生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

生命延長雑誌2013年11月
私達がそれを見るように  

エストロゲンの討論の驚きの調査結果

ウィリアムFaloon著

エール調査はPremarinの®がエストロゲン よりよいことを示す

エール調査はPremarin®がエストロゲンよりよいことを示す  

2013年 、女性の健康の率先からの 新しい分析は 老化した女性50-59でだれが子宮摘出術を経たか出版された。 これらの女性はかなり彼女達のボディに起こるエストロゲン(特にestradiol)の生産のレベルを減らした。

エール医科大学院から出る この調査の分析は約91,000の余分な死2002年そして2011年 最低 約18,000そして多数 の間で 年がPremarinの®を取らなかった50から59老化したhysterectomized女性間で行われたことを推定した11

Premarinの口頭®を取っているこの年齢別グループの女性のために (プロゲステロンなしで)、冠状心臓病からの死の減少および結腸癌は乳癌、打撃および肺塞栓症からの死の増加を上回るようである。


作る何が見つける従って強いるこれはこれらの女性がPremarinの口頭®を…取っていたことである

  • 個性化された 投薬なし (許容範囲を最大限に活用するため);
  • 自然な プロゲステロンなし (ホルモン敏感なティッシュの無競争のエストロゲンから保護するため可能性としては乳癌の危険を減らす胸を、好みなさい);39-42
  • 項目 準備 なし(凝固する発火および動脈血につながるレバーの口頭エストロゲンのファースト・パス効果を避けるため);46-48
  • インドール3 carbinolのようなエストロゲンの修飾語 なし (乳癌の高められた危険につながるestrogenic代謝物質の形成を禁じるため);52,53
  • 十分なビタミンD なし (胸の細胞増殖を調整するため);54-56
  • 健康な食糧を摂取し、危ない物の取入口を 減らすことを含む 広範囲プログラムのあることなし。

エール研究者によるこの分析のサイズは盲目的に多数がであると信じるものが取ることは エストロゲン不十分な 女性の年齢がよいかもしれない50-59年こと説得力ある議論を作る 最も悪いエストロゲンの薬剤(Premarinの口頭®) よりエストロゲン なしでまったくするため。

女性の年齢のための死亡率の利点に加えて50-59年、この分析数年のホルモン療法は第1 の間に 質の生命手段の改善を処置の提供した。

59上の女性はPremarinの®のだけ療法 これらの利点を 見なかった、私達はそれらをに期待する。 老化の人間はホルモン バランスをとるプログラムをいかにに関して実行するかはるかに注意深くなければならない。

女性が月経閉止期を通って動くと同時に少数にまだ理解するためにであることある 何が、エストロゲンの血レベルはhysterectomized女性の範囲に落ちることができる。 私達は今これらの低いエストロゲンのレベルによりmenopausal悲惨さと共にかなりより高い 死亡率を、引き起こす ことができることをわかっている

よいニュースは女性にちょうどより古く育っているのでこれ起こる必要がないである。 エストロゲンの自然なbioidenticalの形態だけを使用して議定書が あり、 それ 原則的に 吸収される プロゲステロンは健康な生活様式/補足の選択と結合されたとき、より安全に活性化の効果を引き起こすことができる!

ホルモンの取り替えの27の付加的な調査からの調査結果

する決定を場合の著名調査の施設、かサイズまたは質、1が確証的なデータを常に探し出すべきでもいかに性ホルモンを若々しい範囲 に戻って元通りにする 本質に。

必要なエストロゲンおよびプロゲステロンは女性の生命プロセスにいかに あるか 機械論的な 観点から、1つが理解するとき、生命の若々しいレベルでこれらのホルモンを維持するように努めることは論理的である。 しかし副作用についての不安が常にある。

最悪の場合を評価するためには、 生命延長 研究者はmenopausal女性に対する慣習的なエストロゲンおよびプロゲスチンの薬剤の多くの異なった形態の長期効果を見た27の出版された調査から得られたデータを評価した。これらの 調査の12 8つは19は83,000患者年の間続かれた16,000人の女性を含むランダム化された管理された試験だったが、観測だった。 私達が危険か部分最適と考慮する試験によって使用されるホルモンの薬剤のいくつか。

生命延長が前に十年推薦したことこれらの試験のどれも栄養サポートを含むために広範囲の 自然なホルモンの 議定書に続かない。

私達は人と比較された慣習的なホルモンの取り替えを 取っている女性 の死亡率の危険を確認するためにすべてのこれらの調査からのデータを見直した。 この27の独立した調査からの分かち合われた分析はだれが性ホルモンを取り替えたか60未成年女性が 死ぬ多分 28%才 だったことを示した!12

死なないことの過程において、 質の生命は 彼女達の性ホルモンを元通りにした女性に示されていた明確な利点を測定する。12

従ってこれは何を私達に告げるか。 2002-2004年 以来、警告はFDA、主流のメディカル グループおよび練習医者から取り替えることが危ないことを女性の成熟のホルモンをこと出た。 けれども女性 部分最適のホルモンの準備を使用して27のホルモン療法の 試験 の分析 hysterectomized postmenopausal女性の エール 2013年の調査は、60年を老化させ、より若い、彼女達の性ホルモンを取り替える女性の死亡率の減少を示す。

不適当に規定されたホルモンの取り替えが癌および管の危険を高める行っていること質問がない。 しかし女性は時代遅れの規定の練習にもはや服従する必要がない。 癌および管の危険の減少を示す興味をそそる調査があるエストロゲンおよびプロゲステロンの自然な形態を使用してより若々しいホルモンのプロフィールを、取り戻すことをすべての年齢の女性が可能にする固体データがある。

自然なプロゲステロンは乳癌から保護する

自然なプロゲステロンは乳癌から保護する

胸の 細胞増殖を 刺激する総合的なプロゲスチンと比較されて、 自然なプロゲステロンは 保護効果を示した。

プロゲスチンがプロゲスチン によって かなりエストロゲンの 受容器刺激 による胸の細胞の写しおよび成長を主として高めることを示す少なくとも17の調査がある。42,45,57-71 際立った対照で、少なくとも 11の 調査は自然なプロゲステロンが エストロゲン刺激された胸の細胞増殖を引き起こさないことを示した。68-78

多数の調査は総合的なプロゲスチン 使用を用いる乳癌の高められた危険を 示したしかし 1,45,79-81、自然な(bioidenticalの)プロゲステロンの 使用は 乳癌の高められた危険と関連付けられなかった。39-42,80,82

かなり反対に、研究は自然なプロゲステロンが乳癌 危険を減らす ことを明らかにした ジャーナル乳癌の研究および処置 で出版された調査では さまざまな形のホルモン補充療法(HRT)を使用している80,000人のpostmenopausal女性は8年間以上続かれた。 総合的なプロゲスチンを伴ってエストロゲンを使用した 女性は 乳癌 69% 高められた 危険を決してHRTを使用したあらないことは女性と比較してもらった。 但し、エストロゲンを伴って自然なプロゲステロンを 使用した 女性のために、乳癌の高められた危険は総合的な プロゲスチンの使用 と比較された 乳癌の 危険の重要な減少と完全に除去された。82

別の調査では、これらの同じ研究者は40%を 総合的な プロゲスチンが付いているエストロゲンを使用した女性のための乳癌の高められた危険見つけた。80 興味深く、自然なプロゲステロンと結合されたエストロゲンを使用した女性で有望な傾向が決してHRTを 使用したあらないことは 女性と比較された乳癌の減らされた危険の方にあった。80 本質的に、自然なプロゲステロンは 乳癌 の開発から女性を保護したようである。 これらの調査結果は傾向プロゲステロンの非使用者と比較される自然なプロゲステロンを使用している1,150人の女性の乳癌の減らされた危険の方に見つけられて ことできている 仕事を6年より早い確認する。83

強制的な研究は乳癌に対して守る自然なプロゲステロンの能力にそれ以上の洞察力を提供する。 魅惑的な調査では、科学者は外科前に40人の女性にエストロゲンのプロゲステロンだけ、自然な自然なプロゲステロンと単独で、胸の固まりを取除くためにエストロゲン、または偽薬を管理した。 ホルモンは外科の前の約12日間胸に原則的に加えられた。 予想通り、単独で与えられたとき、エストロゲンにより偽薬と 比較された 胸の 細胞増殖率の62%の増加を引き起こした。 逆に、エストロゲンへの自然なプロゲステロンの付加は胸の細胞増殖率 エストロゲン誘発の増加の重要な減少で起因した。 さらにもっと印象的単独で自然なプロゲステロンを受け取っているグループがほぼ76%より低い胸の 細胞増殖率を 偽薬のグループと比較してもらったことが分ることはだった。72

乳癌は早死にの唯一の原因ではない

支援団体すべての媒体の注意そして資金集めをすることによって、唯一の病気の女性を考えることに 時期早尚に死ぬがもとでである乳癌 和らぐかもしれない

毎年、 米国 の40,000人の女性にmetastatic乳癌で死になさい。89 しかしこの国の約1,250,000の 女性の 死の毎年合計がある。90 各自のために乳癌の死を意味する、何か他のものがもとで死ぬおよそ31人の女性がある。

それらの「何か他のもの」の病気の多数はホルモンの不足に関連している。 それは女性が乳癌の危険を無視し、盲目的にホルモンの薬剤を取るべきであることを意味しない。 しかしそれは女性を成熟させる健康問題が実際に直面する文脈に持って来る。 これらの「何か他のもの」の死は長く進歩的な医者および 生命延長基礎 ®によって支持される自然なホルモンの復帰のアプローチに理論的根拠を提供する

今月の生命延長の問題の記事を 読取るので、女性が乳癌の危険を減らすことができる慎重な方法がある。