHRTを使用しなかった女性と比較してもらった。92

自然なプロゲステロンはアテローム性動脈硬化から保護する

アテローム性動脈硬化(動脈の堅くなること)は心臓病の一流の原因である。 複数の調査は総合的なプロゲスチンがアテローム性動脈硬化 形成を促進することを定めた。93-95

物語は自然なプロゲステロンはアテローム性動脈硬化の プロセスを禁じることを多数の動物実験が示した自然なプロゲステロン のために かなり異なっている。95-97

説明するためには、科学者は外科的に引き起こされた月経閉止期を持つ猿に合計34か月のためのアテローム性動脈硬化をもたらすと知られていた食事療法に与えた。 科学者は単独でエストロゲンを受け取ったグループにそれから猿、総合的なプロゲスチンとエストロゲンを、またはホルモンを受け取らなかった制御グループを分けた。 制御グループは相当なatheroscleroticプラクを開発した。 エストロゲンの 管理は 制御グループ 比較されたatheroscleroticプラクの72%の減少で起因した。95

総合的なプロゲスチンとの処置は妨害の結果をもたらした。 総合的なプロゲスチンと結合されたエストロゲンを受け取った postmenopausal 猿の グループに 制御グループとしてatheroscleroticプラクの同じような量があった。 これは総合的なプロゲスチンが完全にアテローム性動脈硬化の 形成に対するエストロゲンの抑制的な効果を逆転させたことを示した。95

それに対して同じ調査官がエストロゲンと共に自然なプロゲステロンを 管理した ときに、エストロゲンの心血管の利点のそのような阻止は見られなかった。98

自然なプロゲステロンはHDLを増加する

自然なプロゲステロンはHDLを増加する  

高密度脂蛋白質 (HDL)は 幹線 壁からコレステロールを取除くために作用し、アテローム性動脈硬化の開発からこうして助け保護する。99 低いHDLは心臓病に貢献する証明された危険率である。99

総合的なプロゲスチンによりHDLのレベルの減少を引き起こすために知られている。100-102 自然なプロゲステロンが心血管の健康を高める1つのメカニズムはエストロゲン取り替え療法を受け取っている女性のHDLの レベルを 維持するまた更に増加する機能である。103-105

米国医師会医学総合誌で出版されたエストロゲン総合的な(非自然な )プロゲスチンと、エストロゲン結合された自然なプロゲステロンと結合された単独で、エストロゲンまたは偽薬を受け取るために1つの調査では875人のpostmenopausal女性はランダム化された。 結果は自然なプロゲステロンを受け取っているグループがプロゲスチンを受け取っているグループより 大いに 高いHDLのレベルを示したことを示した。106

これらの結果はpostmenopausal女性にプロゲスチンか自然なプロゲステロンと結合されたエストロゲンを管理した 研究者が 提供する より早い 予備データを確認する。 プロゲスチンの使用はそれらの患者のHDLの レベルへの 小変更だけ と比較されたHDLのレベルの望ましくない15%の減少で規定した自然なプロゲステロンを起因した。100

月経閉止期の間に何が起こるか。

月経閉止期の間に何が起こるか。

米国の月経閉止期の平均年齢は51だけ である107

Perimenopauseは 女性のホルモンがかなり乱暴に変動するかもしれないとき月経閉止期まで導く期限時でありいろいろ不快な効果を作り出す。estradiolボディの重大なエストロゲンが月経閉止期、estrone、女性のボディで自然に 見つけられる 別の重要なエストロゲンで、かなり減るが108険しくとして、そして時として、estroneのレベル perimenopausal期間に増加するかもしれない落ちない。109

エストロゲンの優勢は このシンドロームが米国の年齢35にわたる女性ほぼ半分に影響を与えるかもしれないことを慣習的な薬で比較的認識されない、けれども代わりとなる開業医は推定する言葉である。110 エストロゲンとプロゲステロン間の不均衡によりによって引き起こされて、このシンドロームにより多くの望ましくなく、正常に機能しない問題を引き起こすかもしれない。110

副腎が重点を置かれるとき、余分なコルチソルを分泌する。 コルチソルはボディのプロゲステロンからなされる。 プロゲステロンはコルチソルを作るのにより多くのプロゲステロンが使用されているのでコルチソルのレベルが増加すると同時に減る。111

コルチソルを作るためにより多くのプロゲステロンが回避されるか、または隔離されるのでより少なくエストロゲンのバランスをとること利用できる。 低いプロゲステロンのレベルのもう一つの共通の理由は頻繁にperimenopauseで観察されるanovulatory周期(月経排卵の)、である。111,112 排卵なしに周期のための付加的なプロゲステロンを作る体のluteumはない。 減らされたプロゲステロンのレベルはプロゲステロンの余分なエストロゲンそして相対的な不足をもたらす。

そうしばらく、perimenopausal女性はプロゲステロンに関連して特に比較的高い エストロゲンが ある かもしれない。 けれどもプロゲステロンはエストロゲン 相対的な増加の悪影響から保護するように要求される。110 癌および血栓症(凝固する動脈血)の発生がperimenopausal期限になぜ増加し始めるかそれは驚異であるか。 プロゲステロンはエストロゲンの取り替えが始められるとき必要特に重要のエストロゲンの正常な効果のバランスをとるためにである。

血液検査は estradiolのようなプロゲステロンの取り替え、またエストロゲンが、含まれるために 女性の 専有物、個性化されたホルモン性の必要性を明らかにする ことができる。 悲劇的に、慣習的な医者は彼らの個々の必要性を確認するために彼らのメスの患者をテストしないで今日盲目的にエストロゲンの薬剤を規定している。

長寿および質の生命観点からの未処理の 月経閉止期 結果は厳しい。 単に定義されて、月経閉止期は若々しいエストロゲン/プロゲステロンのバランス からの偏差 である。 証明された方法は合理的にホルモンの状態を元通りにするためにあるがほとんどの成熟の女性はそれについて決して学ばない。 それは変わることをすべてに約ある。

スザンヌSomersのための擁護

スザンヌSomersのための擁護  

過去十年のために、Somers女優およびベスト セラーの 著者スザンヌは 熱情的に女性を成熟させるための自然なホルモンの取り替えを支持した。 彼女は女性は若々しい範囲に彼女達のエストロゲン/プロゲステロンを元通りにすることを敢えてしたかどうか破局的な問題の警告した 主流の医者からの 痛烈な批判に耐えた。

スザンヌの熱烈な位置は自然なエストロゲンおよびプロゲステロンの個性化された 投薬が 著しく 生命 質を改善し、健康な寿命を伸ばすことだった。

主流の医者は最初の結果が2002-2004期間に 解放された 巨大な女性の健康の初めの調査に彼らのものすごい 警告を 基づかせていた。 この調査はPremarinの口頭®か PremProの®を 取っている 女性を見、 高められた病気の危険にこれらの薬剤をつないだ。1 それに続く調査および分析は総合的なプロゲスチンおよびおそらくPremarinの口頭で 管理された® によってこれらの致命的な 効果を 引き起こされた明らかにする。 スザンヌは主流の薬の前にこれを計算した。

Premarinの®は おそらく関連している 高められた 打撃の危険に単独でつながった、:

  1. 口頭で規定されるそれ (transdermalの代りに)、
  2. エストロゲンの endothelial利点を 、と妨害する馬のエストロゲン
  3. 自然なプロゲステロンをエストロゲンの 効果の バランスをとるために規定し損っている医者 34

2012 現在で 薬剤により女性 癌を 引き起こしたことを主張する PremProの® のメーカーは$896訴訟を解決するために,000,000を支払った。 もう $330百万は 未来の要求を支払うために確保された。113

FDAは 市場から Premproの®を取除かなかった。 Googleに「PremPro」をタイプすれば 、製薬会社にそれを取るためにmenopausal女性を引き起こす魅力的なウェブサイト(www.prempro.com)がある。114

従ってこれらの致命的なホルモンの薬剤を避けるためにアメリカの公衆に警告する筈だ質問は頼む、か。

スザンヌの責任

スザンヌSomersは66 である。 多くの人々はこの年齢の前に退職するか、または健康の減損のために働くことをやめさせる。

その代り、スザンヌは総合的なプロゲスチンの致命的な効果および自然なエストロゲンおよびプロゲステロンの 利点 についての世界の教育に 彼女自身を 捧げている。 彼女はずっと自然なホルモンの取り替えの個人的な受取人である。 今年そして次に乾燥する主要なテレビ番組の彼女に会うために驚かされてないはいけない。

ずっと昔に確認されたジレンマ スザンヌは女性の成熟に自然な性ホルモンの規定について知識がある医者を見つけること で難しさの 女性持っていただった。 彼女は女性がどこに彼女達のホルモンを個々の必要性に基づいて若々しい範囲に元通りにしてもらうことを行くことができるか調べるために医者と相互に作用している最後の十年を使った。

彼女の新刊書では、スザンヌは自然なホルモンの取り替えに応じて行われる記述し、きちんとそれらを規定することに努力している医者(www.ForeverHealth.com)の新しいネットワークを明らかにする深遠な反老化の効果を。

長寿の大きいPharmaの破局的な影響

長寿の大きいPharmaの破局的な影響

1994年 、私は生命 延長「総合的なプロゲスチンに対するs第1の記事の警告 書き、 馬はエストロゲンを 尿得た

自然なプロゲステロンがPremProの®およびProveraの ®で見つけられた 総合的なプロゲスチン より 有効安全、だったことを示されている 前にほぼ 20年 からの証拠信じられないほどの量。 けれども公衆は暗闇で主として保たれた。 倹約されたかもしれない女性の生命の数にFDAが 機能した 慈悲深く(プロゲスチンの薬剤を取除くこと によって )計算しにくいあった。 その代り、FDAはそれを自然なプロゲステロンがクリーム状にするアクセスにアメリカの女性のためにより挑戦的に させた布告を 出した。

Premarinの® (馬によって尿得られるエストロゲン)は1942年に最初に もたらされた115 それは身体歴できちんと使用されたとき場所があるかもしれない。 女性が今日この71歳の薬剤を なぜ選ぶか、自然な エストロゲンがクリーム状になる とき薬がフリー マーケットの革新の代りにFDAの規則によって支配されるとき進歩が いかに 妨害されるか広く利用可能で示す であって下さい

このエストロゲンがそれが不十分である女性 早死にから保護することを示す編集の明らかにされた驚く新しい調査結果。11は 彼女達のホルモンを取り替える女性の成熟の死亡率の減少 28%の減少を示す27の前の調査によってこれ確認される。12

そう強いる早死にのこれらの減少をする何がこれらの調査の女性のほとんどが優秀な利点を示したエストロゲンおよび プロゲステロン 自然な形態を使用していなかったことである。 明確なメッセージは若々しいホルモンのバランスを元通りにするそれよりよい今日を感じ、大いにより長く住む 効果的な方法の1つ であるかもしれない将来である。

生命延長のこの 問題では、私達はスザンヌSomersとの 独占インタビューを特色にし、 女性を成熟させる方法を彼らの癌の危険性を減らしてもいい記述する。

それは 生命延長基礎 ®に属するために $75を要する。 受け取られた女性が前に総合的なプロゲスチンの致命的な効果についてほぼ20 年学んでいた 唯一の利点 、会員は生命の壮大な契約の1つで起因するかもしれない。

長い生命のため、

長い生命のため

ウィリアムFaloon